164942 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アロマ・ハーブ・エサレン®マッサージ・・・この楽しき日々

PR

X

全255件 (255件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

2021.06.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは。

6月を迎えて、目に映る緑が日に日に濃くなっていることに気が付きます。
おこもりを強いられしょんぼりしている人間たちをよそ目に、なんと勢いのあること!





私も負けちゃいられないわ(笑)と、麦わら帽子をかぶって庭へ…
せっせと草をむしったり、もじゃもじゃの枝を剪定したり、
たくさん汗もかいたけど、初夏の風がそよそよ気持ち良いです。

まもなく、​ハーバルセラピスト養成講座​がスタートします。

私がハーブやアロマテラピーのレッスンをはじめて、16年目になりました。
自分のケアのために植物療法をはじめたのは、それより更に5年さかのぼりますので、
かれこれ20年以上のお付き合いになります。
自分の生活軸となる植物療法への思いはずっとかわりません。

好奇心旺盛なこともあり、他にも色々な学びにチャレンジしていますので、
「そんなこともしてるんですか?」と時々驚かれるのですが、自分の中ではなんの違和感もなくて、むしろ全部つながっているんですよね……。

あらためて考えてみました。
自分のやって来たこと全部をつないでいるものって何だろう…と。

「幸せに生きるためのお手伝いがしたい」

たどりつく思いは、シンプルです。
アロマもハーブも、エサレンマッサージも、心や身体に優しくして幸せをくれるもの。
フラワーエッセンスは魂を癒し、幸福への道筋を示してくれる。
野菜の勉強も、幸せの基本である健康な体作りを助けてくれる。
結婚カウンセリング​のお仕事は、ともに幸せを築くためのパートナー探しをお手伝いすること。

山頂をめざして登る時、ルートはいくつもありますね。
「幸せに生きる」という頂上をめざすにしても、人によって選ぶルートは色々あるでしょう。
お一人お一人にぴったりなルートをご案内したいと考えた結果の、現在のLa Mureになりました。

どの扉からでも、OKです。
お気軽にドアをたたいてくださいね!

両手を広げて待っていますハート(手書き)






Last updated  2021.06.07 21:41:38


2021.05.07
カテゴリ:おしらせ
こんにちは。

今年も桜が咲き、そして散っていきましたね。
春、夏、秋、冬、そしてまた春・・・
世の中がどんなに目まぐるしく変わろうとも、変わらないものって、やっぱりあるのです。
この世界の美しいバランスをいつまでも大切に守りたいですね。




いつの時代にも、世界中のどこであろうと、私たちのまわりには植物がありました。
メディカルハーブには、その知恵とパワーがぎゅっと詰まっています。
ぜひ沢山の方々に、その恵みにふれていただければと思っています。

ただいま【ハーバルセラピスト養成講座】の参加者さまを募集しております。
少人数で、お席の間隔をとり、こまめな消毒と換気のもとで行います。

新しいルールのもと、私にできることで皆さんを応援していきたいと思います。

    


すでにご参加希望下さっている方がいらっしゃるので、【クラスメート募集】ということで、
以下のコースをご案内いたします。

【ハーバルセラピスト養成講座】

①日曜集中クラス
日程:6/13,  6/27,  7/11,  7/25,  8/8,  8/22,  9/12,  9/26,  10/3 (全9回)
時間:10時30分~15時30分(休憩1H)

②火曜集中クラス

日程:6/8,  6/22,  7/6,  7/20,  8/3,  8/17,  8/31,  9/14,  9/28 (全9回)
時間:14時~18時30分(休憩30min.)


植物と仲良くなると、四季折々の楽しみが増えます。
なんてことない普通の日にも、たくさんの命が息づいているんだなぁ…と気づかされます。

わたしたち人間は「もっと、もっと」と思いがちです。
それが人類の進歩を支えてきたとも言えるのですが、時にはその思いが心や身体を疲れさせてしまうこともありますね。
そんな時、植物の生き方にふれると、とてもホッとします。
「ただ生きる」そのことの素晴らしさを、彼らは全身で表現してくれているから……




すてきなお仲間ふえること心より楽しみにしていますね。

お気軽にお問い合わせくださいませハート(手書き)


■お問い合わせ&お申込み■​
アロマ&ハーブ教室“La Mure”(ラ・ミュール)
メールするla-mure@aroma-mure.com 






Last updated  2021.05.07 18:56:36
2021.04.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは!

