049253 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゆっくりと豊かに生きる人に贈るメッセージ 

PR

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

日々のできごと

2009年01月03日
XML
カテゴリ:日々のできごと

2009年明けましておめでとうございます!
半年ぶりに、このブログを更新しました。

紅富士090103.jpg

私は、本日、新年最初の個人カウンセリングがあり
とても感動しました。
人が悩み、成長する姿。他者を想い、自己を見つめる姿。
その姿に私のこころは震え、共感し、喜びに満たされていきます。

昨年は、人との出会いに感謝した1年間でしたが、
今年も年初から、感謝の気持ちで一杯になりました。
人間が生きていく力強さを感じました。

新しいこの1年。

皆様の悩みや苦労が
必ずや大きな実りとして
貴重な人間的成長の糧となることを
こころより願っています。

私もこの1年、気持ちを新たにして
カウンセラー・セラピストとしての成長をめざし
様々なことにチャレンジしていきます。

富士山の写真は、
富士五湖webインデックス・壁紙blogさん
→ http://fujigoko.sblo.jp/
よりお借り致しました。






最終更新日  2009年01月03日 19時45分02秒
コメント(1) | コメントを書く


2008年02月22日
カテゴリ:日々のできごと

「名言セラピー」や「漢字セラピー」で、
今乗りに乗っている天才コピーライター
ひすいこたろうさんの超人気メルマガ
「3秒でHappy? 名言セラピーby天才コピーライター」
に、またまた私の文章を取り上げていただきました。

2008/02/22 ☆名言セラピー【ご恩送り】です。

→ http://archive.mag2.com/0000145862/index.html

ひすいさん、大好きです!感謝感激です!
こんなお礼のメールを送りました。

-------------------------------------------------------

ひすいこたろう 様

豆子です。
何の前触れも、その気配さえなく
突然名言セラピーに自分の書いたものが
載っている驚き、ひすいさん、分かりますか?

いや、分からないでしょう。
分かるのは、昨日の「大人の涙」の支店チョさん
と私くらいでしょう。

私も、名言セラピーのタイトル...そして内容を数行見て、
「こら、えらいこっちゃ」と
台所に立つカミサンを呼び行きました。
「ちょ、ちょっときて!」

カミサンは、息子と私のお弁当を作る手を止めて
パソコンまで来てくれ
「やったね!また載せてもらえたんや!」

「僕のメルマガ、ホンマに読んでくれてるんやなぁ...」
とつぶやく、僕。

ひすいさん
前回のひすいさんの「お助けメール」には
いい話が浮かばず締切日が来てしまい
何のお役にも立てずごめんなさい、と思ってました。

それなのに、それなのにこんなサプライズプレゼント
があるなんて。

私は、最近、あることで自分の行動の動機が
本心から「for me」でなく、「for you」であるのか、
と問われることがありました。

「for you」という行為は、回りまわって
「for me」になることを計算している自分。
無心の「for you」ではないなと感じました。

ひすいさんの「for you」メール
とっても温かいです。たくさんの思いを感じました。

ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------

この記事を読んでくださったみなさんが
私のメルマガ
「ゆっくりと豊かに幸せになりたい人に贈る幸せのキーワード」

 → http://archive.mag2.com/0000221551/index.html

にご登録して頂ければ、とっても嬉しいです。
今年は、1000部になるのを目指したいので、よろしくお願いします。

そして、ひすいこたろうさんの最新刊

〓漢字本最新刊「漢字セラピー 五つ星のしあわせ」(ソニーマガジンズ)
→ http://amazon.co.jp/o/ASIN/4789732703/nicecopy-22 

よっちゃんの本 「Happy貯金箱」
→ http://amazon.co.jp/o/ASIN/4837964141/nicecopy-22
                               
もよろしくお願いします。

 







最終更新日  2008年02月25日 20時21分30秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年01月28日
カテゴリ:日々のできごと

ハムちゃん1修正.jpg ハムちゃん2修正.jpg ハムちゃん3修正.jpg

我が家にハムスターが来たのは、もう1週間以上前です。
ようやく、みなさんにご紹介することができました。

かわいいでしょ?

