000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アロマ・ハーブ・エサレン®マッサージ・・・この楽しき日々

PR

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

2020.04.14
XML
カテゴリ:

​こんにちは。

いつもお世話になっている、生活の木ハーバルカレッジさん。
現在、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、当面休講となっております。

La Mureのお教室は、生徒さんとその都度ご相談しながら、開講もしくは休講の判断をしています。
たとえば、ご自宅にお子さんがいらしたり、ご高齢のご両親がいらしたり、心配な気持ちを抱えながらでは、レッスンも思う存分楽しめないですね。
生徒さんご自身が繊細な体質であり、なんとなく不安がある…という場合もあります。
逆に、社会全体の閉塞感、先行きへの不安などに疲れてしまい、
こういう時だからこそ「アロマやハーブに触れたい!」と切実に願われる方もいらっしゃいます。
皆さんそれぞれに、感じ方は違うと思うのです。

誰もが予想していなかったこの厳しい現実ですが、アットホームな教室だからこそできる柔軟な対応で、皆さんと乗り切っていきたいと思っています。

もちろん教室内は、感染防止のための細心の注意を払い、皆さまのご協力もいただきながら、
できうる限りの安全な環境を整えています。
どうぞ必要な時には、お声かけてください。

さて、私の日常をのぞいてみますと…
やはり活動量が大幅に減っていますので、心身のリフレッシュや運動の必要性を感じます。
そこで、毎日のお散歩を日課とすることにしました。
まだまだ肌寒い日も多いのですが、続けてみるとやっぱり楽しい!!

今日は大きな木の下でヤドリギを拾いました。
ヤドリギを拾ったのは初めてでしたので、興味津々スマイル

ヤドリギの花言葉を調べてみたら「困難に打ち勝つ」「忍耐」とありました!

なんだか、今の状況にピッタリです。

ユーミンの「やさしさに包まれたなら」の一節が頭の後ろをよぎりました♪
「目にうつるすべてのものはメッセージ」




ヤドリギは他の樹木に寄生して生きる植物ですので、私たちが栽培したり増やしたりすることは
難しいのです。
けして人の手にはゆだねられず、自然の中でだけ生きているんですね。
それも魅力的に思います。




家にもどってから、ドアの上に飾ってみました。
クリスマスのイメージがつよいヤドリギですが、
明るい黄緑色は春らしくて素敵です。

さてさて、
明日はどのあたりをウロウロお散歩しましょうか…。


たのしみです四つ葉







Last updated  2020.04.14 23:44:35


2019.06.25
カテゴリ:

6月半ばの1週間ほど、はじめてハワイを旅してきました。

桃の節句のことをアップしたのが、ついこの間のように感じてましたが・・・
季節は夏至をすぎて、夏の盛りもすぐ目の前。
オトナになると、あっという間に時が過ぎるのはなぜ??

それは「人生にトキメキがなくなったから~~~」なんだとか…(チコちゃん談@某国営放送)

それはいけないでしょ。。。
そんなことないでしょう。。。

というわけで、日々トキメキ活動を心がけております。

私のまわりには、ハワイ好きの方が沢山いらして、その魅力についてはかねがね聞いていたのですが、実際に訪れるきっかけのないまま、何年経ったでしょうか。
今年は「夫の還暦」という節目でもあり、
うってつけの名目を得て、念願のハワイ旅行となりましたウィンク

ハワイと言えば、誰もが思い描くのは、美しいビーチ。

もちろん私も行きました。

ずーっと眺めていたくなる、きれいな青!!
気温は高いけれど、風が心地よくて、とても爽やかです。

でもでも……
やっぱり私は、どこに行っても植物のことが気になってしょうがない大笑い


バオバブの木から沢山のエネルギーをもらったり……





色とりどりなプルメリアのお花のすばらしい芳香にも、うっとりハート(手書き)
実は、この濃厚な香り、これまであまり得意ではなかったのです。
ところが今回、旅で出会ってみると、とてもしっくり感じて、
お花に顔をよせて、何度も深く吸い込みました……

あらためて、植物はその土地とともにあることを実感しています。
たとえば、フレグランスにしても、民族によって似合う香りは違うなぁと前々から感じてました。
やはり、人も植物も、生まれ育った土地と奏でるハーモニーが最も自然なんでしょうね。

めずらしい植物も見つけました!


