163055 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アロマ・ハーブ・エサレン®マッサージ・・・この楽しき日々

PR

X

全43件 (43件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 >

香り

2008.05.29
XML
カテゴリ:香り
ライラックの季節ですハート(手書き)
道を歩いていると、ふと漂ってくる甘い香りに心が和みます。

数日前、新聞で「ラッキーライラック」についての記事を読みました。
ライラックは、4枚の花びらをもつ小さな花が、集まって房状に咲いています。
ところが、この小さな花の中には、ときおり花びらを5枚持つものがあるのだそうです。
そう…それが「ラッキーライラック」なのですちょき

早速、私も庭のライラックを観察目してみました。
樹の下に入り込んで、うっとりする香りにつつまれながら…

ところが、私が見つけることができたのは、花びら3枚のライラック。
う~ん。。。
これは、どういうことかしら?
5枚はラッキーだけど、3枚は…???

夜、帰宅した夫にきいてみました。

私:ねぇ、どう思う?
夫:まったく…ショック 余計なことをするんじゃないムカッ

なるほど…
何だか自分が昔話に出てくる欲張りで悪いおばあさんになったような気がしました泣き笑い

誰かの真似をして、ラッキーにありつこうとしてもダメですね。
日々、誠実に生きていれば、ラッキーはおのずと与えられるのだと信じましょうきらきら






Last updated  2008.05.30 07:15:48


2008.05.16
カテゴリ:香り
アロマやカラーをお勉強中の方、どんどん増えていますきらきら

でも、ダンスやピアノみたいに発表会もないし、スポーツのように試合があるわけでもありませんね。
日頃、ご家族やお友だちに応援いただきながら学んでいること、お披露目しつつ、一緒に楽しんで貰えるようなイベントがあったらいいのに…

そんな思いが一致して、カラーコーディネーターの外崎先生とアロマ×カラーのコラボイベントを開催することになりましたハート(手書き)

外崎先生との出会いも、幸せな偶然でした花
意志あるところに、出会いの恵みは訪れるのダッ…という気持をさらに強くしています。

さて、イベントの概要は以下のとおりです。


   時計 とき  平成20年7月1日(火)10:00~12:00

   会社 ところ 里塚・美しが丘地区センター 2階
            札幌市清田区里塚2条5丁目1-1(センター裏に50台の駐車場がございます) 

   四つ葉 ないよう カラー×アロマ☆ときめき体験スペース
           カラー及びアロマ、ブースごとにワンコイン(500円)で体験いただけます


5月16日現在、決定している企画として、パーソナルカラー診断、カラーセラピー、ハーブティー試飲&お持ち帰りなど…があります。
まだまだ、増えそうな気配です音符

ぜひぜひ、会場でお会いしましょう!!

期間限定ブログで最新情報をご覧下さいね! 

アロマやカラーをお勉強中で、ブース出展に興味のある方もご連絡お待ちしています。(先着順になりますので、定員の場合はご了承くださいませ)

 
主催:y's COLOR PLANNING & Aroma & Herb La Mure






Last updated  2008.05.17 23:32:46
2008.05.11
カテゴリ:香り
今日は、(社)日本アロマ環境協会の主催する「アロマテラピー検定」の試験日でした。
Aroma & Herb "La Mure"のレッスンを受けてくださった生徒さん、出張教室でご一緒した皆さんも、何名か挑戦なさいました。
どんなジャンルであれ、大人になってから試験を受けるということは、それなりの決意が必要ですね。仕事や家庭を持ちながら、けして暇ではない毎日の中で、勉強にかかる時間や、費用もすべて自分でやりくりしていかなければなりません。好きで学ぶと決めたとしても、試験となればそれなりのプレッシャーも避けられませんね。
それでも、あえて試験に挑戦しようと決意なさった方々に、心から敬意を表したいと思います。
そして、本当にお疲れさまでした!!!

