000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アロマ・ハーブ・エサレン®マッサージ・・・この楽しき日々

PR

X

Profile


らみゅーる

Calendar

Archives

2021.09
2021.08
2021.07

Recent Posts

Category

Free Space

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

2012.05.05
XML
カテゴリ:
CIMG0489.JPG

昨日の夕方くらいから、何か気持ちがザワザワとして落ち着かず・・・

「おかしいなぁ、どうしたのかなぁ、私」と首をかしげてました。

何故という心当たりもないまま、とりつかれたように台所のシンクを磨いてみたり、マジョラムやレモンを香らせて、自分の理性に呼びかけてみたり…

そして夜、雨の音を聞きながらベッドにもぐりこみ、ようやく気がつきました。
「明日は満月だわ!」

波がいつもと違うリズムで、ひたひたと寄せてくるような不安感。
その理由に納得したら、急に「月の癒やし」が読みたくなって、ベッドの上でしばし読書を楽しみ、その後はぐっすり。

朝目覚めると、昨夜までのザワザワ感はすっかりうすれていました。
お昼過ぎには普通に元気いっぱい。

月の引力によって潮の満ち干があるならば、身体の約80%が水分である私たち人間も、月の引力から何らかの影響を受けてもおかしくないのです。
まして私たち女性の中には、月の公転周期と同じリズムを内在しているのだから。。。

今日はとびきり大きな満月。
スーパームーンというのだそうですね。
(NASAの報道を見ましたが、この呼び名いかにもNASA的ですねぇ^^;)

「月の癒し」の中に、薬草の採集に最も適しているのは、満月や蠍座の夜と書かれています。
満月の夜、植物全体が活気を帯び、このときに摘んだ薬草は治癒力がとても高いのだそうです。

今夜は蠍座の満月、しかもスーパームーン!
夜の森をさまよって、何か良いハーブでも探してきたい気持ちがムクムクとわきおこります。
さすがに怪しすぎるので実行はしませんが…(笑)

自然界にそなわった様々なリズム。
自然、そして宇宙の一部である私たち人間にも、様々なリズムが内在します。

自然に身をゆだねつつ、自分自身のリズムにしっかり耳を澄ませていれば、波にのまれず、逆らわず、嵐の時も上手にバランスをとって進めそうです。

「月の癒やし」は1997年に発行された本で、私が手に入れたのは1998年。
15年もお世話になっている愛着の深い1冊です。
月日を経ても色あせない内容で、読むたびに新しい発見があります。
お時間あれば、ぜひ手にとって見てくださいね。
おすすめです。

87031305.jpg 「月の癒やし」(ヨハンナ・パウンガー,トーマス・ホッペ,小川捷子訳 飛鳥新社)







Last updated  2012.05.06 08:09:50
[空] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.