131406 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

アロマ・ハーブ・エサレン®マッサージ・・・この楽しき日々

PR

Profile


らみゅーる

Calendar

Archives

2018.10
2018.09
2018.08
2018.07
2018.06

Recent Posts

Category

Free Space

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

日々

2018.04.08
XML
カテゴリ:日々

先日、満月の日に「植物の物語を読む会」を開催しました。

前回が12月でしたので、ほぼ3か月ぶりです。

アロマやハーブが好きという共通点をもったメンバーではありますが、この日は「本について語り合う」時間ですので、ちょっとした【部活】みたいな感じでしょうか?


今回のお題は「出会いなおし」(作:森絵都)です。
お題の本は、いつも植物が大切なモチーフになっているような物語を選んでいるのですが、「出会いなおし」は6つの物語からなる短編集で、植物つながりの物語はそのうちひとつだけ。
しかも、植物というか・・・野菜!(笑)

それでも、この本を選びたかったのは、「出会いなおし」という表題に、どうしても心が惹かれてしまったから。
それは皆さん同じ意見で、植物が野菜になっちゃったのは見逃していただけましたウィンク

1話目、表題作でもある「出会いなおし」の後半の一節。
「年を重ねるということは、同じ相手に、何回も出会いなおすということだ。会うたびに知らない顔を見せ、人は立体的になる・・・」
この一節だけでも、大人のあなたなら胸に響くものがあるのでは?
お時間あれば、読んでみてくださいね。

2話目、「カブとセロリの塩昆布サラダ」
一応、こちらが植物がらみ・・・
短いドラマをみているみたいに、止まらずに読み切れます。
なんだか笑っちゃうような、でも人と人のコミュニケーションの難しさも感じさせるお話です。

「本当にわかってもらいたいこと」を伝えるために、必要なことってなんだろう?
マニュアルやテクニックは時に白々しく人を傷つけてしまいますね。
結局は熱意なのかな? 

「カブとセロリの塩昆布サラダ」はなんだか美味しそう・・・ということで、自己流で作ってみました。




昔から、物語の中にでてくるお料理がすごく気になりました。
たぶん、食いしん坊だからですねぺろり
赤毛のアンや大草原の小さな家にも、美味しそうなものが沢山出てきて、お料理本が出たときはどうしても欲しくて買ってしまいました。




左の本、確かめてみたら昭和54年のもの!
30年以上も大切にしていますきらきら

そして、つくづく思うのは、
人は成長し、変わっていく部分もあるけれど、ずっと変わらないこともあるんですね。

ハートの奥にしまわれた種は、ずっとそのままなのかもしれない。
今も昔も、私の中で「アン」は永遠なのです。

読書会のこと、
今後のお知らせも含めて、ハーバルライフサポーターのnaoさんが書いてくれていますので、ぜひそちらもご覧下さいね​​四つ葉 →コチラ
​​


​​







Last updated  2018.04.08 23:38:26
2018.04.02
カテゴリ:日々

カフェにて、遅いランチタイム。
隣の席から、10代らしきカップルの会話が聞こえてしまう。


Boy: 新学期ってお腹痛くならね?
Girl: うん、なるなる。

ああ、そうでした。
過ぎてしまえば煌めくばかりのあの頃も、その時はその時で、けっこう大変だったよね。

若くていいなぁ。
可愛くていいなぁ。
そう思うこと多いけど、若いってこともなかなか大変なんだよね。

だから、戻りたいかと聞かれれば、Yesと即答はできない。

赤ちゃんも、小学生も、10代も、20代も、もちろん50代も(^_^;)
みんなそれぞれの宿題と格闘してる。


あの頃、若さと元気しかない自分を、沢山の先輩が受け入れ、支えてくれた。
思い出すと涙が出るほどありがたい。

今度は自分の番なんだなぁと思う。
心のなかでは、いつでも両手広げて待っていたい。

新年度、新学期、
みんなみんな、がんばってね。





さくらハーバルライフサポーターのお部屋​もよろしくお願いいたしますさくら







Last updated  2018.04.02 16:27:38
2018.02.13
カテゴリ:日々

「雪は天から送られた手紙である」とおっしゃったのは、中谷宇吉郎先生。
雪の結晶の研究者であり、北大低温科学研究所の設立者としても、北海道ではあまりに有名です。

遠い空から落ちてくる雪。
いろいろな形、色、手触りがあります。
こなゆき、あわゆき、ぼたんゆき、ささめゆき、わたゆき・・・
名前も素敵です。

数日前に見た雪。
天使の羽のように、ゆったり、ゆっくり降りてきました。
それは本当の手紙でした。
年末にお別れした父からの手紙が、やっと届いたようです。
「ありがとう」とつぶやいて、そっと涙を拭きました。

