2540404 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北限のクラピア

2014年10月06日
XML
カテゴリ:クラピア(K5)
北国でクラピアを植える際のネックになっているのが、やはり寒さでしょうか、多年草のクラピアですが、寒さの厳しい地域では、無事に越冬できるかどうか不安なところです しょんぼり

そんなクラピアですが、最近になって K5と言う品種が販売されました、販売元の情報によると、冬枯れが遅い耐寒種と言う事になっています、詳しく見てみると 目

・「S1より春の芽吹きが2週間早く、冬の休眠開始が2週間遅いので約1ヶ月ほど緑の期間が長い」
・「12月の緑色維持率は、S1の約40%に対し、K5は約70%です」

と、書かれていましたので、今年は実際に植えてみて、色々と観察しています、被服速度の違いや、花量の比較を行い、秋になったので、今度は緑色維持率の検証です グッド

7~9月までの変化を見てみましょう、K5を植えた場所の周りには、S1・S2が植えてあります、ポツポツと葉っぱの感じが違う所はクリーピングタイムです、ゴチャゴチャした混植状態で、比較実験をする環境には、適さなかったと反省しています わからん

クラピアK5の被服速度について2

成長が遅いと感じた頃の様子 上矢印 2014年07月16日の記事より


クラピアK5の花量比較1

花数の比較していた頃の様子 上矢印 2014年08月08日の記事より


クラピアK5の被服速度について1

ほぼ被服が完了した頃の様子 上矢印 2014年08月21日の記事より


クラピアK5の緑色維持率1

S1の紅葉が始まった頃の様子 上矢印 2014年9月30日

9月下旬になって、S1・S2の紅葉が始まりましたが 上矢印 の画像を見る限り、中央の K5株付近は、周りに比べると緑色を維持しているように感じます、でもこの状態で、「休眠開始が2週間遅い」って判断するには、S1・S2も全てが紅葉しているわけじゃないので、難しいところがあります しょんぼり

結果だけ言うと、S1・S2より緑色を維持している期間が幾分長いように感じる程度かな、実際に育てていると、2週間程度のズレって、庭の全体で考えると、あまり大きな差に感じないのが現状です、事実、S1・S2でも、紅葉が最初に始まったところと、最後まで緑色のところでは、3ヶ月ものズレがありました(最後まで緑色を維持してた時期の様子、2013年1月20日の記事より)

まっ、そうは言っても、全てK5を植えていれば、全体的に2週間ほど紅葉が遅れるのですから、これからクラピアをと考えている方は、この品種改良された K5がオススメと言う事になります 音符

ただ、ここで注意しないといけないのは、K5の耐寒性については、緑色維持のみ記述されており、越冬時の積雪や、気温の低下にどれだけ耐えれるか、実際のところ分かりません、事実、今年の春先に霜にあてた時は、S1・S2と同様に簡単に枯れてしまいました(2014年5月8日の記事参照)

と言う事で、今年の越冬時期は、K5の様子も観察していきます、そして、最後の検証「春の芽吹きが2週間早い」ってのを、実際に確認するのが、今から楽しみです うっしっし






最終更新日  2014年10月06日 04時12分12秒
[クラピア(K5)] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄



ご注意!

当ブログ内の農薬に関する記事は利用者が誤解や混乱を招かないよう全て削除しました、書かれていた内容については「ソーラーサポートセンター」の「クラピアの病気・枯れ・害虫の対処法」に網羅されていますので、こちらの記事をご参照ください URL↓
https://sorasapo.com/list-of-pesticides-for-kurapia

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

ランキング市場

お気に入りブログ

【ミニチュアダック… Paradaise KAIさん

マリ・クレール 手… ☆時遊人☆ 〜SlowLife Impossible〜さん

*ガーデン* cloud9602さん
・・雑木のある緑の… ・・usa1976・・さん
ぴよちゃんの日記 ポワポワちゃん1さん
お試しお勧め ♡ 買… kokokokoko7さん
まだ無題 たま79さん

プロフィール


CKNL


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.