3046887 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

緑の温もりを感じる庭づくり〜北限のクラピア〜

2014年04月28日
XML
カテゴリ:CKNLの庭
雨が 雨 降らない日が続いています、乾燥注意報も連日出ているので調べてみると、4月の3~7日の5日間だけ出ないで、残り今日まで21日間は出っ放しである、行楽期間中なので雨が降らないのは結構な事だが、こうも晴天が続くと田畑や庭の植物にとっては過酷な環境となります。

過去にも日照りが続いて植物を枯らした苦い経験がありました しょんぼり 個人的には植物を駄目にする原因で一番多いのが水やりの失敗からです、「水やり3年」って言葉があるようですが、確かに簡単そうで案外難しいのが水やりです、経験から判断する事が多いので、そんな言葉が生まれたのでしょうか。

水やりの失敗でタイムが枯れた時の様子です。

庭の水やりについて1


そんな水やりですけど、何か目安が無いと確かに判断に迷う時があります、鉢植えや花壇のように面積が限られていると、鉢の下から水が出るまでとか、6リットルのジョウロで1つとか、ある程度の目安が付けれます、しかし面積の広い庭となると難しいですね。

そこで、私なりに考えました。
(以降の記事内容は、土壌の種類や気候等など地域性がありますので、全ての庭に該当するとは限りません、あくまでも参考程度に見てください)

過去の経験から「20mm程度の降雨だと、3日目には地表部から5~10cm位まで乾く」実際に庭の土を掘って調べました、根が浅い植物や、植え付け直後だと3日目でダメージが発生します。

さて、20mmの降雨を散水量にすると、我が家の庭面積が46m2なので

46m2 × 20mm = 920リットル 左矢印 これくらいの水を散水したことになります。

すなわち、920リットルの水を3日に一度は散水しないと土が乾いてしまうことになります、と言うことは毎日にすると

920リットル ÷ 3 = 307リットル 左矢印 1日で必要な散水量(約6.7リットル/m2)

日照りが続いて降雨を望めない時は、一日で307リットルの水が必要になります、さて、ここで307リットルの水って考えると、計るものが無いのが現実、家庭の風呂は200リットルくらいですが、風呂の水を散水するわけにもいかないので、散水時間で対応することにしました

307リットル ÷ ホースから出る水の量1分間に 18リットル = 約17分間 左矢印 1日で必要な散水時間

必要な散水量から割り出した答えは、17分間放水すれば規定量の水が撒かれたことになります。

グッド 一日の水やり時間の算出:庭の面積(m2)× 6.7 ÷ 18 = 水やり時間(分)で求めれます。

一応の目安ですが、この方法で水やりの量を判断しています、植物によって水の必要量が違うと思うので(特にクラピアは乾燥に強い)、そこは加減していますが、過去の記事にも書きましたように、水のやりすぎで失敗した事は一度もありません、根腐れを警戒するより、渇きを心配した方が無難と考えています。

ちなみに、盛岡市の上下水道料金ですが1ヶ月に30m3使うとして、約300円/m3です

307リットル ÷ 1000 × 300円 = 92円 左矢印 1日の散水で必要な料金

さて、この金額が高いと思うか、安いと思うかは人それぞれですね、せっかく植えた苗が元気に育ってくれるなら、個人的には必要な経費の範囲内だと思いますが。

しかし、ここ数年続く異常気象で干ばつが続くと水の使用量もバカにならないのも事実、特に散水を必要とするグランドカバーとなると大変です、そんな訳で注目されているのがクラピアなそうです。

海外のサイトではクラピアの商品説明は日本と少し違って(Kurapia a New Low-Water Groundcover)を特に強調しています、高温多湿の日本と違って干ばつによる散水量の違いはクラピアのメリットとして注目されているようです。

こちらも海外のサイトです → KURAPIA.com






最終更新日  2016年03月25日 07時24分07秒


PR

サイド自由欄



CKNLのプロフィールは↓こちらにまとめましたm(_ _)m
PVアクセスランキング にほんブログ村

注)クラピアへの農薬使用につきましては自己責任でお願いします、ブログ内では取り扱い方法まで詳しく記載していませんので、実際に使用される時はソーラーサポートセンターの「クラピアの病気・枯れ・害虫の対処法」をご参照願います URL↓
https://sorasapo.com/list-of-pesticides-for-kurapia

クラピア ® は株式会社グリーンプロデュースの登録商標です。
クラピアについて詳しく知りたい方は、総生産・販売元が運営する「クラピア育て隊」が便利です、ぜひご覧になってください。

クラピアは改正種苗法による登録品種です。茎、葉、根を無断で栽培、増殖、譲渡、販売、輸出入等しますと種苗法に違反しますのでご注意ください。

Yahoo! ブログのサービス終了に伴いリンク切れが発生しています、リンク先の記事はアメブロに移行しましたのでこちらからご覧下さい(クラピアーシング健康法~北限のクラピア~)URL↓
https://ameblo.jp/lcddam/

日記/記事の投稿

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.