2月の3連休は、皆さんとハーブ三昧で楽しいお時間四つ葉
「毎日のキレイをつくる~魔法のハーブ&スパイスふりかけ」と題した講座は、【生活の木パセオ札幌店】様のカフェスペースにて和やかなひと時になりました。
こちらの場所でお世話になるのは初めてで、カントリー派の私ですので、オシャレ女子が行き交う街のド真ん中で大丈夫か??と心配でしたが、皆さまのおかげで満席にて開催できました。

参加してくれたMちゃんが、写真を撮ってくれました。
細やかなご配慮にいつも助けてもらっています。一部ご紹介させていただきますね。



「早く使ってみたいぺろり」という笑顔も
「他に使えるハーブはありますか?」という積極的な質問も、
とても嬉しく受け取りました。


アロマやハーブの講師としての私の原点は、やっぱり私自身が熱心なユーザーであるということ。
これからもユーザーとしての視点、経験を大切に伝えていこうと思います。

目の前には、雪の降り積もった白い道が、どこまでも真っ直ぐに続いています。







Last updated  2018.02.13 19:55:00
2017.12.04
カテゴリ:日々

昨夜は今年最後の大きな満月。

今日から少しずつまた欠けてゆく月に合わせて、私も今年の振り返りをしつつ、身辺の不要なものを削ぎ落としていかなくちゃ…と思います。

ブログの更新がのんびりなので、La Mureとしての活動、あまりお伝えできずにいますが、今年も沢山の皆さまとアロマやハーブを楽しみました。

資格養成のクラスは、​La Mure​自宅教室と​生活の木ハーバルライフカレッジ札幌校​(アリオ札幌)さんを中心に通年開催していますが、今年は8月に札幌を離れて網走にある​東京農業大学オホーツクキャンパス​で、大学生の皆さんにメディカルハーブ検定対応の講座をさせていただきました。

広い教室の大きな黒板、いつもはホワイトボードなので、チョークを使うのは久しぶりで新鮮でした!

とーってもお若い皆さまが、ハーブに興味を持って下さったり、将来のひとつの目標に組み入れて下さったり… とても嬉しく楽しい、貴重な体験に感謝があふれました。


6月と9月には、砂川市教育委員会主催の講座「アロマテラピーでセルフケア」で、お話させていただきました。連続講座ではなかったのですが、6月にご参加くださった方が、また9月にもお越しになり、その後も精油を活用して楽しんでらっしゃることなどお聞かせ下さったのが、本当に嬉しかったです。

アロマテラピーという言葉を知る人は増えましたが、精油を身近に置き、毎日のケアに活用されている方はまだそれほど多くはないかもしれません。アロマテラピーが流行やファッションとして語られるのではなく、日々の生活に本当にお役に立つものであること、これからも伝えていかなくちゃという気持ちを改めて強くしました。
小学校PTA主催の講座も、同じように2回、3回と繰り返しご依頼をいただくことが多いのですが、女性にますます多くの役割が期待される現代、「心や体が悲鳴を上げないうちにケアすることの大切さ、しかも楽しく!」それをお伝えするのが私のお仕事なんだわ…と実感しています。

なんだか「意気込みを語る…」的なブログになってきましたので、ちょっと息抜きひよこ

9月に、はじめて野外イベント"LOVE TOYA"に参加しました。
テントでエサレンマッサージ♪ 野外なので服は着たまま…(*^^*)
青空の下、風に吹かれてのセッションは、開放感たっぷりでとっても良い気持ち💛
夜にはエサレン仲間のあけちゃんと温泉も堪能して、シアワセ~な2日間でした。



9月はもう1つ、日本メディカルハーブ協会のオフィシャルな行事もありました。

「北海道ハーブを語る、味わう」と題して、ブラッスリーコロンの塚田シェフとシニアハーバルセラピストで野菜ソムリエ上級プロでもある田所かおりさんによるトークイベントです。

場所は​ブラッスリーコロン​さんですから、もちろん美味しいお食事、そしてスペシャルなハーブドリンクもあり、盛り上がらないはずがない…という企画です。私もメディカルハーブ協会の地区委員としてお手伝い。素敵なお二人を前に激しく緊張しながら司会を務めさせていただきました。




10月には、青森市の​リラナチュール​より中川麻子先生をお招きして、マタニティトリートメントの勉強会を行いました。妊娠中の女性にも安心してトリートメントを受けていただきたいなぁというのが、長年の思いでした。ようやく学びの機会を得ることができてほっとしたような、そして感謝です。麻子先生、ありがとうございました!