私は、基本的に女子の味方です。
単に同性だからというだけではなくて、様々な経験を重ねる中で「私は女子を応援する!」という
気持ちを強くもつようになりました。

最近では、ジェンダーに対する意識が高まり、あからさまな女性差別発言は減りつつあります。
ですが、私が就職したばかりの頃は、まだまだひどいものでした泣き笑い
勤め先は公立高校でしたので、男女の給料の差もなく、一般的に見ればフェアな職場といえます。
私も未熟ながら、子どもたちの将来のために自分の持ちうる知識をしっかり伝えていこう、
楽しい学生生活になるように応援していこうと、情熱を傾けて仕事をしていました。
放課後になれば、おもに女子生徒が集まって気軽に話をしてくれました。
部活動のこと、進路のこと、恋バナやら世間話やら…etc.
男女問わず、勉強の得意な子もいたし、苦手な子もいました。
どちらも個性とうけとめて、その子の将来につながるように、
私なりのアドバイスをしていました。

ですが、男性教員のなかには「女子には期待しない」という口ぶりの方も少なくなかったのです。
たとえ、いま成績が良くても「女子は伸びない」と言い切っていました。
「学年上がって男ができて色気づいたらそこまでだ」みたいな発言もありました。

本当にそうでしょうか?
私には、男性たちがそう仕向けているとしか思えませんでした。
人は「期待されると伸びる」ということは、よく知られています。
 ⇒​ピグマリオン効果
最初から「女子は伸びない」なんて決めつけることは、まさに教育の妨害ですよね。
医大の受験で、女子学生が性別を理由に不合格になったケースも記憶に新しいです。

経済活動優先の民間企業に比べれば、教育現場はもっと男女の平等性が確保されて当然なのに、
現実はまだまだなんです。

だから、私はとことん女子に期待します。
とことん女子の味方になります。
とにかく女子を応援したいぐー

人間はみな欠点もあるし、完璧じゃない。
それは、男子も女子も同じです。

違いがあるのは生物としてのカラダのしくみ。
女性のカラダには独特のリズムがあって、現代社会で生活するうえで時には不便もあります。
そんな時は、ぜひアロマテラピーやハーブを活用してほしいです。
女性の心や身体を力強くサポートしてくれます。

高校生の時、ホームルーム委員長は男子で、女子は副委員長と決まっていました。
そのことに疑問をもつこともなく、3年間過ごしました。
大学に進学して、女子大に入学しました。
もう男子はいないので、すべての委員は女子がつとめて、リーダーも女子。
普通にそれで成り立つし、なんの問題もなかった。
知らず知らず男子に遠慮して「できないふりしてる」女子が沢山いたことを知りました。

できるふりも、できないふりも、もう必要ないですね。
男子も女子も、自分の弱さも強さもひっくるめて、ありのままで……

人間は皆、自分の能力のすべてを使い切っているわけではありません。
まだまだできることが沢山あるはずです。
自信をもって、堂々と、一歩を踏み出して下さいね。

「わたしはできる」
ぜひ、声にだして言ってみてくださいね。







Last updated  2021.04.05 21:37:07
2021.03.30
カテゴリ:日々
「指輪物語」が好きです。

第六巻まである小説は、挫折してしまったのですが、映画を見てすっかり心を掴まれました。

長い長い物語は、大変なことばかりで、けして愉快なストーリーではないけれど、
なぜか繰り返し見たくなります。


主人公フロドは、指輪を譲り受けるという重い「運命」を背負い、過酷な旅に出ます。
のどかな生活を愛していたホビットの青年フロドが、様々な争いごとに巻き込まれ苦悩しつつ、愛や勇気を糧に、その使命を果たすのです。
そんな苛酷な物語なのに、彼に用意された最終章は、栄冠とか歓喜とか、そんな華々しいものではありません。
そこにあるのは、ただただ「深い安堵」なのです。

3月も明日で終わり。
長い冬を経て、ようやく春がきます。
枯葉と残雪の庭は、まだ美しいとは言えません。
茶色くて、湿っぽくて、地味そのもの。
薄緑のフキノトウが優しく芽吹いているだけ。
でも、そんな庭だけど、うろうろと歩き回るのが楽しい……。
ああ、やっと春が来るという気持ちに、ほっと安堵のため息がでるのです。
そして、ふと「指輪物語」の最終章を思い出します。



