000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

自己治癒力向上大作戦

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

「親に感謝」は間違… 半熟卵さん

オンナを磨くココロ… おきらくかんさん
ベビーマッサージ&… runa2tomoさん
Mizuko(桜井瑞子)… パインニードルさん
ままんさんちは『普… ままん.Mさん

Comments

( ^ω^ )@ Re:バイバイ尋常性疣贅(06/27) 初めて投稿させていただきます。 尋常性疣…
saturnreturn@ Re:新しいレメディのマテリアメディカ<Gold-b.> 新しいレメディのマテリアメディカ有り…
Xxxx@ Re:マザーチンクチャーって?(07/07) 10倍希釈は、1Xではないですか?
fire365@ フリーワーク募集 私はやっているフリーワークを紹介しま…
にこらんたん@ Re:食べたいー(01/19) satoさん >出発前に実験寿司パーティ…

Freepage List

Headline News

2007年10月17日
XML
カテゴリ:ホメオパシー
新しくなった「妊娠と出産セミナー」が開催されたのは
10月7日のことです。
新しい「バースキット」も発売になり以前の18種から倍の36種に!
お産や育児で活躍しそうなラインナップと、
使いやすいコンビネーションも盛りだくさんです。


寅子先生が強調されたのはなんと言っても
「妊娠中の胎内の環境」でした。
その胎内の環境はできれば「受胎する前に整えたい」とも仰っています。
母親の体に蓄積した疲労、トラウマ、病気の傾向、化学物質は
赤ちゃんに影響します。
受精して9日で最も重要な脊髄が作られ始め
17日目には心臓や血管、血液細胞ができ始めるのです。
妊娠に気づいた時にはもう、重要な部分の形成は始まっているとすると
「赤ちゃん欲しいな」と思ったらまずは
生命エネルギーを整える事のできる
ホメオパシーのマヤズムアプローチをしましょう。
お父さんになる人もですよ!
お野菜でもなんでもそうですが、
いくら畑が良くても、種が悪ければよいものは育ちません。
卵子も、精子も、子宮も将来の地球を担っていく大切なたからのモトです。

とはいえ、気づいた時にしか始める事はできません。

気づいた時が始め時、
その時にできる事からとにかく始めようではありませんか。

さて、妊娠中の胎境でまず気をつけなければならないのは
お母さんの「安心感と幸福感」というのは、
オダン先生もおっしゃっていたことですが、それはホメオパシーでも一緒。
ドキッとするような事が起きた時にAcon.は役に立ちますね。

それから「薬の使用」です。
体の発達にとって大切な時期に、
バイタルフォースの流れを阻害するお薬が入ると、
良い事が起きるはずがないのです。
症状を嫌わず、
症状は何か気付きを与えてくれるきっかけ、休むきっかけと捕らえて
レメディで頑張ってください。

もう1つ注意したいのが「エコー診断」。
私も実に覚えがあるのですが、超音波で赤ちゃんの形が見えるのって
文句無しにうれしいものです。
映る姿が、ぴょこぴょこ動こうものなら、キャーキャー言って喜んでました。
でも、赤ちゃんは嬉しくなんか無かったらしいのです。
最近はインターネットからも携帯にダウンロードできるのですが
「大人には聞こえない音」っていう着信音があります。
息子の学校でも授業中に鳴っても先生にバレないというので流行りました。
18才から20才くらいで聞こえなくなる音らしいのですが、
早い話、超音波に近い高周波の音なのです。
神経も聴覚も発達途上にある赤ちゃんに聞こえないと思ったら大間違いで
大人よりもっともっと敏感に感じ取っているらしいのです。
何度もエコー診断を受けた赤ちゃんは
非常に音に敏感で、眠りも浅いという事が、統計的にもわかっているのです。
エコー診断が活躍するのは、予定日をすぎてもなかなか産まれそうに無いとき。
元気でいるのかを確認するのに役立てるくらいで、十分なんだそうです。
それでも産まれてきた赤ちゃんが音に敏感だったら、Cocc.をあげてください。

そして、いよいよお産。
お産に必用なオキシトシンが出やすい環境さえ整えれば、
帝王切開の必要性も、
会陰切開も、
器具を使った分娩も、
陣痛促進剤の必要性も、
驚く程少なくなるといいます。

それでも、なんらかの医療的介入が必用になったときや
知らずにその流れに乗って、使用した薬や器具の影響がありそうな時は
ホメオパシーのレメディが活躍します。



ちょっと話は変わりますが、
ホメオパシーに限らず「予防接種は良く無い、薬は良く無い、自然がいちばん」
という話をすると、
それまでにしてきた事やされた事を
恨みに思ったり、罪悪感を感じたり、否定されたように思ったり、
無念に思ったり、怒りを感じたり、嘆いてみたり、
そんな風に捕らえることがあると思います。

最近になって自然出産が広く知られるようになりましたが
私が妊娠中だった15年前はそんな選択肢があることさえ知りませんでした。
でもね、だからといって、
うちの子の「愛する能力」が取り返しのつかない状態だなんて、
私はちっとも思ってないわけです。

先ほども言いましたが、
「気付いた時が始め時」なのです。
真実と思える事に出会って、
それまでの自分を否定されたように感じたり、
誰かに怒りを感じたり、
罪悪感を感じたら、
まずは、それを「その時の私には必用な事だったんだ」と言い聞かせ
屈辱感や無念さ、罪悪感を手放して、次のステップに進みましょう。

レメディの助けを借りたっていいんです。そのためのレメディです。


男性にお産の話をするとね、
「いやぁ、僕は経験ないからわかんないですよ」とよく言われちゃうんですが
じゃぁ、どうやって産まれてきたの? ひょっとして卵から?
そんなわけありませんよね。
みんな、自分が産まれてくる時のお産は、どんな形でも経験してるんです。
だからね、バースキット、妊婦さんだけのものじゃ無いんですよ。






Last updated  2007年10月18日 12時28分31秒
コメント(0) | コメントを書く
[ホメオパシー] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.