053146 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

大阪の行政書士森田のブログ 前頭葉

PR

プロフィール


leafhiro

日記/記事の投稿

カテゴリ

不満

(5)

杞憂

(5)

開始

(2)

経験

(2)

体験

(1)

境界

(1)

融通

(1)

哀愁

(1)

方針

(2)

法治

(2)

操作

(1)

追悼

(1)

資格

(4)

速報

(1)

契約

(1)

推奨

(7)

安心

(1)

権威

(1)

本分

(1)

欺瞞

(2)

不当

(3)

被害

(1)

共通

(1)

案内

(6)

研修

(1)

雑感

(27)

思考

(2)

想像

(1)

コメント新着

前田 篤@ Re:ホームページリニューアル!(08/10) 残暑お見舞い申し上げます。大阪では暑い…
ほどほど@ Re:猛暑日と節電(06/21) ほどほどに電気を利用したいです。過度な…
岡山@ はじめまして 昔、大学受験時代、お兄様に東京で大変お…
GPS@ ご意見に同意です yahooニュースは、ネットが無かった時代と…
きょー@ 問題の所在 2chという公共性のそう高くないメディアで…

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

全3件 (3件中 1-3件目)

1

不当

2011.02.07
XML
カテゴリ:不当
こんばんは。約2カ月半ぶりの更新となり、
ご無沙汰しております。

今日お伝えしたいのは
既にニュースで大きく報じられております
名古屋市のトリプル投票についてです。
前回、ちょうどこのネタを取り上げたのですが、
その時は市議会側につく選挙管理委員会が驚くべき
姑息な手段で河村市長の運動を阻んだのでした。
しかし、あの日から2か月半、
事態は急変し、本日のトリプル投票を迎えたのでした。

ニュースの内容はこちら

既存政党の衰退、地域政党の躍進など
この度の結果には様々な視点がある一方、
河村流政治の危惧すべき問題点なども
指摘されておりますが、
その辺りの分析は各メディアを参考下さい。

個人的には今回の最大テーマは
「議員報酬の半減」であり、
民意が現市議会に「No」を突き付けたものと
思えます。
河村市長は実にシンプルに
争点を掲げており、
対抗陣営としては
「自主的に報酬を削減する」と公約すれば、
簡単に批判をかわすことができたはずです。
それを言わずして、河村市長の手法や
議会政治のあり方を論じるだけでは
全く訴えるものがありません。
やはり彼らが固執していたのは
法外に高額な議員報酬という
「既得権益」だったのです。

河村市長が街頭演説で
「800万円で議員が務まらないなら
今すぐ辞めてもらいたい」と言ってましたが、
全くその通りです。
公僕であるはずの政治家、公務員には
「高給を求めない」という前提資格を
課すべきであり、
来る出直し市議選において
その資格が備わっている議員が
数多く当選することを願ってやみません。







最終更新日  2011.02.07 23:52:00
コメント(0) | コメントを書く
2010.11.25
カテゴリ:不当
名古屋市議会のリコール問題で驚きの結果となりました。
河村市長が呼びかけた署名活動の結果、
住民投票に必要な法定数を10万ほど上回る46万人以上を
集めたにもかかわらず、選挙管理委員会の審査により
全体の24%にあたる約11万人分が無効とされ、
住民投票の実施が困難な見通しとなったのです。

ここで驚くべきは無効率の高さで、
過去の例や他の自治体の例に照らしても
異例の高さだということです。
無効とされたのは、記載ミスや未記入の欄が
あったなどのケースですが、
悪意に満ちた審査をしたとしか思えません。
選管によりますと議会解散を問うリコールなので
前例より厳格に審査したとのことですが、
河村市長の話では、その審査基準等を
署名提出後に公表するなど
「後出しジャンケン」であったそうです。
また他の案件に比べて
議会解散請求を特別扱いにする理由も
わかりません。

なぜこんなことになったのでしょうか?