毎年同じことしてるなぁ…と思います。
春の喜び、夏の輝き、秋の実り、そしてまた厳しい冬。
でも、この繰り返しが生きることなのだ、それも悪くない、と思えるようになりました。
そう思えるようになるまで、半世紀以上かかりましたが(笑)

4月から新しい生活が始まる方、多いと思います。
楽しいことばかりじゃないけれど、嫌なことばかりでもない。
精一杯、自分の道を歩んでいったなら、必ずほっと息をつける春の一日のような日も訪れます。

小さなごほうびは、あちらこちらに隠されています。

日日是好日。
だいじょうぶ、だいじょうぶ。






Last updated  2021.03.30 19:08:08
2021.03.06
カテゴリ:カテゴリ未分類

こんにちは♪

「冬眠してたの?」と尋ねられてしまいそうなほど、ご無沙汰してしまいました。

ハーバルライフサポーターのお部屋​のほうは、いつも頑張ってくれているnaoさんに引っ張られるかたちで、時々おしゃべり寄せてはいましたが……
こちらは本当にお久しぶりです。

先週末は、三越マイカフェ様でのワークショップ「ハーブ&スパイスでクラフトコーラづくり」、楽しく開催させていただきました。




まだまだ気を抜けないウィルスの問題、足元の悪い北国の冬などなど、けして好条件ではないにもかかわらず、ご参加くださった皆様には感謝いっぱいです。




クラフトコーラは、材料さえ揃えば、料理の腕前などあまり必要ありません。



​こちらに限らず、私のレッスンでご紹介するレシピはどれも簡単ウィンク
ハーブやスパイスを気おくれせずに楽しんでいただきたいと思っています。

3月になり、身体も心もむくむくと動きたがっているのがわかります。
私たち人間も、植物や動物たちと同じですね!

お教室やサロンへのお問い合わせも、友人からのメールも、まるで春に誘われるように、
じんわり増えています花

冬に温存していたエネルギー、さてこれから何に使いましょうねひよこ

昨年以来、ウィルス感染防止に配慮して、レッスンはプライベート限定にしておりましたが、
久しぶりにグループレッスンを再開することとしました。
2~3名様の少人数で、こまめな消毒と換気のもとで行います。

すでに手を挙げて下さっている方がいらっしゃるので、【クラスメート募集】ということで、
以下のコースをご案内いたします。

【ハーバルセラピスト養成講座】

①日曜集中クラス
日程:6/13,  6/27,  7/11,  7/25,  8/8,  8/22,  9/12,  9/26,  10/3 (全9回)
時間:10時30分~15時30分(休憩1H)

②火曜集中クラス

日程:6/8,  6/22,  7/6,  7/20,  8/3,  8/17,  8/31,  9/14,  9/28 (全9回)
時間:14時~18時30分(休憩30min.)

​ハーブを学ぶ前と、学んだ後…… きっと見える世界が変わります。
今ここにいる「わたし」は、植物とつながり、地球とつながり、
宇宙とつながっている......
そんなことが、大げさではなく、普通なんだと気づくでしょう。

現実的なお話しも、ファンタジックなお話しも、個人的なことも、社会的なことも、
もちろんカラダとココロのこと、植物のこと、香りのこと、
本当に、よりどりみどりな講座です。

すてきなお仲間ふえること心より楽しみにしていますね。

お気軽にお問い合わせくださいませハート(手書き)


お問合わせ&お申込み
パソコンアロマ&ハーブ教室 La Mure (ラ・ミュール)
メールla-mure@aroma-mure.com


アロマ&ハーブLa Mureは、NPO法人日本メディカルハーブ協会のはハーバルセラピスト認定教室です。
右矢印HP​もどうぞご覧下さいませ。



​​​​​​







Last updated  2021.03.06 17:38:58
2020.09.12
カテゴリ:日々

こんにちは四つ葉
皆さま、ラジオは聴かれますか?

