3644837 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

緑の温もりを感じる庭づくり〜北限のクラピア〜

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

タイムとの混植実験

2019年11月08日
XML

我が家の庭は画像を見ても分かるように簡易フェンスがあるだけで、塀や基礎に囲まれている状態ではありません、クラピアの脱走防止は2×4の木材を並べているだけです。

繁茂期は 1日に数センチも伸びるランナーにどう対処しているかと言うと、実はクラピアはある種の植物を嫌う傾向があることを以前に拝見したことがありました。



下矢印 アレロパシーハーブのランナー止め範囲を示します


アレロパシーと言う植物の生産する物質が他の植物に及ぼす「他感作用」を利用すれば、クラピアのランナー(匍匐茎)の暴走を抑えることが出来ると考え実験しています。

----------------------------------------------------------------------------


<新品種> クラピアk7(白花) 9cmポット苗



今日のひと押し 下向き矢印 デメリット 枯れた匍匐茎は見苦しい

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ

----------------------------------------------------------------------------

数種類のハーブを使用して実験を重ねた結果、クラピアと同じ管理方法で定着できるアレロパシーハーブをある程度絞り込むことが出来ました、これを周囲に配置しランナー止めとして利用しています。



下矢印 アレロパシーハーブのランナー止め範囲を示します


画像のようにアレロパシーハーブの所までクラピアのランナーが来ると、伸びが極端に遅くなりますので、段差のない土間コンやアプローチの地際での利用に有効かと思われます。

----------------------------------------------------------------------------​

クラピア大好き」Facebook グループは、全国のクラピア仲間と情報を共有しています






最終更新日  2019年11月09日 04時33分14秒


2017年06月16日
庭の一部分はクラピアとクリーピングタイム類を混植してます、これはこれで利点もあって続けているのですが、やはりきれいに保とうとすると手間がかかります。

同じ場所にクリーピングタイムとクラピアを一緒に植えてると、最終的にどちらが残ると思いますか、何となく伸びが良いクラピアが残りそうな感じですよね。

私も最初はそう思っていました、実際に、よ~いドン!でスタートさせたら最初はクラピアが圧倒的に面積を広げました。

ところがですよ、月日が流れるとですね、タイムの部分はクラピアの侵入が拒まれて、クラピアの面積が徐々に減ってきました。

冬枯れてしまうクラピアと違って常緑のタイムは春先のスタートも優位です、そうするとドンドン面積を広げて最終的にはタイムが勝ち残ったのです。


グランドカバーとしてタイムを見た場合、もっとも気になるのが古くなった株元です、画像を見ても分かるように葉っぱが付かなくなり木質化した茎で覆われてしまいます。


なので時々更新作業が必要となります、その時に行うのがクラピアの増殖作業です、割合からするとクラピアとタイムが半々くらいで覆われてると見た目が良いです。


徐々に少なくなるクラピアをこうして株の更新時に補充すると言った具合です、いつも行うくり抜き増殖です、木質化したタイムの茎はとても固いので鋸刈りで切り取ります。


元肥の投入はクラピアにとって意外と重要です、これがあるのと無いとではランナーの伸びに差が出ます、早めに被覆したい場合は入れてください。


くり抜いてきた苗を入れます、根が穴に密着するように押し込んでください、段差ができる場合は掘り上げた土で調整します。


今日のひと押し 下向き矢印【 豆知識No6 泥はねのしない庭づくり 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


グッド クラピアのFacebookページは、気になるクラピアの記事をピックアップして頻繁に更新してます、題して「クラピアレポート」クラピアのことなら何でも書き込みます


タイムの中にクラピアを植え込みました、これでしばらく様子を見ます、クラピアの伸びが悪いようでしたらタイムを剪定して調整します。


と言った具合にクラピアとタイムの共存はとても手間がかかります、このままいつまでも混植させるのも大変なので、いずれはタイムを減らしてクラピアのみにしようかと考えています。






最終更新日  2017年06月16日 05時00分04秒
2016年10月14日
[グランドカバー] ブログ村キーワード 緑の温もりを感じる庭づくり~LcdDamのブログ~