息子がディズニー映画「レミーのおいしいレストラン」を
見てから、ハムスターを気に入ってました。

いざ買おう&飼おうと思うと
やはり、事前にいろいと調べないといけません。
こんなサイトで調べました。

  ハムエッグ
   → http://www.hamegg.jp/index.html


ハムスターには、ゴールデンとか、ジャンガリアンとか
その他いろいろ種類があるのも初めて知りました。

飼いやすそうで、値段も安かった(セールで950円)ので
ゴールデンにしました。

名前は、息子が「チューチコ」とつけました。
(保育所で読んだ絵本に「チューチュコ」
というねずみがいたからだと、後で分かりました)

でも、飼い出したら、
チューチコよりも呼びやすい
「ハムちゃん」になっていき、そのまま定着しました。

飼い出してすぐに、両目が目やにでふさがってしまい
かなり慌てました。
どうしたらいいのかと、上記のサイトで調べたら
人間用の目薬はささないほうがいい、とあり
思わず笑ってしまいましたが、他人事ではありません。

ハムちゃんを診てくれる病院に行くのが一番とありましたが
お金もかかるし…。

トイレ用の砂に含まれる化学薬品が良くない場合もある
と書かれていたので、とりあえずトイレ砂を捨てました。

そして、世話係をしてくれているカミサンが
よく観察すると、どうも水を飲んでいないようだと
分かりました。

カミサンが、水を口に当ててあげ
水の飲み方を教えてあげると、翌日片方の目が開き
その次の日に、片方の目も無事に開き、元気いっぱいになりました。

ストレスと栄養・水不足で、ハムちゃんも大変だったんですね。
とにかく、安心しました。

今の悩みは、お家の中でウンコをしてしまうことです。
オシッコは、決まった場所でしますが、床材のチップを
お家の中にぎゅうぎゅうづめにして寝ていますが
そのチップの中に、いっぱい黒いウンコがあります。

サイト情報では、オシッコのことは出てきますが
ウンコのことは何も書いてないので、多分気にしなくても
いいのでしょうが、ウンコと寝ている姿はかわいそうで
何とかならないかな、と思ってしまいます。

2年、3年と長生きしてほしいです。

 







最終更新日  2008年01月28日 18時40分53秒
コメント(1) | コメントを書く
2008年01月12日
カテゴリ:日々のできごと
のこり福.jpg

2008年が明け、10日間も過ぎましたが
ようやく、私のブログが始まりました。
今年もこんな調子ですが、宜しくお願いします。

昨夜、家族3人で今宮戎神社に「残り福」をいただきに
参拝してきました。

「残り福」って言葉が、ちょっといいと思いませんか?
我先に福を求めて押し寄せる人の後に
遠慮がちに、控えめに、それでもしたたかに「福」を求める、
勝手にそんなイメージを作ってしまいました。

雨降りだったからか、参拝者は以外に少なく感じました。
露天街も神社内も人波が途絶えることもありました。

まずは、腹ごしらえから。
息子のためにベビーカステラを買って
大人2人は、焼き鳥、やきそばと卵がせんべいにのったやつ、
台湾のお好みみたいなものなどをほおばりながら
露天街を見て回りました。

テーブル席があるお店では、やきそば、どてやきなどを
美味しそうですが、お客さんはまばら。
というのも、値段表がないから、怖くて入れません。
多分、やきそばが700円くらいするのでしょうね。

子どものおめあては、「あてもの」と金魚すくいです。
息子は、まずは少し離れて偵察。
私が、よその子が買っているので見に行こうと誘っても、
「まだ行かへん」と言います。
私に似て、相当、用心深い性格です。

おなかも、少し膨れたので参拝に行きました。
お賽銭をして、3人で手を合わせました。

セラピストが商売繁盛をお願いするのも
いかがなものか、という感じですが
「今年も、援助を求めている方にたくさん出会い
精一杯、自分の力を発揮してがんばりたいので
よろしくお願いします」とえびす様に伝えました。

笹をもらい、息子のリクエストで「金の俵」をつけました。
1つでは寂しいので、「さらい」もつけました。
1つ1500円。う~ん、2つが限界です。

福娘じゃないおじさんが、
「これもつけたるわ」とカラフルな紙
(なんか呼び方があるのでしょうか?)をつけてくださり
なかなかいい感じになりました。
これで十分満足です。

お参りのあと、
息子は金魚すくいで、出目金ばかりを数匹すくうことができて
得意げでした。
そのあとは、偵察済みの「あてものや」さんへ。
1回300円、2回で500円。
店の棚には、人気キャラクターのぬいぐるみやおもちゃが
並んでいますが、こんなの当たるはずかありません。
前の子たちも、はずれのシールをもらっていました。

