000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

La mia casa・・・

PR

X

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

2012.11冬のウィーン

2013/05/02
XML
カテゴリ:2012.11冬のウィーン
8月搭乗時と違って、今回はかなり混んでるFクラス

IMG_0260.jpg

IMG_0263.jpg



一緒に乗り込んだ方
隣同士だし、日本人だし、年齢的にもそう離れていないようなので
同行者と勘違いされた。
申し訳ないが、英語がほとんどわからぬ私の通訳状態
すいませんでした。






今回は撮ってきました。
トイレの写真

ビックリするくらい広い

恐らく、エミレーツのシャワールームと同じ位の広さか???

これならお着替えもスムーズに行える。

小便器だってこんなにお洒落


IMG_0401.jpg


IMG_0402.jpg




今まで乗った航空機のトイレ
問題なくナンバーワン


毎回アミューズはあまり好みじゃない。
IMG_0399.jpg


食事は先ほどたくさん食べたので、
キャビアとシャンパンを頂き、就寝
IMG_0400.jpg






6時間位寝て目覚める

食事は、
和食

IMG_0403.jpg

特に美味しいとは思わなかったが、機内食としては十分


いや~
やっぱりFクラスだと10時間位は短く感じる。



無事到着
このまま会社へ直行
アッパークラスならではできる行為かと改めて思った。


END
2013.01 Firenze







Last updated  2013/05/02 08:51:38 PM
コメント(2) | コメントを書く


2013/04/28
カテゴリ:2012.11冬のウィーン
特典航空券
かなり取りづらくなってきてるが、
「直前」「1席」特に「Fクラス」
これはわりかし空席が出やすい気がする。

やはり一人旅ってまだまだ少数なのだろう。
しかも、Fクラスまでのマイルってけっこう貯めるの大変


そんな感じで、出発間際に急に出現したLHのF
こちらの機材A380になってから特典への出し渋り状態なのだが、
夏に続いてまたしても、取れてしまった。

希望より1日ずれるが半日有給でそのまま会社へ直行すればなんとかなる。
で、、
旅程を変更してこの便を選んだ。


今度こそはファーストクラスターミナルへと

チェックインカウンターで聞くと
「歩きで行って。」と
事前予習も済んでいたので、言われた通りに歩きで目指す。

うんんん
以前はラウンジまでも個別送迎車だったのになぁ

エスカレーターで階下へ
外に出て左方向へ
タクシーパーキングを過ぎると左手に見えるという。
たしかにすぐだった。
でも荷物を持っては少し遠い

IMG_0391.jpg

以前は車でぐるーっと走った気がしたが、
一方通行とかなのかも?

誰もいない入口を入ってEVにて1フロア上階へ
すると、かなり驚いた顔で向かいいれた。


いや~
5年ぶりの再訪か、

このラウンジのおかげで、すっかり旅行好きとなってしまった。


あまり変わらぬ内装

マッサージチェアーなんかが増えてた
一番端のこちらでくつろぐ
IMG_0392.jpg

くつろぐといっても、ソワソワ落ち着かない
まずは、バフェへ
IMG_0395.jpg


IMG_0394.jpg

IMG_0393.jpg
いつ食べても美味しいFラウンジの生ハム
朝からだって全然いけちゃいます。



さらに
何故か再びステーキをオーダー
IMG_0396.jpg

以前とは違って、オーダーを受けてから焼いてくれた
間違いなくステーキだ、
持参した醤油で美味しくいただいた。


ここにいると時間があっという間



アテンドされて、機内に向かう。


この時、一緒の車に搭乗したのは日本人だった。
どことなく日本人離れしてると思っていたら
海外在住だということだった。


車は機体真下に横つけ
IMG_0397.jpg


NEXT右矢印






Last updated  2013/05/02 08:49:27 PM
コメント(2) | コメントを書く
2013/04/24
カテゴリ:2012.11冬のウィーン
早朝出発

まだ街は薄暗い
朝だというのに怪しいイルミネーション
IMG_0384.jpg

IMG_0386.jpg

冬の6時半の地下鉄はやや不安

だが、タクシーだと3000円以上だし
かなり迷ったが
トライ

すると、

早朝とは思えぬ、通勤ラッシュ?


