1612515 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

タイとタイ語に魅せられて

PR

カレンダー

楽天プロフィール


Lamyai_daengさん

タイ&タイ語好きです。

フォローする

サイド自由欄

★タイ旅姉妹ブログ★
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』


★オススメのタイ語学習★
☆タイ語教室(カフェレッスン)☆
タイコムランゲージセンター

☆タイ語入門書☆
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

日記/記事の投稿

バックナンバー

コメント新着

 Lamyai_daeng@ Re:マニアックですね。(09/18) New! フラキートさんへ コメントありがとうご…
 フラキート@ マニアックですね。 う~ん、マニアックでいいですね。 国境の…

お気に入りブログ

ノンプラジャック公… New! masapon55さん

中国大学生訪日ドキ… New! ウーテイスさん

✳️ 22日だが、まだ、… New! かもめ72&35さん

C58の加太越え GKenさん

台風でプルメリアが 放浪の達人さん

自家製梅干しのチカラ 彌聖さん

一時帰国の「通信手… Tui☆さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017/03/20
XML
テーマ:タイ(2662)
カテゴリ:タイ旅行記
タイ映画博物館(Film Archive)内で食事を取れるのは
どうやらここだけのようで。



ホットドッグのスタンド。

さっき古い映画を観たピッツバーグの「Nikelodeon」の
向かいにあるビルの陰にあります。

売り子の女性に注文すると
無表情で黙々と作り始めました。

うーん、ここの他のスタッフのホスピタリティとは
落差が激しいな。たぶん雇用の形態が違うんでしょう ^_^;)

近くのテーブルに座っていたら持ってきてくれました。
25バーツ也。



まるでヨーロッパの古い街にでもいるかのような
景色を眺めながらささっと頬張ります。


さーてと、ついでなので並びにあるエジソンが発明した
映画の原型キネトスコープの初の上映店も覗いておきますか。



ニューヨークのブロードウェイにあった
Kinetoscope Parlor」です。

男性スタッフが入口でお出迎えしてくれて、
館内展示物の解説をしてくれました。

熱心に解説を続けるので話を遮って写真を撮るわけに
いかなかったんですが、胸の高さほどのキネトスコープの木箱が
並んでいて、実際に上から覗き込んで見られるようになっています。

5バーツだか10バーツだかの硬貨を投入すると、
約1分間の動画を鑑賞できますよー。


それから、このムアン・マーヤー(幻の町)の広場に
もう一つ建物があるのを見落としてました。
引っ込んだところにあったので ^_^;)



Black Maria」というこの真っ黒な建物は、かのエジソンによって
1893年に建てられた世界初の映画撮影所です。

さっきの「Kinetoscope Parlor」で上映する映画を
撮影するための施設だったんだとか。

ここでは映画登場初期の歴史や俳優に関する展示のほかに、
100バーツで自分が出演して映画撮影体験ができるみたいです。
後日DVDに焼いて郵便で送ってくれます。国内限定でしょうけど ^_^;)

でも今は閉まっているみたいですね。
ここもやはり入館時刻が決まっているのかな。


ということで素通りして、敷地の奥まで行ってみました。
そこには、



古き良き時代の映画館を模した建物が。

模しているだけでなく、ちゃんとした映画館で、
シーサーラーヤー映画館」(โรงภาพยนตร์ศรีศาลายา)と言います。

月~金17:30、土日13:00, 15:00、祝日13:00に上映してますよ。
上映映画は Thai Film Archive の facebookで告知されています。


で、その前の女性スタッフが歩いているコンクリート張りのところは、
スター広場」(ลานดารา)。

まるでハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターみたいに
タイ映画俳優の手形足型&サインがびっしり!

思わず知っている俳優さんを探しちゃいました(笑)
あ、ありましたよー。



映画『フェーンチャン』(แฟนฉัน)のノイナー役女優フォーカスさん!
それに上隣は同映画ジアップ役俳優のネックさん!

