365944 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

鴨がワインしょってきた

PR

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

コメント新着

うまいーち@ Re[1]:バンザイは2通りあって良い(02/13) むくどりさんへ コメントをいただいてい…
むくどり@ Re:バンザイは2通りあって良い(02/13) 確かに、ハト派は穏健・平和主義者だから …
うまいーち@ Re[1]:アンリ・ジャイエの購入価格(12/30) Q_さん >ご無沙汰しています。例の選択…
Q_@ Re:アンリ・ジャイエの購入価格(12/30) ご無沙汰しています。例の選択の記事読み…
うまいーち@ Re:福袋商戦とロマネコンティ(11/15) 高島屋日本橋店はワインに関する情報がな…

フリーページ

2019.04.20
XML
カテゴリ:日記




◇長年探していた作り手のワインが入手できた。
 作り手はメオ・カミュゼの醸造責任者を務めたフォーロワ(Jean Faurois)で、入手したのはニュイ・サン・ジョルジュのレ・ラヴィエール1991年。それほど値段も高くなかったので2本購入した。協力してくださった方に感謝している。

 フォーロワを知ったのはQさんのブログ。

CdV 1990 (J,Faurois)

 メオ・カミュゼに関連した作り手といって思い浮かぶのはアンリ・ジャイエやエマニュエル・ルジェだが、他にも著名な方がいる。メオのワインも個人的によく(すそ物ばかりながら)飲んできたので、フォーロワも一度は飲んでみたいと考えていた。
 届いたばかりなので外観をみているだけだが、室内灯にかざすと、同じ年の同じ畑のワインなのに、ワインの色の濃さがまったく違う。
 明るい色のワインは、ボトルを傾けると、帯状になった細かいおりが天の川のように流れる。飲む時は注意しないとダメだな。





 ボトルの裏には、このワインはフィルターを掛けていないよ、という内容の注意書きが貼られている。ジャイエより情報量が多くて面白い。最後のdépôtは「沈殿物」、つまりおりのこと。こういう注意書きのシールの貼られているワインは、最近あまり見ない気がする。
 最近はブルゴーニュの高級ワインにICチップやQRコードが貼られるようになった。時代の変化だ。






最終更新日  2019.04.20 08:47:50
コメント(0) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.