混植エリアの記事を書くのは、なんと一年ぶりです、そんなに書いて無かったのかと自分でもびっくりしてますが、それだけ書くネタが無かったという事かも。

と言うのも、ほとんど完成形に近づいてしまったので、これ以上望むものが無くなったと言うのが正直なところです。

下の画像で昨年と比べてみても分かるように、今年はとても密に茂りクラピアとタイムが良い感じに育ってくれました。



上矢印 今年の10月12日 下矢印 昨年の10月25日

混色エリアの定点観測画像2

この状態を作り出すには徹底的にタイムの軸刈りを防ぐしかありませんでした、そんな訳で今年はタイムの花を見ていません、花を付けるまで立ち上がらせると 下矢印 こんなふうに軸刈りになってしまいます。

軸刈りのロンギカウリスも復活2

それに今年はどういう訳かタイムの調子が良い、今まで育ててきた中で一番元気よく育ってくれた一年間でした。


グランドカバーとしてのタイムはクラピアに比べると少し手間がかかります、でも捨てがたい魅力があって、これからも育てていくつもりです。


この小さく密に茂る葉っぱが良いですね、それとなんと言っても香りです、かなり強烈にスパイシーな香りを発します。


香りなので好みもあるでしょうけど私は好きです、タイムによっても香りが違うので一概には言えませんが、おすすめはクリーピングタイムの白花(ワイルドタイム)です。

庭に出るとわざとタイムの上を歩いたりします、瞬く間に爽やかな香りに包まれてリフレッシュすることが出来ます。

爽やかな香りが自慢「クリーピングタイム」の販売サイトはこちらです 下矢印


クリーピングタイム(ハーブ苗)

低く這わせたい時は「ロンギカウリスタイム」の販売サイトはこちらです 下矢印


ロンギカウリス タイム(ハーブ/3号(9cmポット苗))


グッド タイムの違いを含めてグランドカバーの比較表がありますので詳しくはそちらをご覧ください。


にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ



謝)当ブログにご訪問いただき誠にありがとうございます、ブログを継続する糧としてブログ内にアフィリエイトリンクを張っています、リンクによっては閲覧者の意に反して別窓で開いてしまう場合がもありますのでご了承ください。

注)価格が記載されているアフィリエイトリンクは、ブログへの張付け時と現在とで価格が変わっている場合があります、購入する際はリンク先で改めてご確認願います。






最終更新日  2016年10月24日 06時17分46秒
2016年08月15日

狙い通りになってきたのか、それとも偶然なのか、以前から気になっていたタイムのアレロパシー効果(他感作用)が見えてきた感じです。

アレロパシーとは、植物が他の植物の生長を抑える物質(アレロケミカル)を放出したり、あるいは動物や微生物を防いだり、あるいは引き寄せたりする効果の総称です。

一般に香料などに用いられるハーブはアレロパシー効果が高いとされています、そこでクリーピングタイム白花(ワイルドタイム)を庭の周囲に植えて二つの事に期待しました。

一つ目は害虫の侵入を防ぐためです、そして二つ目は塀のない我が家の庭でクラピアの暴走を食い止めてくれることです。


まず、分かりやすいようにクラピアの花がある時に撮影した画像をご覧ください 上矢印 画像の花が無い場所にはタイムが植えてあります、クラピアはタイムのエリアにも侵入しますが、その勢いは極端に悪くなり花数が少なくなります、画像からもクラピアの広がりがかなり抑制されているのが分かります。


境界部分をアップした画像です 上矢印 右側の花を付けている部分がクラピアで、左側の部分がタイムになります、そしてさらに左側が庭の周囲にある仕切り板です。


こちらの画像は 上矢印 下から上にクラピアが伸びていきますが、境界沿いに植えてあるタイムのところでランナーの伸びが阻害されそれ以上伸びません。

----------------------------------------------------------------------------


【当店農場生産】ワイルドクリーピングタイム 9センチポット苗 グランドカバーに最適!