50番以上の数字が出たらあたり。
息子の引いた数字は43。(うまいことしてるなぁ~)
息子は、「はずれても『あ~あ』言わんといてな」と
私たちに言っていましたので、絶対それだけは言ってはいけません。

はずれのシールでも
「やった、シール当たったやん」と苦しい説明をしました。
でも、そんな嘘はすぐにばれ、
「あの箱に、ほんまに当たり入ってんの?」と聞く息子。

これ以上は、テキヤさんの営業妨害になるといけないので
差し控えさせてもらいます。

でも、テキヤさんが居てこそ
お祭りは楽しいんです。
「寅さん」のような人より若い人が目立ちますが…。
楽しませてもらうことにお金を使うのは、
全然、もったいないことではないですよね。

そんなこんだで、とっても楽しんで帰ってきました。

この一年、本当に必要としている人たちに
「残り福」がちゃんと届くことを
信じています。






最終更新日  2008年01月13日 00時13分40秒
コメント(3) | コメントを書く
2007年12月03日
カテゴリ:日々のできごと

大変、ご無沙汰です。
この間、なかなか日記が書けませんでした。
特に何かがあったわけではなく、
さりとて、何もないというわけでもありません。
微妙な心理的な揺れが、日記から自分を遠ざけて
いたのでしょう。

まあ、そんなことは置いておいて
今日は日曜大工の自慢です。

毎年11月の末頃に、大きな公園で
保育所関連の地域祭り「ファミリーフェスティバル」が
開催されます。

親は当番制で、イか焼きをしたり、雑用をしたり
しなければなりません。

このお祭りで、私が気に入ったことがあります。
それは、無料で日曜大工ができることなのです。
建設コープの方が無償で材木や釘、かなづち、のこぎりなどを
用意してくれて、使い放題で自由に、イスやテーブルなどを
作れるのです。

昨年は、小さなテーブルを作りました。
脚4本と板1枚という、味も素っ気もないものでした。
でも、2回目の今年は、ちょっと本気になりました。
そろそろ、幼児イスが小さくなってきた息子のために
イスを作ろうと決めていました。

息子も、のこぎりやかなづちを試しながら
楽しく一緒に作りました。
「すげ~」となんでも喜んでくれるので、
ついついハッスルしてしまいました。

なかなか、いい感じに仕上がってたので
今年は、ペンキで色を塗ることにしました。
(これに、けっこうお金がかかりましたが雫)

座面は何色? う~ん赤。
背中は?    黄色。
脚は?     え~と、緑。
裏は?     オレンジ。

と、息子に決めてもらいました。

そして、できたのがコレです。

↓   

手作りイス.jpg

 

息子が赤ちゃんの時に
友人からもらった三輪車が
こんなのでした。

三輪車.jpg

 

なんか、おそろいみたいで、いいでしょ音符

日曜大工、めちゃめちゃ楽しかったです。
やっぱり、息子やパートナーから誉められたからかな。

今度の目標は
このイスに合う机作りですスマイル







最終更新日  2007年12月03日 17時51分57秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年10月15日
カテゴリ:日々のできごと

7月末で退職したカミサンと
「落ち着いたら奈良などのパワースポット
めぐりをしようね」と約束していました。

それが、なんとなく(CMの影響?)
高野山に行きたくなり、車で片道の2時間かけて
行ってきました。

カミサンは林間学校以来で
私は初めてです。

金剛峰寺の駐車場までくると、
すでに空気が凛と澄んでいる感じがしました。


朝6時から午後10時まで2時間おきになる
「六時の鐘」を聞きながら、散策をすると
途方もない時間が、人々の手から手へ
こころからこころへ繋がっていることの
深遠さを感じずにはいられません。

恥ずかしながら弘法大師(空海)さんや
高野山の詳しい歴史はよく知りません。
(父が書家なので、日本三筆に入る書を
残した人ということは知っていました)