新しい情報源が次々生まれてくる時代にあって、ラジオはやや古めかしい媒体かもしれませんね。
私は車を利用することが多いので、移動中にラジオをよく聴きます。

今日は久しぶりにユーミン様の声をききました。
平日金曜の午後、偶然にもチューニングできたこと、小さな幸せを感じますハート(手書き)

ちょうどリスナーからのお便りが紹介されていました。
「我が子は成長して巣立っていったけど、自分はあまり成長してない気がする……」
ザックリそのような主旨でした。
私も同じような気持ちにとらわれることがあります。
人間って、どこまで成長できるのかしら…と考えてしまうこともあります。
ですので、ウンウンうなずきながら聞いていたかもしれません。

さて、ユーミン様のお答えやいかに?
「きっと謙遜して、こんなふうにおっしゃってるんだと思うんですけど… 
もうね、Keepは前進です!」

「Keep は前進?!」
目からウロコがはらはらと落ちましたスマイル

確かに、ある一定の年齢に達したら、やみくもに変化を求めなくても、
キープも前進に違いありません。
たとえば、アンチエイジングを志すにしても、年齢をさかのぼって若返るのはむしろ不自然です。
現状を維持するだけで、十分な前進といえます。

たとえ目を見張る前進はなかったとしても、努力を怠っていたなら、
後退したり、ずり落ちたりしてしまうのだから、キープはまさに努力の結実なんですよね。

「もっと、もっと……」を求めがちな私たち。
ついつい自分に厳しい私たち。
目に見える成果がほしい私たち。

でも、Keepも前進です!
そう気が付いたら、なんだか肩が軽くなりますね。

私の中で、ユーミンはアグレッシブな女性だったから、この言葉をユーミンからもらえたのは、
意外だったけど、なんだかすごくホッとしました。

そして、やっぱりユーミンはすごいなって思いました。
言葉の魔法使い!
現代の魔女のお一人にちがいありませんピンクハート

私も薬草魔女修行、楽しくいそしみたいと思いますスマイル










Last updated  2020.09.12 08:00:05
2020.08.22
カテゴリ:日々

こんにちは。

気が付けば、前回のブログから4か月以上も過ぎていましたびっくり
「大丈夫ですか?」とご心配下さる方もいて、「申し訳なくもあり、ありがたくもあり」の気持ちです。
いつも本当にありがとうございます。

おかげさまで元気にやっております。
元気といいましても、ふだんの私を知っている方はご察しつくと思いますが、飛んだり跳ねたり、走り回って大忙し…なんてことはありません(^^ゞ
私にとって心地よい歩幅で、ゆっくり進んでおります歩く人


休講が続いておりました、生活の木ハーバルライフカレッジさんの講座も再開しております。
9月1日(火)からは、大好きな​「日本のメディカルハーブ」​のクラスも始まります。
感染対策に配慮して、皆さまに安心してご受講いただけるよう、新しいルールのもとでの開講です。
お席はまだ余裕ありますので、興味のある方はぜひお問い合わせくださいませ。

La Mureの自宅教室では、ハーバルセラピスト養成講座も、こつこつとコマを進めています。
今期の講座で、あらためて感動したことがあります。
コロナ禍において、お仕事をお休みせざるを得なかった方が沢山いらっしゃると思います。
でも、そんな時だからこそ、普段は手を付けられなかった資格取得や、ブラッシュアップに挑戦しようと思ってくださる方がいらっしゃるということです。

ピンチをチャンスに…という言葉があります。
誰もが耳にしたことのある言葉かもしれませんが、実行するのはなかなか難しいことと思います。
自分の人生と、仕事、そして社会の流れをしっかり見つめて、けしてネガティブにならずに、スピーディに行動できる方々に、講座を通じて出会えました。
私自身は本当にのんきな人間だから、そのような方々には、ただもう「敬意」でいっぱいになってしまいます。
私の仕事は、教えるということだけど、実際には同じくらい沢山のことを生徒さんたちから教わっているのです。あらためて感謝の気持ちを深めています。

自宅での講座は1日1名様まで、新しいルールのもと、私にできることで皆さんを応援していきたいと思います。

    

いつどんな時代にも、世界中のどこであろうと、私たちのまわりには植物がありました。
その知恵とパワーを活用しながら、人間は自然とともに歩んできました。
そのことを忘れずに、この世界の美しいバランスをいつまでも大切に守りたいですね。