かなりの人の数にビックリ

コンビニやパン屋も営業中

なにひとつ心配する必要なしだった。




ルフトハンザファーストクラスラウンジの為の旅
なので、早い便だ



まずは、ウィーンのラウンジへ

入り損ねた。
どこだかわからず搭乗口に来てしまった。


搭乗口近くのお店で朝食
IMG_0388.jpg


ほとんど食べなかったが、機内食
IMG_0389.jpg



NEXT右矢印







Last updated  2013/05/02 08:50:31 PM
コメント(2) | コメントを書く
2013/04/23
カテゴリ:2012.11冬のウィーン
さあーて
遅めの昼食
ガイドブックからオペラ座近くのカフェ
料理が美味しい老舗カフェという表記にこちらへ


「Cafe Schwarzenberg」

かなりの混雑
無理やりのような2人席へ

少し待ってオーダー
ガイドブックと同じものをオーダー
ターキーのサラダ
IMG_0258.jpg

美味しい。
とっても美味しかった。

当然、ビールも


ホテルに戻ってチェックアウト
その後地下鉄でホテルのお引越し





インターコンチは高過ぎ
もう1泊は宿泊できず、今夜は
シュテファン寺院近くのこちらのホテル


クラッシィックかモダンと聞かれ、
モダンの方が新しい気がしたのでこちらをセレクト

んんんn

IMG_0358.jpg

IMG_0359.jpg

新しい広い
でも、このインテリアなんとかならなかったものか、

部屋は気味が悪い位に広い
バスタブはお湯を張るのに時間がかなりかかるほど広い

IMG_0361.jpg

間違いなく一人で泊まる大きさではない部屋だった。

料金は1泊1万弱








翌朝は早い。
地下鉄でウィーンミッテ駅
そこから乗り換えで空港へ

若干不安もあるので、観光がてら
予習にミッテ駅へ

乗り場や所要時間を確認して戻る


明日朝6時半にはホテルを出発しなければならない
早朝の地下鉄にかなり不安





ホテルへ戻って、
近場で夕食

日曜営業の店がないので、少々困った。

で、ガイドブックから、ホテル近辺のカフェへ

がっつり系カフェごはんとの表記
「Cafe Diglas」

IMG_0379.jpg

夕食タイムには少し早い。

皆さんお茶してる。
しかもかなりの混雑


オーダーは
チキンのウィンナーシュニッテル
そしてサラダにビール
IMG_0381.jpg

薄く伸ばしたチキン
さらにサクッサクの細かいコロモ

とっても美味しかった。


ウィーンは内陸なので、魚介類は少ないし
メニューに好みのものは少ないが、
総じてお味はかなり口に合った。
よかった。




夜のシュテファン寺院付近 美しい

IMG_0376.jpg


IMG_0368.jpg


IMG_0372.jpg



NEXT右矢印












Last updated  2013/04/24 09:53:48 PM
コメント(2) | コメントを書く
2013/04/22
カテゴリ:2012.11冬のウィーン
この日は日曜日
パン屋やカフェもお休みが多いか、オープンが遅い

