154729 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アロマ・ハーブ・エサレン®マッサージ・・・この楽しき日々

PR

全250件 (250件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >

2020.09.12
XML
カテゴリ:日々

こんにちは四つ葉
皆さま、ラジオは聴かれますか?

新しい情報源が次々生まれてくる時代にあって、ラジオはやや古めかしい媒体かもしれませんね。
私は車を利用することが多いので、移動中にラジオをよく聴きます。

今日は久しぶりにユーミン様の声をききました。
平日金曜の午後、偶然にもチューニングできたこと、小さな幸せを感じますハート(手書き)

ちょうどリスナーからのお便りが紹介されていました。
「我が子は成長して巣立っていったけど、自分はあまり成長してない気がする……」
ザックリそのような主旨でした。
私も同じような気持ちにとらわれることがあります。
人間って、どこまで成長できるのかしら…と考えてしまうこともあります。
ですので、ウンウンうなずきながら聞いていたかもしれません。

さて、ユーミン様のお答えやいかに?
「きっと謙遜して、こんなふうにおっしゃってるんだと思うんですけど… 
もうね、Keepは前進です!」

「Keep は前進?!」
目からウロコがはらはらと落ちましたスマイル

確かに、ある一定の年齢に達したら、やみくもに変化を求めなくても、
キープも前進に違いありません。
たとえば、アンチエイジングを志すにしても、年齢をさかのぼって若返るのはむしろ不自然です。
現状を維持するだけで、十分な前進といえます。

たとえ目を見張る前進はなかったとしても、努力を怠っていたなら、
後退したり、ずり落ちたりしてしまうのだから、キープはまさに努力の結実なんですよね。

「もっと、もっと……」を求めがちな私たち。
ついつい自分に厳しい私たち。
目に見える成果がほしい私たち。

でも、Keepも前進です!
そう気が付いたら、なんだか肩が軽くなりますね。

私の中で、ユーミンはアグレッシブな女性だったから、この言葉をユーミンからもらえたのは、
意外だったけど、なんだかすごくホッとしました。

そして、やっぱりユーミンはすごいなって思いました。
言葉の魔法使い!
現代の魔女のお一人にちがいありませんピンクハート

私も薬草魔女修行、楽しくいそしみたいと思いますスマイル










Last updated  2020.09.12 08:00:05


2020.08.22
カテゴリ:日々

こんにちは。

気が付けば、前回のブログから4か月以上も過ぎていましたびっくり
「大丈夫ですか?」とご心配下さる方もいて、「申し訳なくもあり、ありがたくもあり」の気持ちです。
いつも本当にありがとうございます。

おかげさまで元気にやっております。
元気といいましても、ふだんの私を知っている方はご察しつくと思いますが、飛んだり跳ねたり、走り回って大忙し…なんてことはありません(^^ゞ
私にとって心地よい歩幅で、ゆっくり進んでおります歩く人


休講が続いておりました、生活の木ハーバルライフカレッジさんの講座も再開しております。
9月1日(火)からは、大好きな​「日本のメディカルハーブ」​のクラスも始まります。
感染対策に配慮して、皆さまに安心してご受講いただけるよう、新しいルールのもとでの開講です。
お席はまだ余裕ありますので、興味のある方はぜひお問い合わせくださいませ。

La Mureの自宅教室では、ハーバルセラピスト養成講座も、こつこつとコマを進めています。
今期の講座で、あらためて感動したことがあります。
コロナ禍において、お仕事をお休みせざるを得なかった方が沢山いらっしゃると思います。
でも、そんな時だからこそ、普段は手を付けられなかった資格取得や、ブラッシュアップに挑戦しようと思ってくださる方がいらっしゃるということです。

ピンチをチャンスに…という言葉があります。
誰もが耳にしたことのある言葉かもしれませんが、実行するのはなかなか難しいことと思います。
自分の人生と、仕事、そして社会の流れをしっかり見つめて、けしてネガティブにならずに、スピーディに行動できる方々に、講座を通じて出会えました。
私自身は本当にのんきな人間だから、そのような方々には、ただもう「敬意」でいっぱいになってしまいます。
私の仕事は、教えるということだけど、実際には同じくらい沢山のことを生徒さんたちから教わっているのです。あらためて感謝の気持ちを深めています。

