073016 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ようこそ Laurie Japan・ブログへ

PR

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

全6件 (6件中 1-6件目)

1

天界からのメッセージ

2007.01.09
XML
Latest News from Laurie Japan (RMMS) 2007.Jan.3 No.4

ローリージャパン (RMMS)より最新のニュース 2007年1月3日 No.4





No.3からのつづき



We wish to avoid politics and simply do the work. We will continue to do the work simply and cleanly as Triolite Foundation, Inc. As we have always stated, we are a seminar company bringing you the teachings and tools of Initiation, healing, and empowerment. We are not a membership organization, we do not ask for percentages of your income. We do not require that you do the work under the supervision of an area manager. We do not regulate your business in any way, and we exercise no control in how you do the work. We are only here to teach and serve. We are not interested in limiting referrals to those who are officially registered as being “with us”. We do not ask you to take sides in any political argument. We do not have mandatory programs that you must attend or lose your ability to Initiate and serve! We are not about fighting, we are about love. The power of love is all we need for the times ahead.



私達は政治的な軋轢などは避けたいと望んでいます、そしてシンプルにワークをしたいと望んでいます。 シンプルに明確に私達はトライオライト・ファウンデーション・インクとしてワークを続けて行きます。 いつでもそのように表現してきたように、私達は、教えとイニシエーション、ヒーリング、エンパワーメントのツールをあなた方にもたらすセミナー会社です。 私達はメンバーシップの組織ではありませんし、あなたの収入の%を要求したりもしません。 地域マネージャーの監視下にワークをしなさい、と要求することもありません。 あなたのビジネスをどのような方法でもコントロールしません。 私達はただあなた方に教え奉仕するためにいるのです。 私達はオフィシャルに「私達」に登録してもらう事に興味を持っていません。 私達はあなたにどちらの側に付くのかという、いかなる政治的な言い争いもしようとは思っていません。 あなたが参加しない事でイニシエーショを行う事ができなくなったり、奉仕する能力を失ったりするプログラムは私達にはありません。 私達は対立ではなく、愛を選びます。 愛のパワーだけがきたる時のために必要な事だと感じています。





We provide you with the power and the lineage of the Rocky Mountain Tradition. All the keys of power necessary for Initiatory programs in a 3 step degree system are present.



私達はあなたにロッキー・マウンテンの伝統のパワーとリネージを提供します。 3ステップの段階のイニシエーションのプログラムのためのパワー、必要な全ての鍵を私達は保持しています。





Our role is to serve those who wish to do the work, without restriction or control. We will never ask you to work exclusively with Triolite or forsake your other Teachers. We will not choose your path for you or define who is right or wrong.



私達の役割は、制約やコントロールなしでワークを行いたい者たちに奉仕する事です。 私達は、トライオライトと専属でワークする事を要求しませんし、あなたの他のティーチャー達を捨てるようにも要求しません。 私達はあなたのために道を選択することをしませんし、誰が正しくて誰が間違っているかを定義することもありません。





We are here to serve the leaders of the new mystery schools that are forming.



私達はまさに、今作られている新しいミステリー・スクールのリーダー達に奉仕するためにいます。





The traditional ways of the North American Tradition will be honored. One
of these traditions is that Initiation is a sacred and very special thing.
Initiations will be offered separately from seminars and workshops teaching
tools and techniques. Another tradition that we will honor in the future,
is that we only teach the Initiated. Each program will begin by honoring
this tradition.



北アメリカの伝統は誇りとされるでしょう。 この伝統の一つであるイニシエーションは聖なる物でありとても特別な事です。 イニシエーションはセミナーとワークショップ、ツールやテクニックを教える事とは分けて今後提供される事となります。 まずイニシエーションが行われ、イニシエート(イニシエートされた者)のみに教えるという伝統を将来的に守っていきます。 それぞれのプログラムは、この伝統を誇る事がら始まります。





If you feel called to the next step in your Initiatory Progression, please let us know and we will be happy to provide that for you!



