388530 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ちっちゃな日記――――。

PR

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

食に関すること

2019.12.09
XML
カテゴリ:食に関すること
昨日、相場くんの出ていたテレビでも味噌の仕込みをやってましたね。

この寒い時期は、色々と仕込みの季節のようです。

今まではただなんとなく、雪が降ってやだなーと思ってましたが。

きっかけは、夫の仕事関係の方からいただいた

きゅうりの味噌漬けの味がわすれられなくて・・・

でも味噌じゃなくて、醤油麹で漬けてるのかもしれないということもあるのだけど、

まあ、とりあえず自家製味噌で漬けたらあの味になるのかなと思いまして・・・


大豆500g

米麹500g

荒塩200g

大豆の煮汁150~200cc

大豆は前日から水に浸して

圧力鍋で弱火で15分煮ました。

つぶすのはもちつき機。

できあがり2キロの味噌なら丁度良かった↓


★【12/10入荷予定】ZOJIRUSHI / 象印 力もち BS-ED10 【餅つき機】【送料無料】

みそはねというのをはじめてつかいました。

プロペラのような感じです。

大豆が煮えたらまずは、大豆のみをつぶします。

形がなくなってきたら、

予め米麹と塩を混ぜておいたのを入れ

再びスイッチオン

途中で煮汁を150cc足しました。

できたのがこちら↓



フリーザーバックに入れていた方がいらしたので、

私もそれにしました。

ぴたーっと正方形にすれば良かったのだけど、

床下収納庫に置こうとおもって、こんな形になってしまいました雫


一番いいのは1月下旬から2月にかけて仕込む、寒仕込み 1月下旬から2月にかけての寒い時期に仕込みを行うと、10月から11月頃に食べ頃になります。 なぜ寒仕込みがいいかというと、冬から春、夏と進むにつれて、発酵熟成が進み、さらに秋に気温が下がって落ち着いたら味噌になっているためです。

なるほどー、少し早かったかな。

でも床下は、チルドルームみたいになって

年に何回か凍ることがあるのよね。

その時は対策した方がいいのでしょう。

とにかく、初めてのことだし、

どうなんでしょうね~



以前はよく母が自家製味噌を作って「持ってけ~!」と

言っていたのをかたくなに拒否していたわ

どうしてかっていうと、

自家製味噌は、味噌汁のお椀に米麹が残るでしょ?

あれを子供たちが嫌がって・・・

悪い事したわ~

今度母に会いに行ったら謝っておこうっと

ミルサーでつぶす方法もあるそうです。

楽しみですスマイル






Last updated  2019.12.09 23:16:23
コメント(0) | コメントを書く


2019.12.01
カテゴリ:食に関すること
母親に面会に行く時は、

決まって妹の所に2泊くらいお世話になる。

妹の旦那さんは、料理が好きだ。

私と妹が施設から帰りが遅くなると

日曜なんかは夕ご飯を作って待っていてくれる。

と言っても、先に飲み始めてるけどねビール



そんな妹の旦那さんが、以前「だいこんのナタ漬けがたべたい」と

言ったことがあった。

それで、その日は母親の施設からの帰りに

ホームセンターに寄ってナタを買い、

スーパーでだいこんと甘酒を買って妹の所で仕込んできた。

なんせ、あのナタ(凶器)なので、

妹は「怖い、怖い」の連発びっくり


鋼典 鋼付 地型鉈 180mm (C-6)

リンク付けてみたけど、↑大体こんな感じ。価格も。


ナタがなければ、包丁で大根を切ればいいけど、

それじゃナタ漬けが泣くわねー泣き笑い


ナタで大根を切る時に、歯が厚いので、

だいこんを押し広げながら切っていく感じ。

なので、細かいひび割れができるんですね~

そこにまた味がしみ込むと美味しくなると思うの。

最初に切った大根を塩をまぶして一時間くらい放置。

そのあとでてきた水分をすてて、

甘酒で漬け直す。仕上げに菊の花びらと鷹の爪。

久しぶりに母親の味を再現出来た感じ。

妹の旦那さんのお母さんはすでに亡くなり

生きている私の母はもう台所に立つことはない。

でもこうやって母の味を受け継いでいくことができた。










Last updated  2019.12.01 22:28:39
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.30
カテゴリ:食に関すること
かりん茶とタイトルを書いたけど、

