1982046 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

タイとタイ語に魅せられて

PR

カレンダー

プロフィール


Lamyai_daeng

サイド自由欄

★タイ旅姉妹ブログ★
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』


★オススメのタイ語学習★
☆タイ語教室(カフェレッスン)☆
タイコムランゲージセンター

☆タイ語入門書☆
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01

コメント新着

お気に入りブログ

✳️今年3回目のパタヤ… New! かもめ72&35さん

月に一度はバンコク… New! masapon55さん

無上道 放浪の達人さん

Nitaboh (仁太坊 ) -… ウーテイスさん

池袋暴走 s_wadaさん

ドーハから成田の飛… GKenさん

バンコク竹亭日記 バンコク「竹亭」さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017/11/27
XML
テーマ:タイ(2931)
カテゴリ:タイ旅行記
丸々2週間開いてしまいましたが、バンコク周辺1日旅シリーズを再開します!

今回はもう十数年前からいつかは行きたいと思っていた
ペッチャブリーに向かいます。

というのも、私がタイにおける外国人土地所有権に関する修士論文を執筆した中で
ペッチャブリーの名が出てきたので、この目で確かめたかったからなのです。

まずはペッチャブリー県の位置をグーグルマップを拝借して説明しておきましょう。





バンコク南西に位置し、タイ中部でもっとも南の県です。

中心市街は、地図上ペッチャブリー県の枠内にある国道4号線を示す
四角で囲まれた「4」の字の辺り。バンコクから130kmほどの距離にあり、
今回目指すのもそこです。

旅行実施日は2017年5月28日(日)。

まずはBTSラーチャテーウィー駅からペッブリー通り沿いの最寄りのバス停まで歩き、
そこからやってきた511番バス新南バスターミナルまで向かいます。

と思ったら、前面に「旧南ターミナル止まりの増発便」との表示が。
まあいっか。



ということで旧南バスターミナルに到着。
初めて来たぞ。

時刻は、09:06。
あ、運賃メモるの忘れたので、交通費合計額はここからスタートにさせてください ^_^;)

「旧」というぐらいだから何もないのかと思いきや、



なんだ、立派に営業してるんじゃーん。

様々な行先のロッ・トゥーのブースが並んでいる光景に
思わずワクワクしてしまいました。



ペッチャブリー行きロッ・トゥーは一番奥の正面にありました。
32番ブース。

市内まで行くか確認してから運賃100バーツを支払い、
チケットを受け取ります。09:30発とのこと。



椅子に座って待つように言われたので、
無料トイレに入ってからそのとおりに。

右から2番目のロッ・トゥーがペッチャブリー行きです。

しばらくして運転手に促されたので乗車。
09:33発。

が、乗客は私一人…。

そんなんで採算取れるのかなといぶかしく思っていたら、



ロッ・トゥーは新南バスターミナルへ入って行くではないですか。

「あっちの車に乗り換えて」と運転手。
そういうことね。

でも旧南バスターミナルを営業し続けている理由がさっぱり分からないんですが(笑)

ということでほぼ満席の別の車に乗り換えて09:51再出発。

苗木を積み込んだ男性に運転手が何の木かと尋ねています。
ラムヤイだと男性。おお。

道中とくに何もなく順調に飛ばしたロッ・トゥーが
いよいよペッチャブリー市街に近づいたところで
運転手にプラナコーンキーリーに行ってもらえるか尋ねると、
終点がプラナコーンキーリーだと。

え、市内には入らないの?
ちょっと呑み込めなくて混乱していると、



終点とやらに到着。

時刻は、11:31。
場所はここ(グーグルマップ)。

地図で確認するとペッチャブリー市内から2kmあまり離れているぞ。

右手がロッ・トゥーのターミナルになっているようです。

ペッチャブリー市内の乗り場がこぞってここに移転したのかな。
バンコクの戦勝記念塔の乗り場がモーチット・バスターミナルに
強制移転させられたように…。



位置は、プラナコーンキーリーの山の南西側でした。
あの山に登りたいんですよね。

とりあえず真っ直ぐこの道を進んでみたら
門はあるにはあったんですが非情にも「NO ENTRY」との看板が。

山の東側まで歩くしかないかな。
南を東西に走るバンダイ・イット通り(ถนนบันไดอิฐ)に出ました。
訳すと「レンガ階段通り」。昔はレンガの階段でもあったんですかね。

