000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アロマ・ハーブ・エサレン®マッサージ・・・この楽しき日々

PR

Profile


らみゅーる

Calendar

Archives

2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

Recent Posts

Category

Free Space

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

全239件 (239件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >

2019.01.11
XML
カテゴリ:おしらせ

こんにちは四つ葉

お正月気分も落ち着いて、そろそろ今年のチャレンジに向け始動してらしゃる方もいるでしょうねマラソンきらきら

さてさて、
私の今年の目標ですが、三日坊主にならないように、あえて発表してみますスピーカ

①英文の日記を書く(instagram)
②体を鍛えて体重を落とす(←永遠のテーマ泣き笑い
③日本のハーブの楽しさを皆さんに伝える​​きらきら

①と②はプライベートにかかわるものですが、恥ずかしながら、なかなか継続できていません雫
今年こそ……!!

③は、今年のお仕事のうち、特にしっかり力を入れたいと思っているひとつです。

日本メディカルハーブ協会(JAMHA)認定の新しい資格「日本のハーブセラピスト」を養成する講座が、生活の木ハーバルライフカレッジ札幌校でも、3月2日より始まりますが、私はそちらの講師を務めさせていただくことになりました。

ハーバルライフカレッジ札幌校さんには、かれこれ10年以上お世話になっています。
メディカルハーブコーディネーター、ハーバルセラピスト、シニアハーバルセラピスト、ハーバルプラクティショナーなど、いずれも第一期生の皆様からご一緒させていただきました。
修了生の皆さんそれぞれに、ハーバルライフを楽しんでいらっしゃいます。
お仕事に生かしキラキラご活躍の方、素敵ですねハート(手書き)
ご家族やご自身のセルフケアに「ハーブ使っていますよ!」というお声聞くのも、なにより嬉しいですスマイル
「ハーブは使ってなんぼですよ~」と、どの講座でもお伝えしているのです。

日本のハーブセラピストも、記念すべき第一期生の皆様をお迎えできること、とても楽しみです!
私自身も、この講座には特別な思いがあります。

実は、自分のことをずっと「西洋かぶれ」と自認しておりました(笑)
若いころから、日本的なものにあまり興味がもてなくて、ヨーロッパやアメリカへの憧れが強かったのです。ですので、大学の専攻も英文学でした。

ところが昨年、日本のハーブの学びに取り組んでみて、なんだかとても「しっくり」くることに驚きました。「西洋好き」と思っていた自分に、「日本的なもの」が知らず知らず染みわたっていることに気づいたのです。日本で生まれて、日本に育っているのだから、まったく当たり前なのですが、人生後半でようやく気がつくなんて……ちょっと恥ずかしいですね
そんな熟年の気づき(^^;)もある「日本のハーブ」のこと、たくさんの方にお伝えしたく思っています。

日本的…だけじゃなく、メディカルハーブの学びにしては「文系」要素も強い内容になってます。
化学は苦手~と感じている方にも、楽しんでいただけると思います。
私も、化学は苦しみながら身につけてきましたが、「日本のハーブ」の学びでは苦しみの部分が小さく感じました。
学びながら、「魂が喜んでいる!」と、じんわり暖かくなりました。

2019年、新しいことにチャレンジしてみたいなと思ってらっしゃる皆さまに、「日本のハーブ」に導かれる​「自分再発見」​の学び、ぜひお勧めします。
講座の詳細は、下記のリンクからご覧下さいませね。

JAMHA認定 日本のハーブセラピスト養成講座 →コチラです


オトナの学びは、本当に楽しいです!

さくら皆さまとの出会い、心待ちにしていますさくら






​​







Last updated  2019.01.11 01:38:36
2019.01.05
カテゴリ:

みなさま、あけましておめでとうございます。
新年のご挨拶、すっかり遅くなってしまいました。

そして、あけてびっくり…びっくり

こちらのブログの更新が半年ぶりとなっておりました。
あくせくしないのが長所と言われますが、のんびりするにもほどがありますね。
すみません……雫

ただ、以前のブログでもお知らせしておりましたが、昨年3月より​アロマ&ハーブ La Mure​のお教室で学んでくださった有志の皆さんが、ハーバルライフサポーターとして新たにブログを開設し、ハーブ、アロマ、植物について様々なエピソードをご紹介してくださっています。
皆さん熱心に素敵な記事を書いてくださるので、私もついついそちらのスペースに記事をアップすることが多くなっています。

