2602008 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

緑の温もりを感じる庭づくり〜北限のクラピア〜

全4件 (4件中 1-4件目)

1

レモンタイム

2015年04月10日
XML
カテゴリ:レモンタイム
ついに盛岡でも桜の開花が発表になりました さくら 4月9日の開花は平年よりも 12日早く、1953年の統計開始以来最も早い開花なそうです、今年は、ほんと、暖かい冬でしたからね。

そんな暖かさの中、我が家では、レモンタイムが庭の隅でひっそりと復活していました、グランドカバーとして育てていないので、ほとんど手をかけてないタイムです ひよこ

レモンタイムも無事に越冬1

タイム達は強いですね、あんなに痛めつけられても、必ず復活してきます、レモンタイムも同様で、剪定されればされるほど、ますます元気になり、葉色もよくなります 四つ葉

レモンタイムも無事に越冬3

先日、ラジオの番組で、桜の剪定の話をしてたけど、花付をよくするには、間延びした枝を剪定するそうです、すると、蕾が増えて、たくさんの花を咲かせるようになるんだって さくら

レモンタイムも無事に越冬4

あまり詳しくは分からないけど、庭の植物でも、同じような事が起きます、タイムもクラピアも刈り込みをすると、元に戻ろうとして以前より増してパワーアップします どきどきハート

レモンタイムも無事に越冬2

無論、そこには栄養とのバランスが必要で、刈り込み = 肥料の増加となりますが、そのバランスが、なかなか難しいのも事実です、でも、上手く育った時は感激もひとしおです グッド






最終更新日  2015年04月10日 07時09分38秒
2014年09月02日
カテゴリ:レモンタイム
家の庭では隅の方に2株しか植えていないので、他の植物より圧倒的に肩身が狭い、レモンタイムの記事を久しぶりに書きます ノートえんぴつ もうずいぶん前になりますが、6月2日に勢い良くバッサリと刈り込みをしました、でも、少し刈り込み過ぎた感じで、なかなか新芽が出なくて ショック 焦りました、刈り込みした時の様子 下矢印

レモンタイムの刈り込み2

買ったばかりの芝生バリカンで、試し切りって感じでバッサリ はさみ いくらなんでも、低く刈り過ぎだろうと、今更ながらレモンタイムには、悪いことしたなーと反省 しょんぼり

でも、タイムたちは強いのです、根っこさえ残っていれば、復活するはず、そう信じて待つこと3ヶ月あまり、さすが期待を裏切らないですね 目がハート

レモンタイムの復活1

スクスクと大きくなり始め、クラピアに足元を侵食されながらも、伸び続けました、真夏の時期よりも涼しくなってきた今の方が、伸びが良い感じです グッド

レモンタイムの復活2

このエメラルドグリーン色の小粒な葉っぱは、まさしくレモンタイムでしょう、ん~なかなかの生命力です どきどきハート 今年は、花を見ることが出来ないと思うけど、この葉っぱだけでも十分なのです。






最終更新日  2014年09月02日 06時51分41秒
2014年04月16日
カテゴリ:レモンタイム
レモンタイムの記事を書くのは久しぶりです 時計 他のタイムたちに力を入れすぎて、レモンタイムは仲間はずれ状態です ショック

今はグランドカバーにこだわっているので致し方ない 涙ぽろり 匍匐(ほふく)性タイムとは少し違って、どうしても立ち上がってしまう。

それに、レモンタイムって書いてたので買ったけど、なぜかレモンの香りがしない ? 混植が原因なのか良く分からないが、普通のタイムになってしまいました しょんぼり

そんなレモンタイムですけど、さすがタイムだけあって、寒さには 雪 耐えています、春になって少し緑が 四つ葉 増してきました。

レモンタイムの春1


積雪に、だいぶ痛めつけられ 失恋 ペッタンコになりましたが、それでも春になって さくら ムクムクと、立ち上がってきましたよ 上向き矢印 存在感出てきました。

が、しかし、何も考えずに植えたので、少し邪魔になりつつあります、もう少し暖かくなったら株の若返りも兼ねて移植を行う予定です。(今年の植栽計画






最終更新日  2014年04月16日 07時12分24秒
2013年10月22日
カテゴリ:レモンタイム
今日も朝からパラパラと雨降りです、今年は雨が多い?、さっそく調べてみました。

盛岡の降水量は、と

   平均降水量  → 2013年
7月  185.5mm  → 461.0mm
8月  183.8mm  → 225.0mm
9月  160.3mm  → 202.5mm
10月   93.0mm  → 168.0mm

確かに、今年は多い!、観測史上と言う言葉が良く聞かれる訳だ、今、接近中の台風も10月に入ってからの数は、過去最多だそうです。

こんなに雨が多いので、乾燥気味の状態を好むタイム類には、さぞ過酷な環境だと思うけど、庭に植えているタイム類は元気いっぱいです。

クリーピングタイム → バリバリ元気です、思うに乾燥気味がダメなような気がする、涼しくて半日陰の所の方が育ちが良い。

ロンギカウリスタイム → チョット元気、成長がユックリなのでマイペース状態、コレも日照りが続くと葉が茶色に変わったりする、雨には全然影響されない。

レモンタイム → 元気になったり病んだり、雨が続いても問題なし、病む原因としては、虫がつきやすい、他のタイムに比べると、常に何かしら虫が居る、葉が食べられるので、スカスカになったりする。

10月19日のレモンタイム


10月19日のレモンタイムの様子、クラピアに埋もれていますが、背が高いので見分けがつき易い。

と言うわけで、この3種類のタイムについては、日本の湿潤な気候でも全然平気!、良く書かれている「ヨーロッパの地中海沿岸地域に分布し乾燥を好む」と言う記述にも、追記が必要な気がする。

植物の環境適応力は、思った以上に早いかも、移動できない生き物の知恵なのかな。






最終更新日  2013年12月10日 09時59分40秒
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR

サイド自由欄



CKNLのプロフィールは↓こちらにまとめましたm(_ _)m
PVアクセスランキング にほんブログ村

注)ブログの農薬に関しての記事は参考程度にして下さい
実際に使用される時はソーラーサポートセンターの「クラピアの病気・枯れ・害虫の対処法」に詳しく書かれていますので、こちらの記事をご覧ください URL↓
https://sorasapo.com/list-of-pesticides-for-kurapia

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.