東へ向けて歩き出すと、



ずっと先に市内に建つワット・マハータート・ウォーラウィハーン
高く白い仏塔が見えていました。後で行くことにしましょう。

行き交う車を観察していると、どうやらペッチャブリー市内には
ソンテオ路線はないようです。



代わりにこの車がトゥクトゥクとして走っているみたいですね。
あとはバイタクがあるのみ。



この信号を左折しまーす。
つつましい個人商店が軒を連ねる通りを歩いて行くと、



T字路の向こう角の白壁には手書きのへなへな文字で「ペッチャブリー」と。

で、その奥に豪華な仏塔が見えているではないですか。



ここはワット・コイ(วัดข่อย)。

寺自体はアユタヤ朝末期からあったようなんですが、
この仏塔は元副郡長が夢で見たデザインを住職に相談したことから計画が始まり、
総工費2千4百万バーツで1年3か月かけて2013年に完成したばかり。

なかなか変わったデザインの仏塔になっていますね。
2階部分に4体の仏像があるため、3階は女人禁制なんだそうで。

結構人気のお寺のようで、観光バスで乗り付けている団体さんを見かけました。

ちなみにその反対側、つまり左手のもう少し手前には



ワット・プラプッタ・サイヤート(วัดพระพุทธไสยาสน์)という対照的に古びたお寺が。
大きな寝釈迦仏があるようなんですが、入りませんでした。

結構歩いたなあなんて考えていると前方に、



ハッ!? サルだ!



どうもこの山にはサルの群れが棲んでいるようで、
道路脇に沢山下りてきていました。

ロッブリーでの教訓から、間合いを取りながら写真撮影(笑)

そこからほどなくして



やっとプラナコーンキーリーの入口に到着したようです。

時刻は、12:31。
ロッ・トゥー終点から歩くこと29分。思ったより遠かったな。

この上には史跡があるんです。
さあ、登るぞ!


<旅費交通費>
ロッ・トゥー:100バーツ
ここまでの合計:100バーツ

※旅は2017年5月28日(日)に行いました。

<参考>
TouronThai "วัดข่อย"
TouronThai "วัดพระพุทธไสยาสน์ (วัดพระนอน)"

つづく

※当ブログから1日旅の記事だけを抜粋し見やすくまとめたブログ
『タイ~バンコク周辺バス日帰り旅~』 もぜひご覧ください。

そちらのブログは左側の「旅ごとに見る」欄で旅名を選ぶと順を追ってお読みいただけます。
旅の参考になれば幸いです。


★★★お薦めのタイ語入門書です★★★

     ◇入門書◇
    
『らくらく話せる!タイ語レッスン』ナツメ社

     ◇単語集◇
    
『キクタン タイ語【入門編】』アルク






最終更新日  2017/11/27 08:00:15 AM
コメント(7) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:ペッチャブリー城壁を探して[1](11/27)   Tui☆ さん
たぶんホアヒン行くのに何度か近辺を通過してるんでしょうけど、ぜんぜん印象に残ってないエリアです。
しかも暑い季節だろうに長々と歩いた上に登山とは、いつも感服するしかありませぬ(汗)
しっかし2013年に建立した斬新なデザインのお寺って、日本人的発想ではほぼ新興宗教のノリでしょうに、タイのひとたちは屈託なく受け入れるんですね。いつも面白く思っています。
(2017/11/28 01:09:12 AM)

 Re[1]:ペッチャブリー城壁を探して[1](11/27)   Lamyai_daeng さん
Tui☆さんへ

>たぶんホアヒン行くのに何度か近辺を通過してるんでしょうけど、ぜんぜん印象に残ってないエリアです。

国道4号線はペッチャブリー市街中心部を通っていないので、ペッチャブリーは印象に残らないですよね。私もそうでした。
プラナコーンキーリーの山頂の仏塔が辛うじて見えるぐらいでしょうが、それも知っていれば気付く程度ですね。

>しかも暑い季節だろうに長々と歩いた上に登山とは、いつも感服するしかありませぬ(汗)