よければ、ぜひそちらのブログもチェックしていただけると嬉しいです。
下矢印
​​アロマ&ハーブ La Mure ハーバルライフサポーターのお部屋​ ​

さて、
今年もご近所の神社へ初詣にいってまいりました。



雪化粧した森の中に佇む小さな神社ですが、きりりと身が引き締まり新年の清々しさを感じます。
境内に、厄払いのご案内が掲示されているのをみて、ふと思い出しました。
私は、自身の体調不良がきっかけでアロマテラピーやハーブを学び始めたのですが、それはちょうど女性の大厄にあたる年齢でした。

としますと、かれこれ23年前になりますぽっ

​身体の具合がすぐれないことで憂鬱になりがちだった日々に、アロマやハーブに出会い、こんなに楽しく気持ち良くセルフケアできることに感激して、あっという間に大好きになりました。

今では、かつて体調不良があったことさえ、肯定的にとらえられるようになりました。
『おかげで今の私がある』と。
「転んでもただでは起きない」精神も、この時から身についたような気がします。

今は、個人事業主として、お教室やサロン、出張講座等、楽しくお仕事させていただいてますが、こういったお仕事は、いつも順調というわけでありません。
でも、もともとが一人の熱心なユーザーにすぎなかった私ですので、多少の不安定は苦にならないのですよね。
いざという時も、ただのユーザーに戻るだけ…という気持ちです。
アロマやハーブが大好きで、いつもそばにあって利用し続ける……それは、ずっと変わらないんだなぁと思っています。​

​​
そんな経緯もあり、アロマやハーブのレッスンでは、たとえそれが資格養成のクラスであったとしても、知識偏重にならないように気を付けています。いつも大切にしていることは、植物(アロマやハーブ)を五感(あるいは+α)で感じていただくことです。
本に書いてあること、誰かが言っていたことは、二の次でもよいのです。
まずは自分がどんなふうに感じるか、そこを十分に味わってから、正しい知識を積み重ねていくことで、より深い知恵となって心や身体に刻まれていくと思います。

植物療法を学ぶことは、一生の宝物になると思います。
世界中どこにいようとも、どんな時代にあろうとも、植物は必ず私たちのそばにいます。
それはもう数千万年も昔から続いているのです。
植物について学び、理解し、活用していくことは、とても頼りになる友人を持つことと同じじゃないかしら…と私は感じています。

これからも植物の学びを通じて、皆さまがより良く生きるためのお手伝いができれば幸せです四つ葉


ハート(手書き)​今年も皆さまのそばに花や緑があふれ、たくさんの幸せがありますように​ハート(手書き)


​​







Last updated  2019.01.05 23:12:24
2018.06.19
カテゴリ:おしらせ

6月21日は、いよいよ夏至ですね晴れ

この季節の北海道、本当にキラキラしています。

爽やかな青空、心地よい風、太陽をいっぱいにあびて、花や緑もいきいきとしていますね四つ葉

そんな素敵な夏を、さらに元気に過ごすために、季節の恵みを詰め込んだハーブコーディアルを作ってみませんか?




生活の木札幌パセオ店のアロマカフェでのレッスン、ご案内させていただきます。

​自然の贈り物​​『季節のベリーとハーブのコーディアル作り』​​

​日時: 6月24日(日) 11:00~12:30​


季節のベリーとハーブを使ったコーディアル、皆さんで一緒に作り、各自250~300mlくらい、お持ち帰りできます。

カフェスペースで試飲も楽しみ、様々な飲み方のアレンジもご紹介いたしますねカクテル

定員8名を予定しておりましたが、ご好評につきお席を追加していただけました。

残席僅かですが、この機会にご参加ご検討いただけましたらとても嬉しいですハート(手書き)


「ハーブコーディアルって、自分で作れるんですか?」と、よく聞かれます。

​コーディアルは、本来は家庭的な飲み物で、おなじみの梅シロップや、シソジュースなどもコーディアルの仲間ではないかと思います。

一度レッスンを受けていただくと、オリジナルな自分だけのコーディアルを作るコツもわかってくると思いますので、よかったらご一緒下さいね。

受講料や持ち物などの詳細、お申込みは、生活の木札幌パセオ店までお願い致します。

TEL 011-213-5082  10:00~21:00

皆さんとワクワク手作りのお時間、とても楽しみにしています。

どうぞよろしくお願い致します音符







Last updated  2018.06.19 11:48:12
2018.05.20
カテゴリ:カテゴリ未分類

​​​​​​かねてご案内のハーバリックヒーリングテント、おかげさまで無事オープンしております。

何をするにも、たった一人の力ではありません。
沢山のご協力あってのことで、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございますハート(手書き)

