054194 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

大阪の行政書士森田のブログ 前頭葉

PR

プロフィール


leafhiro

日記/記事の投稿

カテゴリ

不満

(5)

杞憂

(5)

開始

(2)

経験

(2)

体験

(1)

境界

(1)

融通

(1)

哀愁

(1)

方針

(2)

法治

(2)

操作

(1)

追悼

(1)

資格

(4)

速報

(1)

契約

(1)

推奨

(7)

安心

(1)

権威

(1)

本分

(1)

欺瞞

(2)

不当

(3)

被害

(1)

共通

(1)

案内

(6)

研修

(1)

雑感

(27)

思考

(2)

想像

(1)

コメント新着

前田 篤@ Re:ホームページリニューアル!(08/10) 残暑お見舞い申し上げます。大阪では暑い…
ほどほど@ Re:猛暑日と節電(06/21) ほどほどに電気を利用したいです。過度な…
岡山@ はじめまして 昔、大学受験時代、お兄様に東京で大変お…
GPS@ ご意見に同意です yahooニュースは、ネットが無かった時代と…
きょー@ 問題の所在 2chという公共性のそう高くないメディアで…

バックナンバー

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

雑感

2015.03.20
XML
カテゴリ:雑感
先日、小学生の息子の卒業式に出席しました。こういう体験は自分自身の時以来のため、やや緊張しながらも、最近のスタイルはどんな感じだろうと好奇心もあり、胸を踊らせて式に臨みました。
国歌斉唱、校歌斉唱、卒業証書授与と昔とあまり変わらないスタイルで式は進み、独特のお別れムードが自然と高まってきます。校長先生の送る言葉などを経て、いよいよクライマックスであろう卒業生と在校生との言葉と歌の交歓が始まりました。ここで「仰げば尊し」や「蛍の光」(最近はまっている朝ドラの「マッサン」で効果的に使われています)が歌われれば、感涙にむせぶかなとの予感があったのですが、全く知らない曲がそれぞれ2曲ずつ計4曲披露されたのでした。
そのためか高まった気持ちもクールダウンし、周りの保護者たちも想定以上には涙を流していなかったように思います。しかし一方の児童たちは最後の曲(最近では定番のようです)で感極まったのか、かなりの割合で泣いていました。
そんな訳で個人的には拍子抜けした卒業式でしたが、世代の違いと言われればそれまでですね。歌の持つ力の大きさを改めて感じた一日でした。






最終更新日  2015.03.20 17:31:21
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.25
カテゴリ:雑感
今日は、クリスマスですね。
街はクリスマスムードに彩られ、コンビニなどでは、サンタクロースに扮した店員が元気な声でケーキなどを売っている光景をよく見かけます。
私は子どもの頃、クリスマスにプレゼントをもらった記憶がほとんどないためか、サンタの存在を全く信じていませんでした。しかし、最近の子どもたちの中には、信じている子が少なからずいるようです。
それは純真な心の表れか、科学的思考の欠如か、親たちの演出がきめ細かいからなのか、はたまたその方がプレゼントをもらい易いという計算なのか…理由はよくわかりません。
ただ、ドキドキしながら朝を迎えるという経験がないのは、少々さみしいものですね🎅






最終更新日  2014.12.25 18:01:14
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.05
カテゴリ:雑感
秋の訪れと共に寒くなってきましたね。
それでも時折、暖かい日があります。
日本では晩秋から初冬にかけての暖かい日を
小春日和と言いますが、同じ現象を
英語ではインディアンサマーと言う
ラジオのDJが話していました。
穏やかな日の象徴のためか、日本では
湿度の高い夏より春がふさわしいから、
と続けていました。
確かに指摘はその通りで、面白いと
思ったのですが、気になったのは
なぜ「インディアン」かということです。
ラジオでは触れなかったので、調べてみると、
諸説あるようです。
まず霧が立ち込める様子とインディアンの
焚き火を重ね合わせたというもの。
他の説ではインディアンという言葉を
差別的な意味で偽の、安っぽい、と解して
「偽の夏」と表現したというものもあります。
後者が本当なら悲しいことですが、
「インディアン、嘘つかない!」という
有名な台詞は白人からの差別に抗したものと
考えると、こちらの説が真実かもしれません。