レギュラーの講座のことや、新しい出会いのことや、もちろんプライベートの出来事もあり、振り返ると書ききれない沢山のことがありましたが、それにしても1年って早い。

そして、すべての瞬間は一度しかないのですよね。

ついつい、先の予定を入れることに忙しく、前のめりな日々になりがちですが、「今ここ」を深く味わうこと、けしてけして忘れないようにしなくては…。

久々に長く書きました。
普段からコツコツ書けばよいのにね…と、反省。
大切なお時間さいて、読んでくださってありがとうございました赤ハート

日に日に寒くなりますが、皆さま心も体も温かく、温かくお過ごしくださいませ四つ葉







Last updated  2017.12.04 14:15:46
2017.05.24
カテゴリ:日々



今では随分といい加減なところもある私ですが、もっと若いころにはいつも『ちゃんとしなきゃ』と気を張っていました。
自分なりに分析するに、母親がなかなか厳しい人であることと関係が深いかと思います。

『ちゃんとしなきゃ』に続くセリフは、たぶん『お母さんに怒られる』なんです。

成人して、就職して家を離れて、結婚して、子どもができて、年もとって…

<あんなこと・こんなこと>も経験して、「まぁ、なんとかなるよね~」と、今では心身共にどっしりしております星
おかげ様で、ゆるりと楽になりましたが、今でも時折「ちゃんとしなきゃ」病は顔をだします。

仕事でも、人間関係でも、誠実に向き合うことはとても大切です。
でもそれは、『ちゃんとしなきゃ』と自分を縛り付けて頑張ることではなくて、愛をもって取り組むことなんですよね。

私と同じ理由じゃなくても、様々な要因で、「ちゃんとしなきゃ」の思いに縛られている方多いと思います。でもきっと、それは人間だけのことで、だからこそ人間らしいのかもしれないけど、やっぱり「ほどほど」にしましょうね。

映画「ぐるりのこと」(2008年公開)のなかで、木村多江さん演じる心を病んでしまった妻が「ちゃんとしたかったのに…」という言葉を、涙ながらに繰り返すシーンがあります。
その辛さがわかるだけに、私も涙がこぼれたけれど、心の中では「そんなにちゃんとしなくていいんだよ。ただ生きていればいいんだよ。なんとかなるんだから」と語りかけていました。

植物も動物も、きっと「ちゃんとしなきゃ」とは考えないと思います。

人間って、めんどうくさい。

「めんどうくさいけど、いとおしい。いろいろあるけど、一緒にいたい。」
映画「ぐるりのこと」のキャッチコピーです。
本当にそう思います。

この文を書いているうちに、久しぶりに見たくなりました。







Last updated  2017.05.24 23:10:00
2016.08.16
カテゴリ:日々


(耳から煙の出るネコさん。開け放した窓からの風に、お香の煙がゆらぎます。)

目まぐるしく進む世の中にあって…
私自身の行動は、おおむねのんびり、あまりスピーディではありません。
波に乗れないのか、頑固なのか・・・(たぶん、どちらもアリ)
でもそれが自分の心地よいリズムなので、あせらず、あわてず、あきらめず、をモットーに日々過ごしていますが・・・ 時々窮地に立たされます。
夏休み最後の日、泣きながら宿題やったことなど、この季節には思い出します泣き笑い

のんびりの代償に、「徹夜でお仕事 or  お勉強」なんてことが、今でもたまに…。
若いころは、そんな無茶も平気でしたが、最近はカラダにこたえるので、一応気を付けているつもりですが、先日久しぶりにやらかしました(-_-;)


追い詰められて色々作業するうちに、白々と夜も明けて・・・
今日はもう寝なくてもいいかしらねぇ。。。と思いつつ、
お茶でも飲もうかと立ち上がると同時に激しい目眩いと、へんな汗。

天井がぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐる・・・ とっても気持ち悪い。

「あらま~、失敗しちゃったなぁ」と思いつつ、とにかく横になってお休みしました。
30分くらい、静かにしていたら良くなってホッとしましたが、ふか~く反省。
しかも、翌日まで二日酔いみたいな体調でしたショック
自律神経がおかしくなっちゃったんですね~。

ハーブやアロマを使っているから、健康そのものなんでしょ?って思われやすいけど、
ハーブやアロマは、カラダを『そっと優しく支える手』のようなものなので、
せっかく支えてくれている手を振り払うような、乱暴をしてしまっては恩恵にあずかれないのです。