自宅での講座は1日1名様まで、新しいルールのもと、私にできることで皆さんを応援していきたいと思います。

    

いつどんな時代にも、世界中のどこであろうと、私たちのまわりには植物がありました。
その知恵とパワーを活用しながら、人間は自然とともに歩んできました。
そのことを忘れずに、この世界の美しいバランスをいつまでも大切に守りたいですね。

講座中の水分補給に、今週は西洋スグリのコーディアルをつくりました。



コーディアルのレシピ、気になる方はぜひこちらをご覧下さいませ!
  下矢印  

夏色コーディアル

8月も後半となりましたが、まだまだ残暑が厳しいですね。
皆さまどうかどうか、穏やかにお過ごしいただけますように……四つ葉







Last updated  2020.08.22 17:46:02
2020.04.14
カテゴリ:

​こんにちは。

いつもお世話になっている、生活の木ハーバルカレッジさん。
現在、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、当面休講となっております。

La Mureのお教室は、生徒さんとその都度ご相談しながら、開講もしくは休講の判断をしています。
たとえば、ご自宅にお子さんがいらしたり、ご高齢のご両親がいらしたり、心配な気持ちを抱えながらでは、レッスンも思う存分楽しめないですね。
生徒さんご自身が繊細な体質であり、なんとなく不安がある…という場合もあります。
逆に、社会全体の閉塞感、先行きへの不安などに疲れてしまい、
こういう時だからこそ「アロマやハーブに触れたい!」と切実に願われる方もいらっしゃいます。
皆さんそれぞれに、感じ方は違うと思うのです。

誰もが予想していなかったこの厳しい現実ですが、アットホームな教室だからこそできる柔軟な対応で、皆さんと乗り切っていきたいと思っています。

もちろん教室内は、感染防止のための細心の注意を払い、皆さまのご協力もいただきながら、
できうる限りの安全な環境を整えています。
どうぞ必要な時には、お声かけてください。

さて、私の日常をのぞいてみますと…
やはり活動量が大幅に減っていますので、心身のリフレッシュや運動の必要性を感じます。
そこで、毎日のお散歩を日課とすることにしました。
まだまだ肌寒い日も多いのですが、続けてみるとやっぱり楽しい!!

今日は大きな木の下でヤドリギを拾いました。
ヤドリギを拾ったのは初めてでしたので、興味津々スマイル

ヤドリギの花言葉を調べてみたら「困難に打ち勝つ」「忍耐」とありました!

なんだか、今の状況にピッタリです。

ユーミンの「やさしさに包まれたなら」の一節が頭の後ろをよぎりました♪
「目にうつるすべてのものはメッセージ」




ヤドリギは他の樹木に寄生して生きる植物ですので、私たちが栽培したり増やしたりすることは
難しいのです。
けして人の手にはゆだねられず、自然の中でだけ生きているんですね。
それも魅力的に思います。




家にもどってから、ドアの上に飾ってみました。
クリスマスのイメージがつよいヤドリギですが、
明るい黄緑色は春らしくて素敵です。

さてさて、
明日はどのあたりをウロウロお散歩しましょうか…。


たのしみです四つ葉







Last updated  2020.04.14 23:44:35
2020.04.12
カテゴリ:カテゴリ未分類

こんにちは

久しぶりに、本のことです。

ちょうど2週間前、ハーブつながりのみなさんと「植物の物語を読む会」を行ないましたノート
ウィルス感染と隣り合わせの昨今です。
少人数とはいえ、消毒や換気に細心の注意を払い、手洗いやsocial distance についても皆さんのご協力をお願い致しました。
いつになく緊張しつつのお出迎えとなりましたが、やはり、顔を合わせ、目を見て話ができることの楽しさは、かけがえのないものですね。
笑顔がたえない時間でした。