最終更新日  2014.11.05 19:48:36
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.02
カテゴリ:雑感
喫茶店にどれくらいの頻度で行きますか?
こう尋ねられたら、月に1回ほどと答えるでしょう。ではカフェなら?となると週1回に増えるでしょうか。
これはあくまで私のイメージですが、カフェとはスターバックスやドトールのような店舗、喫茶店は昔ながらの純喫茶という感じです。
こうしたお店を利用するきっかけは様々ですが、お客様との打ち合わせ、友人との語らい、仕事の合間の息抜き、読書、単なる暇つぶしなどTPOに応じて変わります。但し、コーヒーを飲みたいからという理由はほとんどありません。(コーヒーは大好きですが、その欲求はほぼ毎日愛飲しているセブンイレブンのセブンカフェが満たしてくれます。)
つまり喫茶店とカフェ、いずれもコーヒーを提供してくれますが、そこに求めているものは、飲み物以外の要素ということになります。それは正に自分のための空間、もっと言えば安らぎ、落ち着ける空間です。
そうした空間のために望ましい点は、比較的静かであること、座席がゆったりしていて座り心地がいいこと、内装が派手でないこと等でしょうか。私にとってこうした条件を満たしてくれるのはやはり「喫茶店」です。
思えば私は学生時代からよく喫茶店を利用しておりました。さほど忙しくない身分ですから、何時間も入り浸って、友人と喋ったり、読書に耽ったりしたものです。大学近くや主要駅には必ずお気に入りの喫茶店がありました。
では今はどうかというと冒頭にあるように、「カフェ」の利用が多くなっています。しかしこれは全く私の本意ではありません。前述のような喫茶店が圧倒的に少なくなっているからです。しかし考えてみますと居心地のいい喫茶店というのは長時間滞在できるものですが、それは店側にとって利益率を下げるものでしかありません。何事も利益優先のご時世ですから、仕方のないことですが、何とも寂しい限りですね。

rblog-20140902193832-00.jpg







最終更新日  2014.09.02 19:38:36
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.21
カテゴリ:雑感
スマートフォンに切り替えて1年半、空き時間を埋めるツールとして活躍してきましたが、最近少しずつ風向きが変わりつつあります。これまではlineのゲームやyoutube、ニュース閲覧などが主なお相手でした。しかしながら、電車内や役所の待合室では誰も彼もがスマホに興じている姿を見ていると、天邪鬼の私としてはそれを控えようと考え、かつてのように読書をすることにしたのでした。思えば学生の頃からほんの数年前まではウォークマン(途中からiPod)で好きな音楽を聴きながら読書をするのが私の定番の空き時間の過ごし方でした。例えば電車内で名曲に心が震えた時、名作に考えさせられた時、降車して目的地までの足どりがいつもと違い、浮遊感の中で歩を進めたものでした。前述のようにスマホに浸食されていた頃はそういった心の動きはなく、無味乾燥なものです。
そんな気持ちを味わおうと、久々に読書を再開したのですが、巷で普及しつつある電子書籍を使おうとはあまり思いません。慣れの問題で食わず嫌いなのかもしれませんが、書店に足を運び、おもしろそうな本を選ぶ行為自体が楽しいのです。背表紙の解説を参考に絞り込んでいき、複数で迷う時は、全部買ってしまい、積ん読となることもしばしば、買ってから数年後に読むことも珍しくありません。それに私の好む本が著名な作品ばかりとは限らず、電子化されていないものもまだまだありそうです。最近読んだ小説は村上龍の「共生虫」、遠藤周作の「海と毒薬」、今読み進めているのはアラン・シリトーの「長距離走者の孤独」…まだまだストックがありますので、この楽しみはしばらく続きそうですね。

rblog-20140421160013-00.jpg






最終更新日  2014.04.21 16:00:14
コメント(0) | コメントを書く
2014.02.07
カテゴリ:雑感
些細なことですが、税務署が発行する納税証明書の領収書の様式が今年から変わりました。これまでのコンビニのレシートとさほど変わらないシンプルなものから、A4サイズで法人等名義が宛先に記載されたものになっています。一見するときちんとした感じで改良されたかのようですが、実のところ少々困りものです。
というのは、当該会社自身で証明書を取る場合はいいのですが、私のように委任状を受けて代理で取得するケースだと、領収書の宛先は私宛でないと経費計上できないのでは?との疑問が残るからです。許認可業務で納税証明書を取ることは多々ありますが、こうした費用は報酬に合算して依頼者に請求するでしょうから、利益とはならずただの経費です。それなのに法人等名義の宛先にされると私自身の経理処理上の領収書としては違和感を覚える訳です。
当方は使者ではなく、代理人ですし、実際にお金を払っていることから、宛先を変更してもらうよう税務署に頼みますと応じてもらえませんでした。その理由を問うとシステム上の問題で、代理人宛の可否についてはわからないようです。では宛先は違うが、当方の経費として処理していいか尋ねたところ、そちらの判断に任せますとの回答、何とも釈然としないものが残りました。
ちなみにこのシステム変更のせいなのか、これまでに比べて証明書を発行して領収書を受け取るまでの時間がかなり長くなっています。数百円程度のものですから、従来の宛先無記名レシートで十分だと思いますね。