講座中の水分補給に、今週は西洋スグリのコーディアルをつくりました。



コーディアルのレシピ、気になる方はぜひこちらをご覧下さいませ!
  下矢印  

夏色コーディアル

8月も後半となりましたが、まだまだ残暑が厳しいですね。
皆さまどうかどうか、穏やかにお過ごしいただけますように……四つ葉







Last updated  2020.08.22 17:46:02
2020.04.14
カテゴリ:

​こんにちは。

いつもお世話になっている、生活の木ハーバルカレッジさん。
現在、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、当面休講となっております。

La Mureのお教室は、生徒さんとその都度ご相談しながら、開講もしくは休講の判断をしています。
たとえば、ご自宅にお子さんがいらしたり、ご高齢のご両親がいらしたり、心配な気持ちを抱えながらでは、レッスンも思う存分楽しめないですね。
生徒さんご自身が繊細な体質であり、なんとなく不安がある…という場合もあります。
逆に、社会全体の閉塞感、先行きへの不安などに疲れてしまい、
こういう時だからこそ「アロマやハーブに触れたい!」と切実に願われる方もいらっしゃいます。
皆さんそれぞれに、感じ方は違うと思うのです。

誰もが予想していなかったこの厳しい現実ですが、アットホームな教室だからこそできる柔軟な対応で、皆さんと乗り切っていきたいと思っています。

もちろん教室内は、感染防止のための細心の注意を払い、皆さまのご協力もいただきながら、
できうる限りの安全な環境を整えています。
どうぞ必要な時には、お声かけてください。

さて、私の日常をのぞいてみますと…
やはり活動量が大幅に減っていますので、心身のリフレッシュや運動の必要性を感じます。
そこで、毎日のお散歩を日課とすることにしました。
まだまだ肌寒い日も多いのですが、続けてみるとやっぱり楽しい!!

今日は大きな木の下でヤドリギを拾いました。
ヤドリギを拾ったのは初めてでしたので、興味津々スマイル

ヤドリギの花言葉を調べてみたら「困難に打ち勝つ」「忍耐」とありました!

なんだか、今の状況にピッタリです。

ユーミンの「やさしさに包まれたなら」の一節が頭の後ろをよぎりました♪
「目にうつるすべてのものはメッセージ」




ヤドリギは他の樹木に寄生して生きる植物ですので、私たちが栽培したり増やしたりすることは
難しいのです。
けして人の手にはゆだねられず、自然の中でだけ生きているんですね。
それも魅力的に思います。




家にもどってから、ドアの上に飾ってみました。
クリスマスのイメージがつよいヤドリギですが、
明るい黄緑色は春らしくて素敵です。

さてさて、
明日はどのあたりをウロウロお散歩しましょうか…。


たのしみです四つ葉







Last updated  2020.04.14 23:44:35
2020.04.12
カテゴリ:カテゴリ未分類

こんにちは

久しぶりに、本のことです。

ちょうど2週間前、ハーブつながりのみなさんと「植物の物語を読む会」を行ないましたノート
ウィルス感染と隣り合わせの昨今です。
少人数とはいえ、消毒や換気に細心の注意を払い、手洗いやsocial distance についても皆さんのご協力をお願い致しました。
いつになく緊張しつつのお出迎えとなりましたが、やはり、顔を合わせ、目を見て話ができることの楽しさは、かけがえのないものですね。
笑顔がたえない時間でした。

さて、
この日のお題の本は「花さき山」でした。



作品が発表されてちょうど50年ということで、​「花さき山 五十周年」特設サイト​も開設されています。
「聞いたことあるけれど、どんなお話しだったかしら?」と思った方は、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

「花さき山」をお題に決めたのは、昨年12月のこと。
1年をしめくくるささやかな忘年会の席でした。
言い出しっぺは私だったのですが、あとあと考えてみると少し不思議でした。

なぜなら、私はずっとこの物語がそれほど好きではなかったのです。
切り絵の美しさには目を見張るものの、筋書きには共感しがたい部分もありました。
忍耐や我慢を美徳とする「昔風の考え」を、できれば受け入れたくない思いがあったのかもしれません。
ですが、12月半ばのあの日、みんなで「花さき山」を読むというアイディアが、
ふっと降りてきたのです。