これからも、そんな皆さんのために、プレッシャーや苦労を超えるだけの、楽しさと豊かさを感じるレッスンをお届けしていきたいと思いますハート(手書き)
アロマテラピーは、心身のバランスを整え、本来の自分を取り戻すお手伝いをするものです。毎日の生活で、自分自身や大切な人のために活用できてこそ意味があります。
私は、アロマテラピー教室が、たくさんの合格者を出して、検定のための予備校化してしまうことや、単なる「アロマのものしりさん」を育てるようになっては、意味が無いと思っています。

アロマテラピーの心地よさや有用性を、まずは実感し、その後、基本的な知識を自分の中によりしっかりと根付かせるための方法として、検定受検は活用できます。

心地よい体験を、より多くの人に広めていくために、自分の中の知識を整理整頓して取り出しやすくするために、検定や資格を活用しましょう。

こんな思いから、La Mureの検定対応コースは、レッスン回数も多めに、実習も多めになっていますが、修了された生徒さんたちはどなたも実践力があり、ご自分の生活を豊かにしていらっしゃいます。本当に素晴らしいのですきらきら

どんなに知識が増えたとしても、大好きな香りに触れたとき「ふーっ・・・」と深呼吸したくなるような、幸せな気持は変わりませんね(^^)

その感動を、人から人へ伝えていくこと、これが教室のあるべき姿と思っています。
生徒さんに幸せのバトンを渡すのが、私のもっとも重要な仕事です。

これからも、どんどん渡しますよ、香りのバトン、幸せのバトンウィンク


PS:写真のお茶、カーネーションの工芸茶です。今日は母の日ってことで、娘にもらいました。嬉しかったですさくら






Last updated  2008.05.11 22:24:28
2008.04.20
カテゴリ:香り
アロマテラピーのレッスンに来てくださる方の大半は、ご自分で本や雑誌を読まれたり、専門店でお買い物しながらアドバイスを受けたりしていているうちに、『さらにもっと…』というお気持からお教室にお問い合わせを下さいます。
そんな生徒さんたちから「やっぱり教室に通ってみてよかった!」という言葉をいただくと、本当に嬉しいものですダブルハート

お忙しい時間や、大切なお金を費やして足を運んでいただく以上、そのように思っていただけなければ、講師としては本当に申し訳ないです。

「本を読んでいるだけでは、こんなふうには感じることができなかった」
「アロマテラピーにもっと近づいて、もっと深く理解できるようになった」

そんな言葉をいただくと、もう飛び上がりたいほど嬉しい!
(レッスン中は一応平静を装っていますが…ウィンク

好奇心も向学心も豊かで、お気持の優しい生徒さんたちとのおつきあいを通じて、私はどれだけたくさんの勇気や元気をいただいていることでしょう。

ほんとうに、感謝、感謝の毎日です。

桜のつぼみ、うっすらとピンクに色づいてきましたさくら

植物のいのち、花のいのち、
人は様々ないのちをいただいて、触れ合って、こうして生きていられるのですよねきらきら






Last updated  2008.04.21 03:10:26
2008.04.01
カテゴリ:香り
今日から4月ですね四つ葉

すっかり春らしくなったわぁ~さくら
…と、数日前まで思っていたのですが、今日は大荒れです。
窓からみえるヒバの木、屋根を越える大木なのですが、一日じゅう、吹きすさぶ風に、激しく揺れていました。

東京では桜が満開・・・ 
そんなニュースを見ると、やっぱり少し羨ましくて、とりあえずブログのデザインだけでも桜を咲かせてみました!

桜の花の香りがしてきそうです♪

先日、娘の誕生日に、ご近所のケーキ屋さん「ケイク・デ・ボア」で桜のケーキを買いました。
ほんのり香る桜の香りと、ほのかなシナモンの香りがよく合って、とても美味しかったです。

写真をとったつもり…でしたのに、なぜかちゃんと撮れていませんでしたので、かわりに、少し前にいただいた「白いティラミス」の写真をUPしましたウィンク

本当に桜の咲くまでに、ぜひもう一度「桜のケーキ」味わいたいと思いますぺろり







Last updated  2008.04.02 00:20:03
2008.03.11
カテゴリ:香り
3月の声を聞くと、冬と春の追いかけっこも、いよいよ春が有利になってきます。

春の猛追をかわして、ありったけの力で大雪を降らせた冬も、もうそろそろ力尽きる頃でしょう。

ステキな香りをまとって、わくわくお出かけしたくなる季節です。
アロマテラピーのお教室では、先週、先々週と、二つのクラスで香水作りに挑戦しました。普段のレッスンでは、精油の成分や有用性に着目したブレンドを提案することが多いのですが、香水づくりでは、むしろイメージに重点をおいています。
頭で考えるのではなく、直接ふれて、感じて… ブレンドによる変化や、広がり、シナジー効果など、感覚をフル回転させて、香りと向き合います。
これがとても楽しい♪
生徒さんたちの表情もイキイキとしていて、見ているこちらも元気が出ます。