もし、あなたがイニシエーションの道の中で、次のステップへと呼ばれていると感じれば、私達に知らせてください、私達は喜んであなたにそれを提供しましょう。





Our future programs will include DNA Activation and DNA Reading for everyone regardless of Initiation level. These programs will include techniques for activating Adam Kadmon. We will offer programs to train Teachers of DNA Activation and Reading and Adam Kadmon.



私達の(今後提供するプログラムの一つに)将来のプログラムは、イニシエーションのレベルに関係なく、参加者にDNA活性とDNAリーディングを教える事が含まれます。 これらのプログラムにはアダム・カダモンを活性するためのテクニックも含まれます。 私達は、DNA活性、DNAリーディング、アダム・カダモン活性を教えるティーチャーをトレーニングするプログラムを提供していきます。





Watch the website for these programs and let us know if you are interested in serving with us. We hear that many are leaving mystery school programs. Our intent is to serve you to support your continued service in doing the work you have been trained to do! We are concerned for the many who earn their living through the work they were trained to do by RMMS. This work is valid and important. We will continue to support those who have been Initiated through programs in years past!



これらのプログラムのために、ウェブサイトを見ていてください、そしてもしあなたが、私達と共に奉仕する事に興味があれば教えてください。 たくさんの者達がミステリー・スクールのプログラムから去っていると聞いています。 私達の意図は、あなたがトレーニングされてきた事を実践するにあたって、あなたがたの事をサポート(する奉仕をすることです。)していく奉仕をする事です。 私達は、RMMSでトレーニングされた事を通して生活を支えてきているたくさんの者達の事を心配しています。 このワークは有効であり重要なワークです。 私達は過去に受けたプログラムを通してイニシエートされてきた人々をサポートし続けます。





We would like to thank all of you working to stabilize Earth and support the process of change. We have managed to get through the Galactic Gate without disasters and earthquakes. We feel that the combined efforts of many lightworkers is making a difference for all of us!



私達は、地球を安定させるためにワークしてきたあなた方全てに感謝をします、そして変化のプロセスをサポートします。 私達はこのギャラクティック・ゲートを天災と地震なしでやってきました。 私達はそれが、たくさんのライトワーカーたちの努力の結晶で、私達の全てがこの違いを作り出していると感じています。





We wish all of you a year of tremendous Blessings in 2007! The outpouring
of light from Source has only begun.



私達は、あなたの2007年の素晴らしい祝福の年を祈ります。 源から注がれる光は、たった今始まったばかりです。。。。。。







Laurie Gudnason ローリー・グッダナーソン








Last updated  2007.01.10 03:45:56
2007.01.07

Latest News from Laurie Japan (RMMS) 2007.Jan.3 No.3

ローリージャパン (RMMS)より最新のニュース 2007年1月3日 No.3


No.2からのつづき



The energetic theme for the year ahead is one of Integrity, Ethics, and Discernment! This is the beginning of the tests we will each face in the year ahead.

来るべき年のエネルギー的なテーマは、高潔さ、道徳、識別のうちの一つとなるでしょう。 これはテストの始まりで私達ひとりひとりが来る年に直面していく事となるようです。


My understanding from the channeling sessions this week is that 3 mystery schools are to be based in the USA. One school is on the East coast, and holds the Ray of Raphael. The second school is at the edge of the Rocky Mountains near the Great Salt Lake, holding the ray of Metatron. The third school is in Oregon, holding the Ray of Michael. I understand that Metatron and Marabiel have already given the call to those who are the foundational leaders for each school in the USA.

今週のチャネリング・セッションからの私の理解では、スクールのうち3つはアメリカに位置するようです。 一つのスクールは、東海岸でラファエルの光線を保持します。 2番目のスクールは、ソルト・レークのそばでロッキー・マウンテンの縁にありメタトロンの光線を保持しています。 3つ目のスクールはオレゴンにありミカエルの光線を保持します。 メタトロンとマラビエルはすでにアメリカにおける各スクールの基礎的なリーダー達に召還を与えたと私は理解しています。


During the weeks in Taiwan, Metatron and Marabiel brought through the calling to serve as Mystery School leaders to several people there. In Japan a few have already been called, and the leadership structure is in the process of being established.