子ども時代の私は、忍耐強い子でした。
ちゃんと我慢のできる良い子だったと思います。
でも私は、そんな自分が嫌で、「変わりたい」思いを抱いていたのです。
だから、好きな物語の主人公は海外児童文学のおてんばな女の子たち。
赤毛のアンだったり、大草原の小さな家のローラ、あしがなおじさんのジュディみたいに、
自分の意見をはっきり言える女の子に憧れていました。
「なりたい自分」をおいかけているうちに、思春期を迎える頃には、
私もそれなりに「ハキハキした女の子」になっていたような気がします。

その私が、なぜ今「花さき山」だったのだろう……と考えてみました。
昨年あたりから、「やはり人生には我慢も大切」と思うことが増えていたかもしれません。
生きる力も十分でなかった子供時代には、我慢が必然でした。
20代~30代は、知力も体力も充実して自信が増している時だから「我慢なんてカッコ悪いわ。やりたいことをやるの!」って感じでした。
40代~50代、「自分が絶好調の時には、誰かが我慢をしてくれていたのかもしれない」ということを考えるようになりました。自分が我慢をすることで、誰かの支えになれるなら、それも素晴らしいことなんだと腑に落ちました。

おそらく人生には、周期的に我慢の時がくるのではないでしょうか。
我慢は、ただただつらく、後ろ向きで、ネガティブなものでしょうか… そうではありません。

誰かを思って我慢するとき、遠くの山にひとつの美しい花が咲く…
そう、「花さき山」はそんな物語なんです。

今、地球のあちらこちらで火の手が上がるように、ウィルス感染が広がっています。
冬が終わり春を迎えて、心もカラダも外へ向かいたい気持ちでいっぱいだけど、
みんなじっと我慢しています。
そして、その我慢は、自分だけじゃない、他の誰かを守っています。
きっと今頃、遠くの山には美しい花がひとつ、またひとつと咲いていることでしょう。

英会話の先生に、「花さき山」のストーリーを教えてあげたら、
VERY VERY JAPANESE ! っておっしゃいました(笑)

はい、確かに、いかにも日本的な物語。

でも、こんなことができちゃうんだよ、ニッポン人はウィンク
「すごいでしょ?」

そう言って胸を張りたい私がいました。

「花さき山」は、いまの私たちに、あまりにタイムリーなお話しでした。
4か月前に、この本を選んでいたことも、大きな不思議な力に背中を押されていたのかもしれませんね。

ずっと遠くの山に、あなたが今日咲かせた花がある…
みんなの花が集まった、一面の美しい花畑を思い浮かべてみてくださいね。
心にひとすじの光が差し込むように、ほっと明るい気持ちになれますように…

長くなりました。。。
最後まで読んでくださって、ありがとうございます四つ葉







Last updated  2020.04.12 17:29:17
2019.11.26
カテゴリ:おしらせ
こんにちは。
なんともお久しぶりのブログです。
11月も終わりに近づいて、ゆく年くる年への思いをはせる季節となりましたね。
一年には、イイコトもツライコトも、もれなくちゃんとあるもので、それは誰しも同じかなと思います。

寒さはともかくとして、反省会好き(笑)な私は、12月もなかなか好きな月です。
そして、思い切り反省した後の、清々しいお正月も大好きです!

気持すっきりな新年のお役にたちそうな「お屠蘇」、そしてポカポカ温まる「葛湯」づくりのワークショップ、生活の木札幌パセオ店さんのアロマカフェで開催させていただくことになりました。

​​​​

お屠蘇は伝統的なレシピを参考にしつつ、ハーブでお好みにアレンジスマイル
仕込んだお屠蘇はお持ち帰りいただけます。
葛湯は、皆さんで試飲を楽しみましょうぺろり

日時:12月21日(土)
場所:生活の木札幌パセオ店「アロマカフェ」

​​​​お時間あいましたら、ぜひご参加くださいね!

お申し込み・お問い合わせは【生活の木札幌パセオ店】様までお願い致します。
札幌市北区北6条西2丁目パセオイースト1階 TEL011-213-5082

12月のアロマカフェでは、気になる講座が他にもいっぱい!



私もあれこれ興味津々です…目がハート


冬は緑も少なくなるし、寒さでこもりがちになって、
知らず知らずエネルギーが停滞してしまいます。
今年はコートや手袋も新調して、ぐんぐんお出かけしたいなと思っています歩く人

皆さんも、ぜひ楽しい冬をお過ごしくださいね音符







Last updated  2019.11.26 19:59:03

全255件 (255件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >


© Rakuten Group, Inc.