3801783 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

緑の温もりを感じる庭づくり〜北限のクラピア〜

2016年09月09日
XML
カテゴリ:クラピアの病害虫

今年はコガネムシの幼虫で始まったクラピアでした、来年の春に、またまたコガネムシの幼虫に悩まされるのは嫌なのでしっかりと対策してみます。


コガネムシは産卵時期や発生のサイクルが決まっており 5月と9月の年2回殺虫剤を撒くことで退治することが出来ますって書いていたので実行してみました。(引用先→まつおえんげいスタッフブログ

白い粒粒が殺虫剤です、散水の手間を省くために降雨の予報が入っている日に撒きました、今回使用した「オルトランDX粒剤」は浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、土の中など直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も効果的に退治します。


使用量についてですが、説明書に書いてあるのはコガネムシ類幼虫だと 2g/株、ただし栽培本数が多い場合には 1m2当たり40gを超えないように適用の範囲内で1株当たりの単回使用量を調整しろと難しい表現で書かれています。

クラピアのような地被植物だと 1株と言うわけにはいかないので 40g/m2を超えない範囲で使用します、正確に計算すると我が家の庭では1,840g必要になりますが、販売容量が1kg単位なので今回は 1袋使用し 22g/m2と少なめにしてみました。(多いよりは良いかなと単純に思っただけで殺虫効果が無くなる可能性も秘めています)


以前はコガネムシの被害なんか無かったのに、どうしてなんだろう、今年はとりあえず殺虫剤を使用しましたが、出来れば継続使用は控えたいと思います、と言うのも実際に使用してみて感じたことは、他の虫たちもダメージを受けると言う事です。

----------------------------------------------------------------------------

​​
住友化学園芸 オルトランDX粒剤1kg袋 便利なチャック付



今日のひと押し 下向き矢印【 デメリットNo2 病気に弱かったりもする 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ

----------------------------------------------------------------------------

特に気になったのは益虫の代表格ミミズが死んじゃうこと、ナメクジは平気なようでケロッとしてます、それに説明書にも書いてますがミツバチにも影響が出るので、使うときは花を刈り取ってから使用しています。


はいそんな訳で、今年も十分に楽しませてくれたクラピアですが、そろそろメンテ内容は来春に向けての下ごしらえに切り替えていきます。

気が付くと影も長く出るようになり日暮れが早くなってきましたね、残暑が厳しいけど季節は着実に秋に向かっているようです。

----------------------------------------------------------------------------​

クラピア大好き」Facebook グループは、全国のクラピア仲間と情報を共有しています






最終更新日  2019年10月25日 07時46分42秒
[クラピアの病害虫] カテゴリの最新記事


PR

サイド自由欄



CKNLのプロフィールは↓こちらにまとめましたm(_ _)m
PVアクセスランキング にほんブログ村

注)クラピアへの農薬使用につきましては自己責任でお願いします、ブログ内では取り扱い方法まで詳しく記載していませんので、実際に使用される時はソーラーサポートセンターの「クラピアの病気・枯れ・害虫の対処法」をご参照願います URL↓
https://sorasapo.com/list-of-pesticides-for-kurapia

クラピア ® は株式会社グリーンプロデュースの登録商標です。
クラピアについて詳しく知りたい方は、総生産・販売元が運営する「クラピア育て隊」が便利です、ぜひご覧になってください。

クラピアは改正種苗法による登録品種です。茎、葉、根を無断で栽培、増殖、譲渡、販売、輸出入等しますと種苗法に違反しますのでご注意ください。

日記/記事の投稿

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.