さて、
この日のお題の本は「花さき山」でした。



作品が発表されてちょうど50年ということで、​「花さき山 五十周年」特設サイト​も開設されています。
「聞いたことあるけれど、どんなお話しだったかしら?」と思った方は、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

「花さき山」をお題に決めたのは、昨年12月のこと。
1年をしめくくるささやかな忘年会の席でした。
言い出しっぺは私だったのですが、あとあと考えてみると少し不思議でした。

なぜなら、私はずっとこの物語がそれほど好きではなかったのです。
切り絵の美しさには目を見張るものの、筋書きには共感しがたい部分もありました。
忍耐や我慢を美徳とする「昔風の考え」を、できれば受け入れたくない思いがあったのかもしれません。
ですが、12月半ばのあの日、みんなで「花さき山」を読むというアイディアが、
ふっと降りてきたのです。

子ども時代の私は、忍耐強い子でした。
ちゃんと我慢のできる良い子だったと思います。
でも私は、そんな自分が嫌で、「変わりたい」思いを抱いていたのです。
だから、好きな物語の主人公は海外児童文学のおてんばな女の子たち。
赤毛のアンだったり、大草原の小さな家のローラ、あしがなおじさんのジュディみたいに、
自分の意見をはっきり言える女の子に憧れていました。
「なりたい自分」をおいかけているうちに、思春期を迎える頃には、
私もそれなりに「ハキハキした女の子」になっていたような気がします。

その私が、なぜ今「花さき山」だったのだろう……と考えてみました。
昨年あたりから、「やはり人生には我慢も大切」と思うことが増えていたかもしれません。
生きる力も十分でなかった子供時代には、我慢が必然でした。
20代~30代は、知力も体力も充実して自信が増している時だから「我慢なんてカッコ悪いわ。やりたいことをやるの!」って感じでした。
40代~50代、「自分が絶好調の時には、誰かが我慢をしてくれていたのかもしれない」ということを考えるようになりました。自分が我慢をすることで、誰かの支えになれるなら、それも素晴らしいことなんだと腑に落ちました。

おそらく人生には、周期的に我慢の時がくるのではないでしょうか。
我慢は、ただただつらく、後ろ向きで、ネガティブなものでしょうか… そうではありません。

誰かを思って我慢するとき、遠くの山にひとつの美しい花が咲く…
そう、「花さき山」はそんな物語なんです。

今、地球のあちらこちらで火の手が上がるように、ウィルス感染が広がっています。
冬が終わり春を迎えて、心もカラダも外へ向かいたい気持ちでいっぱいだけど、
みんなじっと我慢しています。
そして、その我慢は、自分だけじゃない、他の誰かを守っています。
きっと今頃、遠くの山には美しい花がひとつ、またひとつと咲いていることでしょう。

英会話の先生に、「花さき山」のストーリーを教えてあげたら、
VERY VERY JAPANESE ! っておっしゃいました(笑)

はい、確かに、いかにも日本的な物語。

でも、こんなことができちゃうんだよ、ニッポン人はウィンク
「すごいでしょ?」

そう言って胸を張りたい私がいました。

「花さき山」は、いまの私たちに、あまりにタイムリーなお話しでした。
4か月前に、この本を選んでいたことも、大きな不思議な力に背中を押されていたのかもしれませんね。

ずっと遠くの山に、あなたが今日咲かせた花がある…
みんなの花が集まった、一面の美しい花畑を思い浮かべてみてくださいね。
心にひとすじの光が差し込むように、ほっと明るい気持ちになれますように…

長くなりました。。。
最後まで読んでくださって、ありがとうございます四つ葉







Last updated  2020.04.12 17:29:17
2019.11.26
カテゴリ:おしらせ
こんにちは。
なんともお久しぶりのブログです。
11月も終わりに近づいて、ゆく年くる年への思いをはせる季節となりましたね。
一年には、イイコトもツライコトも、もれなくちゃんとあるもので、それは誰しも同じかなと思います。

寒さはともかくとして、反省会好き(笑)な私は、12月もなかなか好きな月です。
そして、思い切り反省した後の、清々しいお正月も大好きです!