朝早くに「シェーンブルン宮殿」に行きたいと思っていたので、
ホテルの朝食へ

品数は満足できるだけあった。
昨晩夕食抜きだったこともあり、たくさん食べた。7

IMG_0266.jpg

IMG_0267.jpg

朝早い朝食ルームには日本人がたくさんいた。

Uバーンにて宮殿を目指す。
IMG_0268.jpg


かなりわかりやすく、すぐに着いた。

だが、空は薄暗く
テレジアイエローは輝きが薄い。
IMG_0270.jpg

IMG_0273.jpg

冬季は、空いてて良いのだが、この空の色はなんとかならないものか、、、

宮殿内をざーっと観光
その後、庭園をちらっとのぞいて見る

新緑ではないが、この枯れ木の並木道も好きだ。
IMG_0285.jpg

遠くに見えるは、「グロリエッテ」
IMG_0292.jpg

歩いて行くに完全に無理

早々に諦め帰る。

この頃になると、クリスマスマーケットが店を開け始め、賑わってきた。


同じくUバーンにてホテルへ戻る。



シティーサイクルに乗って、
昨夜のリベンジ
「美術史博物館」を目指す

IMG_0346.jpg


階段ホールの壁画
写真撮影不可だったかと思うが、ちらっと写してしまった。
IMG_0320.jpg

IMG_0321.jpg

たしか、るいま12Kさんブログによると
こちらドーム下のカフェでお茶ができるらしいと楽しみにしていたが、、、、
IMG_0319.jpg

この日は、サンデーブランチ
喫茶利用の人は、隅っこのカウンターテーブルでの立ち飲みのようだった。
なので、お茶せず出ることに。



NEXT右矢印
















Last updated  2013/08/16 10:43:38 PM
コメント(2) | コメントを書く
2013/04/02
カテゴリ:2012.11冬のウィーン
一旦ホテルへ戻って
ゆっくりしていたら、結構時間が経ってしまった。
慌てて、美術史博物館を目指す。

18:00までで入場は30分前とのガイドブックに記載があったが
17:20で入館は認められなかった。残念



しかしこの時期
市庁舎広場付近はクリスマスマーケットですっごい賑わい
大型バスなんかも乗り付けている。

IMG_0264.jpg

IMG_0251.jpg

IMG_0247.jpg

IMG_0256.jpg

IMG_0252.jpg

IMG_0255.jpg





ウィーン最大のクリスマスマーケットで140店の屋台が並ぶという
イルミネーションもそれぞれ趣向を凝らしてすばらしかった。

私的にはクリスマスマーケット=ミュンヘン だったのだが、
ここウィーンの方が断然素晴らしかった。

閑散期の冬の唯一の楽しみかな?


NEXT右矢印














Last updated  2013/04/22 09:21:24 PM
コメント(2) | コメントを書く
2013/03/31
カテゴリ:2012.11冬のウィーン
ベルヴェデーレ宮殿
Sバーンでは若干不便な位置関係

そう遠くはないだろうと
自転車で向かう自転車自転車自転車
地面に足が着かないのと、交通量が多いので若干怖い

だが、迷うこともなくあっという間に到着
IMG_0207.jpg

シティーバイクステーションも近くにあった



空もどんより
緑もくすんで、冬の景色はいまいちな庭内

IMG_0201.jpg

IMG_0247.jpg


IMG_0251.jpg

写真撮影不可の為
美術館自体にあまり記憶にないのだが

とにかく
クリクトの「接吻」は、すばらしかった
これを見れただけでもウィーンに来てよかったと思ったほどだ


絵画という領域を超えてる神々しさ
たしかに、クリムトは現代美術なので
作品事態新しいのはわかるが、
なんとも言えぬ、雰囲気が漂う


クリムトは我が家に飾ってあるが、正直あまり好みではなかったが、
この絵は去りがたいほど。
見とれてしまった。

IMG_0006.JPG


この年、クスタフ・クリムト生誕150年だったらしい。


宮殿の敷地内でもクリスマーケットがちらほら
まだ夕方には少し早いが皆さんグリューワイン飲んでましたね。

IMG_0252.jpg





旧市街に戻って

昼食を食べていなかったので
ソーセージスタンドへ
IMG_0210.jpg


ガイドブックでおすすめのチーズ入り
当然ビールも一緒に


熱々で美味しかった。

だが、結構なボリューム



NEXT






Last updated  2013/04/16 06:36:46 PM
コメント(2) | コメントを書く
2013/03/09
カテゴリ:2012.11冬のウィーン
まだ人が少ない街をひたすらぶらぶら

オペラ座、王宮、シュテファン寺院と外観だけを見て回り

IMG_0190.jpg


IMG_0176.jpg


IMG_0183.jpg


IMG_0184.jpg




頼まれもののモンクレールのダウンを購入
高い!
けど,
TAX フリーになれば日本の6割位かな?