rblog-20140207181855-00.jpg






最終更新日  2014.02.07 18:18:55
コメント(0) | コメントを書く
2013.11.01
カテゴリ:雑感
先日、何かの記事で読んだのですが、セレブの間では、スマートフォンを使用しないことが「粋」なのだそうです。具体的には、パーティーなどの場で、各自の端末を回収して集め、それでも耐えきれず使用した者には食事代などを払わせるという罰があるようです。他には家庭の食事や団欒の場では使用しない、寝室には持ち込まないなどのルールを採用する人もいます。
セレブたちが追求するのは、「贅沢な時間」ですから、バーチャルな空間より直接的なコミュニケーションの方が楽しいということですね。セレブは時間とお金に余裕があり、束縛されるものが少ないという事情もあるでしょうが、示唆に富んでいるかもしれません。
FacebookやLINEでいくら「友だち」を増やしても満たされない何かがありませんか?真の「つながり」は端末画面の向こうではなく、身近なところにあるのかもしれません。






最終更新日  2013.11.01 19:45:46
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.19
カテゴリ:雑感
今日からプロ野球のオールスターが開幕しますね。楽しみです。
去年は京セラドームでも開催されたので、観戦できたのですが、今年は西日本では開催されず残念です。
私は、野球好きですが、特定のチームのファンではないため、オールスターのような試合こそ純粋に楽しめます。一流選手のスーパープレイを堪能したいものです。

rblog-20130719195254-00.jpg






最終更新日  2013.07.19 19:52:55
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.09
カテゴリ:雑感
関西地方は梅雨明けし、本格的に猛暑到来の
様相を呈してきましたね。

先日、クールビズに「西高東低」があるという記事を
読みました。それは某百貨店での販売傾向として、
軽い素材のジャケットが、東京では売れ行きが好調なのに
大阪ではあまり売れていない一方、大阪では
麻素材の半袖シャツが売れているというものです。
つまり軽い素材とはいえ、長袖のジャケットを
着用したフォーマルな装いが好まれる東京に対し、
半袖でクールビズの王道を行く大阪といった具合で、
「西高東低」になるということでしょうか。

記事によると
大企業が集中する東京に対し、中小企業の多い大阪という
職場環境などが影響するとの分析でしたが、
実利を求める大阪人気質も関係があるように思えます。
元々クールビズは節電などのエコ環境を目指して
政府が推奨し始めたものですが、
気候に合わせて服装を調節するのは人間の営みとして
当たり前のことだと思いますし、今のような猛暑に
半袖で過ごさない合理的な理由はどこにもありません。
それでもスーツやジャケット着用を強要?しているような
会社や業界があるのでしたら、
あまりに時代錯誤を感じるのですがいかがでしょう?

かくいう私も6年ほど前のサラリーマン時代に
社内でクールビズを提案したのですが、
ベテランの中堅社員にあっさり却下されたことがあります。
しかし、その会社(および却下した当該社員)も現在は
普通に半袖のクールビズで執務を行っているようです。
東京の百貨店で軽量ジャケットを購入する人は
いつまでそれを着用するんでしょうかねえ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130708-00000500-san-bus_all








最終更新日  2013.07.09 14:34:05
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.01
カテゴリ:雑感
スマートフォンに切り替えてから、早半年。まだまだ使いこなせておりませんが、現時点での功罪を検討してみました。

メリット
・どこでもネット閲覧ができる
(外出先での調べ物に助かります)
・外出先でPCメールの送受信ができる
・コミュニケーションが広がる
(ような気がする、line、facebookなど)
・暇つぶしに役立つ
(ゲームに少々はまっております)

デメリット
・通信費が月額約五千円アップした
・本を読む時間が減った
(ゲームのせいだと思われます)
・眼が疲れやすくなった
(これもゲームのせい⁈)

ざっとこんな感じでしょうか。
良し悪しはどちらとも言えませんね。
わずか半年でも生活習慣が少し変わってしまいますので、のめり込んだら大きくライフスタイルが変わることでしょう。そして今の普及進度から察するに多くの人が同様な局面を迎えていると思います。今後は正しいスマホとの向き合い方が重要になるかもしれませんね。






最終更新日  2013.05.01 11:39:44
コメント(0) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

サイド自由欄

建設業の許可を取りたい
古物商の許可を取りたい
会社を作りたい
NPOを立ち上げるには?
介護事業を始めたい
老後の財産管理が心配
就労ビザを取得したい
国際結婚の手続きは?
離婚について悩んでいます・・
遺言の書き方がわからない
相続の手続きが大変


リーフ法務事務所が解決します

メールでのご相談はこちらへ

相談無料!

street.jpg
Street around 'Esaka' area
020.JPG


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

まほろば | 弁護士、税理士 等の士業 検索・無料紹介サイト


ビジネスブログ100選


くる天 人気ブログランキング

ランキングジャパン


フリーページ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.