2484271 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北限のクラピア

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

クラピア(2013年)

2013年12月27日
XML
カテゴリ:クラピア(2013年)
自宅の庭でクラピア(S1・S2・K5・K7)を数年間育ててみて感じた事をまとめてみました。
※K7の販売開始に伴いクラピアS1(白花)は 2019年3月末を持ちまして廃止となりました、現在流通しているSシリーズはピンク花のS2のみとなります。

育て方や、病気の事などは、過去の記事にも書いたし、たくさんのホームページでも紹介されているので、あえて書くこともないと思い、ここでは、本音?の部分を、クラピアで一般に記載されている9項目について、個人的に感じたまま書いてみます。

※ 以下の内容は、植栽する地域によって土壌や気温等の生育環境が異なります、全てが当てはまる訳ではないので、あらかじめご了承ください。(記事の植栽地域は岩手県盛岡市近郊)


1. 増殖スピードが速い、被覆のスピードは芝のおよそ十数倍です。

確かに早い、芝の十数倍かどうかは分からないけど、北国岩手の冷涼な気候でも、ビックリするくらい早いので、グランドカバーで早く土を隠したい場所に向いていると思います。

クラピアは、品種によって被覆スピードに差があります Kシリーズは Sシリーズに比べると匍匐性が若干遅いようです。(クラピア K5って成長が遅い


2. 緻密な繁茂、被覆密度が高く、他の雑草の進入を抑えます。

日陰だと緻密に繁茂しません(販売元では最低半日以上を推奨)塀や生垣の日陰部分、デッキ下などでは簡単に徒長し、これがクラピアかと思うほど、ヒョロヒョロと立ち上がります。

クラピアの雑草抑制は、緻密に繁茂させることで雑草の侵入を抑制するそうですが、実際は緻密に繁茂させても雑草はゼロになりませんでした、雑草の種類によっては目立つし、ランナー(匍匐茎)が緻密に茂ると抜くのも大変で、除草剤に頼ろうにもクラピア専用に販売されている除草剤は無いようです。

また、岩手のように寒い地方ではクラピアの芽吹きが 4月頃と遅いため、越冬した雑草の成長速度には敵いません、よって春先の雑草取りは必須となりますので、雑草対策にクラピアを過度に期待しない方が、後のショックも少ないと思います。


3. 被覆密度が高いので照り返しを防ぎ、ヒートアイランド現象の緩和にも効果が期待できます。

コンクリートの犬走りや防草シート&砂利敷きは、夏場の照り返しが気になります、踏まれても平気なクラピアは、駐車場や通路の泥はね対策には適してるように思いますが、クラピアは繁茂すると平気でコンクリートやアスファルト面にも広がるので注意が必要です。

目地植えのクラピアは行儀悪く想像以上に暴れます、はみ出て踏まれた部分は汚くなるので、美観を保つには、時おり剪定が必要です、また、寒い地方ではタマリュウのように緑を保っていられないので、冬期間の目地緑化は期待出来ません。


4. 多年草、毎年春になると可憐な花が咲き出します。

多年草ですが、寒い地方では平均気温が 5℃を下回ると地上部が枯れ休眠期に入ります、萌芽は平均気温10℃以上になると始まります、ちょうど桜(ソメイヨシノ)が開花する時期です、平均気温が 5℃以上の暖かい地方であれば常緑も可能と思われます。

積雪期間が 90日以上あっても春には復活します、販売元の情報によると 1ヶ月の最低気温の平均が −5℃以下の地域は死滅する可能性があるそうです、ちなみに盛岡は -5.6℃ですが、何とか育っています。

耐寒性が品種の中で強いと言われているクラピア Kシリーズは、寒冷条件下で緑色維持期間が長いことであり、生存可能な最低温度はSシリーズ、Kシリーズで差が無いようです、なお、積雪期間が長く寒い地方(盛岡)では、クラピアKシリーズより Sシリーズの方が緑の期間が長くなりました。(クラピアK5の芽吹きが遅い

