1896221 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

タイとタイ語に魅せられて

PR

カレンダー

プロフィール


Lamyai_daeng

サイド自由欄

★タイ旅姉妹ブログ★
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』


★オススメのタイ語学習★
☆タイ語教室(カフェレッスン)☆
タイコムランゲージセンター

☆タイ語入門書☆
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

日記/記事の投稿

バックナンバー

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07

コメント新着

お気に入りブログ

✳️128年前と同じく遅… New! かもめ72&35さん

NHKスペシャル 2018… New! ウーテイスさん

7月の4連休はホア… New! masapon55さん

アマチュアムエタイ… New! ROLLING坊やさん

高浜市の川 放浪の達人さん

パスポートにハンコ… s_wadaさん

Our happiness is no… GKenさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2015/10/05
XML
テーマ:タイ(2801)
カテゴリ:タイ旅行記
ワット・ウォーラチャンからターチーン川(スパンブリー川)
を渡った先には、

  • 03_01.jpg


鬱蒼とした茂みの中に2つの祠が。

前回の「宝くじに当たる5大願掛けスポット巡り」で祠を調べた今では
一本柱の右が「土地神の祠」(サーン・ジャオティー)で
四本柱の左が「爺婆の祠」(サーン・ターヤーイ)
であることが一目瞭然なのですが、この時はそうとは露知らず ^_^;)

爺婆の祠には木の根っこのゴツイ塊がご神体として
安置されてました。


その背後に見える高床式木造家屋は、僧坊のようでです。

ということはここはもう、
コウモリ寺ことワット・プラーウ(วัดพร้าว)ってことか。

僧坊の間を縫って歩くと広いところに出ました。

  • 03_02.jpg


ワット・プラーウで間違いない!
時刻は、12:05。

左に見える変わった屋根の仏堂(?)が特徴的ですね。
ビルマ様式を模したということのようですよ。

寺自体はアユタヤ時代の創建だとか。


案内板を見ると、この左手に「ワン・カーンカーウ」(วังค้างคาว)と。
コウモリ宮」ってな感じでしょうか?

どうやらそこっぽいので行ってみましょう!


歩いて行くと鬱蒼とした森が現れました。

  • 03_03.jpg


でも森に到達する前から既にギーエギーエという
騒がしい鳴き声の大合唱が聞こえてきてたんですが…。

ここから先は、コウモリ嫌いの人要注意です。

  • 03_04.jpg


おぉー、いたいた。
分かりますか?

  • 03_05.jpg


木々には無数のコウモリが密集して逆さまにぶら下がっています。
数千、下手したら万はいるんじゃないでしょうか。

  • 03_06.jpg


遠目には枯葉にも見えるかもしれませんが、
もっと寄ってみると、

  • 03_07.jpg


間違いないです。
鳴き声が物凄いので間違えようはないんですけどね(笑)

あとは、コウモリの糞の臭い!
長居したら体に悪そうなレベルですよ。

かのエボラ出血熱も感染源はコウモリが有力視されているそうですし、
狂犬病その他さまざまな病原菌を持っている危険があるので、
糞も含めてコウモリにはあまり接触しないほうが良さそうです。


しかし真っ黒な体なのに陽の当たるところにいて
暑くないんだろうか?

というか、コウモリって昼間は寝ているものだと思ってたんですが
そうでもないんですね。

  • 03_08.jpg


飛んでるし…。

ここのはカーンカーウ・メーガイ(ค้างคาวแม่ไก่)、
訳すと「雌鶏コウモリ」と呼ばれるオオコウモリの一種。
世界一大きなコウモリの部類のようです。

ちなみに主食は、果実。
襲われる可能性は、低そうです ^_^;)


ふと足元を見ると、

  • 03_09.jpg


ありゃま。
これだけ無数にいれば、命を落とすのもいますよね。


ついでなので寺も見ておきますか。

  • 03_13.jpg


いかにも地方の寺って感じでのどかです。
コウモリの鳴き声さえなければ。

  • 03_10.jpg


あれ、あそこにもたくさんぶら下がってるではないですか。
下まで近寄ってみると、

  • 03_11.jpg


ここにも「コウモリ宮」との看板が。

  • 03_12.jpg


なぜこのワット・プラーウにだけ、
コウモリがこんなに集まってるんでしょうね。
不思議です。

いつまでもコウモリを見上げてても仕方がないので(笑)、
スパンブリー市街地に戻るとしますか。




<旅費交通費>
歩いただけなので:0バーツ
ここまでの合計:180バーツ

※旅は2015年2月23日(月)に行いました。

つづく

※当ブログから1日旅の記事だけを抜粋し見やすくまとめたブログ
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』 もぜひご覧ください。

そちらのブログは左側の「旅ごとに見る」欄で旅名を選ぶと順を追ってお読みいただけます。
旅の参考になれば幸いです。

  • ワットプラーウ.jpg


★★★お薦めのタイ語学習書です★★★

     ◇ 初 級 ◇
    
『あなただけのタイ語家庭教師』国際語学社

     ◇ 中 級 ◇
    
『中級タイ語総合読本』白水社

     ◇ 上 級 ◇
    
『タイ語上級講座読解と作文』めこん







最終更新日  2015/10/05 08:45:30 AM
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.