2299800 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

タイとタイ語に魅せられて

PR

X

カレンダー

プロフィール


Lamyai_daeng

サイド自由欄

★タイ旅姉妹ブログ★
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』


★オススメのタイ語学習★
☆タイ語教室(カフェレッスン)☆
タイコムランゲージセンター

☆タイ語入門書☆
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

日記/記事の投稿

バックナンバー

2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12

コメント新着

お気に入りブログ

おおだの森を歩く New! 放浪の達人さん

月に一度はバンコク… New! masapon55さん

竈を見つける(東テ… New! GKenさん

⭐️明日は、🏇🏇🏇牝馬3… New! かもめ72&35さん

有名人と語る 丹波… ウーテイスさん

バンコク竹亭日記 バンコク「竹亭」さん
法喜が語る 法喜さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009/01/06
XML
テーマ:タイ(3116)
カテゴリ:タイ旅行記
チャオプラヤー川を渡った17番バスはすぐ左折。
ほどなくして、見覚えのある運河の風景が通り過ぎて行きました。

「あっ、ダーオカノーン運河だ!」
ということは、ここから前回の「トンブリー路線バスの旅」の
ルートに戻ったことになります。

ラートブーラナ通りを疾走するバスは、
ラマ9世橋の下をくぐり、いよいよ終点に到着!

17番バスが終点に到着!

ジェーンローンです。

17番はこんなところまで来ているんですね。
ほかに37番バスもここが終点。
何台も停車しています。

降りた私は、来た道を歩いて少々戻ってみることに。
運河に架かる橋のところまで来ました。

ジェーンローン運河 左がバンコク都、右がサムットプラーカーン県

ジェーンローン運河です。
なんとこの運河が都県境になっています。
左側がバンコク都、右側がサムット・プラーカーン県。

終点のほうに少し戻ると、ソイの入り口に
「ワット・ジェーンローン」と「ジェーンローン船着場」との看板を発見。
どうせなのでちょっと行ってみますか。

くねくねとしたソイを奥まで進んで行くと、
スピーカーの女性の声が聞こえてきました。
奥に学校があるようです。

先生なんでしょうね。その声が段々大きくなっていき、
小学校の前に出ました。
学校の前にはこんな駄菓子屋さんが。

学校正門前の駄菓子屋さん

下校時間には小学生たちが群がるんでしょうね。
想像するとなんだか微笑ましいです。

ソイをさらに奥へ進むと、
ようやくワット・ジェーンローンに到着です!

ワット・ジェーンローン

アユタヤ時代の15世紀創建と、かなり古いお寺だそうです。
でも現在の本堂は20世紀のものだとか。


<交通費>
徒歩なので0バーツ
ここまでの合計:6.5バーツ

つづく・・・

クルンテープ橋~ジェーンローン






最終更新日  2009/01/06 12:33:37 PM
コメント(8) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 あけましておめでとうございます。   miao-t9 さん
サワディーピーマイジャ~オ!
今年もためになるブログ、楽しいブログを期待しております!

 タイの小学校周辺には駄菓子やや串焼きの屋台あんかがずらりとならんでいたりで、にぎやかですよね。小学生にまぎれながら、サイクロンをほおばったりすのはとても楽しいひと時です。

 あ~・・・味わいたい。あの空気。 (2009/01/06 11:10:43 PM)

 Re:あけましておめでとうございます。(01/06)   Lamyai_daeng さん
miao-t9さん
>サワディーピーマイジャ~オ!
>今年もためになるブログ、楽しいブログを期待しております!

