1726166 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

タイとタイ語に魅せられて

PR

カレンダー

プロフィール


Lamyai_daeng

サイド自由欄

★タイ旅姉妹ブログ★
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』


★オススメのタイ語学習★
☆タイ語教室(カフェレッスン)☆
タイコムランゲージセンター

☆タイ語入門書☆
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

日記/記事の投稿

バックナンバー

2018/02
2018/01
2017/12

コメント新着

お気に入りブログ

ドミトリー New! 放浪の達人さん

中華街を目指して … New! masapon55さん

⛳️ゴルフ🏌️‍♂️オフシ… New! かもめ72&35さん

アマチュアムエタイ… New! ROLLING坊やさん

ワタシが日本に住む… ウーテイスさん

阿里山のシェイ in … GKenさん

小平さん金メダルお… s_wadaさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2012/06/04
XML
テーマ:タイ(2768)
カテゴリ:タイ旅行記
シオマネキを見終えると、船頭のおじいさんは船をUターンさせて
運河を戻っていきます。


  • kabutogani_01.jpg


で、さっきの集落まで来たところでスピードを落とし
岸に近づけるじゃないですか。

はて? おじいさんを振り返ると、また指を差しています。
その先には…


  • kabutogani_02.jpg


カブトガニが漁網にからまってる!!

周りを見渡すと何匹も同じようにからまってるじゃないですか。
中には干からびて死んでいるものも。なんとも痛ましい (T_T)

そう言えば、カブトガニは漁網にからまるので漁師に厄介者扱いされていると
ネットで読んだことがあります。本当にからまっちゃうんですね。


おじいさんは、そんなカブトガニ2匹を漁網から取ってくれました。


  • kabutogani_03.jpg


右のはかなり弱ってますね。
左のは、とっても元気で体をエビぞりさせてもがいてます。

うおぉ、生きたカブトガニだー。感激です。
尻尾を掴んで持ちあげてみましょう。

まずは弱っているほうから。


  • kabutogani_04.jpg


甲羅にはフジツボが付着してますね。
水族館のカブトガニとは違う、こういうところがリアルに感じてしまいます。

しかし重量感がある外観のわりに軽いのが意外。


そして活きのいいもう一匹。


  • kabutogani_06.jpg


うぎゃ、こっちのほうがフジツボびっしり度高し。

裏返すと、


  • kabutogani_05.jpg


ハサミを振るって暴れます。
挟まれたら痛いのかな?・・・試すのはやめときましょう ^_^;)


完全に自然の状態のカブトガニとまではいきませんでしたが、
確かに生きたカブトガニを見て、触れることができました。
3つめの目的も無事達成です。やった!


逃がしていいですか?

おじいさんに尋ねると、コクリと頷きます。

一匹ずつ、運河に放してやりました。
こんなところで死なないで元気でな~ ^^


船は再び運河の河口を出て海へと。


このまま帰るのかと思いきや、おじいさんは干潟に船を乗りあげさせて停めました。


  • kabutogani_07.jpg


「マテ貝を獲るところを見せてあげるよ。」


それは願っても無いことです!!







<交通費>
船にのっていただけなので:0バーツ
ここまでの合計:102バーツ

※旅は2012年3月30日に行いました。


つづく


  • ホイロート.jpg







最終更新日  2012/06/04 11:17:19 AM
コメント(14) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.