栄養・運動・休養は、健康を支える3本の柱。
でも、ストイックじゃなくても大丈夫。

ハーブやアロマを知っていたら、楽しかったり、美味しかったり、おしゃれだったり、
とても豊かな気持ちで取り組めます。

私のように、たまに失敗しても、なぜそうなってしまったのか、自分で考えて理解できます。
自分のカラダやココロにおこること、
ちゃんと理解できたら、これから先に進む道はもっと歩きやすいですね。


ハーバルセラピスト養成講座では、そんなお話もいろいろさせていただきます。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さいね。

花ハーバルセラピスト養成講座花

日程:8/18, 9/1, 9/8, 9/15, 9/29, 10/6, 10/11, 10/13, 10/20
曜日:木曜日(10/11のみ火曜日)
時間:10時~15時(休憩1H)
場所:アロマ&ハーブ教室 La Mure (ラ・ミュール)

お問い合わせ&お申込み
アロマ&ハーブ教室“La Mure”(ラ・ミュール) メールするla-mure@aroma-mure.com

アロマ&ハーブ教室 La Mure(ラ・ミュール)は、NPO法人日本メディカルハーブ協会のハーバルセラピスト認定教室です。HPにて詳細ご覧くださいませ。振替も対応いたします。








Last updated  2016.08.16 11:25:00
2016.01.18
カテゴリ:日々
お正月もすっかり遠のいてしまいましたが、あらためてご挨拶させていただきますね。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

新年早々に、ハーバルセラピスト試験を受験された皆様全員より合格のお知らせも届き、まさに「新春のよろこび」を感じる年始となりました。
めでたし、めでたし…ですウィンク

年の初めには、人並みに「今年はどんな年にしようかな」と考えるのですが、
ふと浮かんだのは「浅き川も深く渡れ」という言葉。

CIMG3108.JPG


この言葉を初めて知ったのは星野道夫さんの写真展。
本来の諺は「浅そうに見える川にも深みはあるから気を付けて渡りなさい」という意味だそうです。

でも、私にはどうしても違う意味に思えます。
「平凡な日常さえ、深く心をこめて味わって、その中に真理をみつけなさい」と言われているような気がするのです。
だから、私は勝手にそう解釈しています(笑)

華やかなパフォーマンスも似合わないし、魅力的なリーダーシップを発揮することもできないけど、
でも、私には私の役割があるんだなってことが、最近ようやくわかってきました。

楽しいこと、嬉しいこと、つらいこと、悲しいこと、愛すること、愛されること、
人生に起こるすべてのことは、
私の渡る平凡な川を、深くて面白いものにしてくれると思えば、なんだか楽しい。

川辺の木々や花々にうつつを抜かし、小鳥のさえずりに気を取られて、
たまには転びそうになってもいいじゃない。
それもきっと楽しい。

すべての皆さまにとって、楽しい1年となりますように四つ葉









Last updated  2016.01.19 03:04:35
2015.12.20
カテゴリ:日々

 

CIMG4057.JPG

 


最近お気に入りのハーブティ。 生のりんごとフレッシュハーブ少々に熱々のルイボスティーを注ぎます。
りんごの甘酸っぱい香りに、ほっとします。 朝に爽やか、昼にひといき、夜はまったり… 

時間を選ばず美味しくいただけます☆

お茶の後に食べるリンゴは、甘みはほとんど抜けていて…
「やっぱり果糖は水によく溶けるのね」と軽くお勉強も…(^^)v

12月前半、気が付いたら走り抜けていました。

慌ただしい年の瀬ですが、生活の木ハーバルカレッジでは新たに2つのメディカルハーブのクラスがスタートしています。

そして、La Mureの教室では、メディカルにこだわらず「もっと生活より」な実践的なハーブの学びも始まりました。
わたしが大好きなハーブにまつわる「生活のこと」、笑顔がもりもり、お腹もいっぱいのクラスです。

頭を使うだけではなくて、身体も使って、心も使って…
そうやってバランスよく学んでいけば、おのずと魂もみがかれるのかなと思い、日々精進です。







Last updated  2015.12.24 00:06:09
2015.09.24
カテゴリ:日々
大好きな9月。
眩しい夏の太陽も、もうずっと向こうにいってしまいました。

夏のエネルギーは形ある実りとなり、色とりどりな野菜や果物、穀物となって届けられます。
秋は、恵みに感謝する季節ですね。

ケルトの暦では、秋を人生の成熟期にたとえます。
昼と夜が等しくなる特別な1日である秋分は、歩んできた行程を心静かに回想し、感謝して新たに出発する大切な日なのです。