気持すっきりな新年のお役にたちそうな「お屠蘇」、そしてポカポカ温まる「葛湯」づくりのワークショップ、生活の木札幌パセオ店さんのアロマカフェで開催させていただくことになりました。

​​​​

お屠蘇は伝統的なレシピを参考にしつつ、ハーブでお好みにアレンジスマイル
仕込んだお屠蘇はお持ち帰りいただけます。
葛湯は、皆さんで試飲を楽しみましょうぺろり

日時:12月21日(土)
場所:生活の木札幌パセオ店「アロマカフェ」

​​​​お時間あいましたら、ぜひご参加くださいね!

お申し込み・お問い合わせは【生活の木札幌パセオ店】様までお願い致します。
札幌市北区北6条西2丁目パセオイースト1階 TEL011-213-5082

12月のアロマカフェでは、気になる講座が他にもいっぱい!



私もあれこれ興味津々です…目がハート


冬は緑も少なくなるし、寒さでこもりがちになって、
知らず知らずエネルギーが停滞してしまいます。
今年はコートや手袋も新調して、ぐんぐんお出かけしたいなと思っています歩く人

皆さんも、ぜひ楽しい冬をお過ごしくださいね音符







Last updated  2019.11.26 19:59:03
2019.08.20
カテゴリ:日々

​こんにちは♪

最近、びっくりしたことありますか?
年を重ねて、いわゆる経験値が上がってくると、
「ちょっとくらいじゃ驚きませんよ~ウィンク」という感じになってきて、なんとなくつまんない(笑)

だから、できるだけ新しいことに挑戦してみたり、私には不似合いかしら?…と思うことにも、あえて首をつっこんでみることもあります。
ほどほどの背伸びや、気持ちよいと感じる程度の無理は、心にも大事な筋トレです。
日常を面白くしたい、老化するのではなく成長していたいという気持ち、誰しも持っていると思いますが、それこそアンチエイジングのお薬かもしれませんね鍵

最近、かなりびっくりするできごとがありました!!

ある朝、我が家の庭にリスさんが現れたのです大笑い
このあたりは、ふつうの住宅街です。
近くに山や大きな森があるわけではありません。
いったいどこから来たのでしょうか???
比較的大きな公園が徒歩15分くらいのところにあるので、もしかしたらそこからやって来たのかしら?
車の往来する道路をトコトコ横断してきたのでしょうか???
小さなリスさんの大冒険の旅を思うと、なんだか胸がきゅっとなりました。
とっても可愛くて、ずっとここにいてほしいという気持ちと、
気の荒いカラスはいるけど、お友達はいないし、早く森に帰ったほうがいいよ、という気持ちが、行ったり来たり。
遠くに暮らす娘たちにも画像を送って、わいわい大騒ぎ。
一日中観察していたかったけど、お仕事がありましたので、後ろ髪ひかれつつ出かけました。
夜には、帰宅した夫にひととおりの報告をして、二人で「リスミン」と呼ぶことに決めましたスマイル

そして翌朝、リスミンはふたたび現れたのですダブルハート

昨夜はどこで眠ったのでしょうか?
よく眠れたのかな?
また会えて、とってもびっくり!
そしてうれしいピンクハート

3日目の朝は、もう現れませんでした。
きっと、もっと素敵な場所を求めて出発したんですね。
淋しいような、ほっとしたような、
「リスミンがんばれ~~!」と心で大きく手をふりました。

野生の動植物たちの生き様は、いつも色々なことを教えてくれます。
からだ一つで、まっすぐに生きています。
考えすぎて動けなくなったりしない。
誰かとくらべて、グズグズ文句言ったりしない。
彼らに転ばぬ先の杖はないんだなぁと思います。

まるで妖精みたいな、柔らかいグレーのエゾリスのリスミン。
うちのお庭に遊びに来てくれてありがとう!

いつかまた遊びに来てくれるかな?