当分は、一日最大2名様のペースで、じっくり皆様と向き合っていきたいなと思っています。

テントで使用する黄金律のハーブブレンドは全部で5種類。
エロス、プシュケー、バタフライ、コクーン、そしてさそり座木星期、期間限定の「←極→」
(詳しくはこちらをご覧ください​→コチラ)
皆さんそれぞれに、ぴったりなブレンドを引き当てて、納得の表情を見せて下さるのですが、
当然といえば当然、不思議といえば不思議。
私自身が、「これだわ💛」と思って導入したハーバリックヒーリングテント®ですが、
想像以上のパワーに毎日ワクワクしています。

昨日のお客様は夕方からのお越しでした。
自律神経のリズムからみると、夕方~夜は副交感神経が優位になる「おやすみモード」の時間です。
朝から日中は「活動モード」をささえる交感神経が優位に働きますが、夕方から夜に向けて副交感神経への【切り替え】がスムーズにいくことで、自律神経のバランスも整い、健康維持に役立ちます。

ところが現代では、この【切り替え】の難しい方が増えているといいます。
なぜなら、夜といっても街は明るく、コンビニは24時間営業し、昼夜を問わず稼働しなければならいお仕事も沢山あります。過剰なストレスで、ひどく緊張を強いられる方もいらっしゃいます。眠りにつく直前までスマホやパソコンの明るい光を浴びることも、カラダを「おやすみモード」から遠ざけます。

地球の歴史からみたら、私たちの人生なんてあまりに短いですね。
だから短い人生の中に、眠る時間も惜しんで、できるだけ色々なものを詰め込みたいと思ってしまうのかもしれません。
でもカラダは、そういうふうにはできてないんですよね。
人間は昼間活動して、夜はお休みする動物です。夜行性動物ではありません。
先史の頃より、もう何万年もそうだったから、たったこの50年とか100年とかでは変われないのです。
ですので、自律神経を整えて、夜間にカラダを十分休めるには、あえて意識的な努力が必要になるかもしれません。

努力というと大変そうですが、カラダが喜ぶことですので、試してみると心地よいことばかりピンクハート
日中の高めなテンションが夜になっても続いてると感じる方は、ぜひお試しください。

いろいろな方法があります。
まずは午後8時以降の照明を控えめにする月
リラクゼーション効果のあるアロマを香らせたり、ハーブティを飲んだりコーヒー
呼吸法をためしてみるダッシュ
ぬるめのお風呂にゆったりつかる温泉

そして、
夜のハーバリックヒーリングテント®もおすすめです
ハーブのミストによる温浴効果でぽかぽか・・・(ぬるめのお風呂の効果と同じですね)
ハーブの香りでココロやカラダがゆるゆる~。
マイルドな瞑想状態になり、神経疲労が癒されます。

夜テント、ちょっぴりムーディな感じもあり、雰囲気もバッチリですウィンク



 夜のトリートメントルームの様子と、お客様にいただいた素敵な感想です。(掲載はご了解済みです)
 この日はテント後にエサレンマッサージもお受けいただいたので、ベッドを出しました☆
 
アロマ&ハーブ La Mureは、自宅サロンですので、夜間の営業は不定期になっています。
夜テント、「なんだか気になる~ひよこ」と興味をもっていただけましたら、まずお問い合わせくださいね。
日程のご相談承ります。

5月のご予約可能日も少なくなってきました。
ご予約いただきました皆さま、ありがとうございます!!!
6月のご予約可能日をお知らせいたします。

<5月>
5月22日(火)午前
5月28日(月)午前・午後
5月31日(木)15時以降

<6月>
6月1日(金) 午前・午後
6月4日(月) 午前・午後
6月5日(火) 午前・午後
6月7日(木) 15時以降
6月9日(土) 午後
6月10日(日) 午後
6月11日(月) 午前・15時以降
6月14日(木) 15時以降
6月18日(月) 午前・午後
6月20日(水) 午前・午後
6月21日(木) 15時以降
6月26日(火) 午前・午後
6月28日(木) 15時以降

18時以降につきましては、別途お問い合わせくださいませ。
ご質問などもお気軽にお寄せくださいね。

ご一緒のお時間過ごせること、ココロよりお待ちしております。


アロマ&ハーブ La Mure (ラ・ミュール)
eメールla-mure@aroma-mure.com
​​​​​​​​​​​​​







Last updated  2018.06.19 11:50:44
2018.05.08
カテゴリ:おしらせ

やっと、やっとお知らせできます。

アロマ&ハーブ La Mure(ラ・ミュール)では、5月16日(水)より、ハーバリックヒーリングテント®のご提供をはじめます!!