大汗かきました(笑)
でもさすがに学習して水分をこまめに補給するようにしたので、熱中症になる気配は今回はまったくありませんでしたよ。

>しっかし2013年に建立した斬新なデザインのお寺って、日本人的発想ではほぼ新興宗教のノリでしょうに、タイのひとたちは屈託なく受け入れるんですね。いつも面白く思っています。

仰るとおりで見た目はちょっと新興宗教の施設っぽいですよね。でもたぶん宗派としては普通なんだと思います。教義は厳格でも、お寺自体のフォルムや施設はでっかい虎や鬼の像が本堂壁面にあったり、地獄を表したシュールな展示があったりと自由なところがタイ仏教は面白いですよね。 (2017/11/28 08:57:10 AM)

 Re:ペッチャブリー城壁を探して[1](11/27)   GKen さん
2007年頃、バンコクからチャアム海岸へ行く途中で、山の上の寺院に登ったことがあり、たくさんサルがいたのを覚えていますが、あれは、何処だったのかなと今思い返していますが、思い出せません。写真で見る限りでは全く見覚えがないところですので、ペチャブリーではない様な感じです。続きが楽しみです。 (2017/11/28 09:14:41 PM)

 Re:ペッチャブリー城壁を探して[1](11/27)   バンコク「竹亭」 さん
ペチャプリーは幹線道路沿いのごつごつした岩山が印象に強いです。
それからカノムモーゲンなどのスイーツが美味しいですん^^

ちなみにプラチュアップキリカン行きのミニバンは、旧南バスターミナルから出ています。 (2017/11/29 01:39:17 AM)

 Re[1]:ペッチャブリー城壁を探して[1](11/27)   Lamyai_daeng さん
GKenさんへ

>2007年頃、バンコクからチャアム海岸へ行く途中で、山の上の寺院に登ったことがあり、たくさんサルがいたのを覚えていますが、あれは、何処だったのかなと今思い返していますが、思い出せません。写真で見る限りでは全く見覚えがないところですので、ペチャブリーではない様な感じです。続きが楽しみです。

ここではないんですね。どこでしょう? 気になります(笑)
あ、後で出てきますが、実は登り口はもう一つあるんです。もしかしたらここかもしれませんね。
ここかどうかの確認も含めて続きを楽しみにお待ちください ^^
(2017/11/29 08:17:11 PM)

 Re[1]:ペッチャブリー城壁を探して[1](11/27)   Lamyai_daeng さん
バンコク「竹亭」さんへ

>ペチャプリーは幹線道路沿いのごつごつした岩山が印象に強いです。
>それからカノムモーゲンなどのスイーツが美味しいですん^^

さすが良くご存知ですね!
カノムモーゲンは、最初食べ比べをしようと思ったのですが、一つのボリュームがありすぎて断念しました(笑)

>ちなみにプラチュアップキリカン行きのミニバンは、旧南バスターミナルから出ています。

そうなんですか。ある程度棲み分けしてるんですかね。
そうそう、以前アーウマナーウへ行った時に乗ったロッ・トゥーの乗り場もどちらかのバスターミナルに移されたようです。
(2017/11/29 08:19:37 PM)

 Re:ペッチャブリー城壁を探して[1](11/27)   maikawa さん
プラナコーンキーリーって怪しげな乗り物がある場所ですよね?
7月の訪泰時にナコンパトムのターラートグルンビンとセットで行く予定は立ててたのですが、ペッブリーやロッブリーからナコンパトムのバス路線が無いのか、うまく繋がらなくて断念したので、次回の宿題がてら予習させていただきます。

旧南バスターミナルは、戦勝記念塔発着のロットゥ路線の受け皿として復活しましたが、買い物や食事が乗り場向かいのセブンイレブンしかないのが難点ですよね。市内への路線バスも前からあったLamyaiさんが乗られた511番のシーレーンか28番の黄色エアコンバスで行くか、戦勝記念塔の無料バス(私はコレを使いました)くらいしかないので、新南バスターミナルとわざわざ別にした理由もわかりません。
ちなみに私がそのとき乗ったナコンパトム行きは3~4人しか乗ってませんでしたが新南バスターミナルの前は素通りでしたので、路線や乗客具合によっては新南バスターミナルで乗り換えになるのかもしれませんね。 (2017/12/01 11:52:21 PM)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.