1823538 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

タイとタイ語に魅せられて

PR

カレンダー

プロフィール


Lamyai_daeng

サイド自由欄

★タイ旅姉妹ブログ★
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』


★オススメのタイ語学習★
☆タイ語教室(カフェレッスン)☆
タイコムランゲージセンター

☆タイ語入門書☆
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

日記/記事の投稿

バックナンバー

2018/07
2018/06
2018/05
2018/04
2018/03

コメント新着

お気に入りブログ

Solveig's Song New! ウーテイスさん

月に一度はバンコク… New! masapon55さん

7月8日の畑は大豊作 New! GKenさん

✳️猛暑です。熱中症… New! かもめ72&35さん

バミー(タイの中華… New! S*Berryさん

マフラー交換の落と… 放浪の達人さん

「チーム玉砕」アマ… ROLLING坊やさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2011/08/20
XML
テーマ:タイ(2783)
カテゴリ:タイ旅行記
BTS新終点ベーリン駅下から飛び乗ったローカルバスで
取り敢えずサムローンまで。


渋滞にはまりながらも進んで行くと、
車掌のおばちゃんが、はっと気が付いたかのように私に
サムローンだよ」と。

えっ、どうせならインペリアルの向かいまで行って降りたかったんだけどなぁ。
でもそう言われたら降りないワケにいかないでしょう…(汗)

しぶしぶ下車。
時刻は09:33。


目の前にある歩道橋に上って景色を確認します。


サムローンのバス停


向かって奥がベーリン駅方面。
バスやソンテオがひっきりなしにやって来ます。
乗り換えでの乗降人口が多そうな街ですね。


ところで「サムローン」に、みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

ちなみに私は、「サーオ・ローンガーン(女性工場労働者)の街」です。
近隣の自動車部品などの工場で働く若い女性が多く住む街という
イメージを抱いています。実際のところは違うのかもしれませんけどね。


そしてあと一つ、サムローンでイメージするのは、
パークナム側へちょこっと歩いたところにあるココ。


IMPERIAL WORLDとロッ・トゥー乗り場


IMPERIAL WORLDです。

私が訪れた10年ほど前は、垢抜けない感満点の地方デパートでしたが、
外観も改装したようですし、中身も大変身を遂げちゃったのかもしれませんね。

今回はまだ営業時間前のため入館できず。
ちょっぴり残念です… ^_^;)

で、このインペリアルの左端はロッ・トゥー乗り場になっているのでした。
ランシット、フアランポーン、南バスターミナル・・・と
結構多くの路線が発着している様子。

その先の雑貨類市場を過ぎると、


サムローンのフルーツ市場


フルーツの市場が。

細い路地の奥まで長~く続いています!
これはなかなか見ごたえありますよ~。

旬なのかラムヤイ(竜眼)を多く見かけます。
あと変わったところでは、プラップ(柿)やサーリー(梨)が。
思わず買いたくなっちゃいました(笑)


フルーツ市場を一周してからさらに先へ進み、
スクンビット通りの橋下をくぐって再び奇数側に戻ったところで
運河に突き当たりました。


サムローン運河


サムローン運河です。


バスが渡っている橋が、スクンビット通り。右がバンコク中心方面です。

その橋の手前に屋根付きの歩行者用橋が架かっているんですが、
両側のたもとで魚の餌を売ってるんですよ。
で、これを買っていく人が結構いて、橋の上から何人もが運河の魚にあげてました。

私もその橋に上って眺めてみましたが、魚がうじゃうじゃ群がって来て
結構グロテスクな光景が繰り広げられていました。
写真は撮ったもののお食事中の方のことを考え、UPは控えますね(笑)


ところで、かつてこの辺からこの運河を進む水上バスが出ていたようなんです。
実はそれを確かめたくて運河べりまで来てみたんですが、船着き場の片鱗も
残っていませんでした。

できることならその水上バスで旅をしたかったなぁ。
廃止前に間に合わず非常に残念です。


じゃあ予定どおりソンテオでこの先の旅を続けることにしますか!




<交通費>
あるいただけなので:0バーツ
ここまでの合計:48バーツ

つづく


ベーリン駅~サムローン






最終更新日  2011/08/20 09:41:14 PM
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.