台湾に滞在した週に、メタトロンとマラビエルは、そこにいる幾人かにミステリー・スクールのリーダー達として奉仕するように召還しました。 日本では、幾人かがすでに召還され、リーダー・シップの組織が構成されている最中です。



I have seen the light going into ceremonial centers in France, Peru, Australia, Romania, and Africa. It is only a matter of time until these leaders awaken and begin the work.

私は、光が、フランス、オーストラリア、ペルー、ルーマニア、アフリカのセレモニアル・センターに行くのを見ました。 それらのリーダーが目覚めワークを始めるのは時間の問題です。



I have been shown the organization of the locations forming a pentagram of light in North America. I have been shown this organization being given the responsibility to anchor Shamballah on earth, in a different kind of service than the mystery school structure they are striving to manifest now.

私は、北アメリカに光のペンタグラムを形成する場所の組織を見せられました。 またこの組織は地球にシャンバラをアンカーする責任を与えられているという事をも見せられました、その組織は現在のミステリー・スクール構成とは異なった形での奉仕をし、現実化するために今励んでいます。 今現実化するために励んでいます。



I have been shown The Council of the Maitreya. This council will be made
up of 12 who hold the lineage and energy of the Master Maitreya here on
Earth. They will provide leadership, advice, and support to the leaders
of the 12 mystery schools.

私はマイトレーヤのカウンシルを見せられました。 このカウンシルはここ地球にマスター・マイトレーヤのリネージを持ち、マイトレーヤのエネルギーを保持する12人のリーダーによって作られています。 彼らは12のミステリー・スクールのリーダー達にリーダーシップ、アドバイス、サポートを提供します。



In the beginning of Rocky Mountain Mystery School our work was based on a combination of the Ray of Metatron and Merlin’s Power. In June 1998, the North American Mystery School was handed down to Gudni and I as a couple. Our first Teacher’s program as an official Mystery School introduced DNA Activation training. Our second seminar as a mystery school introduced the Adam Kadmon Activation technology.

ロッキー・マウンテン・ミステリー・スクールの始まりの時に、私達のワークはメタトロンの光線とマーリンのパワーの混合を基礎としていました。 1998年6月、北アメリカのミステリー・スクールはカップルとしてのグッドにーと私に手渡されました。 私達の最初のティーチャーズ・プログラムはオフィシャルなミステリー・スクールとして行われたDNA活性トレーニングでした。 ミステリー・スクールとしての2番目のプログラムでは、アダム・カダモン活性のテクノロジーを紹介しました。


These two technologies were the focus at the beginning of RMMS, and they are the foundation of the work we are here to offer in the future! The instruction I have received from Metatron is to return our focus to these technologies. They are survival technology for humankind in the years ahead.

これら2つのテクノロジーはRMMSの初期のフォーカスで、そしてそれらは私達がここで将来的に提供するワークの基礎でもあります。 メタトロンから受け取った指令はこれらのテクノロジーに私達のフォーカスを戻せという事でした。 これらは数年先において人類が生き残るためのテクノロジーなのです。



No4へつづく








Last updated  2007.01.07 08:57:35
2007.01.05
Latest News from Laurie Japan (RMMS) 2007.Jan.3 No.2

ローリージャパン (RMMS)より最新のニュース 2007年1月3日 No.2


No1からのつづき



This process is relocating power from the places that sourced energy and
magickal currents to the mystery schools. The power flow is moving from
the places of power to ceremonial centers. Instead of 7 it is flowing into
12 locations. One Mystery School must be linked to each location to and
will manifest the process of the magickal current and ray corresponding
to that place in the near future.

このプロセスは、ミステリー・スクールへのエネルギーとマジカル・カレント(マジカルな電気的流れ)の源であるところの場からのパワーを他のところへ移すことになりました。 これらのパワーの流れは、パワー・スポットからセレモニアル・センターへと移行しています。 7つの代わりに12の場所へと流れるようになっていくわけです。 ミステリー・スクールは一つ一つがそれぞれの場所と繋がらなくてはならず、そしてそれは、マジカル・カレント(マジカルな電気的な流れ)とレイ(光線)との性質的な相応のプロセスを近い将来、現実化していくでしょう。 

This means, the number of Mystery Schools has increased from 7 to 12. Metatron and Marabiel have been giving discourses about this upcoming change in the mystery schools since September. On Friday morning the restructuring began to support this change.

