2008年06月11日

チャーリーからのメッセージ

カテゴリ:カテゴリ未分類

本日のメルマガを転載します。

◇◆◇◆◇◆--------------------------------------------------------◇

 ゆっくりと豊かに生きたい人に贈る幸せのキーワード(毎週水曜日発行)
                         NO.70(2008/06/11)
◆--------------------------------------------------------------------◆  
 ┌
 ┌┌  はじめに

 みなさん、お元気ですか?

 前回、映画「再会の街で」について書きました。
 主人公はチャーリー。
 実は、私の友人にも「日本一の親切男・チャーリー」がいます。
  → http://archive.mag2.com/0000221551/20071031141617000.html

 先日、そのチャーリーに久しぶりに会い、
 いろんなことを語り合いました。
 今日は、その話の一部をお伝えします。
 
■ 今週のキーワード ────────────────────────■ 
    
   「チャーリーからのメッセージ」 
  
■─────────────────────────────────■

 会ったその日に、秋葉原の事件がありました。
 また、6月8日は「付属池田小学校事件」から7年目の日でした。

 私たちの話は、自然にこの痛ましい事件に触れていました。
 犯罪の性格とか、加害者の動機などより、
 失われた命、家族の想い、それがふたりのこころにありました。

 私が読んだ読売新聞には、当時の付属池田小に勤務していた
 教師が、これまで語ることができなかった思いが記事に
 なっていました。
 子どもを守れなかった痛恨の極み。
 その記事は、読んでいる私に迫ってきました。

 この話をしていると
 チャーリーは、ジョージ秋山氏の連載マンガ
 「浮浪雲」に出てくる話を話し出しました。

 11歳の息子・新之助が通う寺子屋のようなところで
 事故が起こり、子どもが亡くなってしまいます。
 新之助は叫びます。
 「子どもは死んだらあかんのや」
 「子どもは死んだらあかんのや」

 『あの事件を聞くと、いつもこのシーンを思いだすんや』
 そう言うチャーリーの目には、涙が滲んでいました。

 離婚し、父子家庭で子どもを育ててきたチャーリーにとって
 子どもを想う気持ちはいかばかりのものか。
 私もまだ幼い子どもがいて、
 子育てに悪戦苦闘しているからこそ
 子どもの命のかけがえのなさを肌で感じています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ケアをする人」の気持ちが軽くなるワークショップ2008
  第1回『ココロほぐしの絵ことばづくり』

  定員は18名です。すでに数名の応募があります。
  お早めにお申込みください。

  詳細・お申込みは、こちらから
  → http://www.larghetto.jp/workshop.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 チャーリーは、決してリッチと言えるような人ではないのですが
 ユニセフなどに毎月数万円の寄付をしているそうです。
 (金額はちょっと伏せさせていただきます)
 毎年ではなくて、毎月です。私は本当にびっくりしました。

 チャーリーは言います。
 「情けは人のためならず」

 『自分の僅かな寄付が、ニュースレターの記事にあるような
 アフリカの学校建設や食糧援助につながり、
 子どもたちに笑顔が戻ったら、こんな嬉しいことはない。』

 「情けは人のためならず」というのは
 情けをかけることは、その人にとって真の意味では為にならない、
 ということではなくて
 人に情けをかけると、回りまわって自分に戻ってくる
 という意味です。

 いろんな成功法則の本には、寄付をする効用などが
 出ています。
 私もわずかですが、「国境なき医師団」に寄付をしていましたが
 今はできていません。
 
 チャーリーは、それを実践しています。
 海外だけでなく、国内用として日本赤十字にも寄付と献血をしています。

 「人のために、自分ができることを考えて行動する」
 これがチャーリーに教えてもらったことです。

◇◆-----------------------------------------------------------------------◆◇          
 (編集後記)
 
 今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 最近、よく物がなくなります。
 先日も、妻からプレゼントしてもらった
 結婚10周年記念のペンダントが、いつの間にか首から落ちて
 どこかへ行ってしましました。
 多分、自転車を漕いでいるあいだにはずれてしまって
 服の間を通って路上に落ちたのだと思います。

 とてもショックでした。
 友人は「なにかの身代わりになってくれたのよ」と言ってくれました。 

 それでも、まだ記念のペンダントを失った意味に
 こだわってしまう自分います。

 
 みなさまのご意見・ご感想お待ちしております。
  → info@larghetto.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ★ゆっくりと豊かに生きたい人に贈る幸せのキーワード★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行者:「ケアをする人」のメンタル・サポート
     Larghetto -ラルゲット-
     代表 豆子ひさし(セラピスト・心理カウンセラー)
   Web:http://www.larghetto.jp/
   ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/larghettoblog/
   メール:info@larghetto.jp
─────────────────────────────────
 ●今週号はいかがでしたでしょうか?
  ご意見・ご感想をお待ちしています。
    ⇒ info@larghetto.jp

 ●転送・転載歓迎。ご自由にどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
    Copyright (C)2007 Larghetto All rights reserved






TWITTER

最終更新日  2008年06月11日 08時09分36秒
コメント(0) | コメントを書く