2302833 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

タイとタイ語に魅せられて

PR

X

カレンダー

プロフィール


Lamyai_daeng

サイド自由欄

★タイ旅姉妹ブログ★
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』


★オススメのタイ語学習★
☆タイ語教室(カフェレッスン)☆
タイコムランゲージセンター

☆タイ語入門書☆
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

日記/記事の投稿

バックナンバー

2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12

コメント新着

お気に入りブログ

「天気の子」の聖地… New! GKenさん

ムクダハンへ その3 New! masapon55さん

⭐️昨日ののセゴビア⛳… New! かもめ72&35さん

久し振りのカーショ… 放浪の達人さん

イタズ熊 JP/EN subt… ウーテイスさん

バンコク竹亭日記 バンコク「竹亭」さん
法喜が語る 法喜さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008/07/18
XML
テーマ:タイ(3119)
カテゴリ:タイ旅行記
ウォンウィエンヤイからは、南へ伸びるソムデット・プラヂャオ・タークシン通りを
とぼとぼと歩き始めました。なぜかと言うとですねぇ・・・。

5分ほど歩くと交差点に到着。この上には高架橋が2つ走っているのですが、
そのうちの一つがBTSの延伸路線のものなのです。

交差点を越えて振り向いて撮影したのが、この写真。

トンブリー側もBTSの線路が完成しています

上の方がBTSです。
この辺りはすっかり完成してるんですね。それを確認したかったんです。

後で分かったんですが、この右方面、つまりチャオプラヤー川側では、
既に駅舎も完成してました。いつ開通しても大丈夫な感じです。

で、開通はいつなんですか?(汗)

ここからはバスに乗車。
82番のミニバスです。時刻は15:05。

ソムデット・プラヂャオ・タークシン通りをまっすぐ進んだバスを
私は景色を確かめて、下車。

ダーオカノーン、というところです。

ダーオカノーンに到着した82番ミニバス

バンコクで高速道路をよく利用する方は、この「Dao Khanong」という地名を
行き先表示の看板で目にしたことがあることと思います。
はい。私もその一人です。

「ダーオ」は「星」。
「カノーン」は「元気の良い、意気揚々の、猛々しい」という意味。

ファー・カノーンと言えば、雷鳴のことで、天気予報でよく耳にします。
じゃ、ダーオ・カノーンは?

・・・と、なんとなくメルヘンチックかつカッコイイこの地名を
初めて看板で目にして以来、ずーっと気になっていました。

だから来たかったんです!(笑)

結論から言うと、82番バスの背景のとおり、ごくありふれた景色の街でした。
ダーオがカノーンな片鱗さえ見当たりません。まぁ、当たり前ですけどね(笑)

チャオプラヤー川側を並行して走るヂャルーンナコーン通りへ出ようと
細い路地に足を踏み入れました。その先はまったくの住宅地。
表通りの喧騒がウソのように静かです。とてものどかな時間が流れています。

歩いているうちに、自分がここに住んでいても何ら不思議ではないような感覚に
とらわれました。
自分が一時育った東京の下町に雰囲気がどことなく似ているからかもしれません。

ヂャルーンナコーン通りへ出て右へちょっと進むと、
そこには「ダーオカノーン運河」がありました。

ダーオカノーン運河


橋の下へ降りて運河の岸辺へ出てみます。


ダーオカノーン運河

ここには水上バスは走ってないみたいですね。
静かな運河です。

通りに戻った私はバス停を探しました。強烈な日差しの中を随分歩いてやっと発見。
しかし10分待ってもバスは来ず。暑いよ~(T T)


次がいよいよ今回の旅の終点です!


<交通費>
82番バス:7バーツ
ここまでの合計:93.5バーツ

つづく・・・



ウォンウィエンヤイ~ダーオカノーン






最終更新日  2008/07/18 07:07:53 PM
コメント(6) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.