これは、ミステリー・スクールの数が7から12に増えるという事を意味します。 メタトロンとマラビエルは、9月以来、ミステリー・スクールに起こる変化について教えを与えていました。  そして事実先週の金曜の朝にこの変化をサポートする変成が始まりました。



According to the channeling, each of the 12 schools is to hold an Archangelic Ray from the first quorum of Archangels. The ray, anchored in a ceremonial center will provide the magickal current and “theme” the mystery school works through. The contact behind the energy is that of the Archangel and the Planetary team working under the Archangel.

12のスクールは第一院の大天使からのエネルギーを保持する事となります。 このレイ(光線)は、マジカル・カレント(マジカルな電気的な流れ)とそのミステリー・スクールを通してワークする「テーマ」を提供するセレモニアル・センターにアンカーされます。 このエネルギーの背後にあるコンタクトは、大天使のものであり、大天使の下で働くプラネタリー・チームのものです。



During the next 9 months we will be supported with tremendous energy from Galactic Center to establish 12 new mystery schools. After that time, each school must be functioning in a leadership role and teaching according to the purpose the Archangel and God will define.

次の9ヶ月の間、私達は12の新しいミステリー・スクールを構築するため巨大なエネルギーによるギャラクティック・センターからのサポートを得ることとなります。 その後、それぞれのスクールはリーダーとして、また、大天使と神が表現する目的に沿って機能しなければなりません。 



Each school will have 3 to 5 years to function in the current paradigm. Within 5 years from now, the Mystery Schools will be restructured again, with 22 Schools leading humankind into the next evolutionary step. In a sense, the 12 will be the “training” schools for the 22 schools to follow in just a few years.

12のそれぞれのスクールは、現存のパラダイムで3-5年間の機能があります。 そして今後5年以内に、ミステリー・スクールは再度編成され、12から22のスクールによって次の改革的なステップへと人類をリードしていくこととなります。 その理由で、先発の12のスクールは、次の数年に追従する22のスクールの「トレーニング」スクールとなります。


The 22 will each hold a Ray from the 2nd quorum of Archangels. Each Ray will supply a key that will “unlock” one of the paths of ascension up the tree of life. Each school must be fully prepared to work together, in proper sequence, to work the keys in the right order for the ascension to manifest. Each school must be fully contacted by the Archangel sourcing the ray and the key in order to work appropriately for the benefit of all humankind.

それぞれの22のスクールは、第二院の大天使からのレイ(光線)を保持する事になります。 それぞれの光線は、生命の樹をアセンションする小径を「解除」するキー(鍵)を与えます。 それぞれのスクールは正しい手順に従って、アセンションのためのキー(鍵)をワークさせるために、共に働く事を完全に準備しなければなりません。 それぞれのスクールは、全人類へ恩恵をもたらすために適宜ワークできるよう大天使に源を置く光線とキー(鍵)とに完全に繋がらなければなりません。



As Initiates, and leaders of light we have been given a very big mission and responsibility for 2007! Each of us must be in top condition physically, psychologically, and “on our contacts”. Our spiritual gifts must be open and functioning at the highest degree of accuracy and empowerment. We, who are the leadership teams must be anchored in the energy of Wisdom, Power, and Love! Everything else will flow from these three rays.

2007年のために、イニシエートとして、光のリーダーとして、私達は非常に大きなミッションと責任を与えられました。 私達のそれぞれが、肉体的に、心理的に、そして「私達の繋がりにおいて」最上のコンディションでなければなりません。 私達のスピリチュアル・ギフトは開かれ、最高度の正確さとエンパワーメントで機能する必要があります。 私達、リーダーのチーム達は、知恵、パワーそして愛のエネルギーにアンカーされていなければなりません。 その他の事は、この3つの光線に従ってやがてやってくるでしょう。





No3へつづく









Last updated  2007.01.06 01:48:20
Latest News from Laurie Japan (RMMS) 2007.Jan.3 No.1

ローリージャパン (RMMS)より最新のニュース 2007年1月3日 No.1

x
This statement is a summary which she rewrote in a very simple way and easy to understand from few channeling sessions that Laurie Gudnason has received through Archangel Metatron and Marabiel before and after the Galactic Gate opening of Dec.28.206. The Hierarchy of Light has changed and is changing information in daily basis and they are trying to guide us to catch up on this fast current of change. Please be with the latest information and with information with Love. Now, again, the Hierarchy of Light is asking as many as light worker in this time of change to order to create huge change.