いきなり話が飛びますが、

今年の2月に次男がインフルに罹った時、

少しの間看病していたら

インフルはもらわなかったけど、

のどに風邪を貰ったようだった。


3週間経ってものどの調子が良くならないので

その時耳鼻科を受診した。

カメラで撮った声帯の写真は、

素人目にも痛んでいるな~と分かった。


なんていうのか、痰が絡みいつものどに何かが引っ掛かっている感じ。

声帯の形が変わってしまったのかとさえ思っていた。

これも老化現象のひとつなのかなと。


でもようやく10ヵ月かかって、

そういえば・・・、と喉の調子が元に戻った事がわかる。

つい先日まで、ずっと喉がゴロゴロ、イガイガしていたのだ。

龍角散のど飴には随分お世話になった。


前置きが長くなってしまったけど、

私のお気に入り映像「さすらいのシェフ」

韓国の料理人の話の中に、

出会った老婆に自分の亡き母の面影を重ね

冬になる前にかりん茶を仕込んであげるという場面があった。




早く発酵を促す為にかまどで熱を入れていた。

ひと冬分のかりん茶。

これを見てすぐさまかりんを買い求めようと思ったけど、

時期が終わっていて手に入れる事が出来なかった。


そして今年やっとかりんを買う事ができて、私も仕込んでみた。



お砂糖は、種子島産のきび糖を使ってみた。


カンピー 種子島産 さとうきび糖 450g




左がかりん酒、右がはちみつ漬け。

小さい瓶にも3個作った。

作っている時からかりんのフルーティな香りが漂って

飲みごろになったらどんなんだろうと想像するのが楽しいダブルハート

子供達にも送って飲んでもらおうと思う。

特に喉を酷使している次男には。






Last updated  2019.11.30 23:14:50
コメント(4) | コメントを書く
2019.08.28
カテゴリ:食に関すること
今年の梅の季節に、しかも母親が大変だった6月に

人生初の梅漬けにチャレンジ星

母がもし食べれるようになったら

食べさせてあげたいなと願いを込めながら。

使った梅は、青森産の八助梅というもの。
こちらは↓完成された梅漬けだけど、


[送料無料] 八助梅(はちすけうめ)900g

この梅は、あんずらしいです。

漬ける前は、手のひらにドーン載るほど存在感があります。
箱で買ったら11.5キロくらい入ってました。
キズがあるのをよせたら丁度10キロになりました。

漬けた翌日くらいの画像↓



まだタルを買ってなかったので、翌日買ってきました。

それから約2ヵ月が経ちました。



もう食べられます。

本来は土用の丑の日に梅酢から取り出して3日間干すのですが、

こちらは9月のお天気続きの日を選んで干すそうです。

まだ干していませんが、十分美味しかったです。

赤シソを入れたかったのですが、

出回る時期がそれぞれちょっとずつ違って、入れる事ができませんでした。

まあ、これでも十分美味しいです。

自分で作ると添加物いっさいなし!のお墨付きです。


もうひとつは、小なすの「まま漬け」です。

ままというのは、ご飯のことです。

お料理上手な方のブログを参考に作ってみました。

この辺でよく売られている漬けものです。



小なすを塩とミョウバンで揉んでおきます。

もち米一合を炊いて塩と砂糖を混ぜたものに、なすを汁ごと入れて混ぜます。

軽く重しをして常温で翌日から食べられます。

漬かったら冷蔵または冷凍しておくと日持ちします。


目分量じゃなく、きっちり塩の量を測ったので、

うまく行きました。

小さななすは今スーパーによく並ぶので

食べ切ったらまた作りたいと思います。






Last updated  2019.08.28 18:19:02
コメント(4) | コメントを書く
2019.06.23
カテゴリ:食に関すること
去年は、次男の所に行ったり来たりしているうちに

青梅を買いそびれてしまいました。

気が付くと青森産の八助梅というあんずとかけあわせた

梅干し用の大きな梅が売られていて、

これで梅ジュース作ったらどんな感じなんだろうと

思いましたが、諦めたのでした。


今年は今か今かという感じで、スーパーをチェックしていたら

ようやく青森産の青梅をゲットすることができました。


長男は私と口の好みが似ていて、

梅ジュースを楽しみにしていると思うのですが、

最近はお酒を貰う機会が増え

そのせいもあると思うのですが、

休みの日などは、お酒を飲んでいるらしいです。

となると、梅ジュースじゃなくて、梅酒の方がいいかな

などと想いをめぐらせながら、仕込みました。




4リットルを2本

中身は、梅1.4キロ、氷砂糖1.4キロ



瓶は、セリアで買いました。

1.75リットルと書いてました。

梅1キロを丁度半分ずつ(500x2)入れました。

氷砂糖も1キロを半分ずつ。

梅1キロと氷砂糖1キロでこの2本の瓶にぴったりでしたグッド

姉と妹にあげようと思います。



残った梅250g、氷砂糖250g、ホワイトリカー300cc

梅酒にしてみました。


梅酒は、3年くらいしないと美味しくないと

どなたかの記事で読みました。

3年か~~~ほえー



今回は、梅にフォークでキズを付けてみました。

同じ日、同じ時間に仕込んでいるのに

お酒だけはすでに色が変わり始めてます。

長男に飲ませてあげたいな星






Last updated  2019.06.23 22:29:53
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.20
カテゴリ:食に関すること
一月末から二月の中旬まで、3週間息子ツアーをしてしまいました。