今日のひと押し 下向き矢印 豆知識 泥はねのしない庭づくり

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ

----------------------------------------------------------------------------

クラピアはタイムのところに来るとランナーの本数が少なくなります、この状態は以前にkira-kiraさんのHP「赤い棚のある小さな庭」で見たときと同じ状態です。


そしてダメ押しで今年はタイムのど真ん中にクラピアを移植してみました、するとやはりランナーを広げることが出来ずに小ぢんまりとしています。

結論にだんだんと近づいてます、庭の周囲にタイムを配置したのは読み通りになりました、匍匐性で低く刈り込んでも育ってくれるタイムですが、踏み圧に少し弱く肌触りが悪いので、こうして庭の周囲に配置すると、クラピアのランナーの暴走止めに一役買ってくれます。

注)本文出てくるタイムはクリーピングタイム白花(ワイルドタイム)です、他のタイム(ロンギカウリス、レイター)では上記のような効果があまり見られません、タイムによっても差があるので注意してください。

----------------------------------------------------------------------------​

クラピア大好き」Facebook グループは、全国のクラピア仲間と情報を共有しています






最終更新日  2019年11月09日 05時28分12秒
2015年11月05日
クラピアとタイムの混植エリアを定点観測した画像です、その様子を一か月単位で並べてみましたので紹介します、夏から秋にそして冬へとタイムが少しずつ目立ってくるのが分かると思います。

軸刈りのロンギカウリスも復活4

上矢印 7月26日 下矢印 8月29日

タイムとの混色エリアの被覆完了1

上矢印 8月29日 下矢印 9月27日

混色エリアの定点観測画像1

上矢印 9月27日 下矢印 10月25日

混色エリアの定点観測画像2

雪が積もれば終わりになりますが、この先は今よりもっとタイムが目立ってくると思われます、年間を通して緑を提供してくれる混植エリア、今年も何とか思った通りになりそうです。






最終更新日  2016年10月12日 08時49分16秒
2015年09月04日
クラピアの伸びも穏やかになってきた時期ですが、やっとタイムとの混植エリアの被覆が完了しました、今年はカットのタイミングが悪くてロンギカウリスの株元が隠れてくれず、半分あきらめていましたが、何とかなりました。

被覆が進んだのは、ここ最近は気温も低くなってきたので、タイムの育ちが良くなったと言うのが正直なとこです、やはり、天候の影響は大きいですね、絵に描いたように上手くいきません。

軸刈りのロンギカウリスも復活2

上矢印 6月25日 下矢印 7月26日

軸刈りのロンギカウリスも復活4

上矢印 7月26日 下矢印 8月29日

タイムとの混色エリアの被覆完了1

しばらく続いたキノコの発生も、時期が終わったのかパタッと生えなくなりました、さて、来週は何とか刈り込みをしたいと思っていますが、お天気が心配です。






最終更新日  2016年10月12日 08時48分24秒
2015年08月24日
今の時期はクラピアが繁茂しまくって、タイムの存在を忘れてしまうほど、でも、近づいてよく見るとクラピアよりもずーっと小さな葉っぱが見えます、そう、ロンギカウリスの葉っぱです 下矢印

クラピアと共存するタイム1

クラピアの花が大きく見えるほどの小さな葉っぱ、クラピアに埋もれているけど、元気に育っています、控えめなロンギカウリスですが、その生命力はなかなかのものです。

クラピアと共存するタイム2

画像のクラピアの葉っぱが半分にカットされているのが分かると思いますが、芝刈り機で刈り込んだ時のものです、カット面は痛々しいですが枯れることもなく成長してます 下矢印

クラピアと共存するタイム3

タイムとクラピアの混植エリアでの育て方に色々と試行錯誤しています、一番の難関はタイムの木質化です、どうしても隠すことが出来なくて、黒っぽく見えてしまいます 下矢印

クラピアと共存するタイム4

クラピアのランナーも木質化したタイムの茎に阻まれて入り込めないようです、今年も上手く隠すことが出来なかったので、来年こそはと策を練っています。






最終更新日  2015年08月24日 06時51分47秒
2015年07月27日
梅雨に入る前に、思いっきりカットしたクラピアとの混植エリアのロンギカウリス、少し大胆すぎたと後悔しましたが、やっと復活してきました、やはりクラピアより時間がかかります。