これは、ローリー・グッダナーソンさんが、2006年12月28日のギャラクティック・ゲートのオープン前後に、大天使メタトロンとマラビエルから受け取った複数のチャネリングを基にして書かれたものです。 天界は日々変わる情報を私たちに伝え、急速な変化の流れに追いつけるようガイドしてくれています。 最新の情報と共に、愛に基づいた情報と共にいてください。 天界は、この時期に大きな変化を起こすために、たくさんのワーカー達を求めています。 




The Galactic Gate and RMMS  2006.Dec.29

ギャラクティック・ゲイトとRMMS 2006年12月29日




On the afternoon of December 28, 2006 the Galactic Gate Opened as Pluto aligned with Galactic Center. This astronomical event is rare, happening every 285 years. In history it has brought war, changes in war, earthquakes, volcanoes, and other extreme events. This is the energy of the Phoenix, the bird that was consumed in flames every night and resurrected itself from the ashes the next morning.

2006年12月26日の午後、冥王星とギャラクティック・センターが並び、ギャラクティック・ゲートが開きました。 この天文学的なイベントは珍しいもので285年に一度起こるものです。 歴史の中では戦争がもたらされ、戦争が変化し、地震、噴火など、極端な出来事が起こっています。 これは、毎夜、炎を消費し翌朝自らをその灰の中から再誕させるフェニックスのエネルギーです。



Galactic Center is the astronomical term for a place Metaphysicians call the Central Sun. The Central Sun is the central point of light in the Galaxy. It is the origination of all things. It is first manifestation of the light of En Soph, and a place we could define as the dwelling place of God.

ギャラクティック・センターは、メタフィジックで呼ぶ所のセントラル・サンの天文学的な呼び方です。 セントラル・サンは銀河の光の中心の点です。 これは万物の始まりの場です。 エンソフの光の最初の現実化ですーそして神の住処として定義する事ができます。



Pluto’s conjunction with Galactic Center has opened a gateway for this
light of En Soph to flow to Earth, and to us. It will remain open until
September 2007. During the next 9 months we will experience many changes.


冥王星のギャラクティック・センターとのコンジャンクション(合―占星学用語)の状態は、エンソフの光が地球と私達に降りてくるゲートとして開きました。 これは2007年の9月まで開き続けます。 今後9ヶ月間、私達は多くの変化を経験する事となります。



For the mystery schools serving humankind, these changes have already begun.

そして、人類に奉仕するミステリー・スクールにもこれらの変化はすでにもたらされています。



11,500 years ago Earth transited the Photon Belt, and the result of this light and empowerment was known as the age of Atlantis. At the end of this transit, the Atlantean Masters sent representatives to 7 locations of power on Earth to source mystery schools. These schools each connected to a Magickal current, and to the Ascended Masters who provide the “contacts” for each school. The currents were anchored to the place of power, through the ley lines of the Earth. In time, many schools developed under the “umbrella” of each of the mystery schools. Each school had access to the magickal current and the spiritual contacts through the place of power. This structure, through the 7 places of power, is the reason for the teaching that there are only 7 mystery schools, and through them many organizations working as mystery schools.



On December 28th, the Galactic Gate energy acted as a reset for the energy
running through the ley lines in the Earth. It has turned off the existing
ley lines and magnetic grids of the Earth at the same time it is opening
up a new set of grids and ley lines. These energetic structures are the
light body circulatory system and nervous system of Earth.