金剛峰寺の中の説明を見ながら、
教科書で習ったことを復習するように
空海さんの歴史と偉業を学びました。

高野山1.jpg  高野山2.jpg

大きな新館では、お茶とお菓子をいだだきながら
飾ってある絵を鑑賞しました。

高野山3.jpg 高野山4.jpg

曼荼羅もありました。

高野山5.jpg

日本で一番大きな石庭だそうです。

大伽藍では
大塔の朱色が青空の中に
色鮮やかに屹立し、
美しさと厳しさの両面を感じさせてくれました。

高野山6.jpg


霊宝館では、
空海さんが使っていた密教の道具や
様々な仏様の像があり
「すごい、すごすぎる...」を連発して
見入ってしまいました。

自分へのおみやげに
大日如来坐像のの写真はがき
両界敷曼荼羅図のミラー
を買いました。

高野山7.jpg 高野山8.jpg

これからは、
大日如来坐像の写真を前にして
瞑想をしようと思っています。

カミサンと二人で
特別な時間と場所を体験して
とても嬉しかったです。

おまけとして
帰りの道をナビの通りに帰ったら
通行止めの山道になり、迷ってしまい
息子の迎えが大幅に遅れてしまいました。

これは何を告げているのでしょうか?
人の言う事ををむやみに信じては道に迷う、
自分の直感こそ信じろということでしょうか...。

  更に詳しい高野山のことは
  こちらまで→ http://www.koyasan.or.jp/

 







最終更新日  2007年10月15日 18時37分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月13日
カテゴリ:日々のできごと

石垣・西表島旅行・その5ですが
だらだらと遅くなり、今日になってしまいました。

この間、息子の運動会があったり
カミサンと高野山へ行ったりと
書きたいこともあったのですが、
旅行記を終わらせないことには、先に進めません。

と、いうことで旅行最終日は
西表島のしいら(後良)川でカヌーです。

朝から好天に恵まれました。

カヌー青空.jpg

私たち家族は3人乗りのカヌー。

ガイドのマングローブ・ジャックの國分さんは
一人乗りのカヌーで案内してくださいました。

 マングローブ・ジャックの情報は
 → http://www.cosmos.ne.jp/~m-jack/

マングローブの生い茂るジャングルの中で
カニがたくさんで迎えてくれました。

カヌー1.jpg

先頭に乗っている息子が
「カニさんや」「あっちにもおる」とおおはしゃぎ。

ガイドの國分さんによると、カニが手(ハサミ)をふって
くれることがあるそうですよ。

川は、海水が流れ込んでいるので
ある程度上流に行くまでは、海の魚がたくさん泳いでいます。
魚の群れに遭遇するのも楽しかったです。

カヌーは、すぐに漕ぎ方を覚えられるし、
転覆する危険も少ないので、とても気軽に楽しめますよ。

夏の観光シーズンも終わり、
この日のツアーは私たちだけだったので
ラッキーでした。

2キロほど上流まで行って、帰ってきたら2時間。
最後に、世界最大のしじみを探してくれました。

巨大しじみ.jpg

これがしじみとは…。なんという大きさ。
もちろん、食べられます。
國分さんも食べたそうです。
焼くと、案外、身が縮んで小さくなるそうです。

飛行機に乗せてもって帰ってきましたが
どうも死んでしまったようで、食べられませんでした。

國分さんに、ありがとう! また来ますね!と
挨拶して西表を離れました。

西表から石垣へ.jpg

 

石垣島の公設市場でおみやげを買い
レンタカーを返して石垣空港へ。

初日会ったカミサンの友人が
突然、空港に見送りに来てくれてびっくりしました。
なんて、温かい心遣い。

飛行機が飛び立つまで手を振ってくれる友人を
機内の窓から見ていると、僕の目にもカミサン目にも
涙が溢れてきました。

自然と愛にあふれた2泊3日の旅行でしたスマイル







最終更新日  2007年10月13日 11時26分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月08日
カテゴリ:日々のできごと

石垣・西表島旅行記その4は
水中観光船・うみえーるです。


 うみえーるのHPは→ http://www.painushima.com/

うみえーるの船.jpg

こんな船に乗ってさんご礁まで20分くらい進むと
船内の部分が海の中に沈んで


うみえーる.jpg  

窓のすぐ外側がさんご礁と熱帯魚の世界に変わります。

うみえーる2.jpg
(上記3枚の写真はうみえーるのHPから拝借しました)

私たちは、前日に白保でシュノーケリングをして
直ににさんごや熱帯魚を見ていたので
さほど驚きませんでした。

でも、周りのお客さんたちは大興奮。
「きゃー、すごい!」「泳いでる、泳いでる!」「うわぁぁ」
という声か船内に響き渡りました。

ただ、私はこの時、ちょっとしたトラブルで落ち込んでいて
とても海中の景色を楽しむ気分ではありませんでした。

仲間川クルージングと水牛車
昼食のレストラン、移動のバスのどこかで
ビデオカメラを紛失してしまい、
そのイラダチをカミサンにぶつけてしまったり
どうせ出てこないと悲観的になったりしてしていたのでした。