可憐な花が咲きます、花期も長いです(盛岡では4ヶ月程度)、小さい花が密集して咲くので、咲き終わると庭全体が茶色に汚らしくなります、見栄えを気にするなら刈り込む必要も出ます。


5. 種子が無い、花をつけますが種子はありません、そのため植栽した場所でしか繁茂しません、他の植物の生態系を乱さない工夫です。

狭い土地で植えるのには好都合なのかも、我が家でもフェンスの向こうは隣家の庭です、ランナーが千切れて飛んでいかない限り、大丈夫かなと思っていますが、ランナーの伸びが異常に早いので、頻繁にカットが必要になります。

逆に、放任しても勝手に伸びるワイルドなランナーを生かすと、通路や庭木の下草には最適かもしれません、アレンジ次第ではナチュラル感たっぷりの演出が期待できます


6. 劣悪な土壌でも生育、ph4.5~9.0でも生育します。

温度条件さえ満たせば、ほとんどの土壌に対応できると思います、気長に待てるのであれば、高価な苗なので、試しに数株ほど植えてみるのが良いと思います。(温度条件→ クラピアの生育困難地域は、平均気温20℃以上の日が 60日以下となっています、参考に盛岡では平均気温 20℃以上が 7月2日~9月9日の間で 70日です)

ただし、排水性の悪い場所は苦手なようです、販売元でも長期間の冠水状態(約2週間)や、融雪時に 10日以上水のたまる場所だと枯死すると書いてましたし、枯死まで行かなくとも、過湿土壌では病気が多発します。(K7は耐病性が品種の中で一番強いそうです)

一般の住宅の庭であれば、そんなに悪条件じゃないと思うので、根付きさえすれば普通に育つと思います、最初は土壌改良に悩んでいたけど、今になって思えば、刈り込み作業が必要なら、もっと平らに整地するとよかった。


7. 刈り込み不要、匍匐性があり丈が低いので上に伸びた刈り込みが不要です。

刈り込みの要否は人それぞれと思いますが、見映えを重視する場合は、刈り込むことで徒長を防止し景観を維持出来ます、そしてミツバチが嫌いな人は刈り込みをした方が良いと思います、花に集まるミツバチの数はすごいです。

クラピアの庭で確認された虫は、多い順に「ミツバチ」、「ナメクジ」、「コガネムシの幼虫」、「カタツムリ」、「ヤスデ」、「ダンゴムシ」、「ネキリムシ(ヨトウムシ)」でした。
※ 虫の名前をクリックすると虫の画像がでますので、苦手な方はご注意ください。

強いと言われているクラピアですが、土壌細菌(カビ)には意外に弱く、あっという間に枯れてしまい、見るも無残な姿になります、芝生と違って病害虫への対処方法の情報が少なく、いざ発生すると対応に苦慮します。(クラピアの病気

結果的に、虫やフザリウム菌などの病害虫の防除に意外と手間がかかるので、思っていた以上に年がら年中お世話が必要です(病害虫防除時期


8. 耐踏圧性、踏まれることで葉が小さくなり、さらに緻密に繁茂します。

普通に歩く分には、枯れる事はないです、歩く部分と、歩かない部分の差がハッキリするので、全体的に見映えを調整するには、踏圧や刈り込み等の労力が必要です。

ブログなどで紹介されている様なクラピアの素敵な庭は「白鳥の水かき」かな、ローケアプランツと言えども、それなりに苦労してると思います、景観性を芝生と同程度に考えているなら、クラピアも芝生と同じように手間がかかります


9. 土壌流失防止、ランナーの節目から発根し土中深く根を張ります。地表を蜜に被覆して表土を覆い表土の流失を防ぎます。

最後に書いたけど、クラピアを植えて一番良かったと思う項目です、隣地との境には簡易フェンスしかないので、大雨の時には土が隣に流されていました、でも、今では大雨でも気にする事がなくなりました。(土壌流出防止