1年以上継続しているクラスでは、ちょっと上級な試み。「ヒロインたちの香り」というテーマで、『ローマの休日のアン王女』や『ダイアナ妃』など、憧れの女性たちを香りで表現してみました。このクラスは皆さんとても作業も慣れていらっしゃるので、私も一緒にオリジナルブレンドに挑戦ウィンク
『ハリーポッターのハーマイオニー』をイメージした香水を作ってみました。
マンダリン、ベルガモット、ローズアブソリュート、ジャスミン、ベンゾインのブレンドです。マンダリンとベンゾインの甘い香りで、幼いハーマイオニーの可愛らしさを演出。聡明な美しさは、ベルガモット、ローズ、ジャスミンの香りです。
あくまでも、主観的なブレンドですが・・・ 
楽しいですよ~ 

はまります手書きハート                           
   相談中     IMG_7281.JPG     相談中2  







Last updated  2008.03.12 00:48:17
2008.02.09
カテゴリ:香り
一昨日は、新月でしたね。
新月は、何かを始めるのによい時と言われています。
新月を経て、またやがて月が満ちてゆく過程に同調することで、新たな気づき、知恵や技術の構築に見えないサポートがあるのでしょう。

まるでこの新月にあわせるかのように、アロマテラピー検定に挑戦したいという生徒さんからのご連絡が… 数名たてつづけにありました。
皆さん新月を意識されていたのでしょうか?
それともやはり、これが月の導きというものでしょうか。
だとしたら、こんなふうに知らず知らず月に導かれる生徒さんたちは、とても心が柔らかで、のびのびとしてらっしゃるのだと思います。
とっても将来有望ですきらきら

早速発注したテキストが今日どさっと届きました。
学生時代、新学期に真新しい教科書を手にした時の新鮮な気持を思い出します。
よーし、今年はがんばるぞぐーって、思うのですが、夏休みごろには、教科書同様くたびれて…眠い..

学校時代の勉強は、楽しいものもあったけれど、「…ねばならない」の気持で取り組んでいることも多かったです。
大人になってからの勉強、私を含めて皆さん、とても楽しそうにつづけてらっしゃるのは、
やっぱり「・・・したい」の気持ちで取り組んでいるからなのですよね。

検定試験に挑戦することも、楽しく学んだことの成果を確認して、自信をもってさらに一歩踏み出すために他なりません。
そうはいえ、誰しも心配になるのは普通のことですから、試験が間近になると「大丈夫でしょうか?」って聞かれることもあります。
「○○さんなら大丈夫グッド心配しすぎて、アロマテラピーをストレスにしないでね。それだけはお願いね。だって、それは、とってもヘンでしょう?」
私がそう言うと、皆さん「ほんとですね~」って笑ってくれます。

Aroma&Herb La Mure(ラ・ミュール)は、(社)日本アロマ環境協会のアドバイザー認定教室です。
アロマテラピーアドバイザーをめざしている方、検定試験は年に2回、5月と11月にあります。
次回の検定は5月11日(日)です。もうすぐ受付が始まります。
興味のある方は、ぜひHPをご覧のうえ、お問い合わせくださいね。

月が満ちるように、皆さんの努力が形になっていくことを、心から願っています。






Last updated  2008.02.10 02:09:31
2008.01.19
カテゴリ:香り
冬の必需品といえば、ビーワックスクリームきらきら
蜜蝋をベースにした、濃厚かつ栄養たっぷりなクリームです。

このクリームを初めて作ったのは、もう10年以上も前で、初めてアロマテラピーのレッスンに通った頃でした。以来、ずーっと同じレシピで作り続けていたのですが、市販の教本を見ると大きく分けて二つのレシピがあります。

ひとつは蜜蝋と植物油をベースに作るタイプ。
もうひとつは、蜜蝋、植物油、加えて芳香蒸留水(または精製水)を用いるタイプ。

私がずっと作り続けていたのは、芳香蒸留水も加えるタイプで、油分に水を強引に混ぜ込んで乳化させるので、わりと労力を必要とします。
慣れないうちは、失敗もあります。
ポイントは、芳香蒸留水は少しずつ加えること、加えながら休まず混ぜ続けることでしょうか。
手作りマヨネーズを作ったことがある方なら、想像しやすいかもしれませんねウィンク
上手にできた時でも、時間の経過とともに水分が分離してしまうことがあり、そうなると必然的に品質が落ちやすくなってしまいます。