それまでお互い元気でがんばりましょうスマイル






四つ葉     四つ葉     四つ葉     四つ葉     四つ葉     四つ葉     四つ葉

8月~9月のおすすめイベント
詳細は、各タイトルにリンクしております。ぜひご確認くださいませ♪ 
お問い合わせもお気軽に… ピンクハート

◆8月24日(土)13:30~ (3H) ​植物の物語を読む会
◆8月30日(金)11:40~ (1.5H)​「私にぴったりのハーブティを見つけましょう」
​◆9月15日(日)15:00~ (2H)​「スパイスたっぷりカフェ風ごはんをつくってみましょう」

                              







Last updated  2019.08.20 11:40:33
2019.08.05
カテゴリ:おしらせ

札幌中心部、7連続真夏日ですって……晴れ

夏は夏らしく!
本当に久しぶりのノースリーブ、二の腕の太さをもろともせず(苦笑)解禁してみたけれど、
けして涼しくはなく、むしろ焼き付ける日差しにチリチリと皮膚が痛みました。
おまけに、いつの間にやら蚊に刺されて、腕はさらに太く、赤く腫れているではありませんかショック雫
なんか、討ち死にの気分です泣き笑い

真夏日3日目くらいからは、家での作業はあきらめまして(クーラーないので…涙)
調べものやら、資料作りなど、あちこちのスタバ様や図書館などでお世話になっています。

それにしても、つくづくカフェは私の生活の一部だなぁと思います。
ハーバルセラピスト養成講座のテキスト第9回は「ライフスタイル改善とQOLの向上」がテーマで、心や身体を休養させるための様々な方法も紹介されています。

そのひとつに【聖なる場所と聖なる時間】というのがあるんです。
最初は「ん?」と思ったのですが、要は「一人で過ごす場所と時間を大切にしよう」という意味です。
だから、教会とか神社とか、特別なパワースポットでなくてもいいのです。

で、私にとっての【聖なる場所と聖なる時間】ってなんだろう…と考えた時、
思いついたのは、森とカフェです。
この二つがなければ、人生はもっと辛く厳しかったような気がします。
森の中のカフェとか、アウトドアでのティータイムとかが最高のリラクゼーション

仕事を終えて家に向かう時も、カフェに寄り道すると、スムーズにON/OFFの切り替えできますコーヒー
仕事帰りに赤ちょうちんをくぐってしまうお父さんたちも同じなのかなウィンク??

はるか昔ですが、あれこれ傷心でやさぐれていた時に、カフェでお仕事はじめて、どんどん元気になった経験もあります。毎日同じようにお湯を沸かして、背筋を伸ばして1杯のコーヒーをいれるというルーティーンにすごく癒されました。
家族の急病で欠勤続きとなり、本当に残念で申し訳なさいっぱいだった時、カフェの店長が言ってくれたのは「無理しないで。仕事より人が大事だから」という言葉。
仕事より人が大事…… この言葉、今でも私の人生の名言リストに燦然と輝いていますきらきら
すべての会社が、そんな気持ちで従業員に接していたら、世の中はもっともっと優しくなるのにね。

そんなカフェ好きな私が、春からちょくちょく通うお店が​​Cup4life​さん。
吹き抜けの心地よさと、壁一面の本棚、窓の外の公園のみどり、私の好きなものがたくさんです。
ご縁あって、8月30日(金)にこちらでハーブティのことお話しさせていただきます。

詳細は、​La Mure ハーバルライルサポーターのお部屋​のブログに書かせていただきました。

コチラ⇒​​​​すてきカフェでハーブをまなぶ♪
​​​

良かったらぜひお読みくださいね。​​

さてこの暑さ、もう少し続きそうですが……

皆さまもどうか夏バテなどしませんように、やすみやすみご活動下さいね花​​​​







Last updated  2019.08.05 20:53:51
2019.06.25
カテゴリ:

6月半ばの1週間ほど、はじめてハワイを旅してきました。

桃の節句のことをアップしたのが、ついこの間のように感じてましたが・・・
季節は夏至をすぎて、夏の盛りもすぐ目の前。
オトナになると、あっという間に時が過ぎるのはなぜ??

