4555628 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

緑の温もりを感じる庭づくり〜北限のクラピア〜

2021年05月21日
XML

雑草対策にとクラピアを植える前に植栽シート(通根タイプの防草シート)を敷き込む方も多いと思いますが、意外に多い不具合としてランナー(匍匐茎)が木質化して浮いている春になっても新芽が出ない(少ない)いつまでたっても広がらないランナーの先っぽが枯れてしまった蛇のようにのたうち回るランナーが気持ち悪いなどです。

不具合のほとんどはランナーの根が植栽シートを貫通しないために起こります、いわゆる通根不良が原因によるトラブルです。


いったんこうなってしまうと綺麗なクラピア絨毯を作るのがとても難しくなります、以前に販売店にどうしたら直るか?と、問い合わせたことがありましたが回答は思いもよらぬ内容でした。

----------------------------------------------------------------------------



YouTubeにクラピアの話題をアップ 下矢印クラピアちゃんねる」をどうぞご覧になって下さい

(3分でわかるクラピアのメリットとデメリット)

(クラピア用に使う植栽シートのマイナス点は?)

(クラピアの土壌改良を怠ると根付かず広がらず)






今日のひと押し 下向き矢印 デメリット 霜には弱いので歩かない

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ

----------------------------------------------------------------------------

購入されたシートはクラピアの根を通します、通根しないのは土に問題があると思うので、一度シートをはがして土壌を改良してください」数平米くらいならいざ知らず、かなりの面積に敷いたシートをいったん剥がせと言うのです、これを聞き一瞬で心が折れました。


シートを使うとその後の土壌改良はとても難しいです、直植えならローンスパイクを使用してエアレーション作業なども出来ますが、シートにスパイキングで穴を開けたら元も子もないです。

目土(目砂)入れも同様です、入れてしまうと飛来種子の発芽抑制が出来ないので雑草の餌食になってしまうでしょう、大枚をはたいて高価な植栽シートを購入し苦労して敷いたのに、けっきょく植栽シートを剥ぎ取って直植えする方も少なくありません。

植栽シート(通根タイプの防草シート)を使用すると上記のような不具合も発生しますのでDIYされる方は十分に注意して下さい、不安なら外構屋さんなどに土壌の状態を見てもらい必要であればシートを敷く前に土壌改良することをお勧めします。

また一般住宅の庭などある程度管理ができるのであれば植栽シートはトラブルも多いので使わない方が無難です、クラピアの植栽事例を見ると植栽シートを使わない方が元気よく綺麗に育っているクラピアが多いです

当ブログの記載内容はあくまでも住宅の庭など狭い範囲に植栽されたクラピアの管理方法などについて紹介しています、畦畔、道路、河川、公園、太陽光発電施設などに使用しているクラピアは想定していません、またクラピアは植え付ける場所によって上手く育たないこともありますので注意して下さい、特に気候や日照、土壌環境は重要な要素ですメーカー販売店のサイトに詳しく書かれていますからよく読んで下さい。

※掲載画像は数年前にクラピアの植栽シート併用状況を記録したサンプルです。
※クラピア ® は、株式会社グリーンプロデュースの登録商標です。
※ミドリス ® は、ミドリス株式会社の登録商標です。
※アーシング ®(Earthing)は、株式会社アーシングジャパンの登録商標です。






最終更新日  2021年05月22日 06時15分52秒
[クラピアの植栽シート] カテゴリの最新記事


PR

X

サイド自由欄

CKNLのプロフィールは↓こちらにまとめましたm(_ _)m
PVアクセスランキング にほんブログ村

注)クラピアへの農薬使用につきましては自己責任でお願いします、ブログ内では取り扱い方法まで詳しく記載していませんので、実際に使用される時はソーラーサポートセンターの「クラピアの病気・枯れ・害虫の対処法」をご参照願います URL↓
https://sorasapo.com/list-of-pesticides-for-kurapia

クラピア ® は株式会社グリーンプロデュースの登録商標です。
クラピアについて詳しく知りたい方は、総生産・販売元が運営する「クラピア育て隊」が便利です、ぜひご覧になってください。

クラピアは改正種苗法による登録品種です。茎、葉、根を無断で栽培、増殖、譲渡、販売、輸出入等しますと種苗法に違反しますのでご注意ください。

日記/記事の投稿

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.