605151 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レフティドラゴンのバリュー投資日記

PR

X

プロフィール


レフティドラゴン

お気に入りブログ

2020~21主力株概況4… New! みきまるファンドさん

しつこさ New! slowlysheepさん

メモ2 New! 4畳半2間さん

枯れざくら~昔の防… てけてけ0さん

4月第2週、年初来では ossanpowerさん

前日比△622,000円 かぶ1000さん

祝!物件取得 築浅… tagayuさん

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

コメント新着

レフティドラゴン@ Re[1]:2020年決算(12/31) vis2004さんへ あけましておめでとうござ…
vis2004@ Re:2020年決算(12/31) 今年はコメントが間に合ってよかったです(…
レフティドラゴン@ Re[1]:2020年決算(12/31) 早川圭さんへ お祝いありがとうございま…
2021年01月03日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 昨年はマンションを購入しました。購入にあたり、マンションの良し悪しや住宅ローンについて色々勉強できて楽しかったし、自分の中に新しいことを調べる意欲が残っていて安堵しました(すっかり怠惰になったので・・・)。
 今日は住宅ローンを選んだ基準について書いてみます。何らかの参考になれば。なお昨年5月にローンを組んだので、変わっている点はあるかもしれません。
 
 まずは固定か変動かですが、自分は固定一択でした。元々インフレヘッジとして住宅ローン組みたいとは思っていたので。過去
20年以上変動が正解だったし、今のところ金利が上がる気配は皆無ですが、状況が変わる時は一瞬だし、今の変動と固定の金利差なら十分許容範囲と考えます。
 
 固定金利の商品では、ベタですがフラット
35が借入期間も金利も優れていました。住宅金融支援機構と一般的な銀行は営利性の強さが違うので当然でしょうか。フラット35は買取型が大半ですが、住信SBIやアルヒなど数社が保証型の独自商品を販売しており、そちらの方が金利が低く選択肢もいくつかあるため、フラット35の保証型を選びました。
 
 次に団信ですが、フラット
35では外すと金利が0.2%下がります。万一途中で死んでもローンを払える資金は一応ありますし、保険の支給条件と金利差の負担額を比較するとあまり必要性は感じませんでした。特に自分が選んだ保証型の商品ではなぜか団信を外すと0.28%金利が下がったため、迷いなく外しました。
 
 固定金利の場合、返済方法には元利均等返済と元金均等返済があります。前者が毎月同額を返済するもので、後者は毎月同じ元金を返済します(金利の分だけ前半の支払額が多くなる)。元金が早く減る分、元金均等の方が支払総額が
50万円くらい減るため、そちらを選びました。たいていの人は元利均等を選ぶらしく、頼んだら驚かれました。何も言わないと黙って元利均等になってしまうので注意が必要です。皆そんなギリギリでローン組むのでしょうか。
 
 地味に大きいのが借入時の融資手数料です。フラット
35の場合融資額の2.2%となっています。私の場合購入したマンションとアルヒが提携しており、アルヒで借りると手数料が0.495%になりました。これが決定打となってアルヒから借りました。大規模マンションだとどこかしら提携キャンペーンをしていることが多いみたいなので調べてみるとよいかもしれません。
  
 以上諸々検討して、最終的にアルヒのスーパーフラット9Sという商品に決めました。当時のフラット35の金利が1.30%のところ、この商品は1.25%でした。そこから団信を外したので0.97%となりました(買ったマンションの属性で最初の5年は0.72%)。なお9Sというのは頭金1割のプランで、頭金を1割増やすごとにさらに金利が0.05%下がる商品がありました。が、前述したインフレヘッジのため極力借入額を増やしたかったので最低限の頭金のプランにしました。さすがに温存した資金の運用で年1%の平均利回りが出せないということはないでしょうし・・・







最終更新日  2021年01月03日 11時15分31秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.