1892582 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

タイとタイ語に魅せられて

PR

カレンダー

プロフィール


Lamyai_daeng

サイド自由欄

★タイ旅姉妹ブログ★
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』


★オススメのタイ語学習★
☆タイ語教室(カフェレッスン)☆
タイコムランゲージセンター

☆タイ語入門書☆
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

日記/記事の投稿

バックナンバー

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07

コメント新着

お気に入りブログ

7月の4連休はホア… New! masapon55さん

ローリング宴会 New! ROLLING坊やさん

抹茶大福、日に10000… ウーテイスさん

✳️朝鮮放送化してい… かもめ72&35さん

パスポートにハンコ… s_wadaさん

Our happiness is no… GKenさん

飛行機雲 放浪の達人さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010/01/03
XML
テーマ:タイ(2800)
カテゴリ:日記
タイのプミポン国王が健康を崩され、
国立シリラート病院に入院されています。

そのシリラート病院で、国王のご健康を願うための記帳所が
設けられているとのニュースを見たので、私も行ってきました。

王宮前の先にあるター・チャーン(チャーン船着き場)から
渡し船でター・ワンラン(ワンラン船着き場)に渡り、
商店街を抜けると・・・


シリラート病院前の通り


タイ国旗と黄色い(国王の?)旗が通りの頭上一面に飾られていました!

この右側の広大な敷地が、シリラート病院です。


門から入り、迷いながらもなんとか看板を見つけ、
記帳所に辿り着きました。


記帳はどこですればいいですか?

入り口に立っていた係員の方に尋ねると、
「どこでも空いている椅子に座ってください」

と、指差されたほうを見るとたくさんのテーブルがあり、
椅子ごとに係員が座っていました。

近くの一つに腰をかけつつ、外国人ですが記帳してもいいですか?
と一応尋ねてみました。

「どうぞ」

目の前に差し出された帳面に目をやると、
どうやら名前だけ記入すればいいようです。

みなさんタイ文字で書いているので(当たり前ですが)
私もそうしますか・・・


「綺麗な字だね」

係の方が感心してくださいました。
ありがとうございます・・・。


国王誕生日の12月5日に国王が病院から一時的に出られて、
王宮で述べられたお言葉の一部が印刷された紙とVCDを頂き、
記帳所の建物を後にしました。

お言葉の紙のほうは、これです。


 プミポン国王の12/5のお言葉


揃いのピンク色のシャツを着たおばさんグループとちょうど
同時に記帳していたのですが、出てくるとみんなで
建物前で記念写真を撮ってました。


記帳所のある建物


きっとわざわざ地方からバスでやって来たんでしょうね。


そんな光景の写真を撮っていて気付いたんですが、
記帳所のある建物からチャオプラヤー川へ向けて伸びるこの道、
なんとれっきとした「通り」なのでした。

写真右端にあるとおり、ちゃんと「チャックラポン通り」との
看板まで立ってます。

ここシリラート病院のある場所には、かつてワンラン(後宮)が
あったそうです。そんな歴史的経緯と関係があるんでしょうかね。

ちょっとした発見に嬉しくなりました。


私が行ったのは、12月29日。
ちょうどその頃、国王が体調を回復されて病院内でリハビリを始めた、
とのニュースを聞きました。






最終更新日  2010/01/03 11:49:20 AM
コメント(14) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.