2008年10月03日

新しいレメディのマテリアメディカ<Rhodoc.>

カテゴリ:ホメオパシー
本日はロードクロサイトのマテリアメディカの紹介です。


   *   *   *   *   *   *

Rhodoc. ロードクロサイト

<主な要素>
ハートチャクラ
腎臓
養う

<奥義>
深く、しかし穏やかに作用する、偉大な力を持つレメディ
常にハートチャクラをオープンにしておくため、
 全てのヒーラーにとって重要な役割を持つレメディである
複雑に見えることを簡潔にする、明快で実直な力を持つ
行き詰まった状態でも、道を示してくれる
優しさ、謙虚さ、思いやり、対等な感覚をもたらす
キーノートはバランス、調和、深み、深い愛情、内面と外面の養育
ソウルメイトを見つけ、同じような人生を歩む仲間を引き寄せる
肉体を持った課題と使命を再認識させてくれる
人生にうんざりして、重荷に感じた時に役に立つ
魂の軽快さをもたらし、憂鬱さと落ち込んだ気分を取り去る
霊的にも感情的にもあらゆるレベルで眠っているひとを目覚めさせる
身体的には睡眠を取りすぎる人に覚醒をもたらす

<チャクラ>
存在の4大要素のバランスと、下部の4つのチャクラのバランスをとる。
最初にハートチャクラに作用するが、
 その後仙骨、眉間、頭頂のチャクラのバランスをとる。
明快さと直感をもたらし、精神的に活発過ぎる高位の精神的チャクラを開く。

ハート:ハートチャクラを全てのレベルで癒すことのできる
 素晴らしいレメディである。また、地球のハートを癒す。
精神をハートに持って来させる。ハートで考えることを可能にする。
ハートの硬さを解放し,無条件の愛がとってかわる。
魂を浄化、支援、保護し、ハートに安定をもたらす。
ハートチャクラが被った遠い過去のトラウマ、深い傷を手放し、前進と愛を再び与えることができるようになるために、痛みを安全に解放することができる。
いったん痛みを手放すと、あなたを助けるために力がみなぎってくる。
生い立ちの中に愛が欠けていて、怒りと苦々しさと恨みに満ちていて、心臓や肺に問題がある人。
このレメディがいったんハートチャクラに届くと、その人は世界を癒す必用があることに気付く。人類愛を示したくなり、その機会も訪れる。
心臓疾患や心臓に起因するあらゆる循環障害に用いるレメディの作用を高める。
全ての心臓疾患に。
心臓周辺の痛み。心臓、胸部周辺の締め付け感。
心臓発作:窒息して死んでしまうのではないかという感覚を伴う。

養う、養育する:人の要求を省みるにはあまりにも忙しかったため内なる子どもの面倒を見て来なかった人。
あらゆるレベルでの養育が欠けている(社会的、家族内での、食べ物の)。例えば、孤児院のみなしご、希望の無い子ども、愛の無い状態、無視され忘れ去られる:被虐待児 - 精神的または身体的に。このレメディはハートチャクラが完全に閉じることを予防する。
妊娠中の女性が胎内の子どもを育てるのを助ける。
妊娠中の吐き気。
乳汁分泌が無かったり、早く止まりすぎる。

恐れ:激しい恐怖、または全く恐怖を感じない。
パニック発作or喘息。
将来に対する予期不安。
太古から続く恐怖を手放し理解をもたらす。

怒りと不正義:怒りの抑圧。
正義が行われないことに激怒する。不寛容、自身が受け入れられていないと感じているため、他者に対しても寛容になれない。人種差別、偽善者。
全てに対して正義が行われることを要求するようになる。
自分の手のうちに無い所で途方も無い不正義が行われていることに対して言葉を無くす。
不当な扱いを受けているという感覚。
絶え間なく不平を言う、泣き言を言う、めそめそする。

過敏さ:あらゆるレベルで敏感。非常にオープン。
他人が感じていることや人の意見に敏感。
批判されることを恐れてモノを言わない。

疲労:燃え尽き、枯渇。
精神的な許容量を全て使い果たし、記憶障害や燃え尽きを起こしている人。
戦いに備えている感覚があり、来るもの全てが怒りを呼び起こしうまく対処することができない。
限界に来ていてこれ以上はムリという状態で、Oak.やProteusに似る。
圧倒するような疲労感、疲憊、たまらなく横になりたい欲求。
気を失いそうな疲労感。

