1867588 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

タイとタイ語に魅せられて

PR

カレンダー

プロフィール


Lamyai_daeng

サイド自由欄

★タイ旅姉妹ブログ★
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』


★オススメのタイ語学習★
☆タイ語教室(カフェレッスン)☆
タイコムランゲージセンター

☆タイ語入門書☆
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

日記/記事の投稿

バックナンバー

2018/09
2018/08
2018/07
2018/06
2018/05

コメント新着

お気に入りブログ

弾丸一時帰国 その6 New! masapon55さん

✳️ホーム⛳️コースの… New! かもめ72&35さん

マッカーサーの告白… New! ウーテイスさん

南浦和駅ホームに停… GKenさん

シンラパ・ムエタイ… ROLLING坊やさん

ちょっとラッキーぞ… 放浪の達人さん

橘玲著”朝日ぎらい” s_wadaさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2014/06/19
XML
テーマ:タイ(2794)
カテゴリ:タイ旅行記
モン橋脇の竹橋から出発した船は、カオレーム・ダムの湖面を進んでいきます。

  • 08_01.jpg


背後のモン橋がどんどん小さくなっていくと、
前方に金色の立派な仏塔が見えてきました。

  • 08_02.jpg


ワット・ワンウィウェーカーラームの仏塔でインドのブッタガヤの
 仏塔と同じ形に造られました」

と子供船頭さん。
歳を尋ねると10歳とのこと。

子供船頭さん以外に友達らしき男の子もなぜか同乗しています。
見習いかな?(笑)


さらに進むと前方の湖面上に何やら見えてきましたよ。

  • 08_03.jpg


はっきり見えてきました!

  • 08_04.jpg


「あれが、元のワット・ワンウィウェーカーラームですよ。
 1984年のダム完成で水没したんです」

写真で見て知っていたものの、実際にこの目で見ると感動しますね。
  • 08_05.jpg


まず先に近付いたのは、「元の鐘楼です」

  • 08_06.jpg


そしていよいよ本堂へ…。
前後には門が残っていますね。

  • 08_07.jpg


湖に沈んだワット・ワンウィウェーカーラーム本堂正面に向かいます。

  • 08_08.jpg


階段に船を寄せて、

  • 08_09.jpg


「どうぞ降りてください」と子供船頭さん。

  • 08_10.jpg


おぉ。

実はこの寺院、そんなに古くはなくて1953年建立なんですよ。
でも水没して痛んだせいか既に遺跡然とした趣満点ですね。


さあ、夜の帳が落ち始めましたが上陸して散策してみますか。






<旅費交通費>
船賃未払いなので:0バーツ
ここまでの合計:315バーツ

※旅は2014年4月1日(火)に行いました。

つづく


※当ブログから1日旅の記事だけを抜粋し見やすくまとめたブログ
タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』 もぜひご覧ください。

そちらのブログは左側の「旅ごとに見る」欄で旅名を選ぶと順を追ってお読みいただけます。
旅の参考になれば幸いです。



  • サンクラブリー.jpg







最終更新日  2014/06/19 09:40:05 AM
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.