ゆっくり心をこめて書きたいと思うほどに、投稿の間隔があきがちなブログですが、秋分の日らしく、振り返ってみたいと思います。

5月にスタートしたハーバルプラクティショナー養成講座(@生活の木ハーバルライフカレッジ札幌校)が先日無事に終了しました。
久しぶりに新米先生に戻ったようなドキドキ。。。
恐れや不安もありましたが、寛容で優秀な生徒さんに恵まれたおかげで今の自分にできる最大限は尽くしたと思います。ただ、もちろん「まだまだ...」な部分もいっぱいです。
根っからの反省型の人間ですので、今は今後ますますの精進を心に誓っているところです四つ葉

春先には出張セミナーもいくつかご依頼いただきました。
オフィスなどにお邪魔させていただきますと、男性も沢山いらっしゃるのが嬉しいです。
アロマテラピーもハーブも女子には必須のツールとして定着しつつありますが、男性にとってはまだまだ「気恥ずかしい」世界なのですよね、きっとウィンク
男女を問わず、緑や香りのことをお伝えして、楽しんだり興味の持っていただけるステキな機会をいただけて幸せです。

La Mure(ラ・ミュール)自宅教室でのレッスンも、マイペースに楽しく継続中花
アロマやハーブをたっぷり楽しんでいただくレッスンや、資格を目指す方のレッスンなど、いろいろご用意しています四つ葉
お気軽にご相談くださいね。

7ccff0bd-3d5e-41db-aee9-6431dd8c66d8wallpaper.jpg


日々の生活も相変わらずですが、のんびり過ごしています。

お庭をいじったり、猫と遊んだり、森へ出かけたり、カフェでまったりしたり・・・
ご飯もちゃんと作っています。

c2f5bb1c-a773-4a08-8030-c5436c59e5cdwallpaper.jpg


生活のことが、好きなんだなぁ…と思いますりんご



些細な日常のことは、たまにfacebookでもつづっています。
よかったらご覧くださいね。

コチラです→アロマ&ハーブ La Mure - ラ・ミュール Facebook Page
「いいね」などいただけると励みになりますピンクハート

どうぞよろしくお願い致しますさくら








Last updated  2015.09.27 19:04:03
2015.03.19
カテゴリ:日々
3月16日は、La Mure の教室スペースでお勉強会がありました四つ葉

講師はホメオパスの藤山道子さん。(道子さんのブログはコチラ
「初心者大歓迎! イチから学んですぐに使える実践編までぎゅっと凝縮~ホメオパシー1日セミナー」と題して、朝10時から午後3時半までみっちり学びました。

なかなかの長時間も、私にとってはアッという間で、「ふんふん」「なるほど~」「へぇ~」の連続に、貪欲な好奇心も120%充足。3日経過した今日も「もっと知りたい」「使ってみたい」と、灯された火は静かに燃え続けております炎
CIMG3407.JPG


道子さんのお話の仕方も、とても好き。
ホメオパシーへの信頼や愛情はとても溢れているけど、決して叙情的になり過ぎないのです。
自由でのびやかなのに、きちんと輪郭もあり、香りはあくまで知性的です。
私が最も愛する「バランス」というものを確かにお持ちです。

ホメオパシーのことは、何年も前から気になっていたのですが、
アロマテラピー、ハーブ、エサレンⓇマッサージ、野菜&果物のこと、フラワーレメディ―、アユルヴェーダ、ボディワーク各種、などなど・・・
あまりに色んなことに興味が湧いてしまうので、「もうやめたら?」という心の声もありまして(笑)

ですが、何人かの「信頼できる友人」からホメオパシーに助けられた経験を聞くうちに、やっぱり一度はちゃんと学んでみようと決心しましたえんぴつ

そもそも、私が自然療法全般に興味をもったのは、自分の体調改善のためです。
ですから、セルフケアこそ自分の原点で、そのためのツールは多いほうが良いと思ってます。
医薬品のような直接的強力な作用のない自然療法では、いろいろ試しつつ、状態にあうものを探していくというプロセスも必要です。

つらい体の不調に悩んだことのある人なら誰でもわかると思うのですが、西洋医学も自然療法も、どちらと限らず、「とにかく元気になりたい」というのが本音ですよね。

アロマテラピーに出会って、もう18年…きらきら

自然療法を愛する仲間たちと貴重な学びのひと時に恵まれ、
思いがけず自分の原点まで思いを馳せることとなりました。

ご一緒下さった皆さま、本当にありがとうございましたさくら












Last updated  2015.03.19 16:36:39

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.