これは、キャノンボールの木です。
学名をCouroupita guianensisというこの木は、日本語では砲丸木(ホウガンボク)というらしいです。

テニスボールくらいの丸い実がついていて、「頭上注意、実が落ちてきます」と看板に書かれていました。で、頭に当たったら怖いと思い、あまり近寄らなかったのですが、あとで調べたところ、実を割るとかなりの悪臭とのこと。

うーん、せっかくなので嗅いでみたかった!

怖いもの見たさならぬ、臭いもの嗅ぎたさ(笑)





かわいい小鳥さんや、スマートなトカゲくんにも出会い、
トキメキいっぱいの毎日をすごせたので、少しは若返れたでしょうか大笑い

旅行の疲れも特になく、帰国翌日から、
午前は英語読書会に参加し、午後は長谷川弘江先生の「聖ヒルデガルドのドイツ自然療法」の講座に参加させていただきました。
思いのほか元気いっぱいです。


薬用植物のことなども、またの機会にアップしてみたいと思います。

ではでは、
読んでいただいて、ありがとうございます赤ハート















Last updated  2019.06.25 13:44:33
2019.01.05
カテゴリ:

みなさま、あけましておめでとうございます。
新年のご挨拶、すっかり遅くなってしまいました。

そして、あけてびっくり…びっくり

こちらのブログの更新が半年ぶりとなっておりました。
あくせくしないのが長所と言われますが、のんびりするにもほどがありますね。
すみません……雫

ただ、以前のブログでもお知らせしておりましたが、昨年3月より​アロマ&ハーブ La Mure​のお教室で学んでくださった有志の皆さんが、ハーバルライフサポーターとして新たにブログを開設し、ハーブ、アロマ、植物について様々なエピソードをご紹介してくださっています。
皆さん熱心に素敵な記事を書いてくださるので、私もついついそちらのスペースに記事をアップすることが多くなっています。

よければ、ぜひそちらのブログもチェックしていただけると嬉しいです。
下矢印
​​アロマ&ハーブ La Mure ハーバルライフサポーターのお部屋​ ​

さて、
今年もご近所の神社へ初詣にいってまいりました。



雪化粧した森の中に佇む小さな神社ですが、きりりと身が引き締まり新年の清々しさを感じます。
境内に、厄払いのご案内が掲示されているのをみて、ふと思い出しました。
私は、自身の体調不良がきっかけでアロマテラピーやハーブを学び始めたのですが、それはちょうど女性の大厄にあたる年齢でした。

としますと、かれこれ23年前になりますぽっ

​身体の具合がすぐれないことで憂鬱になりがちだった日々に、アロマやハーブに出会い、こんなに楽しく気持ち良くセルフケアできることに感激して、あっという間に大好きになりました。

今では、かつて体調不良があったことさえ、肯定的にとらえられるようになりました。
『おかげで今の私がある』と。
「転んでもただでは起きない」精神も、この時から身についたような気がします。

今は、個人事業主として、お教室やサロン、出張講座等、楽しくお仕事させていただいてますが、こういったお仕事は、いつも順調というわけでありません。
でも、もともとが一人の熱心なユーザーにすぎなかった私ですので、多少の不安定は苦にならないのですよね。
いざという時も、ただのユーザーに戻るだけ…という気持ちです。
アロマやハーブが大好きで、いつもそばにあって利用し続ける……それは、ずっと変わらないんだなぁと思っています。​

​​
そんな経緯もあり、アロマやハーブのレッスンでは、たとえそれが資格養成のクラスであったとしても、知識偏重にならないように気を付けています。いつも大切にしていることは、植物(アロマやハーブ)を五感(あるいは+α)で感じていただくことです。
本に書いてあること、誰かが言っていたことは、二の次でもよいのです。
まずは自分がどんなふうに感じるか、そこを十分に味わってから、正しい知識を積み重ねていくことで、より深い知恵となって心や身体に刻まれていくと思います。

植物療法を学ぶことは、一生の宝物になると思います。
世界中どこにいようとも、どんな時代にあろうとも、植物は必ず私たちのそばにいます。
それはもう数千万年も昔から続いているのです。
植物について学び、理解し、活用していくことは、とても頼りになる友人を持つことと同じじゃないかしら…と私は感じています。

これからも植物の学びを通じて、皆さまがより良く生きるためのお手伝いができれば幸せです四つ葉


ハート(手書き)​今年も皆さまのそばに花や緑があふれ、たくさんの幸せがありますように​ハート(手書き)


