2548507 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北限のクラピア

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

クラピア(K7)サンプル

2019年09月07日
XML
最近になってクラピアK7を育てている方のブログやSNSを見ていると、トラブルが発生している様子が目につく。

クラピアK7は新品種で、なおかつ今年になって一般向けに売り出されました、基本的には他の品種とそれほど変わらないのですが、なのにどうしてトラブルが多いのか(文末に続く)



上矢印 今年の8月 下矢印 昨年の8月


私は現在2年目のクラピア K7を育てているが、まずまず順調には育っている、ただ少し被覆密度が良くないので現在対策を講じているところです。

----------------------------------------------------------------------------



今日のひと押し 下向き矢印【 デメリットNo6 コガネムシの幼虫に注意 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ

----------------------------------------------------------------------------

密度を上げる対策として牛ふん堆肥をチョイスしてみました、クラピア仲間の中で考え出された得策です、皆さんいろいろと考えてくれるので助かっています。




話は最初に戻って、クラピアを検討され今年になって初めて導入された方は、現在出回っている品種の中から購入することになったと思う、当然のごとく改良を施され性能が良くなったと思われる K7を選択したでしょう。

ここで、こういう構図が生まれたのです、新外構 = クラピア初植栽 = 新品種 = 不慣れ = 病気などのトラブル。

何を言いたいかと言うと、要は「熟れて(こなれて)いないのです」、消費者も生産者も、販売店も2年しか経っていない品種を扱いきれていない。

新品種の性能はメーカー言うように向上していると思います、ただ仮に固有のトラブルがあった場合への対応がまだ確立されていません、消費者の声が届きにくい体制は今も変わりませんから、皆で知恵を出し合って解決しようと思っています。

----------------------------------------------------------------------------

クラピア大好き」グループ、優しいクラピア仲間がたくさんいます、クラピアに興味のある方はどなたでも入会できますし退会も自由ですから、どうぞお気軽にお立ち寄りください。






最終更新日  2019年09月07日 19時52分15秒
2019年04月26日
昨年の今時期に植え付けたクラピアK7も無事に芽吹き、このところの暖かさも相まって順調に成長を始めました。



上矢印 03月11日 下矢印 04月12日



上矢印 04月12日 下矢印 04月16日



上矢印 04月16日 下矢印 04月25日


芽吹きのタイミングはSシリーズ、Kシリーズともそれほど大きな違いは無かったですね、今年は早くもなく遅くもなくの平年並みでした。

新発売のクラピアK7をさっそく植えた方もいます「クラピア大好き」グループ、優しいクラピア仲間がたくさんいます


グッドクラピアに興味のある方はどなたでも入会できますし退会も自由ですから、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

今日のひと押し 下向き矢印【 デメリットNo8 ミツバチがたくさん来る 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ




今日のひと押し 下向き矢印【 豆知識No6 泥はねのしない庭づくり 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


苗ドーム部分は芽吹きも早かったのですでに葉っぱが茂っています、太陽の光を浴びでグングン成長中です。


この様子を見ている時が一番楽しいですね、躍動的で毎日見ていても飽きない、驚くほどの成長ぶりに初めてクラピアを植えた方はビックリすると思います。






最終更新日  2019年04月26日 04時52分26秒
2019年04月17日
昨年の今時期に植え付けたクラピアK7も無事に越冬し新芽が出始めました、さっそく他の品種との比較をしてみます。



上矢印 2018年04月25日 下矢印 2019年03月11日



上矢印 03月11日 下矢印 04月12日



上矢印 04月12日 下矢印 04月16日(新芽が出始めた)


他の品種S1やS2とほぼ同時期での新芽情報となります、Kシリーズは寒さに強い品種と言うことで売り出されていますが、実際に育ててみると Sシリーズとの違いを感じることはないです。

盛り上がっています「クラピア大好き」グループ、優しいクラピア仲間がたくさんいます、クラピアのことなら遠慮なく何でも聞いてください


グッドクラピアに興味のある方はどなたでも入会できますし退会も自由ですから、どうぞお気軽におこしください。

今日のひと押し 下向き矢印【 豆知識No9 萌芽を促進する目土入れ 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ




今日のひと押し 下向き矢印【 豆知識No3 環境改善エアレーション 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ



仮に一週間違ったとしても、その後の成長速度の違いもあって、再被覆にかかる期間は品種間で大差はないのです。




今年は寒の戻りが強くて霜が降りる時期も遅くまで発生しそうです、せっかく出た芽を少しでも保護したく苗ドームはもう少し被せておこうと思っています。






最終更新日  2019年04月17日 05時13分45秒
2019年04月13日
クラピアシリーズの中で K5と同程度で耐寒性に優れると言われているクラピアK7、冬枯れは若干早く感じたが、芽吹きはどうなんだろう?