11,500年前、地球はフォトン・ベルトに入り、その光とエンパワーメントは輝かしいアトランティスの時代として知られています。 この通過の最後に、アトランティスのマスターたちはミステリー・スクールの源となる地球の7つの場所に代表者を送りました。 これらのスクールは、それぞれが1つのマジカル・カレント(マジカルな電気的流れ)と、そして「コンタクト/交信」を提供するアセンデット・マスターと繋がっています。 この流れは地球のレイ・ラインを通して、そのパワー・スポットに定着しました。 その時、さまざまなスクールが7つあるミステリースクールの下へとそれぞれ編入するという形に発展しました。 それぞれのスクールがパワー・スポットを通して、このマジカル・カレント(マジカルな電気的流れ)とスピリチュアルなコンタクトにアクセスできるようになりました。 この構造は、7つのパワー・スポットを通して行われておりー7つのミステリー・スクールがあると言われる所以ですーそして、多くの組織がこの7つのミステリー・スクールを通してミステリースクールとして機能しています。 

12月28日、ギャラクティック・ゲイトのエネルギーは、地球のレイ・ラインを通して走っているエネルギーをリセットするように働きました。 これは、現存するレイ・ラインと地球のマグネティック・グリッドの働きを中止し、同時に新しいグリッドとレイラインのセットを開きました。 これらのエネルギー的な構造は、地球自身のライト・ボディーの循環システムであり、神経システムです。


No2へつづく











Last updated  2007.01.06 01:51:54
2006.11.29

マグダラのマリア(イエス・キリストの妻)とハトホルの書

みなさん、こんにちは。

私は今台湾で、チャネリング・スクールWiccaプロログラムをしています。 この美しい地で私はたいへん素晴らしい時を過ごしています。



今日は、私の友人のワークショップのお知らせをしたいと思います。 



ハトホルの書私の友人、ジュディ・ジオンとトム・キャニオンが12月9日、10日と東京でワークショップをします。 トムが9日にハトホル、10日にマグダラのマリアのワークショップをします。



実は今回彼らは地球規模のワークをすることになっています。 今後の日本のためにグリッドの調整をしていきます。 私たちはみな日本が現在さまざまな危機に面していると感じています。 地震、政治、悪天候など。この日、グリッドは未来の災害を避けるために調整されます。




このグリッドワークがどれほど大切か私は口で説明することができません。 すべての人に10日のマグダラのマリアのイベントへいらっしゃることを強くお奨めしたいと思います。 今回のイベントについてマグダラのマリアからのチャネリングメッセージがトム・キャニオンから私のところへ届けられました。




> What Magdalen said to us last night was that (to quote her) "this area of the world (Japan) could become quite difficult in terms of potential conflicts, North Korea only being one of them, relations with China, issues of Taiwan and the rising water levels, as well as increased severity of storms and earthquake phenomenon, volcanoes. All of this will impact Japan in one way or the other.


マグダラのマリアが昨夜私たちに言ったことは(以下、マグダラのマリアの言葉) 『世界の中でもこのエリア(日本)は軋轢(あつれき)、摩擦の可能性があり、非常に困難な状況となる場合があります。 北朝鮮はそのうちのほんの一つにすぎません。 中国との関係や台湾との問題、海面の上昇、そしてひどい台風や地震、そして火山噴火の増加。 これらすべては日本に一つの方向、そして時には違う方向へとさまざまな影響を与えています。





> "The Hathors wish to work with an energetic laying of lines for
the protection of Japan, through these difficult and challenging times,
for they have a connection to the ancient Japanese people.``"There
are several things I would like to accomplish in one day but one of them
is calling forward the feminine protector Goddesses of ancient Japan. 
Okunenushi would be the beginning, but there are others."



この現在の非常に困難な状況から日本をプロテクトするために、ハトホルは日本の人々と彼らの祖先とをコネクトすることでエネルギーラインを落ち着かせるワークすることを私たちに望んでいます。『多くのことをこの日私はしたいと思うのですが、古代の日本からフェミニンなプロテクターの女神を呼びおこしたいと思います。
 OKUNENUSHI(大国主命)から始まり、その後続いていくでしょう。 』





> I asked her if Okunenush was masculine or feminine and she said...) "Okunenushi is held by some as masculine by some and feminine by some.")