それは「人生にトキメキがなくなったから~~~」なんだとか…(チコちゃん談@某国営放送)

それはいけないでしょ。。。
そんなことないでしょう。。。

というわけで、日々トキメキ活動を心がけております。

私のまわりには、ハワイ好きの方が沢山いらして、その魅力についてはかねがね聞いていたのですが、実際に訪れるきっかけのないまま、何年経ったでしょうか。
今年は「夫の還暦」という節目でもあり、
うってつけの名目を得て、念願のハワイ旅行となりましたウィンク

ハワイと言えば、誰もが思い描くのは、美しいビーチ。

もちろん私も行きました。

ずーっと眺めていたくなる、きれいな青!!
気温は高いけれど、風が心地よくて、とても爽やかです。

でもでも……
やっぱり私は、どこに行っても植物のことが気になってしょうがない大笑い


バオバブの木から沢山のエネルギーをもらったり……





色とりどりなプルメリアのお花のすばらしい芳香にも、うっとりハート(手書き)
実は、この濃厚な香り、これまであまり得意ではなかったのです。
ところが今回、旅で出会ってみると、とてもしっくり感じて、
お花に顔をよせて、何度も深く吸い込みました……

あらためて、植物はその土地とともにあることを実感しています。
たとえば、フレグランスにしても、民族によって似合う香りは違うなぁと前々から感じてました。
やはり、人も植物も、生まれ育った土地と奏でるハーモニーが最も自然なんでしょうね。

めずらしい植物も見つけました!


これは、キャノンボールの木です。
学名をCouroupita guianensisというこの木は、日本語では砲丸木(ホウガンボク)というらしいです。

テニスボールくらいの丸い実がついていて、「頭上注意、実が落ちてきます」と看板に書かれていました。で、頭に当たったら怖いと思い、あまり近寄らなかったのですが、あとで調べたところ、実を割るとかなりの悪臭とのこと。

うーん、せっかくなので嗅いでみたかった!

怖いもの見たさならぬ、臭いもの嗅ぎたさ(笑)





かわいい小鳥さんや、スマートなトカゲくんにも出会い、
トキメキいっぱいの毎日をすごせたので、少しは若返れたでしょうか大笑い

旅行の疲れも特になく、帰国翌日から、
午前は英語読書会に参加し、午後は長谷川弘江先生の「聖ヒルデガルドのドイツ自然療法」の講座に参加させていただきました。
思いのほか元気いっぱいです。


薬用植物のことなども、またの機会にアップしてみたいと思います。

ではでは、
読んでいただいて、ありがとうございます赤ハート















Last updated  2019.06.25 13:44:33
2019.03.04
カテゴリ:カテゴリ未分類

こんにちは。

3月3日は桃の節句(=お雛祭り)でしたね。
例年ならば、まだまだ雪深い北海道ですが、今年の札幌はずいぶんと雪解けがすすんでいます。

春が近いというだけで、こんなに元気が出るんだなぁ…と実感する日々ハート(手書き)

さて、

ここ数年、我が家の「お雛祭り」の定番は、桜のおこわさくら


ちらし寿司などに比べると、見た目は少々地味な印象です……。
でも、お口の中で桜がふわ~っと香ると、春への期待が胸いっぱいにふくらみ、
とっても幸せな気分になるのですスマイル

桜は、お花見を楽しんだり、お菓子やお料理として味わったりするだけでなく、
大切な日本のハーブでもあります。
樹皮の内皮は生薬に活用されますし、最近は八重桜の花の抗糖化作用も報告されて、
スキンケア効果にも期待が高まっています音符

いつもは、忙しさにまぎれて、熱湯でチャチャッといれてしまう緑茶も、
きちんとお湯を冷まして、苦くならないように、ゆっくり入れました。

では、なぜお湯を冷ますと苦くならないのでしょう???
ハーブ女子の皆さんは知っていますウィンク(チコちゃんふうにお願いします歩く人

緑茶の渋味・苦味の成分であるタンニン(カテキンなど)やカフェインは、高温で多く抽出されます。いっぽう、旨味のもととなるアミノ酸類(テアニンやグルタミン酸等)は、温度が低くても抽出されやすい成分です。