以上ですが、比較対象の芝生と比べても一長一短で、見た目は手入れが行き届いた芝生の方でしょうか、とくにクラピアの冬枯れ時期(積雪期間が長く寒い地方での雪解け~ 5月上旬)は、見た目が悪いので、解消するためには刈り込み等が必要になります。(クラピアの見た目の悪さを解消

そして、被服時の草丈を気にしないのであれば、安価なヒメイワダレソウでも十分にグランドカバーの役目を果たしてくれそうです。(ヒメイワダレソウとクラピアの違い

何れにしても、グランドカバーに何を求める(期待する)かによって賛否が分かれると思いますので、クラピアをお薦めすることも、否定することもしません、最終的には好みの問題でしょうか。


繁茂中のクラピアです 下矢印 可憐な花は、芝にない魅力のひとつです。(8月12日の記事参照

8月12日のクラピア


※ 後から発売された、クラピア K5については、改めて考察してみました 右矢印 クラピア K5の考察



----------------------------------------------------------------------------​

クラピアの病気や諸問題を抱えてお困りの方は、「クラピア大好き」グループを用意させて頂きました、クラピア仲間と育成情報を共有し健康的で素敵なクラピアの庭を目指しましょう URL↓
https://www.facebook.com/groups/Kurapia.Daisuki






最終更新日  2019年07月28日 12時30分18秒
2013年12月22日
カテゴリ:クラピア(2013年)
12月も後半になりました、今年もそろそろ終わりですね、師走のさなかですが連休と言うことで、家の中の片付けとか色々やっています。

家の外は相変わらず寒いので、庭に出ることも敬遠していますが、先日まであった雪も殆ど解けてしまい、庭のクラピアが再び顔を出しています。

今朝方、少し雪が舞い、クラピアの上に薄っすらと雪が降り積もりました、12月22日の庭の様子です。

(この画像って、家の周りの風の様子が分かります、右下(北西)から風が入ってきます、ちょうど雪で覆われた部分が、一番茶色になっている所と重なります)

12月22日のクラピア


一週間ほど、雪の下に隠れていたけど、意外とクラピアって元気なんですね、緑の部分は枯れた様子も無く、ピンピンしていました。

ふと思ったけど、今年は雪が少ない?、確か昨年は、もっと雪があったはず、そんなんで調べてみると、2012年12月の19日と25日に10cmほどの積雪を観測しています、そのまま根雪になり1月2日に36cmの大雪です。(そう、思い出した~大変だった)

毎年の長期予報って、なかなか的中しないけど、この冬はどうなんでしょうね、個人的には寒さより、雪がすくない事を祈っています。


クラピアの日記抜粋
クラピアの育て方クラピアの病気クラピアの土壌流出防止クラピアの備忘録






最終更新日  2014年03月27日 21時34分35秒
2013年12月10日
カテゴリ:クラピア(2013年)
そう言えば、ちょうど1年前の今日ですね、「クラピア」を植えようって行動に起こしたのは、石がゴロゴロの殺風景な庭を何とかしようって思い、山砂を庭に入れてもらいました。

11月に降った雪が庭に残っていたけど、無理言って入れました、クラピアを定植出来る5月頃までに、土作りをしたかったのが理由なんだけど、けっきょく雪が多くて4月まで、そのまま放置になりましたが(^^ゞ

今年は積雪がないので、寒ささえ我慢できれば、まだ土いじり出来そうだけど、さすがに一面にクラピアを植えてしまうと掘り起こすのも躊躇します。

硬くなった土を少しでも耕転しておけば、植物の育ちも良いでしょうけど、今年はこのまま年を越して見ます。

12月10日のクラピアの様子。

12月10日のクラピア


画像の右側から冬枯れが進行中です、葉が落ちてランナーだけになった所は、下の土が見え始めました。






最終更新日  2013年12月10日 15時17分32秒
2013年12月01日
カテゴリ:クラピア(2013年)
タイトルには「クラピアの変化」って書いたけど、ここのところ、ぜんぜん変化なしでございます、いや~、こんなにも緑が続くと思っていなかった。