こうなってくると、どこが自分の家なのかと、

またどこでも暮らして行けそうな気がします。

一番寒い時期に、家を空けたので

冬のしんどさをあまり感じることなく過ごせたのはラッキー。

ここの生活も決して悪くはないのですが、

夫が体が弱ったりしたら、私が雪と格闘することになるのかな。

そういうことを考え出すと気が滅入るので、せいぜい明日のことだけを考えることにしよう。


息子達のことはすごく気になるけど、

今のままが一番いいかもしれません。

それぞれが元気で暮らせることが少しでも長く続きますように。


家に帰ってくる時に楽しみがあるように

白菜を漬けこんでいきました。

以前の日記にも書いた気がしますが、

↓漬けた時。仮漬け



仮漬けから取り出して、昆布と鷹の爪を入れて本漬け↓



ブログ用に昆布をハサミでもう少し奇麗にカットすれば良かったな~しょんぼり


↓息子ツアーから帰った時



ぷくぷくと泡が出ていて、発酵が進んでいるようです。

本漬けをして2週間目くらいが食べ時と言ってましたが、

3週間でも全然大丈夫。



少しすっぱみが出てきたら、

ごま油で焼き色を付けて食べるのも美味しいそうです。

NHKきょうの料理 土井善晴 白菜漬け






Last updated  2019.02.21 00:11:30
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.25
カテゴリ:食に関すること
夫が知り合いの方から、漬けものをいただいた。

野菜や漬けものの差し入れは、とても嬉しいスマイル

けれどもその量が多くて、夫婦ふたりでは食べきれない。



大根の柿漬けというのだそうですが、

おいしいですよ~

どうやって漬けるんでしょう・・・



にんじんの麹漬けとタッパに入れて、

これ、何日で食べきれるかな・・・


一緒に白菜も1玉いただきました。

昨日1/4は、鍋にしました。


残りの3/4は、白菜づけにしてみました。



年末のNHKきょうの料理で「白菜漬け」をやってて、

塩は最初4%で漬けるらしい。

仕込みました。











Last updated  2019.01.25 22:14:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.22
カテゴリ:食に関すること
小さなニンジンが袋で一キロくらい200円で売ってました。

何かで使うだろうと思ってたけど、使わずに何日か経過。

同じ県で料理上手な方のブログを見て思い出しました。

私も最近塩麹を買っていたことを。

ここでは有名な塩麹。


【東北醤油】 一夜漬けの素味じまん 500g

それと同じ会社の甘酒の使い残しが半分あったので、

両方を投入しました。

塩加減がどうなのか、わからなかったのですが、

2日後に味見して、少し塩麹を足しました。



道駅で良く買うお漬物のように美味しくなりました音符

いやはや、麹のパワーってすごいですね~グッド






Last updated  2019.01.22 22:12:10
コメント(2) | コメントを書く
2018.10.16
カテゴリ:食に関すること
キャベツが安いからといって、

まるごと1個買ったりすると、

使い切るのにレパートリーがなくて困ったりすることがある。

ネットで調べると、なんでも「無限キャベツ」というのが

話題になっているらしい。


それを知ってからは、私も時々、キャベツ半分は、無限キャベツにしたりしている。

レシピはいたって簡単。

使うものは、ツナ缶と塩コショウ、ごま油とマヨネーズ少々。

千切りにしたキャベツを電子レンジでチンして、

かさが少なくなったところに上の材料を混ぜるだけ。



次男のところの駅前にあるスーパーに寄ったら、

なんと無限キャベツのもとなる商品発見目

ここまで至れり尽くせりとは・・・













Last updated  2018.10.16 11:40:28
コメント(6) | コメントを書く
2017.11.21
カテゴリ:食に関すること


梅ジュースが空っぽになってから、

いつか何かを仕込もうと

リキュールを買い置きしていたら、

先日、王林を箱買いしたので、

りんご酒を仕込んでみました。


今回レモンは入れませんでした。

二ヶ月後?と言えば、

お正月後、

あ”~、ちょうどセンター試験のあたり?スマイル

お酒飲めないけど、ちょっとくらいならいいかな?

楽しみもないとやってられない・・・






Last updated  2017.11.21 17:05:47
コメント(4) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.