2287727 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

タイとタイ語に魅せられて

PR

X

カレンダー

プロフィール


Lamyai_daeng

サイド自由欄

★タイ旅姉妹ブログ★
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』


★オススメのタイ語学習★
☆タイ語教室(カフェレッスン)☆
タイコムランゲージセンター

☆タイ語入門書☆
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

日記/記事の投稿

バックナンバー

2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11

コメント新着

お気に入りブログ

月に一度はバンコク… New! masapon55さん

続星化学&親ばかチ… New! ウーテイスさん

s660の燃費 New! 放浪の達人さん

⭐️何事もない平凡な… New! かもめ72&35さん

マテビアン山の悲劇… GKenさん

バンコク竹亭日記 バンコク「竹亭」さん
法喜が語る 法喜さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009/01/13
XML
テーマ:タイ(3105)
カテゴリ:タイ旅行記
17番ミニバスの終点まで歩いて戻り旅を先へと進めます。
時刻は09:45。

6番のミニバスに乗車しました。
「トンブリー路線バスの旅」でラストに乗ったバスです。

その時の最終地点だったワット・クラーンを通過。
いよいよ未知の地に足を踏み入れます!

運河を渡りほどなくして道の両側が賑やかになってきました。
雰囲気からして古くからある街並みのよう。

そしてチャオプラヤー川べりに出たところが終点。
こここそがプラプラデーンです。


6番ミニバスが大集合した終点プラプラデーン


ピカピカに磨かれた(意外!)6番バスが何台も停まっていて、
これだけ集まるとミニバスでもなかなかの貫禄を感じます。

後ろに見えるのは、ウォンウェーン・ウッサーハカム南橋。
ジェーンローン船着場から見えたあの橋が、
プラプラデーンの半島部付け根を横切って、
再度チャオプラヤー川を渡る部分になります。

この橋で対岸へ渡るとスクンビット通りへと抜けることができるようですね。

川岸へ上って下流側を眺めると…


プラプラデーンから下流側を望む


遠くに見えるのは、チャオプラヤー川で最も下流に架かる橋、
カーンチャナーピセーク橋です。


川面には、渡し船が2隻見えますが、
右奥のはバイクなども載せていました。

目抜き通りを改めて見物してみます。


目抜き通りの様子


反対側にはプラプデーン市庁舎が。
やはりここがプラプラデーンの中心部なんですね。

ノンタブリー船着場やバーンブアトーンでもいた
人力サムローがここでも現役で活躍中。
これを見るとバンコクの外に来たんだという実感が湧きます。

川べりへ戻って下流側へ少し歩くと
「プラプラデーン市生鮮市場」と書かれたアーケードを発見。
ついでなので入ってみることに。


プラプラデーン市生鮮市場


生臭さ満点のアーケード内は、奥に行くにつれて活気が増していきます。
ここはアーケードが十字型になってるんですよ。面白いですね。

中心から左側に進むことにしました。
きっと次なる目的地への近道のはずです!



<交通費>
6番ミニバス:6.5バーツ
ここまでの合計:13バーツ

つづく・・・


ジェーンローン~プラプラデーン






最終更新日  2009/01/13 08:59:02 PM
コメント(12) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.