953410 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

La La*Lapin

2010.07.28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

夏本番。
この暑さと紫外線の異常さといったら、日傘はもう必須です。
とにかくこの日差しから身を隠したいわけですが、どうせなら
暑さをちょっと忘れるような、テンションの上がる日傘があったら嬉しいですよね。
どんな日傘にしようか、考えるだけでもウキウキします。
手作り日傘の醍醐味は、そんな作るまでの過程のウキウキ感にあると思います。

marimekko*parasol

よく思い付いたね!と拍手したいくらい可愛い日傘を2本ご紹介します。
こちらありそうでなかったマリメッコ!

marimekko*vihkiruusu

ヴィキルースの日傘だなんて、誰が思いつきますか、
この可愛さ、間違いない!!!

marimekko*unikko

こちらウニッコ。
派手なウニッコもこのお色だと大人っぽくて素敵です。

外はものすごく暑いことは分かっているのですが、こんな日傘が差せるなら、
さぁ!日差しの中へ!って気になります。

ここからは制作側のメモ。
今回はロックミシンをフル活用しています。
大体これまで時間にして日傘1本作るのに3時間程かかっていたものが
ロックミシンを取り入れると2時間で出来ました。
まずパーツをはいだ縫い代はロック処理しました。
仕事が早く簡単なだけでなく、縫い代に必要な幅が最少で済むので
生地量が意外と少なく済みました。
それから日傘の縁は、はいだ後でぐるっと一度に巻ロックにしています。
これまた短時間で出来る上、畳んだ時に布端がごわつかずすっきりしているようです。

糸の色を目立つポイントカラーにしてもいいかもしれないし、
三角のパーツの底辺を少し長めにしておいて、ロックミシンの糸調子で
多分針糸でいいと思うんですが(これ未確認情報)、つった状態を作ると
自然に布端がひらひら~としたフリル状態になると思います。
布が薄いほうが上手くいくはず。(これは確か)
アイデアは次々湧き出て尽きることがありません。

(そして私は段々2本目の傘が欲しくなる・・・.笑)


最後まで読んで下さった方↓
クリックして頂けると嬉しいです*

広島ブログ







最終更新日  2010.07.28 10:59:53
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.