162800 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アロマ・ハーブ・エサレン®マッサージ・・・この楽しき日々

PR

X

Profile


らみゅーる

Calendar

Archives

Recent Posts

Category

Free Space

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

2011.02.25
XML
カテゴリ:香り
太陽の恋しいこの季節、食卓に柑橘類があるだけで、明るく暖かい気持ちになるものです。

オレンジやレモンなどの柑橘類には、親しみやすい特徴的な香りがあります。
その主要な成分であるリモネンは、血行を促したり、食欲を増進したり、爽やかな香りとともに嬉しい効果がいっぱい晴れ

私には、リモネンという言葉を聞くと必ず思いだす方がいるのです。

お教室でアロマテラピーとメディカルハーブを学んで下さったGさんです。
彼女はリモネンの香りにとっても敏感。
オレンジやレモンにはリモネンが60%以上含まれています。
ですので、誰しも「あっ、柑橘系」とわかるのです。

いっぽう、精油の中には、ほんの数パーセントだけリモネンを含むものもあります。
たとえばフランキンセンスやサイプレス、ローズマリーやマジョラムなど。
そういった精油は、匂いを嗅いだだけでは「リモネン」は感じないのが普通です。
ところがGさんは、微量に含まれるリモネンを敏感に嗅ぎとって「あっ、柑橘系の香りがしますねスマイル」とピタリと当ててしまうのです。
Gさんに出会って、人にはそれぞれ固有の香りアンテナがあるのだとわかりました。
Gさんは、明らかにリモネンアンテナが高い。
人間には分からないけど、他の動物にわかる香りは確かに沢山あります。
でも、同じ人間どうしでも随分ちがうものです。

お教室で出会う方は、はじめの印象が変わっていくことが多いのですが、Gさんもそのお一人です。
ハーブのお勉強をしたいとご相談にみえて、でも色々お話していくうちに、やはりアロマもいいなぁ…と、迷いに迷っていらっしゃいました。
とても慎重な方なのだと感じました。

ところが、おつきあいを重ねるうちに、アクティブでしなやか、気持ちのいいくらいのびのびとした感性の持ち主なのだと気がつきました。
「慎重な…」という言葉は撤回せざるを得ないくらい(笑)、元気いっぱいな女子なのです。

そのGさんと、あることでメールのやり取りをしていたときに、こんな言葉をいただきました。


先生のお教室La Mureでアロマとハーブを学んだ時期は、
丁度私にとって「一休み」の時間でした(今思うと)。
植物に魅せられて、アロマにもすっかりはまって夢中になってるうちに
先生からアロマを通して、急がない、比べない、自分と向き合う
そんな事を教えて頂いたような気がしています。
そして植物のエネルギーをたくさん貰ってすっかり充電させてもらえました。
       ・・・・・・・・・
先生の仰る通り、本当に人生で無駄なことはひとつもないと心から感じています。
自分なりに一歩づつ前進していければと思っています。


とっても嬉しいメールでした。
私は、アロマやハーブについてお伝えするというお仕事をさせていただいてますが、
一番大切に思っているのは、知識ではなくて、アロマやハーブと出会うことによって
「幸せになる」ということなのです四つ葉

「幸せになる」ための入り口は、たくさんあると思います。
でも、どの入り口から入ったらいいのかなぁ…と、迷ってしまうことも多いですね。
あるいは、目の前にある入り口に気づかずに、行ったり来たりして、探し続けてしまうこともあります。
そんな時の道案内のようなお仕事が、私はしたいのだと思います歩く人

Gさんのおかげで、自分のすすんでいる方向は間違ってなさそう・・・と感じて元気がでました上向き矢印
ありがとうございます!

Gさん、昨秋からはこども英語講師としても活躍していらっしゃいます。
英語に限らず、小さな子どもに何かを教える人は、やっぱり「未来は明るい」って、子どもたちに示せる人がいいなぁと思うのです。その点、彼女はぴったり!
遅まきながら日本でも、小学校で英語が導入されることが決まり、お教室を探しているお父さんお母さん多いですね。Gさんのお教室の情報は→コチラです。
興味のあるかたはご覧になってみてくださいね。


なかなか更新しないわりに、書くと長くなってしまいます。。。雫

読んでいただいて本当にありがとうございましたハート(手書き)









Last updated  2011.02.26 00:11:47
[香り] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.