軸刈りにならないようにするには、もっと早めに低くカットしないとダメっぽい、花が咲き終わった時点で、葉っぱが残らないくらいにカットするか、花をあきらめて葉っぱが肥大化する前にカットするしかないと思っています。

軸刈りのロンギカウリスも復活1

上矢印 6月21日 下矢印 6月25日

軸刈りのロンギカウリスも復活2

上矢印 6月25日 下矢印 7月26日

軸刈りのロンギカウリスも復活4

まっ、もともと匍匐性タイムとは言え、草丈を 2cm以下にしようとするのに無理があると思いますが、でも、カットのタイミングさえつかめば何とかなりそう、頑張って挑戦してみます グッド






最終更新日  2015年07月27日 06時20分14秒
2015年06月24日
この時期になってくると、クラピアを植えられている場所では、一面花畑の状態だと思います、何を隠そう我が家でも、クラピアの花が満開状態で、足を踏み入れるのもためらってしまいそうな状態です 下矢印

クラピアの混植エリアでの花数2

画像の手前は S2(ピンク花)です、奥に広がっているのが S1(白花)で、どちらも競い合うように花を付けています、花茎は、葉っぱよりも立ち上がって 5cmほどになります。

普段から良く歩く場所は問題ないのですが、踏圧が無い場所では、花の数も多く、人が入り込むのを拒絶するかの様な勢いで咲き誇っています。

で、本題に入りますが、庭の 1/3ほどを占めるタイムとの混植エリアに目を移すと、何と、クラピアの花の数が激減します、当然と言えば当然なんですけど、これくらいの花数の方が良い感じに見えてきます 下矢印

クラピアの混植エリアでの花数1

心理的に、花の上を避けて歩いてしまうので、最近は混植エリアを多く歩くようになってしまいました、タイムはあまり踏圧に強くないので、出来ればクラピアの上を歩きたいとこですがね しょんぼり

そんな訳で、近々には庭全体の刈り込みを予定しています、一旦リセットしても、今の時期はすぐに花が復活してきますが、昨年の感じだと最初より花茎が短くなる傾向になりましたので、今年も挑戦してみます グッド






最終更新日  2015年06月24日 06時47分03秒
2015年05月22日

春の雪解け時期から庭に緑を提供してくれたロンギカウリスタイムでしたが、先日、花の終わりとともに刈り込み作業をしました、すると、下に隠れていたクラピアに日光が当たり、いっきに成長を加速させ、数週間もすればロンギカウリスを飲み込んでしまうでしょう。

クラピアとタイムの混植実験も、そろそろ終盤に差し掛かってきました、寒さに強く常緑のタイムと、グランドカバープランツとしては耐寒性以外は特に不満のないクラピアを、同じ場所に植えてみましたが、現在までにどちらかが負けて枯れるといった事はありませんでした。

タイムからクラピアへ交代します1

画像の左側はロンギカウリスとの混植場所です 上矢印 花が終わって刈り込んだ時を撮影しました、ロンギカウリスのランナーの間にクラピアが顔を覗かせています。

積雪期間が長く寒い地方ではクラピアの冬枯れ時期の見た目が悪いので、解決策になるかと試してみた混植実験(常緑タイムでのオーバーシード)は、まずまずの成果だったと思います、昨年から今年までの様子を、定点観測画像で紹介します 下矢印

タイムとの混植実験の結果1

上矢印 2014年5月9日(実験の開始クラピアの間にタイムを植えます)

20140702

上矢印 2014年7月2日(この頃はタイムの株元が黒く見えています)

混植実験のまとめ1

上矢印 2014年8月14日(クラピアに完全に飲み込まれてしまいます)

混植実験のまとめ2

上矢印 2014年11月23日(クラピアの冬枯れが始まると顔を出します)

ロンギカウリス無事に越冬1

上矢印 2015年3月2日(雪解け直後でもタイムは緑色をしています)