もう12月に入りましたものね、今朝は天気が良かったので、久しぶりに庭に出てじっくり観察したけど、ここ1ヶ月で劇的に変化したところは、ほとんど無し。

12月1日の庭の様子。

12月庭の様子


部分的には、だいぶ茶色いんだけど、全体を見渡すと、まだまだ「み・ど・り」って感じ、クラピアを植えて初めて迎える冬なので、良く分からないけど、正直言ってクラピアって元気です。

12月1日、縁台付近のクラピア

12月1日のクラピア


今日も、太陽が出ると暖かいんだけど、陰ると寒い、縁台に出していた鉢も、早々に部屋の中に入れてしまいました、この寒さに耐えている「クラピア」恐れ入りました。


クラピアの日記抜粋
クラピアの育て方クラピアの病気クラピアの土壌流出防止クラピアの備忘録






最終更新日  2014年03月27日 21時35分49秒
2013年11月28日
カテゴリ:クラピア(2013年)
11月9日の降霜時にクラピアの上を歩いた結果、霜枯れを起こした部分の拡大です、足跡の通りに茎葉が黒くなっています。

クラピアの霜枯れ1


クラピアの強靭な生命力で、元通りの緑に戻る事を期待したのですが、やっぱり無理かな、日に日に寒くなって、今週からは最低気温の平均が氷点下に入った盛岡地方、復活ならずこのまま行きそうです。

クラピアの霜枯れ2


またひとつ教訓です、降霜時は、クラピアの上を歩かないこと、かなりのダメージとなります(初冬でのダメージは、復活を期待できない)






最終更新日  2013年12月10日 06時42分04秒
2013年11月25日
カテゴリ:クラピア(2013年)
11月もあと少しで終わりです、クラピアの庭も寂しくなってきました、茶色くなって見苦しいけど、記録として残しておきます。

11月24日のクラピア


枯れた部分は濡れると黒くなります、乾くとグレー色、全体的には茶色の部分が多くなってきました。

ちなみに2週間前の11月11日に撮った庭の様子です。

11月11日の庭


この時は、緑が多かったのですが、徐々に茶色と黒色の部分が増えてきました、画像では右が西側で、風が吹き抜けて一番寒いところです、だからかな、右側から茶色の範囲が広がるようです。






最終更新日  2013年12月10日 06時42分40秒
2013年11月23日
カテゴリ:クラピア(2013年)
冷たい雨、晴れても朝晩は寒い、日照時間が短い、と、どんどんクラピアには過酷な環境になってきたようです。

霜が降りた朝は、地上部が間違いなく凍結してると思うので、少しずつ褐変部分が広がっています、最近では、枯れている所(褐変とは違ってグレー色)も範囲を広げています。

「北斜面では、光が届かず地面が凍結しやすくなり、根茎に悪影響を及ぼす場合があります」って書いてたけど、グレー色の所は枯れて死んじゃった?のかな。

現在、緑色と茶色とグレー色が入り乱れて、マダラ模様になっているクラピアの庭です。

クラピア枯れてきた


最近、来年の庭の構成をどうしようか思案中です、今年はクラピア一色にしてみたけど、少し変化を持たせたくなってきました。

と、アレコレ悩むのも楽しい時期です、まだ春は遠いけど、昨年の今頃もこんな事を考えていたな~って感慨にふけって、色々な庭の画像を見ています。

先日、近所の新築の家で外構工事をしていました、プロの方が作った庭は流石に良いですね、石とかレンガで作ってる花壇をしばらく見学していました、ん~なんか自分でも出来そうな気がするけど・・・