上矢印 12月08日 下矢印 03月11日



上矢印 03月11日 下矢印 04月12日(新芽は出てない)


残念ながら現在、岩手の盛岡近郊の我が家の庭ではクラピアシリーズ全ての品種で新芽が確認できていません 3月頃は暖かかったのですが、ここに来ての寒の戻りが例年以上に強く、影響が出ているようです(薄っすら緑は苔(コケ)です)

盛り上がっています「クラピア大好き」グループ、優しいクラピア仲間がたくさんいます、クラピアのことなら遠慮なく何でも聞いてください


グッドクラピアに興味のある方はどなたでも入会できますし退会も自由ですから、どうぞお気軽におこしください。

今日のひと押し 下向き矢印【 豆知識No9 萌芽を促進する目土入れ 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ




今日のひと押し 下向き矢印【 豆知識No3 環境改善エアレーション 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ



クラピアS1・S2混植エリアです、いまだに枯れたクラピアが一面を覆っています、最近の傾向としては目土(砂)を入れなくなったので、新芽の発生時期が遅くなっています 下矢印


数年前まではとにかく早く緑にしたくって萌芽の時期を気にしていましたが、この時期に数週間程度違っても、梅雨時期の頃までに被覆率が一様になることが分かってきたので、あまり気にしなくなってきました。






最終更新日  2019年04月13日 18時08分52秒
2019年03月13日
品種による芽吹き時期の違いが多少あるクラピア、一般的に Kシリーズは耐寒性が増しているため緑色維持期間が長いと言われています。


植え付けた品種 下矢印


上矢印 12月08日 下矢印 03月02日(現在は冬枯れ中)



上矢印 03月02日 下矢印 03月11日(新芽は出てない)


K7の越冬は今回が初めてなので果たしてどうなるか楽しみです、今のところ岩手の盛岡ではどの品種も芽吹いてはおりません。

こんな面白い実験 上矢印 を日々行っている、「クラピア大好き」グループ、FBアカウントをお持ちの方は遊びに来てみませんか、あまり知られていないクラピア情報満載です


グッドクラピアに興味のある方はどなたでも入会できますし退会も自由ですが、個人宅の画像等を使用しますので非公開グループとなっています。

今日のひと押し 下向き矢印【 デメリットNo1 カットが必要になります 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ




ただし今までの観察結果から、我が家の庭ではクラピアS2の芽吹きが早い傾向にあることが確認できています、今年はどうなるのでしょうか S2エリアです 下矢印


それともう一つ、この芽吹き時期の違いは施肥や植え付け環境によってだいぶ変化することも記載しておきます、こんなに狭い庭でも場所によって半月ほど違いますから。

クラピア情報関連でもう一つ Yahoo!ブログで紹介してきた定点観測画像はYahoo!ブログ終了のため年度末で終わりにします 下矢印

今まで庭の定点観測画像は 1か月単位で投稿してきましたが「Yahoo!ブログ」にて随時投稿してますので、そちらも覗いてみて下さい 目
Yahoo!ブログ → LcdDam_Kurapia のブログ~クラピアの定点観測~






最終更新日  2019年03月13日 04時00分06秒
2019年03月03日
思っていた以上に冬枯れが早かったクラピアK7、春の芽吹きも少々心配です、今年は暖かい冬だったので他の品種と同様に順調に芽吹いてくれると良いのですが。



上矢印 11月06日 下矢印 11月22日(急に赤くなった)



上矢印 11月22日 下矢印 12月08日(このまま冬枯れ)


植え付けた品種 下矢印


上矢印 12月08日 下矢印 03月02日(現在は冬枯れ中)


K7は初めての冬なのでタイミング的に他の品種との違いがまだ分かりません、逆に言えばどうなるかとても楽しみでワクワクしています。

こんな面白い実験 上矢印 を日々行っている、「クラピア大好き」グループ、FBアカウントをお持ちの方は遊びに来てみませんか、あまり知られていないクラピア情報満載です


グッドクラピアに興味のある方はどなたでも入会できますし退会も自由ですが、個人宅の画像等を使用しますので非公開グループとなっています。

今日のひと押し 下向き矢印【 デメリットNo1 カットが必要になります 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ




クラピアは表面は赤茶けて枯れていますが、少しほじって見るとランナー(匍匐茎)はしっかり生きているのが確認できます 下矢印


ココから新しい葉っぱが出てくるのが萌芽、例年だと桜の開花時期ですが、今年は桜も早そうなのでクラピアの芽吹きも早いかなと期待しています。

クラピア情報関連でもう一つ Yahoo!ブログで紹介してきた定点観測画像はYahoo!ブログ終了のため年度末で終わりにします 下矢印

今まで庭の定点観測画像は 1か月単位で投稿してきましたが「Yahoo!ブログ」にて随時投稿してますので、そちらも覗いてみて下さい 目
Yahoo!ブログ → LcdDam_Kurapia のブログ~クラピアの定点観測~






最終更新日  2019年03月03日 06時11分06秒
2018年12月09日
前回から1か月ほど経過したので報告します、クラピアK7の耐寒性です、メーカーの説明ではクラピアシリーズの中で K5と同程度で耐寒性に優れると言われているK7ですが、残念ながら我が家の庭ではS1より早く緑が失われてきました。

まだK7の植栽例が少ないので何とも言えませんが、これほどハッキリと違いが出るとは思ってもいませんでしたので、正直言って驚いています。



上矢印 10月21日 下矢印 11月06日(少し赤みが出た)



上矢印 11月06日 下矢印 11月22日(急に赤くなった)



上矢印 11月22日 下矢印 12月08日(このまま冬枯れ)


植え付けた品種 下矢印

あまりにも紅葉が進むので苗カバーを被せてみました、寒さだけが原因なのか、他の病虫害も疑ってみたくなるほどの違いです。

クラピアS1でも年内いっぱいは緑を保つ部分もありますから、この「緑色維持期間」と言うのは品種間での差っと言うよりは、植えつけた環境の影響が大きい気がします。


今日のひと押し 下向き矢印【 デメリットNo1 カットが必要になります 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


グッド クラピアのFacebookページは、気になるクラピアの記事をピックアップして頻繁に更新してます、題して「クラピアレポート」クラピアのことなら何でも書き込みます




それにしても、期待が大きいかっただけに、これほど早く赤くなってしまったのには少々ガックリですね、せめてS1よりは長く緑でいて欲しかった、隣のヒメイワダレソウと殆ど同じです。

クラピアK7とクラピアS1の境目付近拡大、赤くなっているのはK7です 下矢印


いつも書きますが、これはあくまでも我が家の庭で起こっている現象です、気候や土壌環境はそれぞれ違いますので一概に言えないことをご了承ください。


今まで庭の定点観測画像は 1か月単位で投稿してきましたが「Yahoo!ブログ」にて随時投稿してますので、そちらも覗いてみて下さい 目
Yahoo!ブログ → LcdDam_Kurapia のブログ~クラピアの定点観測~






最終更新日  2018年12月09日 19時03分01秒
2018年11月10日
実は10月下旬ころから気になっていた、そんなことないだろうな~、寒さより別な原因(虫とか病気)だろうと言い聞かせていた。

でも実際に起こっていることを捻じ曲げて書いてもしょうがない、ハッキリ言いましょう、我が家の庭ではクラピア K7が最初に赤くなりました。

メーカー(グリーンプロデュース)のサイトでクラピア K7の特徴に「クラピアシリーズの中でK5と同程度でS1より耐寒性に優れてる」と書かれています。

我が家のS1は度重なる極寒を乗り越えてきたせいで耐性が付いたのでしょうか、強力に緑を維持し新品種の K7に勝っています。



上矢印 08月29日 下矢印 10月05日



上矢印 10月05日 下矢印 10月21日



上矢印 10月21日 下矢印 11月10日


植え付けた品種 下矢印

画像でもかなり明確に分かるようになってきました、右側のS1・S2に比べるとだいぶ色褪せたのが見とれると思います。


今日のひと押し 下向き矢印【 デメリットNo1 カットが必要になります 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


グッド クラピアのFacebookページは、気になるクラピアの記事をピックアップして頻繁に更新してます、題して「クラピアレポート」クラピアのことなら何でも書き込みます




赤くなっていくK7を心配そうに見つめるマリーにゃん、どうしようもないよね~、暖かくなって元気に復活するのを待ちましょう。


いつも書きますが、これはあくまでも我が家の庭で起こっている現象です、気候や土壌環境はそれぞれ違いますので一概に言えないことをご了承ください。


今まで庭の定点観測画像は 1か月単位で投稿してきましたが「Yahoo!ブログ」にて随時投稿してますので、そちらも覗いてみて下さい 目
Yahoo!ブログ → LcdDam_Kurapia のブログ~クラピアの定点観測~






最終更新日  2018年11月13日 18時32分05秒
2018年10月24日
メーカー(グリーンプロデュース)のサイトでクラピア K7の特徴に「クラピアシリーズの中でK5と同程度で耐寒性に優れる」と書かれています。

注意事項には「ここでいう耐寒性とは、寒冷条件下でも緑色維持期間が長いという意味であり、生存可能な最低温度には品種間に大きな差は見られません」とも書かれている。

要は、最低温度に対しての生き残る強さは同じだけど、冬枯れが遅くて芽吹きが早いので緑の期間が長いよ~と言うことです。



上矢印 08月29日 下矢印 10月05日



上矢印 10月05日 下矢印 10月21日


植え付けた品種 下矢印

寒くなってきたのでそろそろ検証したいと思っていますが、最近庭に出ると「んっ?」となります上の画像で分かるかな~、左側のヒメイワダレソウが赤くなってきた、次にK7か?


