14169776 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

液晶生活 デジカメ,Mac,時々ライカ

2006.09.27
XML
カテゴリ:デジカメ

 交換レンズで有名なSIGMAから「SD10」の後継機種となる「SD14」が発表されました。SDシリーズの特徴は「FOVEON X3ダイレクトイメージセンサー」を搭載していることです。FOVEONのイメージセンサー1画素でRGBすべての色を認識できます。FOVEON以外のCCD、CMOS等のイメージセンサーは1画素では色を認識できず、RGBのカラーフィルターと組み合わせて色を認識しています。このためカラーフィルターをR1:G2:B1の割合でベイヤー配列としますので、例えば600万画素あってもR画素(赤)は150万画素、G画素(緑)は300万画素、B画素(青)は150万画素しかなく、足りない部分はローパスフィルターで画像をぼかし演算して補っています。つまりなんちゃって600万画素でした。
 「SD14」はローパスフィルターが無いため画像に「偽色」や「モアレ」が発生しません。解像度はRAWモードの2,640×1,760ピクセルの460万画素相当、JPEGモードでは最大4,608×3,072ピクセルの1406画素相当となります。
 その他の「SD14」の機能は、JPEG撮影の対応(「SD10」はRAW撮影のみ)、2.5型の大型液晶モニターの搭載、バッテリーは乾電池からリチウムイオンバッテリーの変更とこれまでのやや癖があったところが、一般的なデジタルカメラとなり使いやすくなっていそうです。デザインも普通のデジカメっぽくなりました。なかなか魅力的なカメラですね。






最終更新日  2006.09.27 05:35:34

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.