000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アロマ・ハーブ・エサレン®マッサージ・・・この楽しき日々

アロマ・ハーブ・エサレン®マッサージ・・・この楽しき日々

PR

Profile

らみゅーる

らみゅーる

Calendar

Archives

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

Recent Posts

Category

Free Space

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

2015.10.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
10月16日~17日、自然療法スクールマザーオフィス『アロマテラピーの学校』から中安一成先生をお招きして、【身体を穏やかにする床のワーク】を学びました。

春からずっと楽しみにしていたこの日、お天気はどうかな、飛行機はちゃんと飛んでくれるかな…などなど、いつもは暢気な私も、妙に心配性になって、ソワソワ、ドキドキ。
まずは先生が無事に札幌にご到着ときいて、大きな一安心(*^-^*)

ブラッシュアップしたいアロマセラピストやボディワーカーはもちろん、看護や介護への関心の高い方、触れることへの第一歩にしたい方などなど・・・ たくさんの方がお集りくださいました。

30名もの女性たちが集まると、少しかしましいイメージですが、不思議なほど穏やかで落ち着いた雰囲気でした。
クラスをリードする中安先生の声のひびきも、リズムも柔らかくて、
穏やかな空気にすっぽり包まれた、心地よい2日間でした。

先生がいつもおっしゃる「戦わない」ということ。
研究熱心なセラピストほど、クライアントのコリやハリと戦って、やっつけてやろうと思いがちなものです。でも、戦場では、勝者も敗者も傷つき、虚しさがのこりますね。
やはり「戦わない」のがよいです。
ふだんから競い合いの苦手な私にも、ずいぶんと励ましになる言葉です。

そして、今回の大収穫は「聖なるマントラ」
特別な呪文ではないのです。
たぶん自分を愛するってことなのだと思います。
何も考えず自分を愛してみる。。。 
自分の細胞、自分の筋肉、自分の骨、もろもろの臓器、まるごとの自分、自分につながる家族、コミュニティ、日本という国、地球という星、宇宙・・・そこに存在する様々な命へ、どんどん愛が広がるイメージが生まれました。

もちろん、様々なボディワークの技術も教わりました。
着衣の上から体をなぞるには、手の感受性を高めていく必要があります。
小さな音に耳を澄ませるような、その作業に、知らず知らず心も澄み渡るように感じました。

少しも厚かましさのない、優しい動きが、身体に大きな変化をもたらしてくれます。
「北風と太陽」の物語、ご存知でしょうか?
旅人の上着を脱がせることができたのは、激しく吹き付ける北風ではなく、暖かな光で包み込む太陽でした。
強引ではダメなのですよね。

結果を急ぐあまり、強すぎる圧や、せっかちな早い動きを用いることがないように、
ゆっくり、優しくアプローチしていくことの大切さ。
ひとりよがりにならないように、「どうですか?」と声をかける気遣い。
わかっているつもりで忘れることもあります。
思い出す時間をプレゼントしていただきました。

じっくり待てる人でありたいな…

スピードが求められる時代だし、“デキル人”って何でも早そうなイメージだけど、
残念ながら私には無理そう(笑)

でも、じっくり待つことなら案外得意かもしれない。

思考は自由に飛び回ることができる。
昔のことも思い出せるし、10年先に思いを馳せることもできる。

でも
身体はいつでも「いま、ここ」

やっぱりボディワークは楽しい。
この楽しさを、平和な心の皆さまとご一緒できたことがとても幸せ。

中安先生、
そしてご一緒下さった皆さま、

本当にありがとうございました。

photovisi-download(2).jpg



『身体を穏やかにする床のワーク』の詳しい内容はアロマテラピーの学校HP→コチラをぜひご覧ください。札幌は短縮バージョンのクラスでしたが、東京中野のアロマテラピーの学校では、フルヴァージョンでより深く学ぶことができます。

自然療法ブログもいつも楽しく勉強になります。






Last updated  2015.10.20 10:44:30



© Rakuten Group, Inc.