​​







Last updated  2019.01.05 23:12:24
2018.04.22
カテゴリ:
こんにちは。
私の幸せなことのひとつ、いつでもご飯がおいしく食べられることぺろり
なかでも一番好きなのは、日曜日の朝ごはん晴れ

ふだんの朝ごはんは、やはりそんなにゆっくりとできないので、パタパタと簡単にすませてしまいますが、お休みの日曜日は、「何を食べようかなぁ~」とか、「今日も暖かそうだなぁ~」などなど・・・
のんびり考えつつ、朝ごはんの支度をするのが楽しいです。

昨晩は週末ということで、夜遅くまで飲んだり食べたりしてしまいましたワイングラス食事音符
今朝はカラダの滞りを解消すべく、野菜をたくさん食べてビタミン・ミネラル補給したいと思い、
サラダを作ることに決定!!
ところが冷蔵庫をみたら、あらあら・・・トマトとワカメくらいしかありません。

そこで、雪が解けた庭の植物たち・・・何か食べれそうなものはないかと探しに行きましたら、
ありました!!

雪の下でもしっかり生き延びてたハーブたち。
イタリアンパセリとチャイブさま。
そして、どこからともなくやってきて自生しているフキのこどもたちひよこ

少しずつですが、ありがた~く収穫させてもらいました。
イタリアンパセリはちぎって、チャイブは小口切りに、フキの若葉はかわいい形そのままに。
とってもいい香りです!
ほろ苦い、春の香り。。。
この苦み・・・いかにもデトックスできそうです。

お皿に盛りつけて、パチリ♪


夫の秘密のおつまみ「ベビーチーズ」もこっそり拝借して、トッピングウィンク
キヌアのパフもふりかけて・・・

緑の恵みたっぷりです♪
感謝しつつ、パクパク美味しくいただきました四つ葉

みなさまも幸せな朝ごはんを・・・手書きハート



コチラ→​☆ハーバルライフサポーターのお部屋☆​ もよろしくお願いいたします♪






Last updated  2018.04.22 13:39:42
2017.06.25
カテゴリ:

6月は楽しいことが盛り沢山。
書きたいことが色々あったのに、気が付けばもう24日となり・・・
相変わらずスローペースではありますが、花を見て笑い、木々をすり抜ける風の音に心震わせ、雨に潤いをもらいながら、美しい季節を楽しんでいます。

6月12日は村上志緒先生のセミナー『美容に活かす植物療法』でした。
信頼できる友人であるハーバルムーンの古川さんのご縁で、今年も先生にお会いできる幸せ。

好奇心と向学心にあふれるハーブ仲間の皆さんと、座学と実習でバランスよく、1日楽しく学ぶことができました。

真剣に学ぶハーブ女子たち(午前座学)         くちびるに彩と艶を!(午後実習)

 

村上先生は、いつもその知識を惜しみなく私たちにわけて下さるのですが、その魅力は知識の量だけではないのです。もっとふくよかな、豊かで温かな気持ちにさせてくれる何かをお持ちです。 お勉強させていただきながら、とても元気がわいてきます。

ずーっと昔に読んだ『赤頭巾ちゃん気をつけて』という本の中に、とても好きな一説があります。

********************************************
知性というものは、すごく自由でしなやかで、どこまでものびやかに豊かに広がっていくもので、そしてとんだりはねたりふざけたり突進したり立ちどまったり、でも結局はなにか大きな大きなやさしさみたいなもの、そしてそのやさしさを支える限りない強さみたいなものを目指していくものじゃないか
********************************************

ホンモノの知性って、けして人を威圧したりするものではなくて、自由でのびやかで、生きる力を与えてくれるものなんですよね。
村上先生って、まさにそれを体現されてるなぁ・・・って、あらためて感動しました。

そして植物の持っているパワーも、私たちに元気をくれる知性そのものです。

実は、ハーバルプラクティショナー<植物化学科>のクラスを担当するようになってから、「こんなに難しいことばかり勉強してたら、女子力なくなっちゃうよぅ~」って、ついつい泣きごと言ってたのですが… ダメですね!