ロンギカウリスどんどん成長6

上矢印 2015年4月8日(冬枯れのクラピアの上にタイムが育ちます)

ロンギカウリスも被覆完了に近いぞ1

上矢印 2015年4月17日(タイムが庭を埋め尽くし緑を提供します)

ロンギカウリスの絨毯が完成1

上矢印 2015年5月6日(庭一面に広がったタイムの桃色花絨毯です)

タイムからクラピアへ交代します2

上矢印 2015年5月17日(花を刈り込むとクラピアが再び復活します)

3月の雪解け時期から緑を提供してくれたロンギカウリス、5月までのたった 3ヶ月間でしたが、とても目を楽しませてくれました、今度お目にかかれるのはクラピアが冬枯れる11月ですね、それまではクラピアの下でユックリと休んでいてください ウィンク

----------------------------------------------------------------------------


ロンギカウリス タイム(ハーブ/3号(9cm)ポット苗)



今日のひと押し 下向き矢印【 豆知識No4 クラピアは動物に優しい 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ

----------------------------------------------------------------------------

! これまでの実験結果から感じた事をまとめてみました。

・基本的に見た目重視です、タイムはクラピアほど踏み圧に強くないので頻繁に歩く場所には向きません、タイムのランナーも葉の付け根から発根しますが、そのスピードは遅く、ランナーが土に定着するのに時間がかかる為、その間に外から力がかかると簡単に浮き上がってしまいます。

タイムは放置すると茎が木質化し固くなります、刈り込みや株分けで、ある程度の木質化は防げますが、素足で歩けるほどに柔らかくはなりません、また、木質化すると黒く見えるので、見た目重視の場合は頻繁に刈り込み等のメンテナンスが必要となります。

刈り込み作業がクラピア単体で育てているより増えます花の刈り込み蒸れ枯れ防止の刈り込み等です、ただし、クラピアの繁茂する時期になるとクラピアと一緒に芝刈り機で刈れるので、とくに煩わしさは感じられなくなります。

・クラピアが成長してくると、タイムを植えているのが分からないほど一体化します、この時期になるとクラピアが上に覆いかぶさるので木質化した株元や、固くなったランナーを保護し、素足で歩いても大丈夫です。

混植に使用するクラピアは高速被覆品種のS1が向いています、雪解け後の再被覆にはランナー伸長時の加速力が重要です、花を刈り込む時期までにある程度クラピアが伸びていることで、見た目が良くなります。

・混植に使用するタイムについては、タイム・ロンギカウリス(ピンク花)が寒い時期でも常緑を保つのでおすすめです、ワイルドタイム(白花)は雪解け時期になると葉が黒く変色するので見た目が良くありません。

・コンパニオンプランツとしての病気抑制殺菌効果)については、明確な結果を得られていません、ただ、単一品種で庭を覆うよりは明らかに土の状態は良くなっています、タイムを混植した場所は土が柔らかくなりましたタイムの根は細く弱々しいですがとても広範囲に広がります。

・雑草抑制についてはクラピア単体とさほど変わりませんが、タイムの草丈が出る春先は、雑草がある程度成長しないと発見が難しくなり、結果的に混植場所では雑草が増える傾向になりました

クラピアの伸長には肥料が欠かせませんので混植エリアにも施肥を行いました、結果、肥料をあまり必要としないタイムには肥料過多となります、成長過程では特に弊害はないのですが、タイム独特の清涼感ある香りが弱まり、ロンギカウリスに至っては香りがほとんど無くなります

注)ここで言うタイムとは、クリーピングタイム(匍匐性タイム)のことで、タイムロンギカウリス(園芸種)とワイルドタイム(白花)を指します。

注)植栽する地域によって生育環境は異なります、内容の全てが他の地域に当てはまる訳ではないので、あらかじめご了承ください。(植栽地域は岩手県盛岡市)

以上ですが、今後も生育結果を見ながら、加筆修正を行いたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------​

クラピア大好き」Facebook グループは、全国のクラピア仲間と情報を共有しています






最終更新日  2019年10月29日 04時44分41秒
このブログでよく読まれている記事

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.