000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

タイとタイ語に魅せられて

PR

X

カレンダー

プロフィール


Lamyai_daeng

サイド自由欄

★タイ旅姉妹ブログ★
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』


★オススメのタイ語学習★
☆タイ語教室(カフェレッスン)☆
タイコムランゲージセンター

☆タイ語入門書☆
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

日記/記事の投稿

バックナンバー

2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12

コメント新着

お気に入りブログ

⭐️楽天モバイル....📲… New! かもめ72&35さん

破裂している水道管… New! GKenさん

ムクダハンへ その4 New! masapon55さん

久し振りのカーショ… 放浪の達人さん

イタズ熊 JP/EN subt… ウーテイスさん

バンコク竹亭日記 バンコク「竹亭」さん
法喜が語る 法喜さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009/09/30
XML
テーマ:タイ(3120)
カテゴリ:タイ旅行記
ウィブーンシー市場から外へ出ました。
パークナムの町です。


パークナム


前回来た時にもいましたけど、
この人力サムローを見ると、ああ、ここはバンコクじゃないんだ、
と感じますね~。


ここから左側のバンコク方面へ向けて歩くことにします。
時刻は14:00。


ちょっと行くとバスが停まっていました。


プラプラデーン~パークナムのバス


窓にはなんと、「プラプラデーン~パークナム」
書かれているじゃないですか!!

チャオプラヤー川を渡るこんな興味深い路線があったとは!!

バンコク大衆輸送公社ではなく、ローカル企業の民営バスだから
どのバス・マップにも、きっと乗っていないはず。
私も知りませんでした。

どこを通って川を渡るんでしょう?
いつか絶対に乗ってみます!(笑)


引き続き歩いて行くと、交差点前にこんな建物が。


サムットプラーカーン県庁


どうやら、サムットプラーカーン県庁のようです。

前回パークナムへ行ったことを、70年代にタイ駐在経験のある知人に話したところ、
「あの時計塔は今でもありましたか? いやぁ、懐かしいな~」と。
この時計塔に違いありません。そうか。けっこう歴史があるんですね。


ここから先は、スクンビット通りです。
ずーっと歩いて行けばバンコクへ帰れます。
そんな体力無いのでしませんけど(笑)


ふと前を見ると、歩道をふさぐかたちで車が停めてあるじゃないですか。
なんだよー、と思い顔を上げると・・・


タイにもイタ車が(笑)


!!


タイにもあるんですねぇ、イタ車・・・。


イタ車を越えてなおも歩き続けます。
曇っているのでまだ良かったですが、それでもさすがに暑くて汗ダラダラです。
素直にバスに乗れば良かったと今更ながら後悔(汗)


時刻は14:20。
かれこれ20分歩いて、ようやく目的地に到着しました!!


さて何でしょう?


さて、ここは何でしょう!?





<交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:71.5バーツ

つづく


ウィブーンシー船着場~?






最終更新日  2009/09/30 01:58:36 PM
コメント(18) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.