ほかにも小栗旬主演の『ルパン三世』に出演した
ゴティーさんとか色んな方のがありました。
タイ映画好きの人には堪らないかもしれません ^^


ということでタイ映画博物館をひととおり見たので、
そろそろシメにしますか。

向かったのは、世界初の商業映画が上映された
パリの「Hotel Scribe」。

さっき「Nikelodeon」での映画観賞チケット購入時にも
行ったんですが、1階の



カフェ「Grand Café & Salon 」へ。
この店名も現在の「Hotel Scribe」内にかつてあって、
世界初の商業映画が上映されたカフェの名にちなんでいます。

月~金は9:00~18:00、土日祝は9:30~18:30の営業。

カウンターで女性にホットアメリカンコーヒー 30バーツを注文。
ついでに小さなケーキ菓子 25バーツも頂きました。

さっきも気になっていたんですが、
ここって2階席があるんですよ。

2階で飲んでもいいですか?

「どうぞ上がってください」

ってことでらせん階段で2階へ。



2階は狭いんですが、逆に隠れ家的な座席で気に入りました(笑)

ほぉ、カップもお皿も店名が入ったオリジナルじゃないですか。
意気込みを感じますね~。

2階の広場側に窓があったのでちょっと眺めてみました。



タイにいるとは思えない♪ ^^


のんびりコーヒーを楽しんで満足満足。
タイ映画博物館入口へと戻ります。

入口横の、最初に概要を説明してくれた
女性スタッフが出てきた建物に立ち寄ってみました。



土産物や映画グッズを販売してるんですね。



Tシャツも売ってるし~。



あっ!
さっきのカフェ「Grand Café & Salon Indien」の
カップと皿じゃないですか!!

さすがにカップまでは買えませんでしたが、
スタッフみなさんがとてもいい人達だったので、
お礼も兼ねて安いやつですが一つグッズを購入。

さあ、帰りましょー。


表のプッタモントン・サーイ5通りに出たところ、
なんとちょうど515番バスがやってくるじゃないですか!

バス停じゃないけど停まってくれるかな?
いいや、手を伸ばしてみよう。

あ、停まってくれた!!
スタスタと駆け寄って乗車。



時刻は、13:23。

始点からすぐなのでガラガラです(笑)
このまま終点まで乗れば戦勝記念塔ですよ~。

そうそう、さっき買ったグッズをここでお披露目しましょう。



キーホルダーです。

上に「SRIKRUNG SOUND FILM」と。
例の現在のMRTスクンビット駅の場所にかつてあった
タイ初の映画撮影所の名前ですね。

下にはタイ文字で「タイ映画博物館」とあります。


戦勝記念塔には14:17に着きました。

またバンコク滞在中に暇ができたら、515番バスに飛び乗って
気軽に訪れたいですね。カフェでまったりするだけもいいかも。

てな感じで今回の旅もこれにて完結です。
最後までお付き合いいただきありがとうございました!

次は、カンチャナブリー市街の旅をお届けします!


<情報>
Film Archive(Public Organization) (หอภาพยนตร์ไทย)
タイ映画博物館 (พิพิธภัณฑ์ภาพยนตร์ไทย)
場所:グーグルマップ
料金:無料。但し一部有料。
営業時間
 1 ムアン・マーヤー(幻の町):土日祝
 2 図書館:月~金9:00~17:00
 3 映画博物館:土日祝10:00, 11:00, 13:00, 14:00, 15:00の5回
 4 映画館:月~金17:30、土日13:00, 15:00、祝日13:00
 ※変更の場合あり。
 5 カフェ:月~金9:00~18:00、土日祝9:30~18:30

<旅費交通費>
515番バス:23バーツ
ここまでの合計:46バーツ

<参考>
หอภาพยนตร์ไทย "มายาราตรี Night at mayacity"

※旅は2016年11月27日(日)に行いました。

おわり

※当ブログから1日旅の記事だけを抜粋し見やすくまとめたブログ
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』 もぜひご覧ください。

そちらのブログは左側の「旅ごとに見る」欄で旅名を選ぶと順を追ってお読みいただけます。
旅の参考になれば幸いです。



★★★お薦めのタイ語入門書です★★★

     ◇入門書◇
    
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

     ◇単語集◇
    
『キクタン タイ語【入門編】』アルク







最終更新日  2017/03/20 08:42:04 AM
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.