それもそのはずで、選管の構成メンバー4人の内、
3人は元市議であり、自分たちに有利に
取り計らったか、何らかの圧力がかかったと
見るべきでしょう。

こうした因循姑息な手を使って
議会側が激しく抵抗する背景には
河村市長が唱える
「議員報酬の半減」の政策にあります。
議員の年収は1600万円だそうですが、
半減しても十分に高いですよね。

政府が進めている事業仕分けでも
官僚や天下り役員などによる
凄まじい抵抗が見られることから
「既得権益」にしがみつく人たちの
執念には恐ろしいものがあります。

河村市長は「市民税の10%減税」も
唱えていますが、この程度の削減では
市民生活がドラスティックに
向上するものではありませんので、
今回のような多数の署名が集まった民意は
自らの利益よりは、「既得権益」が
許せないという「怒り」を表していると
思えます。

しかし、前述のように「既得権益」側の
人たちはそれを上回る執念と奸策で阻止を
図りますので、簡単に打ち崩せません。
しかし日本はあくまでも民主主義の国です。
リコールが不成立でも
来春には任期満了に伴う市議会議員選挙が
あります。
民意のパワーと既得権益の執念の
どちらが勝つか注目していきたいと思います。









最終更新日  2010.11.25 11:23:49
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.17
カテゴリ:不当
大阪市中央区の日本橋にあるコイン駐車場を利用した時のことです。
深夜を除き、20分100円とあったので比較的安いと思い
利用しましたが、1時間弱経過後に戻ってみると
駐車料金が何と1000円になっていました。

高すぎる!
試算では300円のはずが何かの間違いでは・・・

案内の看板をじっくり観察すると
土日は50分500円と書いてありました。
平日と土日で料金が違う駐車場というのは時折見かけます。
観光地や繁華街では土日の方が需要が増えるからでしょう。
私は普段は料金表示を事前に確認してから
駐車場を選ぶようにしているのですが、
なぜ気付かなかったのか?

実は当該駐車場の案内看板は
土日の料金がかなり小さなフォントで記され、
さらにその上からテープを貼ったか、
白い塗料で消したかのような処理が施されているのです。
でもうっすらとは見えます。
利用したのが日が暮れた後だったこともあり、
駐車場に入庫する手前ではまず気付かないほどです。
看板の手前に立ち凝視してやっと気付いたのでした。
全く悪質です。

さらに性質が悪いのは、
「50分500円」という設定です。
時間を管理する習性からして、
人は30分や1時間刻みで行動するものです。
私もぎりぎり1時間以内で用事を済ませて戻ったのです。
それでも50分を超えているので、
1000円となってしまうのです。

意外と知られていないことですが、
「20分100円」と「60分300円」は違います。
ちょうど1時間停めた場合は同じですが、
1時間10分の場合は、
前者で400円、後者で600円です。
単価が同じなら、より短い時間設定の方が
無駄が少ないと言えるでしょう。

この業者は商魂たくましいというか、
金儲けのためならあらゆる手段を使ってきます。
こうした駐車場は各地にあるかもしれませんので、
皆さんもご利用の際はご注意下さい。

参考までに問題の駐車場はこちら






最終更新日  2009.01.18 01:09:26
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1

サイド自由欄

建設業の許可を取りたい
古物商の許可を取りたい
会社を作りたい
NPOを立ち上げるには?
介護事業を始めたい
老後の財産管理が心配
就労ビザを取得したい
国際結婚の手続きは?
離婚について悩んでいます・・
遺言の書き方がわからない
相続の手続きが大変


リーフ法務事務所が解決します

メールでのご相談はこちらへ

相談無料!

street.jpg
Street around 'Esaka' area
020.JPG


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

まほろば | 弁護士、税理士 等の士業 検索・無料紹介サイト


ビジネスブログ100選


くる天 人気ブログランキング

ランキングジャパン


フリーページ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.