2014年03月29日

施肥や病害虫防除時期のまとめ

カテゴリ:クラピアの育て方

クラピアやタイムの施肥や病害虫防除時期をまとめています。

注)肥料、殺菌剤、殺虫剤の種類や使用量につきましては、根拠やデータはありません、また病害虫の発生時期や種類には地域性があると思われます、下記の内容は過去の経験から記載したものです、個人的に庭いじりの目安に使っていますので、あくまでも参考程度に見てください。

----------------------------------------------------------------------------


ベンレート水和剤 100g 殺菌剤



今日のひと押し 下向き矢印【 デメリットNo2 病気に弱かったりもする 】

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ

----------------------------------------------------------------------------

02月25日 目土(目砂)入れ(芝の目土、川砂を使用)
02月25日 雑草が多く生えてきたので酸性土対策にカキ殻石灰400g/m2 効果?

03月10日 クラピア施肥1回目NPK比率8:16:10の有機一発肥料草花類用x35g/m2
03月20日 クラピアの雑草取り作業(萌芽前に行う)
03月30日 ランナー止めのメンテナンス1回目(木材防腐剤の塗装)

04月05日 切り戻し作業(株元が木質化しスカスカになるのを防止)
04月20日 タイムの刈り込み作業(庭全体)
04月21日 盛岡地方のソメイヨシノの平年開花日。
04月23日 盛岡地方の平均気温の平年値が10℃以上になる。(クラピア萌芽開始

05月03日 終霜
05月05日 土壌環境の改善目的にエアレーション(芝生用のローンスパイクを使用)
05月05日 土壌細菌による葉枯病の予防(グラステン水和剤の1000倍希釈液を散布)
05月05日 タイムの刈り込み作業(庭全体)
05月09日 盛岡地方の平均気温の平年値が13℃以上になる。(クラピア萌芽完了
05月20日 土壌環境の改善目的にエアレーション(芝生用のローンスパイクを使用)
05月20日 土壌細菌による葉枯病の予防(モンカット水和剤の1000倍希釈液を散布)
05月20日 タイムの刈り込み作業(庭全体)
05月20日 ナメクジ、ダンゴムシ、ネキリムシの防除(グリーンベイト殺虫剤) 発生時
05月20日 コガネムシ類幼虫の防除1回目(オルトランDX粒剤1kg使用) 秋のみ
05月24日 盛岡地方の平均気温の平年値が15℃以上になる。(クラピア再被服完了
05月25日 床下くん煙(防カビ剤、殺虫剤) 2年に一度
05月26日 盛岡地方の最低気温の平年値が10℃以上になる。(クラピア開花開始

06月05日 土壌細菌による葉枯病の予防(グラステン水和剤の1000倍希釈液を散布)
06月05日 タイムの刈り込み作業(庭全体)
06月10日 土壌細菌による葉枯病発生注意(梅雨)
06月14日 梅雨入り(平年6/14~7/28)
06月15日 土壌環境の改善目的にエアレーション(芝生用のローンスパイクを使用)
06月18日 ヤスデ発生時期
06月18日 ヤスデの家屋侵入防止のため殺虫剤散布(虫コロリアース使用) 発生時
06月20日 クラピアの刈り込み作業(庭全体1回目)
06月20日 クラピア施肥2回目NPK比率2.5:2.5:1.5の芝の100%有機肥料x45g/m2
06月20日 土壌細菌による葉枯病の予防(モンカット水和剤の1000倍希釈液を散布)

07月05日 土壌細菌による葉枯病の予防(グラステン水和剤の1000倍希釈液を散布)
07月15日 クラピアの刈り込み作業(庭全体2回目)
07月15日 クラピア施肥3回目NPK比率2.5:2.5:1.5の芝の100%有機肥料x45g/m2
07月20日 土壌環境の改善目的にエアレーション(芝生用のローンスパイクを使用)
07月20日 土壌細菌による葉枯病の予防(モンカット水和剤の1000倍希釈液を散布)
07月28日 梅雨明け(平年)
07月30日 クラピアの刈り込み作業(庭全体3回目)
07月30日 クラピア施肥4回目NPK比率2.5:2.5:1.5の芝の100%有機肥料x45g/m2

08月05日 土壌細菌による葉枯病の予防(グラステン水和剤の希釈注意、1000倍)
08月15日 クラピアの刈り込み作業(庭全体4回目)
08月15日 クラピア施肥5回目NPK比率2.5:2.5:1.5の芝の100%有機肥料x45g/m2
08月15日 土壌細菌による葉枯病の予防(モンカット水和剤の1000倍希釈液を散布)
08月23日 土壌細菌による葉枯病の予防(グラステン水和剤の希釈注意、1000倍)

09月01日 土壌細菌による葉枯病発生注意(秋雨)
09月01日 土壌細菌による葉枯病の予防(モンカット水和剤の1000倍希釈液を散布)
09月08日 クラピアの刈り込み作業(庭全体5回目)
09月08日 クラピア施肥6回目NPK比率2.5:2.5:1.5の芝の100%有機肥料x45g/m2
09月08日 土壌細菌による葉枯病の予防(グラステン水和剤の1000倍希釈液を散布)
09月08日 コガネムシ類幼虫の防除2回目(オルトランDX粒剤1kg使用)
09月20日 クラピア施肥7回目(寒さに備える)微粉ハイポネックスx2g/m2
09月30日 盛岡地方の最低気温の平年値が10℃以下になる。(クラピアの花が散る
09月30日 ランナー止めのメンテナンス2回目(木材防腐剤の塗装)

10月01日 クラピア施肥8回目(寒さに備える)硫酸カリx7.5g/m2
10月03日 盛岡地方の平均気温の平年値が15℃以下になる。(クラピアの紅葉が始まる
10月05日 クラピアの雑草取り作業(褐変前に行う)
10月10日 クラピア施肥9回目(寒さに備える)微粉ハイポネックスx2g/m2
10月20日 クラピア施肥10回目(寒さに備える)硫酸カリx7.5g/m2
10月22日 初霜(平年)
10月26日 盛岡地方の平均気温の平年値が10℃以下になる。(クラピアの褐変が始まる

11月01日 クラピア施肥11回目(寒さに備える)微粉ハイポネックスx2g/m2
11月05日 クラピアの雑草取り作業(冬枯れ前に行う)
11月08日 初雪(平年)
11月12日 盛岡地方の平均気温の平年値が6℃以下になる。(クラピアが休眠期に入る
11月25日 盛岡地方の最低気温の平年値が0℃以下になる。

12月01日 気温低下と積雪により休眠状態
  ↓
01月20日 大寒(クラピアの地上部は殆ど枯れてしまう
  ↓
02月25日 目土(目砂)入れ(芝の目土、川砂を使用)

※加筆修正をちょくちょく行っているので、内容が変わります。

----------------------------------------------------------------------------​

クラピア大好き」Facebook グループは、全国のクラピア仲間と情報を共有しています





TWITTER

最終更新日  2019年12月05日 11時36分32秒
[クラピアの育て方] カテゴリの最新記事