知的かつ女性性も豊かな村上先生の姿を拝見して、私の泣きごとはただの言い訳だと思いました。

そして…
「よ~し、がんばるぞう~」と、なんだか色々とやる気がわいてきましたスマイル

村上先生、そしてご一緒下さった皆さま、
とってもすてきなお時間をありがとうございました赤ハート







Last updated  2017.06.26 00:40:59
2017.05.17
カテゴリ:

桜が咲いたよ・・・という言葉を合図に、
まるで堰をきったかのように様々な花が咲き始める北国の春。
花を愛する人々は、もっとも美しく咲く季節を逃すまいと、花を追いかけ大忙し。

毎年のことだけど、やっぱり今年の花は今年限り。
今日の花は今日限り。
これも一期一会なのですよね。

なかでも野生の花を愛でることは、特別な趣があるように思えます。
人に見せるために咲いているわけではない、特別なお化粧もほどこされていない、
ただそこにある命のいとなみが、美しくもあり、強くもあり。

ハマナスもそんな花の代表です。
6月の半ばに見ごろを迎える石狩浜のハマナスの花。

先人たちはこの花や実を単に愛でるだけではなく、様々に活用してきました。

6月11日(日)、石狩浜にある「はまなすの丘公園」で、村上志緒先生による『はまなすセミナー』が開催されます。

海の風に吹かれながら、ハマナスと触れ合うひととき、とても楽しそうですさくら

詳細は、下記リーフレットにてご確認くださいね。

お申込み及びお問い合わせは、「はまなすフェスティバル実行委員会」まで、お電話またはメールにてお願い致します。

電話0133-60-6107(9:00~17:00 火休) メールするhamanasu.fes@gmail.com

La Mure にもリーフレットありますので、ご希望の方はお声かけ下さいね。









Last updated  2017.05.17 17:09:46
2017.05.03
カテゴリ:

先週から始まった大型連休。
昨日は合間の平日だけど、お休みの方も多かったでしょう。

私も、ハーブ仲間の皆さんとのんびりお出かけしました。

お日様のまぶしい、爽やかな五月晴れです。

1番の目的は、真駒内公園のカタクリ群生地を訪ねてみること。
この時期になると、スプリングエフェメラルと呼ばれる春の花たちに会いに行くのは恒例で、以前のブログでも書いたことがありました。(良かったらご覧ください→スプリングエフェメラル

でも、札幌市内にもこんな見事な群生地があるのを知りませんでした。
本当は公園主催の観察会に参加するつもりでしたが、満席とのことで(人気なんですねー!)、自力で観察、楽しみました。

ひとつひとつのお花の顔も、それぞれ個性的で素敵ですが、薄紫やブルーの淡いグラデーションに斜面一帯が1枚の布のように染まる景色にも、心が潤います。



植物観察の後は、もう一つの大切な目的、お弁当タイム。

芝生の上に敷物を広げて、わいわい楽しく♪

途中、トドマツの樹脂で遊んだので(笑)、指がベタベタでしたが、水場もありしっかり手も洗えて助かりましたきらきら

春の風はまだ時おり冷たかったけど、青空には飛行機雲、笑い声とウグイスのBGMもあり、明るさいっぱいの嬉しい1日となりました。

季節の恵み、出会いの恵み、
たくさん感謝の1日でもありました。

ポカポカと暖かな春、皆さまののココロにも届きますように晴れ







Last updated  2017.05.03 11:35:20
2017.03.20
カテゴリ:
春、やはり心が弾みますさくら

おひさしぶりのブログになってしまいましたが…ひよこ

最近のアロマ&ハーバルライフの様子、少しさかのぼってUPしてみます♪


伊予柑の果皮を乾燥してバスソルトにしてみたり、
 

ショウガをハイビスカスで染めて紅ショウガにしてみたり、


アロマストーンも作りました。


干し柿にシナモンとカルダモンも加えて焼き上げたスコーンは、甘さ控えめスパイシーな大人のおやつ。



どれも、ささっと作れるシンプルなレシピです。

アロマやハーブを特別な日のおしゃれなものとしてではなく、
普段の生活をちょっと楽しくしてくれるものとして、お伝えしています♪

楽しくご一緒くださいませ四つ葉




お問い合わせ
アロマ&ハーブ教室“La Mure”(ラ・ミュール) メールするla-mure@aroma-mure.com

アロマ&ハーブ教室 La Mure(ラ・ミュール)は、NPO法人日本メディカルハーブ協会のハーバルセラピスト認定教室です。HPも、ぜひご覧くださいませ。











Last updated  2017.03.20 01:13:16
2016.09.24
カテゴリ:

先日の村上先生のセミナーで体験させていただいた植物染め。

早速復習してみました。
セミナー当日は、お手伝いとしての立場もあり、皆さんの楽しそうな様子を控えめに眺めて、    「うわぁ~、面白そう~、やってみた~い」とうずうずしておりましたハート(手書き)

実は植物染めをするのは全く初めてではなくて、ちょうど3年前に教室の名前にもしている自宅のミュール(ブラックベリー)を使って、絹のスカーフを染めたことがあります。
(こちらのブログでご紹介しました→ ミュールの色

先日教わった方法は、その時とは少し手順も異なりましたから、どんな感じかしらとワクワクしながら作業を楽しみました。

そして今回、自分の中で決めたルールは「家にあるものを使う」ということ。
新たにお金を出さずとも、豊かさを生み出すことはできるはず!…とやや意気込んで^^; 作業開始♪

生地は、買い置きの白いタオル3本。新品1と使用済み2です。

染料に選んだのは、庭に繁茂しまくるオレガノ、


栗きんとん作りで余ったクチナシ、


そしてオレンジポマンダー作りでどっさり購入してしまったクローブ、


この3種類です。

媒染剤となる焼きミョウバンも家にありました。

これらのハーブ&スパイスを、それぞれ鍋でぐつぐつあたため染液をつくり、その中にタオルを投入。


染液と媒染液、温度を調節しながら、交互にタオルを浸していきます。
オレガノは、フレッシュハーブで水分たっぷりだったので、なかなか染まらず、何度も繰り返してやっと少し染まりました。

対照的に、クチナシはあっという間に鮮やかな黄色になりました。

クローブは、染めの作業の間ずーっとよい匂い。色も淡く甘い感じの茶色で、私の好みにしっくりハート(手書き)

窓辺に干したら光を透かしてステキに映えました。


きちんとたたむと色の違いがよくわかります。

左から、クチナシ、オレガノ、クローブです。
ただの白いタオルが、お気に入りのタオルに大変身♪

いつも庭でやさぐれていたオレガノくんや、キッチンのすみっこにしまいこまれていたクチナシさんも、すばらしいお仕事をしてくれました。
「染める」という作業を通して、植物の秘めた力にまたびっくり。
あれも染めたい、これも染めたい・・・桜の葉っぱもつかってみたい・・ 夢は膨らみますね大笑い
身近な植物と仲良くしたら、平凡な日常も、もっともっと楽しく、美しくなります。







Last updated  2016.09.25 00:53:23
2016.09.20
カテゴリ:


楽しみにしていた村上志緒先生のセミナー、笑顔いっぱいのうちに終了しました。
村上先生のお話しは、ずーっといつまでも聞いていたいと思ってしまいます。

色とりどりの糸で織りあげた布のように、精巧で実用的だけど、遊び心や温かみもあって、美しい。
人としてもかくありたいと感じます。
午前10時にはじまり、約6時間のセミナーでしたが、長く感じるどころか「あぁ~、終わらないで~」と思ったのは私だけではないはず。。。
先生、本当にありがとうございました四つ葉

ご参加くださった植物大好きな皆さまのおかげで、和やかな雰囲気に包まれた1日になりました。
心よりありがとうございますハート(手書き)

そして、年下だけどいつも頼りになる大好きな友人、ハーバルムーンの古川さん、こんな素敵な機会をご一緒させてくれて、ありがとうございました緑ハート

今回あらためて思ったのは、ハーブもアロマテラピーも、オシャレなお飾りにしておいてはいけないなってこと。
ずーっと昔から私たちの隣には植物がいて、その恵みにあずかりながら今に至ります。

けして一方的に搾取することのないように、これからもずっと一緒に生きていけるように、様々な知恵を働かせていかなければと思います。

学ぶことは尽きなくて、時々「まだ勉強してるの(~_~)?」とやや呆れて尋ねる友人もいますが、なかなか終わりませんねぇ・・・(笑)

たぶん、ずーっと終わらないと思うけど、やれやれという気持ちよりも、ワクワクのほうが大きいかもしれません。

いつの日か、植物に導かれて、ひょっとして宇宙につながる入り口が見つかるんじゃないかって…予感がするのです四つ葉

妄想でしょうか・・・ぽっ







Last updated  2016.09.20 01:44:38

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.