で、
ハーバリックヒーリングテント®って、なんですか??
というお声が、当然聞こえてまいります大笑い

こちらはやはり、考案者の【メディカルチャクラリスト・高木君与さん】のご説明を参照させていただくのが一番と思われます。

★ハーバリックヒーリングテントとは?

高木さんのプロフィールもご覧ください→​コチラ☆


私とハーブテントのかかわりを、ちょっとだけお話しさせてください。

ハーブに蒸気をあてるサウナがあるというのを初めて知ったのは、10年ほど前になります。
「ハーバルセラピスト養成講座」のテキストで「クナイプ療法」について学んだ時です。

「うわぁ~、どんな感じかな?気持ちよさそう~~♡」と、強く思いました。
でも、身近で体験できるところはなかったのです。

その後・・・
5年くらい前かな?

仲良しハーブ仲間Fさんと安曇野女子二人旅に出かけたとき、​穂高養生園​にハーバルサウナというセラピーメニューを発見上向き矢印

喜び勇んで予約したのですが、3人以上で開催とのことで、残念ながら体験できず…泣き笑い

そうこうするうちに、自宅に設置できるパーソナルスチームテントというものがあることを知り、
「これはもう、自分で調達するしかないでしょう!」と思い、いろいろと検索。
ハーバルセラピストとしては、どんなハーブを使うかということにコダワリがあります。

そして、やっと出会えたのが高木さん考案のハーバリックヒーリングテント®
「これだ~~~ハート(手書き)」と直感で決めたのです。

高木さんは、薬剤師としての西洋医学の知識に加えて、東洋医学、オーラソーマ、チャクラの世界にも実に幅広い見識をお持ちです。ハーブの選択にも信頼ができると確信しました。

沢山の方に体験していただきたいのと同時に、

私自身が一番楽しみにしているかもしれませんウィンク

オーガニックハーブのミストを全身であますところなく受け取って、
さらに浸出したハーブ液もお持ち帰りいただけますので、おうちのお風呂でもう一度お楽しみいただけます。

5月16日(水)よりオープンいたします。
一般価格6000円のところ、6月末までは特別価格の5000円で提供させていただきますOK


四つ葉5月のご予約可能日は以下の通りです四つ葉

5月16日(水)午前・午後
5月17日(木)午後
5月18日(金)午前・午後
5月20日(日)午後
5月21日(月) 16時以降
5月22日(火)午前
5月28日(月)午前・午後
5月31日(木)15時以降

※いずれの日程も、18時以降はご相談となりますのでお問い合わせくださいませ。

​なにはともあれ、​「まず、はいってみてください!」​という気持ちです。



皆さまからのご予約、ココロよりお待ちしております。
「なんか気になる・・・」という方は、お問い合わせもお気軽に・・・メール

​■ご予約&お問い合わせ■​
アロマ&ハーブ教室“La Mure”(ラ・ミュール)
メールするla-mure@aroma-mure.com 







Last updated  2018.05.18 16:28:33
2018.05.07
カテゴリ:おしらせ

昨年から、いろいろとご縁をいただいている砂川市。

5月13日(日)、イベントに参加させていただくことになりました。


【砂川市地域交流センター ゆう】で、10:30~14:30
砂川駅直結、とてもアクセスの良い会場です。

私は、12時30分から30分ほど、『ステージトーク』でお話しさせていただきます。
それ以外の時間は、アロマ&ハーブ La Mure として、ブースでハーブティーの試飲や販売、精油のスプレー作りのワークショップなどもご用意しています♪

砂川市といえば、​すながわスイートロード虫眼鏡や​ソメスサドル虫眼鏡​のファクトリー&ショウルームなども、一度は訪れたいところ。お天気も上向きですので、ドライブにもってこいですね。