このあと、本日のホテル「ラ・ティーダ西表」に向かい
一人だけ、疲れたと寝てしまいました。

ラ・ティーダはコテージがたくさんある
といも素敵なホテルです。
 ラ・ティーダのHPはこちらです。
 → http://www.lateada.co.jp/index.html

私がふて寝している間
カミサンと息子はホテルのプールでひと泳ぎ。
ビデオカメラも無事にバスの中から発見され、戻ってきました。

一眠りにして、私は自分の行動を反省して
カミサンに謝りました。
カミサンはすぐに許してくれて、
また家族3人楽しい旅行を楽しみました。

やっぱり、旅先でちょっとした、いざこざになったら
素直に謝って、気分を切り替えて楽しむのが大切ですね。

魚がメインのとびきり美味しい夕食をいただきました。
その後は、十五夜の満月の月明かりの中
ほたるの幼虫を探しにあたりを散歩しました。

暗闇の草むらの中に浮き上がる
2匹の幼虫を発見し、その淡いみどり色の光にしばし見とれました。

翌朝は、朝食前に海岸で貝ひろい。

ラティーダの海岸にて.jpg

こんなカニがいましたがいましたが
死んでいました。(だから写真取れました…)

生きているやどかりがたくさんいて、とても可愛かったです。

息子はおおはしゃぎで
きれいな貝や石をたくさん拾ってもって帰りました。

ラ・ティーダの豪華な朝食はすごかったです。

ラティダの朝食1.jpg  ラティーダの朝食2.jpg

島の料理のバイキング。

ラティーダの朝食3.jpg  ラティーダの朝食4.jpg

こんなおしゃれな説明を見ながら
ハンバーガーやタコスを自分流に作って
食べることができます。
もう、お腹いっぱいになりました。

さて、この後は最後の島遊び「カヌー」です。
続きはまたあした。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

ここでちょっと、おしらせです。
いよいよ開催間近!!もうすぐ締め切ります!

☆☆第2回Larghetto-ラルゲット-ワークショップ☆☆

  『心理学を学びながら、自分をモット好きになる』 

  ■Larghettoでは、安心できる雰囲気の中で、
       少人数のワークショップを開催しています。

      今回のテーマは「自分を好きになる」です。
   どなたでも参加できます。
   ワークショップ(参加型学習)が苦手な方も、大丈夫ですよ♪

   現在私が最も好きな心理療法である
   ハコミ・セラピーの中心にある
   ノンバイオレンス・マインドフルネス・ラビングプレゼンスという
   メソッドも使いながら進めていきます。

   【日時】 10月14日(日)10時~午後5時
   【内容】 ●コミュニケーションを学ぼう         
         ・受動的聴き方と能動的聴き方
         ・ペーシングとラポール(信頼)形成
         ・原因追求より解決志向で行こう    

        ●自分を大切にしよう
         ・統合のワークで、本当の自分をイメージする
         ・ハコミセラピーの「ラビングプレゼンス」で
         「存在の輝き」を知る
         ・自分の気持ちをI(アイ)メッセージで伝える
         ・相手の立場に立ってみると、見方が変わる

        ●毎日をハッピーに過ごそう
         ・自分に合ったアファメーション
         ・生活の中に取り入れる自己暗示

  場所 東大阪市立男女共同参画センター(イコーラム)
     
  参加費 5000円 

  募集定員 9人 ※定員になり次第締め切ります。
 
  申込み・詳細は→  http://www.larghetto.jp/workshop.php

  第1回ワークショップの感想は→ http://www.larghetto.jp/visitor.php







最終更新日  2007年10月08日 22時36分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月04日
カテゴリ:日々のできごと

その3は
水牛車に乗って、由布島(ゆぶじま)に行きました。

水牛車の風景.jpg

潮の干満で水位が変わる道を水牛車で渡っていきます。

私たちが乗ったのは、ゴン太くんでした。

水牛車.jpg  ゴン太の看板.jpg ゴン太2.jpg

片道10分程度の時間です。
えらいもので、ゴン太くんは御者のおじいの
言葉だけて出発し、一生懸命引っ張ってくれて
目的に到着します。
全部覚えています。

満員のお客さんに、おじいが一曲歌ってくれました。

ゴン太で歌うおじい.jpg

到着したら、由布島の植物園見学です。

由布島1.jpg

息子の機嫌もよくなく、ほんの入り口だけ見ました。

こんな碑がありました。

水牛之碑.jpg

「由布島を繁栄せし
大五郎 花子を始祖とする
水牛一家に対し
感謝の碑を建立する
     2001年10月」

帰りは、また別の水牛さんです。

真子の看板.jpg

今度は真子(まこ)ちゃんでした。
(残念ながら、写真はありません)

