184349 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

らぴすと LA PISTE

PR

Profile


らぴすと

Favorite Blog

Performer SORA Chocolatier RInさん

Category

Archives

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2009年01月23日
XML
カテゴリ:現代サーカス
自分のサーカス本の最終段階で、久々にサーカス資料や映像を見ているためか、少し遠ざかっていたサーカスの感覚がもどってきた。

それは嬉しいことなんだけど、思わず知らず、眉間にくぼみができていることがある。
うむー、と唸ってしまう。

フランスのサーカス関係各所から、一日に何本も「新作発表」「公演予定」みたいなお知らせメールが届く。
ほとんどは「ぽいぽい」って、何も考えずにゴミ箱に運んでしまうのだが、どうしても目に留まってしまう種類のメールがある。

それは、自分が一度見て、頭を抱えてしまうほど良くなかった作品が、いまだ有名劇場(サーカスの世界ではね)を回っているのを見るときである。

なぜそういうことが起こるか。

その原因はフランス独特の「事前買取システム」にある。

商業ベースに乗らない現代サーカスの場合、創作や公演のための資金が常に不足する。
だから、各地の劇場やフェスティバル開催者がネットワークを組んで情報交換・情報共有し、「今イチオシのアーティストは誰々」
ってな具合に決めちゃうわけである。で、制作段階から資金・会場提供などで協力する。
選抜のさいには、一発屋ではなく、過去の活動も当然重視される。

それで名前が挙がったアーティストは超ラッキーなわけで、あちこちの劇場から(作品ができる前から!)お声がかかる。
その会議で気に入られなかったアーティストは、公演先や創作場所確保に大変苦労するわけだ。

で、じっさい、モノはどうかというと…

難しいんだなー、やっぱり。
いっくら実力保証のアーティストでも、前回良いからって今回も良いとは限らない。
しかも、そういった関係者会議では、作品事前プレゼンテーションの上手い人のウケがよいのだけど、会議のプレゼンが上手い人がいいアーティストとは限らないじゃん!!!

…というわけで、やっぱり、大変当たり外れがある訳である。

でも、いったん選ばれたら1年、2年先まで公演予約が入ってたりして、劇場主催者たちも

「こりゃぁ~…やっちゃったかも…」

とは言えずに、えんえん回るわけだ。

えーん。

ごめんね、こんな批判めいたことを言って。
でもそういう困ったちゃん作品が「ばばーん!」とでっかく宣伝されてて、本当は素敵な作品ははずれてたりするのを見るとね…

いや、もうすぐフランスサーカス万歳の本を出すんだけど。
こういう面もあります、ってことで。






Last updated  2009年01月23日 09時43分54秒
[現代サーカス] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.