ぜひぜひ、お誘いあわせの上、遊びにいらしてくださいね手書きハート










Last updated  2018.05.08 09:33:58
2018.04.24
カテゴリ:おしらせ

小枝を飾る黄緑色の若葉、地面を彩るクロッカスの紫、白、黄色、
目にうつる世界が日に日にカラフルになってきました。
桜の花が開くのも、あともう少しですねさくら



心浮き立つ春、
なにかを始めてみたくなる季節です音符

今日、お越しいただいたお客様の言葉に心が動かされました。
「転勤族として、数年ごとに居を移す生活でも、ハーブと出会って自分の根ができたような気がします。どこに行っても、その地の植物があり、学びの機会はあるので・・・」

本当にそうなんです!
日本中、いえ世界中どこへ行っても、植物はたくましく生きていて、その土地に住む生き物や人間たちに様々なものを与え、少なからぬ影響を与えています。

もうずっと前、尊敬する先生が「教育の目的はどこにいても幸せに暮らせる人になること」とおっしゃっていました。
大学卒業以来「教育」はいつでも私の仕事の大きなテーマでしたが、その目的をこんなにクリアに言い当てて下さった方は初めてで、私は目の前がぱぁ~っと明るくなりました晴れ

その時から、植物は私の親友の一人と決めました。
極寒の地にも、砂漠にも、探せばそこに生きる植物があります四つ葉
植物としっかり向き合い、深く付き合うことができれば、きっとどこにいても楽しく暮らす術が見つかるはず…と思ったのです。
もう20年近く、この思いは変わりません。
だから、飽きもせず、情熱も失わずに、植物のことをお伝えし続けることができるのだなぁと思っています。

目まぐるしく移り変わる時代や環境にあって、楽しくたくましく生き抜くために、いろんな方に植物の知恵を知ってほしいなと思います。
単なる知識ではない、生きるためのヒントがたくさん隠されています


健やかさ、美しさ、愛すること愛されること、強さ、しなやかさ・・・
あなたの知りたいことは何でしょうか?
植物をとおして見つかるヒミツ、一緒に探してみませんか?

​​​ハーバルセラピスト養成講座​が始まります。
初めての方から、本格的に学びを深めたい方まで、《楽しくわかりやすく丁寧》にお話しします。
どうぞ安心してお越しください!

日程:6/19,  7/3,  7/17,  7/31,  8/21,  9/4,  9/18,  10/2,  10/16 (全9回)
曜日:火曜日
時間:10時~15時(休憩1H)

アロマ&ハーブ教室 La Mure(ラ・ミュール)は、NPO法人日本メディカルハーブ協会のハーバルセラピスト認定教室です。ご受講の詳細は​ホームページ​にてご覧くださいませ。振替も対応いたします。

ハーブでつながる皆様とのご縁、楽しみにしていますハート(手書き)

お気軽にお問い合わせくださいませ四つ葉

心よりお待ちしておりますスマイル

​■お問い合わせ&お申込み■​
アロマ&ハーブ教室“La Mure”(ラ・ミュール)
メールするla-mure@aroma-mure.com 


​​​​







Last updated  2018.04.24 11:39:36
2018.04.22
カテゴリ:
こんにちは。
私の幸せなことのひとつ、いつでもご飯がおいしく食べられることぺろり
なかでも一番好きなのは、日曜日の朝ごはん晴れ

ふだんの朝ごはんは、やはりそんなにゆっくりとできないので、パタパタと簡単にすませてしまいますが、お休みの日曜日は、「何を食べようかなぁ~」とか、「今日も暖かそうだなぁ~」などなど・・・
のんびり考えつつ、朝ごはんの支度をするのが楽しいです。

昨晩は週末ということで、夜遅くまで飲んだり食べたりしてしまいましたワイングラス食事音符
今朝はカラダの滞りを解消すべく、野菜をたくさん食べてビタミン・ミネラル補給したいと思い、
サラダを作ることに決定!!
ところが冷蔵庫をみたら、あらあら・・・トマトとワカメくらいしかありません。

そこで、雪が解けた庭の植物たち・・・何か食べれそうなものはないかと探しに行きましたら、
ありました!!