女性の御者もいると聞いていたからか
真子ちゃんの御者をしていた人を女性と思い込み
「今度はおばあや」と息子に言っていたら
実は、おじいでした。

カミサンもおばあと思ってたみたいで
二人でちょっと焦りながら、なんとか
真子=おばあという苦しい言い逃れをしました。

おじいに聞こえていたのか、いなかったのか
おじいはその件については無視でした…。

このおじいはテレビに紹介されたことがある
という自慢話を嬉しそうにしていました。
そして一曲披露してくれました。

おじいたち、
そして水牛ちゃんたち、ありがとうどきどきハート

由布島を後にして、バスでレストランに移動。
ツアーについているお弁当はヘルシーで美味しかったです。

お弁当.jpg

次は、水中観光船・うみえーるです。
またあしたねウィンク

 







最終更新日  2007年10月05日 00時33分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月03日
カテゴリ:日々のできごと

その2の前に

その1の白保でのシュノーケリングの後
石垣島に住むカミサンの友人が
郷土料理のお店「魚礁(パラオ)」でごちそうしてくれました。

魚のマース煮.jpg

魚のマース煮です。
マースとは塩のこと。
天然海塩だけで煮込んだこの魚のおいしさは最高です。

石垣牛にぎり.jpg

石垣牛のにぎりです。

写真はないけど、イカ墨の焼きそばも美味しかったです。
息子は舌が真っ黒けになって、びっくりしてました。

  海鮮居酒屋 魚礁(パヤオ)は
  → http://www17.ocn.ne.jp/~payao/index.html

さて、ここからが、その2です。

石垣島から西表島に移動して
西表島観光センターが組んでいる
「やまねこツアー」のGコースに参加しました。

仲間川遊覧ボートに乗って、マングローブが茂る
亜熱帯の川をクルージングしました。

仲間川のマングローブ.jpg

終点で、樹齢400年のサキシマスオウノキを見ました。
巨大な根が板状になっています。

サキシマスオウノキ.jpg

巨大な2本の根が一体となっているところから
別名めおとスオウとも呼ばれているそうです。
残念ながら、囲いがあって直接触れることはできませんでした。

このあと、水牛車・ゴン太に乗って、由布島に行くのですが
今日はここまでですスマイル

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

ここでちょっと、おしらせです。

☆☆第2回Larghetto-ラルゲット-ワークショップ☆☆

  『心理学を学びながら、自分をモット好きになる』 

  ■Larghettoでは、安心できる雰囲気の中で、
       少人数のワークショップを開催しています。

      今回のテーマは「自分を好きになる」です。
   どなたでも参加できます。
   ワークショップ(参加型学習)が苦手な方も、大丈夫ですよ♪

   現在私が最も好きな心理療法である
   ハコミ・セラピーの中心にある
   ノンバイオレンス・マインドフルネス・ラビングプレゼンスという
   メソッドも使いながら進めていきます。

   【日時】 10月14日(日)10時~午後5時
   【内容】 ●コミュニケーションを学ぼう         
         ・受動的聴き方と能動的聴き方
         ・ペーシングとラポール(信頼)形成
         ・原因追求より解決志向で行こう    

        ●自分を大切にしよう
         ・統合のワークで、本当の自分をイメージする
         ・ハコミセラピーの「ラビングプレゼンス」で
         「存在の輝き」を知る
         ・自分の気持ちをI(アイ)メッセージで伝える
         ・相手の立場に立ってみると、見方が変わる

        ●毎日をハッピーに過ごそう
         ・自分に合ったアファメーション
         ・生活の中に取り入れる自己暗示

  場所 東大阪市立男女共同参画センター(イコーラム)
     
  参加費 5000円 

  募集定員 9人 ※定員になり次第締め切ります。
 
  申込み・詳細は→  http://www.larghetto.jp/workshop.php

  第1回ワークショップの感想は→ http://www.larghetto.jp/visitor.php

  

 







最終更新日  2007年10月03日 21時19分36秒
コメント(0) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.