今日のひと押し 下向き矢印【 デメリットNo1 カットが必要になります 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


グッド クラピアのFacebookページは、気になるクラピアの記事をピックアップして頻繁に更新してます、題して「クラピアレポート」クラピアのことなら何でも書き込みます




S1やK5の葉色に比べると K7の赤くなるのが少し早く感じる、ヒメイワダレソウほどではないが我が家の庭では現在のところ、S1=K5>K7>ヒメの順で緑色を保っています。


まっそうは言っても、実際に育てていると分かるのですが、紅葉や冬枯れの始まりは、環境や施肥の状況によってたいぶ変化するので一概に言えない。


今まで庭の定点観測画像は 1か月単位で投稿してきましたが「Yahoo!ブログ」にて随時投稿してますので、そちらも覗いてみて下さい 目
Yahoo!ブログ → LcdDam_Kurapia のブログ~クラピアの定点観測~






最終更新日  2018年10月24日 04時30分07秒
2018年08月29日
メーカー(グリーンプロデュース)のサイトでは「クラピアK7」の特徴説明にこう書かれています「S1から選抜した品種であり、S1より優れた特性を持ちます、S1より耐寒性に優れ、葉の色が濃く、より美しい造園の景観を実現できます」とのこと。

そこで今回は葉の色について実際に検証してみました、繁茂期もそろそろ終わりになり、今が一番クラピアの見栄えが良いと思われますので、さっそく比べてみました。


植え付けた品種 下矢印

どうです「おわかりいただけただろうか」(^_^;) 心霊じゃないってか、光の入り具合や水分量でも違いが出ますが、何となく分かりますよね、確かに他の品種に比べると若干ですが葉の色が濃く見えます。

ちなみに同じタイミングで取ったTM9(高麗芝)も載せておきます、芝は葉色と言うよりは、葉の形状が違うので光の具合でだいぶ違って見えます。


いずれ葉色については見た目の問題ですからハッキリ言いまして好みですね、どれが良いとは言い切れません、あくまでも葉色でクラピアを選ばれる方の参考になればと思っています。


今日のひと押し 下向き矢印【 デメリットNo1 カットが必要になります 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ


グッド クラピアのFacebookページは、気になるクラピアの記事をピックアップして頻繁に更新してます、題して「クラピアレポート」クラピアのことなら何でも書き込みます


庭にクラピアを植えていると見た目も気になりますよね、雑草抑制が主なので特に気にしていないと言う方は問題ありませんが、葉色にこだわる方は深い緑が特徴のクラピアK7、来春発売予定なので楽しみにしてて下さい。


暑い暑い夏もそろそろ終わりに近づきました、気が付くと日が短くなってきたのを感じます、クラピアに当たる太陽光も少し和らいできたようですね。


今まで庭の定点観測画像は 1か月単位で投稿してきましたが「Yahoo!ブログ」にて随時投稿してますので、そちらも覗いてみて下さい 目
Yahoo!ブログ → LcdDam_Kurapia のブログ~クラピアの定点観測~






最終更新日  2018年08月29日 07時55分20秒
このブログでよく読まれている記事

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

サイド自由欄



ご注意!

当ブログ内の農薬に関する記事は利用者が誤解や混乱を招かないよう全て削除しました、書かれていた内容については「ソーラーサポートセンター」の「クラピアの病気・枯れ・害虫の対処法」に網羅されていますので、こちらの記事をご参照ください URL↓
https://sorasapo.com/list-of-pesticides-for-kurapia

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

ランキング市場

お気に入りブログ

【ミニチュアダック… Paradaise KAIさん

マリ・クレール 手… ☆時遊人☆ 〜SlowLife Impossible〜さん

*ガーデン* cloud9602さん
・・雑木のある緑の… ・・usa1976・・さん
ぴよちゃんの日記 ポワポワちゃん1さん
お試しお勧め ♡ 買… kokokokoko7さん
まだ無題 たま79さん

プロフィール


CKNL


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.