大国主命と呼ばれるものは女性的なものなのか、男性的なものなのか、マグダラのマリアに聞いてみました。 『OKUNENUSHI(大国主命)はある部分男性的でもあり、またある部分女性的でもあります。』




> "Energetically I wish to call forward the feminine presences
in Japan from the North, the South, East and West. There are some implements
that must be acquired for when I call the spirits. No such work will take
place anywhere else but Japan, because the spirits are of such that they
can be called forward. The feminine aspect of consciousness is pregnant
and ready to give birth through the Japanese culture, specifically the 
women who are refusing old roles and creating new customs, and it will
also come forward in some ways through the men who refuse to accept the
old ways of doing things. (It will show itself in the way women ive and
this frees up men to do the same. Japanese culture will change.)


『私は日本の女性的な存在を北、南、東、西からエネルギー的に呼び起こしたいと思います。 私がそれらを呼び起こすとき、いくつかの道具が必要となります。 ほかのどこでもこのようなやり方はされませんが、日本はそれが必要です。 なぜなら、そのように呼び出す必要があるからです。  意識の中の女性性の部分はは現在孕んでおり、日本の文化を、特に古い役割を拒み、新しい慣習を創りだそうとしている女性たち、そしてまた古いやり方をただ単に受け入れことを拒む男性の中からも、その動きは生まれようとしています。』 (それは女性の生き方そのものから見て取れ、そしてその自由は男性も同じことをするようになります。 日本の文化は変わっていきます。)






> "I would ask that you make the offerings in each of these rituals.
I will show you how to make them. Tom will bring forward the sounds.



『これらのリチュアルをすることをあなたにお願いすることになるでしょう。 どうやってするかお教えします。 トムが音を使いそれをします。









> "When I call and honor these beings they will come through with
specific songs which will be sung through Tom's voice.


『私がこれらのエンティティを呼ぶとき、トムの声による特別な歌が歌われそれに乗って彼らはやってきます。』


> "After each calling, there will be something we do with the group.
From the shamanic standpoint, it should be a most fascinating day, both
for you and those attending."

『それぞれを召還したときに、グループで行うことがあります。 それはシャーマン的な見方からして、あなたにとって、そして参加者にとっても魅力的なものとなるでしょう。』




> So that's what Magdalen had to say about what we'd be doing. Seems
like Saturday, the Hathor Day, will be mostly sound, to lay the lines of
protection for Japan. Then, on Sunday, during Magdalen's day, we'll call
in the feminine Goddesses of each direction through ritual. When they come
in, they'll sing their songs through Tom.


以上がマグダラのマリアが私たちとともにしたいことのようです。  土曜のハトホルの日は、音を使うもので、日本をプロテクトするためのラインのためのワークとなるでしょう。 そして日曜、マグダラの日は四方位から女性の女神を呼び出すリチュアルをします。 彼らが降りてきたら、きっとトムを通して彼らが歌い始めるでしょう。










Last updated  2006.11.29 19:39:27
2006.11.22
11月11日のゲートオープン

11月11日、この地球にとってまた一つ大きなシフトがありました。 



2006年3月3日、この日、東ヨーロッパのゲートがオープンしました。 そして8月8日、北極と南極のゲートがオープンしました。



この愛すべき地球を、マザーガイアを一つの生命体としたとき、ガイアには7つのチャクラがあります。  ガイアが天界のエネルギーと交信するスポットです。





そして11月11日のこの日、ついにガイアの7番目のチャクラであるチベットのゲートがオープンになり、チベットのエネルギーのバランスを取る作業が行われました。 そしてこのバランスされたエネルギーはクラウンチャクラであるチベットからサード・アイ チャクラである日本、その中心である富士へと働きかけました。 これでガイアの6番目と7番目のチャクラのバランスが取られたわけです。



これは特にチベットに集中したエネルギーだったので、世界にいる他のライトワーカーへのお知らせもなく、しめやかに執り行われました。







Last updated  2006.11.22 20:08:48

全6件 (6件中 1-6件目)

1

Calendar

Archives

・2018.08
・2018.07
・2018.06
・2018.05
・2018.04

Favorite Blog

まだ登録されていません

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.