雪の下でもしっかり生き延びてたハーブたち。
イタリアンパセリとチャイブさま。
そして、どこからともなくやってきて自生しているフキのこどもたちひよこ

少しずつですが、ありがた~く収穫させてもらいました。
イタリアンパセリはちぎって、チャイブは小口切りに、フキの若葉はかわいい形そのままに。
とってもいい香りです!
ほろ苦い、春の香り。。。
この苦み・・・いかにもデトックスできそうです。

お皿に盛りつけて、パチリ♪


夫の秘密のおつまみ「ベビーチーズ」もこっそり拝借して、トッピングウィンク
キヌアのパフもふりかけて・・・

緑の恵みたっぷりです♪
感謝しつつ、パクパク美味しくいただきました四つ葉

みなさまも幸せな朝ごはんを・・・手書きハート



コチラ→​☆ハーバルライフサポーターのお部屋☆​ もよろしくお願いいたします♪






Last updated  2018.04.22 13:39:42
2018.04.08
カテゴリ:日々

先日、満月の日に「植物の物語を読む会」を開催しました。

前回が12月でしたので、ほぼ3か月ぶりです。

アロマやハーブが好きという共通点をもったメンバーではありますが、この日は「本について語り合う」時間ですので、ちょっとした【部活】みたいな感じでしょうか?


今回のお題は「出会いなおし」(作:森絵都)です。
お題の本は、いつも植物が大切なモチーフになっているような物語を選んでいるのですが、「出会いなおし」は6つの物語からなる短編集で、植物つながりの物語はそのうちひとつだけ。
しかも、植物というか・・・野菜!(笑)

それでも、この本を選びたかったのは、「出会いなおし」という表題に、どうしても心が惹かれてしまったから。
それは皆さん同じ意見で、植物が野菜になっちゃったのは見逃していただけましたウィンク

1話目、表題作でもある「出会いなおし」の後半の一節。
「年を重ねるということは、同じ相手に、何回も出会いなおすということだ。会うたびに知らない顔を見せ、人は立体的になる・・・」
この一節だけでも、大人のあなたなら胸に響くものがあるのでは?
お時間あれば、読んでみてくださいね。

2話目、「カブとセロリの塩昆布サラダ」
一応、こちらが植物がらみ・・・
短いドラマをみているみたいに、止まらずに読み切れます。
なんだか笑っちゃうような、でも人と人のコミュニケーションの難しさも感じさせるお話です。

「本当にわかってもらいたいこと」を伝えるために、必要なことってなんだろう?
マニュアルやテクニックは時に白々しく人を傷つけてしまいますね。
結局は熱意なのかな? 

「カブとセロリの塩昆布サラダ」はなんだか美味しそう・・・ということで、自己流で作ってみました。




昔から、物語の中にでてくるお料理がすごく気になりました。
たぶん、食いしん坊だからですねぺろり
赤毛のアンや大草原の小さな家にも、美味しそうなものが沢山出てきて、お料理本が出たときはどうしても欲しくて買ってしまいました。




左の本、確かめてみたら昭和54年のもの!
30年以上も大切にしていますきらきら

そして、つくづく思うのは、
人は成長し、変わっていく部分もあるけれど、ずっと変わらないこともあるんですね。

ハートの奥にしまわれた種は、ずっとそのままなのかもしれない。
今も昔も、私の中で「アン」は永遠なのです。

読書会のこと、
今後のお知らせも含めて、ハーバルライフサポーターのnaoさんが書いてくれていますので、ぜひそちらもご覧下さいね​​四つ葉 →コチラ
​​


​​







Last updated  2018.04.08 23:38:26
2018.04.02
カテゴリ:日々

カフェにて、遅いランチタイム。
隣の席から、10代らしきカップルの会話が聞こえてしまう。


Boy: 新学期ってお腹痛くならね?
Girl: うん、なるなる。

ああ、そうでした。
過ぎてしまえば煌めくばかりのあの頃も、その時はその時で、けっこう大変だったよね。

若くていいなぁ。
可愛くていいなぁ。
そう思うこと多いけど、若いってこともなかなか大変なんだよね。

だから、戻りたいかと聞かれれば、Yesと即答はできない。

赤ちゃんも、小学生も、10代も、20代も、もちろん50代も(^_^;)
みんなそれぞれの宿題と格闘してる。


あの頃、若さと元気しかない自分を、沢山の先輩が受け入れ、支えてくれた。
思い出すと涙が出るほどありがたい。

今度は自分の番なんだなぁと思う。
心のなかでは、いつでも両手広げて待っていたい。

新年度、新学期、
みんなみんな、がんばってね。





さくらハーバルライフサポーターのお部屋​もよろしくお願いいたしますさくら







Last updated  2018.04.02 16:27:38

全239件 (239件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.