わぁっ、ビックリした! miaoさん相変わらず神出鬼没ですね(笑)
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

> タイの小学校周辺には駄菓子やや串焼きの屋台あんかがずらりとならんでいたりで、にぎやかですよね。小学生にまぎれながら、サイクロンをほおばったりすのはとても楽しいひと時です。

お店だけでなく、ここにも確かに屋台が出てましたよ。何売ってたかまで見ませんでしたが。よくアイス屋もいますよね。

> あ~・・・味わいたい。あの空気。

味わって来ないんですか? miaoさんはもう1年以上タイへ行ってませんよね。ぜひ今年こそ有給休暇使って行って来てください! (2009/01/06 11:40:51 PM)

 Re:ワット・ジェーンローン~チャオプラヤー川河口への旅(2)(01/06)   竹亭 さん
それにしても本当に安上がりな旅ですね。
でもこれが庶民の経済感覚なんでしょう。
実は駄菓子屋さんも大好きです。
大した物は置いてありませんが、子供のころを思い出してわくわくします。
(2009/01/07 12:46:35 AM)

 Re:ワット・ジェーンローン~チャオプラヤー川河口への旅(2)(01/06)   すみかは たび さん
日常の延長の景色でも、いつもと違うところに出れば
それだけで旅になりますよね。
特に、五感を特に研ぎ澄ましていると、普段なら逃してしまうことも
旅を彩る要素としてキャッチできますし。
今週末は、食事代も込みで100バーツだけ持って出かけてみようかな(^-^) (2009/01/07 01:40:20 AM)

 Re[1]:ワット・ジェーンローン~チャオプラヤー川河口への旅(2)(01/06)   Lamyai_daeng さん
竹亭さん
>それにしても本当に安上がりな旅ですね。
>でもこれが庶民の経済感覚なんでしょう。

ここまでを往復したって13バーツですから、約30円! それでこんなに楽しめるんですから、ものすごくコストパフォーマンスの高い旅だと思います!

>実は駄菓子屋さんも大好きです。
>大した物は置いてありませんが、子供のころを思い出してわくわくします。

駄菓子屋さんって覗くだけでも楽しいですよね。私も子どもの頃は10円玉を握ってよく行ったものです。5円のコーラ飴なんてのがありましたね。あ、歳がバレます(笑) (2009/01/07 11:56:53 AM)

 Re[1]:ワット・ジェーンローン~チャオプラヤー川河口への旅(2)(01/06)   Lamyai_daeng さん
すみかは たびさん
>日常の延長の景色でも、いつもと違うところに出れば
>それだけで旅になりますよね。

本当ですね。一本隣の路地を歩くだけでも新たな発見があったります。
バスは、気軽に自分にとって未知の土地へ行けるので大好きです。

>特に、五感を特に研ぎ澄ましていると、普段なら逃してしまうことも
>旅を彩る要素としてキャッチできますし。

鈍感な私でもそれなりに色々と感じることができましたよ(笑)
大事なのは、やはり「歩く」ことだな、と今回の旅で感じました。

>今週末は、食事代も込みで100バーツだけ持って出かけてみようかな(^-^)

それは面白そうですね! いつか私もやってみたいです。もし行かれたらぜひどんな旅になったのか日記に書いてください! (2009/01/07 12:01:27 PM)

 Re:ワット・ジェーンローン~チャオプラヤー川河口への旅(2)(01/06)   どっくまいまり~ さん
買い食い王国のタイの学校の周りには
必ずありますね。こういう店。
私が通った小学校の裏にもあったけどね。
フレンドショップ「こども」という駄菓子屋さんが。
(2009/01/07 03:47:42 PM)

 Re[1]:ワット・ジェーンローン~チャオプラヤー川河口への旅(2)(01/06)   Lamyai_daeng さん
どっくまいまり~さん
>買い食い王国のタイの学校の周りには
>必ずありますね。こういう店。

タイの小中学校事情には疎いのですが、やはりそうなんですか。そして不思議とみんなお金を持ってるんですね。私の小学校ではお金を持ってくることは禁止されていたように思うんですが、所違えば・・・なんですねぇ。

>私が通った小学校の裏にもあったけどね。
>フレンドショップ「こども」という駄菓子屋さんが。

「フレンドショップ」とは洒落たネーミングではないですか! 昭和というより平成の香りが漂っています(笑)
私の通った駄菓子屋さんは「大西」。雑木林前の木造平屋建てでおばあさんが一人で切り盛りしてました。中学に上がる頃には無くなってたかなー。 (2009/01/07 04:15:18 PM)


© Rakuten Group, Inc.