その点、蜜蝋と植物油だけで作る物は、安定度が高いし、作る過程でもそれほどの頑張り(?)を必要としません。

見た目の違いは写真のとおり。
左は蜜蝋&植物油、右は蜜蝋&植物油&芳香蒸留水です。
意外に思われるかもしれませんが、芳香蒸留水入りのほうが固く仕上がっています。肌に触れた感触は、左のタイプはオイルベースらしい温かさがあり、右のタイプのほうが水分のひんやり感があります。
どちらがいいかは、あくまでも「お好み」だと思います。

私自身は、やはりこれからも「芳香蒸留水入り」を作り続けるかなぁと思っています。
ガレノス(129頃~200頃)が創始した製剤、コールドクリーム(肌につけると水分が蒸発して冷たく感じるため、そう名付けられた)を、この手でも作ってみたい、そして「ああ、やっぱり冷たいわ」なんて感じてみたいという気持もあるのかもしれません。
これも、ある意味「ロマン」のようなものでしょうか・・・ぽっ

そうそう、もちろん精油もブレンドしています。
左はフランキンセンス&スイートオレンジ、右はローズ&パルマローザ&ゼラニウムです。






Last updated  2008.01.20 02:05:08
2007.11.13
カテゴリ:香り
この頃、香りのブレンドに、ほとんど壁という物を作らなくなりました。
コレにはコレとか… おきまりの相性を気にすることなく、自由な組み合わせを楽しめるようになったと思います。
これは自分にとって、とても嬉しい収穫。
「楽しむ」ことから始めたアロマテラピーですが、やはり勉強は欠かせません。
勉強モードに入ってしまうと、時に自由な発想は追いやられて、
定番のブレンドや、間違いのない選択というものに偏りがちです。
もちろん、講師として生徒さんと関わっていく以上、正しい知識や安全な楽しみ方をお伝えするのは大切な務めでもあります。
ただ、その立場を離れたとき、ひとりの香りを愛する者として、自由に大胆に楽しむことを忘れたくはないものです。

昨夜、お風呂に入るとき、「さて今日のバスソルトはどうしましょう」と考えました。
ふと思い浮かんだのは「ティートリー&マジョラム」のブレンド。
夕方、用事で病院に出かけたとき、受付に「ノロウィルスの患者さんが出ています」との貼り紙を見かけたことを思い出し、「ティートリーを使いたい!」と思ったのですが、一日の終わりのお風呂、リラックスタイムにティートリーでは、なんだか目もぱっちり、頭も冴え冴えしてしまいそうな気がしました。
そこで、マジョラムをブレンド。
今まで、試したことのないブレンドだったにも関わらず、なぜか「これだ!」と思い早速バスソルトを作成、お風呂に入れてみましたら、とてもいい香り!
(あくまで私にとって…ですが)

一日の出来事がきちんと整理され、いらないものは処分して、あとはゆっくりおやすみするだけ… 
そんな気持を十分に作り出してくれました。

素晴らしい香りのサポートに、今日も感謝きらきら






Last updated  2007.11.13 13:46:57
2007.11.11
カテゴリ:香り
このところ、ハーブの勉強にかかりきりです。
今日も、図書館に半日ほど閉じこもり、テキストやら辞典やらと首っ引きで、首から上が別人みたいな感じ…わからん

お風呂に入ってから、久しぶりにネロリを使ってアロマトリートメントをしてみました。
オレンジスイートもブレンドして優しい感じに…。

やっぱりネロリはいい香りハート(手書き)ハート(手書き)
とくに首から上、顔のケアには本当にいいです!
手に取ったマッサージオイルで、優しく顔を包むと、
ひたひたと幸せな気持に…。

「悦楽」という言葉が、頭をよぎりました。
この香り、この幸せ感を表すのに、ぴったりな言葉と思います。

心配や、不安は、長々と持つべきものではありません。
振り払っても、振り払っても、執拗にあなたを悩ますことがあるならば、
ほんのちょっと香りの世界にひたってみてください。

もしかしたら短い時間、ほんの一瞬かもしれないけれど、
嫌なことを忘れられます。

そういう時間を、無理して作りながら、不安や心配が遠ざかるのを待ちましょうね。








Last updated  2007.11.12 02:45:08

全43件 (43件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.