緑茶を入れるときは、お湯を少し冷ましてからいれることで、渋味・苦味を抑えて、
まろやかなお味を楽しむことができるのです日本茶

知っていはいても、時間に追われる生活をしていますと、いつでも実行できるというわけではありませんね。でも、こんな季節の節目には、丁寧に美味しいお茶を味わいたいなと思います。

桜も桃も、北海道のお花見は、あと2か月くらい先でしょうか。

今は、お部屋の中でお花屋さんからつれてきた桃の花を愛でています。



桃は、中国では古くから霊力をもつ神聖な植物とされていたそうです。
邪気をはらい清め、不老長寿や繁栄の象徴と考えられてきました。

桃の節句をはじめ、日本には五節句という季節の行事がありますが、
厄を逃れて、健康で豊かに暮らしたいという思いは、昔も今もまったく同じですね。
昔の人とか、今の人とか、あまり区別せずに、
大事なことはしっかり受け取り、伝えていきたいものです。

季節の植物からもらう生命力、皆さまもご活用くださいね。








Last updated  2019.03.04 16:58:11
2019.02.26
カテゴリ:美味

今年の北海道、春への疾走感がすごいです。
2月の下旬にして、こんなにどんどん雪が解けるのをみたのは、何年ぶりでしょう。
わくわくしすぎないように、気を付けます大笑い

今年初めのブログでもお知らせしておりましたように、いよいよ今週土曜日より、「日本のハーブセラピスト養成講座」がはじまります。

世界中どんなところにも、それぞれの土地に根ざしたハーブがあります。
私たち日本人の祖先も、身近にあるハーブをいつも大切に使ってきました。

では、どんな時に使ったのでしょうか?

からだの調子がすぐれないとき、
悪魔や呪いから身を守りたいとき、
神に祈りを捧げるとき、
お腹がすいた時には食べ物としても役立ちますし、
愛する人への思いをたくして手紙にそえたりもしたでしょう。

人間と植物の長いつきあい、その歴史をひも解いてゆくと、現代の私たちのあり方についても、たくさんの気づきがあります。

私がずっと長いこと「学ぶ」ことをやめられないのは、
やはりそこに「感動」や「気づき」があり、
それが生きていくためのエネルギーになっているからだと思います。

ですので、講座という場で、私が皆さんにお伝えする立場になる時も、
どうしたらその「感動」をお伝えできるのか……
どうしたら、植物の学びが皆さんの日々の生きる力となっていくか……
そんなことを、日々苦心しています。

先日、​ハーバルライフサポーターのお部屋​のブログでもアップしたので、読んでくださった方もいらっしゃるかもしれません。
「赤毛のアン」の主人公、アン・シャーリーは、人に良い影響をあたえることのできる職業として教師の道を選びます。同じように私も、ハーブの講座をとおして、少しでも皆さんに良い影響を与えられる人間でありたいと思っています。



で、今日もテキストを見直しながらウンウンうなっていたら、頭を使いすぎたのか雫
ちょっと甘いものがほしくなりまして……ぺろり

最近のお気に入りである「東方美人ブレンド」で、何かデザートができないかしらと、お得意の妄想タイムに突入音符



少し濃いめにいれたお茶に、分量のゼラチンを入れて固めるだけ、
とっても手軽なおやつですハート(手書き)



お砂糖は入れず、いただく前にクコの実(←日本のハーブ!)とハチミツをそえました。
すっきり爽やかなお味です。
カロリーも気になりませんねウィンク

お腹にもたれず、糖質も控えめなので、「食後に眠くなる」こともなく、お仕事のブレイクタイムに、良い気分転換となりました。

東方美人のゼリー、
名前のとおり、まさに美人デザートですダブルハート

皆さまも、ぜひお試しくださいねさくら


四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉


各種レッスン、講座へのお問い合わせも、どうぞお気軽にお寄せくださいませ。

アロマ&ハーブ "La Mure"(ラ・ミュール)

メールla-mure@aroma-mure.com
(48時間以内に返信がない時は、お電話にてご確認ください→​HP​)







Last updated  2019.02.26 11:58:36

全250件 (250件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.