3014743 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

緑の温もりを感じる庭づくり〜北限のクラピア〜

2013年09月15日
XML
カテゴリ:クラピアの病気
「フザリウム菌」による葉枯病が発生してから2週間がたちました。

モンカット水和剤を散布して様子を見ていましたが、病斑は小さくなるどころか、勢力を強めてアッチコッチに転移しました。

病斑の転移


----------------------------------------------------------------------------


モンカットフロアブル40 500ml



今日のひと押し 下向き矢印【 デメリットNo2 病気に弱かったりもする 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ

----------------------------------------------------------------------------

茶色になっている所が枯れている場所です、現在は3ヶ所確認できます、病気になった原因と対策を色々と考えました。


1. 8月20日過ぎから毎日のように雨、気温も25℃~30℃とかなり蒸し暑い日が続きました、クラピアの庭に、キノコ(キコガサタケ)が生えてきた、と同時期に「フザリウム菌」に感染した、菌の生育環境が整った事が原因か。
(高温多湿の条件でも、水やりに水道水を使用するとキノコは発生しない、塩素消毒の効果なのか)


2. 病斑の位置はクラピアが植えてある全域で確認された、やはり刈り込みをして、風通しを良くした方が良かったかも。
(ランナーだけで茂っていない所にも発生が見られたので、刈り込みが菌の抑制になると思わない


3. 転移については良く分からず、クラピアの上を歩いていないので人による拡散ではないと思う虫とか小動物かも、ミツバチは多いが、枯れている所には居ない、唯一居るのがナメクジでした。
(土壌細菌なので、転移したと言うよりかは、もともと土の中にあって、それが感染したと考えた方がいいかも)


4. モンカット水和剤の効果については、今のところ良く分からない、転移した所にも散布したし、最初に発見したところにも追加で散布した。
モンカット水和剤は効果有り、1000倍希釈液を散布、1箇所につき3リットル程度、多いところで3回/月散布、徐々に病斑が小さくなりました
(病斑が小さくなったと言うよりは、病気の進行が止まった事で周りの健康なランナーが伸びてき、結果的に小さくなったように見えた)

5. この病気は本当に「フザリウム菌」によるものかどうかも実は明確に分からない、ただ症状や見た目がネットで検索した物に一番似ている。
フザリウムだけで100種以上あると書いてあったので、区別がつかないと思う)


6. 混植による「フザリウム菌」発生が抑制できるかも、ハーブ類(クリーピングタイム、ロンギカウリスタイム)を一緒に植えている所には病斑が出来ない。
(現在、検証中なので、今後どうなるか分からない)


7. 春になり新芽が出る時期になっても、病気の部分は萌芽が確認できない、枯れたランナーが黒く変色しポロポロと崩れるように朽ち果てている。
(フザリウム菌により根まで影響を受けたようです、特に処置をしてないが、場合によっては土の入れ替えを検討した方が良いかも)


8. 高温多湿期は土壌細菌によるクラピアの病気予防と、刈り込み時の切り口消毒に、殺菌剤を散布して様子をみる。
(モンカット水和剤の1000倍希釈液を、1m2当たり1リットルと少なめに使用してみる、何もしないよりは良いかな程度)


9. 庭の一部分が円形に茶色くなる病気が発生、葉先だけが茶色くなるので、症状からすると「フザリウム菌」によるものとは異なる。
(この病気には、ベンレート水和剤を散布したら症状の改善が見られました、原因は今のところ断言できませんが「斑点性の病気」によるものと思っています)


今後の状況を見ながら加筆修正をしていきたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------​

クラピア大好き」Facebook グループは、全国のクラピア仲間と情報を共有しています






最終更新日  2019年10月21日 09時57分26秒


PR

サイド自由欄



CKNLのプロフィールは↓こちらにまとめましたm(_ _)m
PVアクセスランキング にほんブログ村

注)クラピアへの農薬使用につきましては自己責任でお願いします、ブログ内では取り扱い方法まで詳しく記載していませんので、実際に使用される時はソーラーサポートセンターの「クラピアの病気・枯れ・害虫の対処法」をご参照願います URL↓
https://sorasapo.com/list-of-pesticides-for-kurapia

クラピア ® は株式会社グリーンプロデュースの登録商標です。
クラピアについて詳しく知りたい方は、総生産・販売元が運営する「クラピア育て隊」が便利です、ぜひご覧になってください。

クラピアは改正種苗法による登録品種です。茎、葉、根を無断で栽培、増殖、譲渡、販売、輸出入等しますと種苗法に違反しますのでご注意ください。

Yahoo! ブログのサービス終了に伴いリンク切れが発生しています、リンク先の記事はアメブロに移行しましたのでこちらからご覧下さい(クラピアーシング健康法~北限のクラピア~)URL↓
https://ameblo.jp/lcddam/

日記/記事の投稿

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.