さらにお近くの「Demel」でお土産調達
ザッハトルテが有名なお店だが、
私はチョコが苦手
残念


一旦ホテルへ戻って

今度はホテル近くのシティーバイクステーションから自転車で
自転車自転車自転車

渡航前、Webで申し込み
クレジットカードを利用登録
料金は1日2Euro
1回の使用時間が1時間以内は自転車使用料は無料




だが、この自転車
サドルを一番下に下げても足がつかない。
なんて短足なんだ、私

注意すべきは
ブレーキが前輪にしかないこと
ペダルを逆回転すると後輪のブレーキになる
慣れないだけに、若干戸惑った。



お目当てのカフェへ向かう。
この店のすぐそばにもステーション

「Cafe Central」
IMG_0197.jpg

かつては宮殿だったという店内
ハイソな感じの方々がブランチ

混雑していて
写真撮影は憚られる
IMG_0196.jpg



あまりあま党ではないのだが
せっかくのウィーン

珍しくケーキなんかを頂く。
IMG_0194.jpg
(ショーケスから番号で選べるので、オーダーが簡単)


が、、、


当然のごとく

甘い。

甘すぎる







さてさて
続いて目指すは

クリムト「接吻」




NEXT右矢印






Last updated  2013/04/16 06:34:54 PM
コメント(2) | コメントを書く
2013/02/25
カテゴリ:2012.11冬のウィーン
ミュンヘン空港に着いて
そういえば、
ビヤホールラウンジのことを思い出したが、
調べてこなかったし、
もしかして、非シェゲン行の場合しか利用できないかもと
そう時間もないので諦めた。


ん~ん
セネターだが、やはりいまひとつ


ディレイ



空港からタクシーで向かうことに

当初CATで行こうかとも考えたが、
CAT到着駅ミッテからインターコンチは地下鉄に乗らねばならぬ
初めての地で、荷物をもって、夜、地下鉄ってのも微妙
ミッテからタクシーに乗れば10ユーロ強らしい
となると
やはり安全便利なタクシー
市街まで35から40ユーロらしいが
実際は37ユーロだった。


走り出してすぐ窓からすごいネオン目に飛び込んだ

なにかと思ったら、
工場だった。

ほんと美しいネオンきらきらきらきらだった。

たしか以前にニュースで
工場フェチみたいな人たちがいるのを見た。
その時はなんでだ?と思ったが

この景色をみたら納得できた。

写真を撮らなかったのが、悔やまれる。



約20分でインターコンチネンタルへ
近くの建物もイルミネーションで美しい


この日は出かける元気もなくおとなしく就寝

窓からは
スケート場リンクが見える。
この寒夜
けっこうな賑わいだ。


今回も節約モード
ホテルも一番安いクラシック
IMG_0165.jpg

IMG_0166.jpg

IMG_0168.jpg

IMG_0167.jpg

たぶんアップグレードもなかった。

そして、クラブルームでもない。
朝食もない。



ガイドブックから
お目当てのパン屋食パンへ向かう。

街はまだ静かだ。

思ったよりこじんまりしたお店

サンドイチィとブリオッシュを購入
IMG_0169.jpg

店内のカウンターでいただく

かなりのボリューム

サンドイッチイだけで満腹


NEXT右矢印






Last updated  2013/03/09 11:50:49 PM
コメント(2) | コメントを書く
2013/02/23
カテゴリ:2012.11冬のウィーン
往路は成田発のミュンヘン便
またしても、特典のF
旧機材ということもあってFRAに比べて、格段に取りやすい。

F客は他に2人だったかと。
IMG_0153.jpg


クリュグとキャビアを頂く
IMG_0154.jpg

至福の時

飛行機の中でしか体験できない。

贅沢だな。




続いて
前菜を勧められ
「オマール海老のサラダ」
IMG_0155.jpg

こちらは、庶民の口には合わず

そして何故か、
前回美味しかった、チーズハンバーガーに
IMG_0156.jpg


さらにコーヒを頂いたが、

美味しくない。

残していると
入れなおしてきますか?と聞かれたが

恐らくそう変わらないだろうとお断りした。


初めてANAのFクラスに乗った時のコーヒーは美味しかったのに
最近のはまるで美味しくない。
(とは、言ってもそう回数乗ってる訳ではないのだが、、、)



隣席にベットメーキングをしてもらい
就寝
6時間ほど寝た


到着前のお食事は
和食をセレクトするつもりが、

アラカルトの中から
蟹いくら丼
IMG_0163.jpg

焼き鳥
IMG_0162.jpg

どちらもかなりに美味しかった。

最後にフルーツも頂いた。
IMG_0164.jpg

どうも私は
高級なFクラスのお食事より
軽食メニューの方が好みのようだ。




いつも通り、
映画2本と睡眠だけで、あっという間に到着


NEXT右矢印








Last updated  2013/02/25 08:49:12 PM
コメント(2) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.