水:体内の水分を司るシステムと液体レベルに強く作用する。
体内の水分がうまく流れない、感情のように。
水分の滞留:あらゆるレベルの乾燥が皮膚、生殖器、泌尿器に現れる。尿閉、涙液の不足、手脚の浮腫など。
あらゆる腎臓の問題や疾患に非常に効果的。両方の腎臓の痛み。
隠れていた腎臓疾患を明らかにし、対処できるようになる。

女性:女性的で穏やかなエネルギーを持つレメディである。
誰の中にも存在する男性性と女性性を統合する。
子宮摘出後、自分の進むべき道、アイデンティティ、自身を失った女性。
性的なエネルギーの方向を上に向け、性的エネルギーを自然に表現できない人のバランスを保つ。
人生における性的変化の時期 - 思春期、更年期、老年。
月経周期、妊娠、授乳、更年期のホルモンバランスの変化に伴う不調。
不妊症:治療の必用は無いが、このレメディがどこに問題があるのかを示してくれるだろう。
妊娠:胎児の肉体に魂が宿るのを助ける。妊娠中の吐き気。

<全般>
浄化
氷のような冷たさ
疲労感を伴う熱感

<精神>
集中困難
名前や人が言ったことを思い出せない
失見当識
支離滅裂
迷った感覚
ぼんやりして落ち着きが無い

<感情>
自分の期待通りに生きることができなかった。完璧主義。
社会的地位に疑いを持つ。人生の目的に疑いを持つ。
全て時間のムダだという感覚。
泣く - 自制できない、特に理由は無い。
罪悪感を浄化する助けとなる。
癒され、対処してもらうことを必用としている過去の記憶を解き放つ。
切り離されたor何にも属していない感覚。
傷つくこと無く批判を受け止められるようになる。
怒りっぽい人。
リラックスと幸福感をもたらし、陰気に落ち込んだ気分を盛り上げる。

<身体>
頭:頭全体が痛む。重い感覚
感覚:全てのレベルで非常に過敏。音、声、ニオイetc.
眼:左目の上に鋭い痛み。
腹部:消化器系から毒素を排出し、腸内細菌叢を整える。
腸粘膜のあらゆる不調。おくびがたくさん出る。
男性:尿がうまく出ない。
四肢:落ち着きが無い。右ふくらはぎのうずくような痛みが足首に広がる。
乾燥しているが痒みはない。
発疹 - 炎症と腫れ。
手指が浮腫んで曲げにくい。悪化する皮膚炎。
神経系:アルツハイマー。


出典:【Meditative Provings - volume 1】by Madeline Evans



   *   *   *   *   *   *



Martin先生が来日して講義してくださった際に
胸に下げておられたのがこのロードクロサイトでした。
ラファエル前派の絵画が好きで、自ら結核マヤズムと仰るだけあって
男性だけれども女性的なやさしさとロマンチックな雰囲気を持つ
偉大なるヒーラーでした。


それはさておき、私もこの石は随分前から気になっていました。
ホメオパシーに出会う何年も前のことです。
パワーストーンの本を読んで「今まさに必用だ」と感じ
購入して身につけたのですが、何も感じないし、変化も無い。
今にして思うと、
石にどんな力があっても、
その石がもたらしてくれるエネルギーの入口が閉ざされている
というか
チャンネルをあわせることができないと
何の恩恵も受けられないということなのでしょう。

当時はそんなときの助けになってくれるヒーラーの存在も知らず
薬に頼った生活をしていたので
困ったときの神頼みのように依存されて石の方も困ったでしょうね。




次回はローズクォーツの紹介です。
最近、パソコンのご機嫌が麗しく無いので
ペースが落ちるかと思いますが、
私の調子が悪いわけではないので御心配なく♪






TWITTER

Last updated  2008年10月04日 00時33分24秒
コメント(0) | コメントを書く
[ホメオパシー] カテゴリの最新記事