2285911 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

タイとタイ語に魅せられて

PR

X

カレンダー

プロフィール


Lamyai_daeng

サイド自由欄

★タイ旅姉妹ブログ★
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』


★オススメのタイ語学習★
☆タイ語教室(カフェレッスン)☆
タイコムランゲージセンター

☆タイ語入門書☆
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

日記/記事の投稿

バックナンバー

2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11

コメント新着

お気に入りブログ

Rimsky-Korsakov: Sc… New! ウーテイスさん

東ティモール第2の高… New! GKenさん

月に一度はバンコク… New! masapon55さん

⭐️通常はお休みだけ… New! かもめ72&35さん

デジカメs120購入 放浪の達人さん

バンコク竹亭日記 バンコク「竹亭」さん
法喜が語る 法喜さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009/01/06
XML
テーマ:タイ(3102)
カテゴリ:タイ旅行記
チャオプラヤー川を渡った17番バスはすぐ左折。
ほどなくして、見覚えのある運河の風景が通り過ぎて行きました。

「あっ、ダーオカノーン運河だ!」
ということは、ここから前回の「トンブリー路線バスの旅」の
ルートに戻ったことになります。

ラートブーラナ通りを疾走するバスは、
ラマ9世橋の下をくぐり、いよいよ終点に到着!

17番バスが終点に到着!

ジェーンローンです。

17番はこんなところまで来ているんですね。
ほかに37番バスもここが終点。
何台も停車しています。

降りた私は、来た道を歩いて少々戻ってみることに。
運河に架かる橋のところまで来ました。

ジェーンローン運河 左がバンコク都、右がサムットプラーカーン県

ジェーンローン運河です。
なんとこの運河が都県境になっています。
左側がバンコク都、右側がサムット・プラーカーン県。

終点のほうに少し戻ると、ソイの入り口に
「ワット・ジェーンローン」と「ジェーンローン船着場」との看板を発見。
どうせなのでちょっと行ってみますか。

くねくねとしたソイを奥まで進んで行くと、
スピーカーの女性の声が聞こえてきました。
奥に学校があるようです。

先生なんでしょうね。その声が段々大きくなっていき、
小学校の前に出ました。
学校の前にはこんな駄菓子屋さんが。

学校正門前の駄菓子屋さん

下校時間には小学生たちが群がるんでしょうね。
想像するとなんだか微笑ましいです。

ソイをさらに奥へ進むと、
ようやくワット・ジェーンローンに到着です!

ワット・ジェーンローン

アユタヤ時代の15世紀創建と、かなり古いお寺だそうです。
でも現在の本堂は20世紀のものだとか。


<交通費>
徒歩なので0バーツ
ここまでの合計:6.5バーツ

つづく・・・

クルンテープ橋~ジェーンローン






最終更新日  2009/01/06 12:33:37 PM
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.