今日は小春日和になりそう、もう少し暖かくなったら、庭の落ち葉でも片付けようと思います。






最終更新日  2013年12月10日 06時43分17秒
2013年11月17日
カテゴリ:クラピア(2013年)
今朝も霜が降りていました、盛岡で-0.9℃、連日の霜攻撃で、すっかり茶色くなったクラピアです、日当たりが良くて緑を保っていた所も、徐々に茶色になり始めました。

11月17日(晴)、クラピアの様子。

11月17日のクラピア


縁台の所は、日が傾いても陰にならずに暖かいのですが、それでも霜攻撃には敵わないようです、まっ、この時期まで緑だったのを褒めてあげたいくらいですが。

ちなみに、10月27日頃の、同じ縁台付近の画像です。

10月27日のクラピア


盛岡の平均気温も、5℃を下回る季節になってきました、クラピアの苗を購入した、「日光種苗」さんの栽培管理方法を見ても、「平均気温が5~6℃以下になると、茎葉が褐変し、休眠状態に入ります」って書いています。

まさしく、書いている通りに茶色くなりましたので、植栽する地域や、積雪、土壌にはあまり関係なく、平均気温が低下すると、褐変するのだと思われます。






最終更新日  2013年12月10日 06時44分28秒
2013年11月14日
カテゴリ:クラピア(2013年)
雪が降ったし、平均気温も6℃を下回る時期になりました、予想では、ここらで一気に茶色になると思っていたけど、ん~、なかなかどうして、今日も緑でした。

11月14日、クラピアの様子。

11月14日のクラピア


霜が降りた時につけた足跡が褐変を早めてしまったけど、まだまだ緑を維持しています。

ちなみに1ヶ月ほど前、10月20日の同じアングルの画像。

10月20日のクラピア


まっ、こうして見ると、1ヶ月前に比べたら、さすがに色褪せたな~って思うけど、毎日見てると変化に気が付かないくらいです。






最終更新日  2013年12月10日 07時04分35秒
2013年11月11日
カテゴリ:クラピア(2013年)
ついに、盛岡でも初雪です、平年では11月8日なので3日遅く、昨年は11月18日なので7日早いと言うことです。

住んでいる所では、積雪は、無かったのですが、ニュースで見たけど雫石町では、けっこう積もっていました。

気温も下がってて、風が吹くと本当に寒い、日中は、チラチラ舞う雪が地面に落ちては消えていましたが、夕方には0℃台になってたので、明日の朝までに積もらない事を祈るばかりです。

寒くなって庭に変化が出ました、実は霜が降りた時に、庭の様子を撮ろうとクラピアの上を歩いたのですが、今日になって、庭を見たら歩いた所が、はっきりと分かるほど、その部分だけ褐変していました。

11月11日(曇/雪)庭の様子。

11月11日のクラピア


画像でも、「ひょうたん」の形に歩いた場所が分かります。

で、分かったこと。

・霜が降りた状態でクラピアの上を歩くと、その部分だけ早く茶色になるので、少しでも緑の状態を長くキープしたい時には、寒くなったらクラピアの上を、あまり歩かないようにする。

でした。






最終更新日  2013年12月10日 07時05分28秒
このブログでよく読まれている記事

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

サイド自由欄



ご注意!

当ブログ内の農薬に関する記事は利用者が誤解や混乱を招かないよう全て削除しました、書かれていた内容については「ソーラーサポートセンター」の「クラピアの病気・枯れ・害虫の対処法」に網羅されていますので、こちらの記事をご参照ください URL↓
https://sorasapo.com/list-of-pesticides-for-kurapia

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

ほしいものリスト

ランキング市場

お気に入りブログ

シソの引っ越し ☆時遊人☆ 〜SlowLife Impossible〜さん

ワンコと共に・・・… Paradaise KAIさん
*ガーデン* cloud9602さん
・・雑木のある緑の… ・・usa1976・・さん
ぴよちゃんの日記 ポワポワちゃん1さん
お試しお勧め ♡ 買… kokokokoko7さん
まだ無題 たま79さん

プロフィール


CKNL


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.