000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レフティドラゴンのバリュー投資日記

PR

X

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

読書感想文

2007年03月16日
XML
カテゴリ:読書感想文


久方ぶりに読んだ本の感想でも書いてみます。



                 
           中国が世界をメチャクチャにする

急成長を続ける中国経済の実態と、それが全世界に及ぼす影響について様々な角度から示しています。タイトルにもある通り、基本的には中国の及ぼす悪影響について書いているのですが、過度な賞賛も批判もなく、客観的に論を展開しており、大変良い本です。中国の(望ましくない)実態について理解を深める事ができました。

膨大な人口を養っていくため、経済成長を止めることができない中国。圧倒的な低賃金の人の波で他国の地場産業を駆逐し、エネルギー確保のためスーダンやイランなどと平然と協力体制を築き、環境破壊にも全く無頓着・・・まあ一言で言うと「すごい国」です。

作中、中国を「自転車をこぎ続ける象」と表現していますが、いいえて妙という感じですね。

中国のバラ色の未来を夢見て中国投資している方は一読しておいた方がいいのではないでしょうか。
まあ、そういいつつ私は今後も一定の枠内で中国株投資を続けますけどね(笑)




                  
          なぜ投資のプロはサルに負けるのか?

この本は既にどなたかが紹介されていたのを見たような気がしますね。
プロの大半がインデックスに勝てない実態、宝くじや競馬をすることの愚かさ、ファイナンス理論の基本などを平易な言葉で説明しています。

著者も文中で参考にしたと明言していますが、橘玲氏のお金持ちになれる黄金の羽根の拾い方に非常に似た内容です。

ですが、私の率直な感想としては、黄金の羽根と比較すると質・量ともに数段劣りますね。
新しい発見はほとんどありませんでした。

ただ、比較の対象が悪すぎるだけで、この本が駄目ということではないです。むしろ良書の部類に入ると思います。例え話などはかなりくだけた表現を用いており、こういった本に馴染みのない方はこちらの方が読みやすくていいかもしれません。

個人的に一番興味深かったのはあとがきにあった「合成の誤謬」についてです。

要約すると、個人レベルで見れば控除率の高いギャンブルやブランド信仰をやめ、倹約しつつ堅実な投資をするというのは経済合理的に全く正しい行動だが、仮にこれを全国民が実行してしまうとJRAもブランドショップも生保会社も破綻し、日本は恐慌に突入してしまう、という話です。

これは全くもって正しい話ですね。
よく言われることですが、いわゆるファイナンシャルインテリジェンスの低い方々が経済を支えているわけです。ある意味バリュー投資家なんていうのは国家にとっては苦々しい存在なのかもしれませんね。

そう考えれば義務教育に投資に関するものがないのももっともですね。
投資に関する正しい知識を持つ人を少しでも増やしたい、という趣旨の活動をされている方々、考え直した方がいいかもしれませんよ(笑)










最終更新日  2007年03月16日 20時17分22秒
コメント(4) | コメントを書く


2006年10月18日
カテゴリ:読書感想文


忘れた頃に本の紹介でもしてみます。
   

     ヒルズ黙示録
ヒルズ黙示録 検証・ライブドア

例のホリエモン逮捕以降、ライブドアの粉飾に関する本を何冊か読みましたが、これが抜きん出て良かったです。

タイトル通り、ライブドアの粉飾のみを取り上げた本ではなく、鹿内氏追放からライブドアの登場・和解に至るまでのフジ・ニッポン放送関連の一連の騒動を当事者達への豊富なインタビューも交えて詳細かつ明確に取り上げています。もちろん楽天・リーマン・SBIらも登場し、非常に臨場感があります。

特に2000年のネットバブルから今年に至るまでのライブドアらIT企業の推移が大変分かりやすく説明されているのですが、私は知らない事ばかりで非常に勉強になりました。

もちろん、罪に問われたライブドアのスキームについても詳細に説明されています。しかし、それを読んでも私ではとても完全な理解は無理でした。それほど複雑な手法がとられています。
「自分が分からないものには手を出さない」という大原則の重要性を改めて感じますね。

新聞・TVなどの表面的な報道とは一線を画す大変優れた本だと思います。
直接投資の役に立つかは分かりませんが、自信を持ってお薦めしたいですね。



OM2ネットワーク(7614)が優待の改善を発表してくれました こちら
これまでギフトの割引券だけだったのが、持ち株数に応じて取扱商品もくれるようになるそうです。
直近の株価は悲惨なほどに下がっていますので、これを機に少しは回復してくれるといいのですが。
なんせ既にイヤというほど持っていますので。







最終更新日  2006年10月18日 21時47分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年08月13日
カテゴリ:読書感想文


前回に引き続き本を紹介します。今回は毛色を変えて漫画です。

        銀と金

カイジアカギで有名な福本伸行氏の作品です。はっきり言って超マイナーで、私自身つい先日存在を知ったばかりです。

内容は福本作品の王道のギャンブルですが種目は様々で、ポーカー・麻雀・競馬から絵画の鑑定や株の仕手戦、はては殺し合いまであります。

とにかくシナリオがよく考えられており、引き込まれること間違いなしです。私は1日で全巻読破してしまいました。また、登場人物のセリフもキレがあり、真似したくなるものが多々あります。
そういう意図はないと思いますが、投資に役立つ哲学も多く、ハッとさせられることもありました。

後半やや質が落ちている感もありましたが、それでも素晴らしい作品だと思います。さすがにこれは知らない方が大半だと思いますが、是非読んでいただきたいですね。

余談ですが、福本作品と言えば、一度鷲巣麻雀をやってみたいんですよね。誰か買ってみませんか(笑)

               透明スケルトン麻雀牌「アカギ」鷲巣麻雀牌■特殊透明マージャン牌■   
              



[告知]
JAYさん主催のバリュー銘柄スクリーニング研究会でバリュー投資研究交流会を開催するそうです。
日程は大阪10月8日(日)、東京11月4日(土)です。内容等の詳細はJAYさんのHPを参照してください。
東京の交流会には私も出席させていただく予定ですので、参加される方はよろしくお願いいたします。

          







最終更新日  2006年08月13日 12時28分01秒
コメント(10) | コメントを書く
2006年08月05日
カテゴリ:読書感想文


久しぶりに読んだ本の紹介をします。

   株式投資の未来
株式投資の未来 永続する会社が本当の利益をもたらす

本は相変わらず結構読んでいるのですが、良いと思える本に出会う機会が激減しています。有名どころの本を大体読んでしまったからでしょうか。
最近は読書意欲も低下気味だったのですが、そんな中久々のヒットです。

この本は有名なシーゲル氏が、インデックスを超える運用法、成長株投資の危険性、世界経済の未来などについて語った本です。全編を通して興味深い話題が多く、検証データも豊富で、訳も良いと思います。

特に印象に残った箇所をいくつか挙げると、

・株主の手にするリターンは、企業の実際の増益率と投資家の期待するそれとの格差で決まる。この格差がもたらす力は配当を通じてさらに増幅される
・設備投資の大半は投資家に低いリターンしかもたらさない
・配当利回りが高いグループほど投資家に高いリターンをもたらしている
・長期的に見て株式のリターンが長短期国債を上回る現象は、米国市場に限らず調査対象とした16カ国全てでそっくりそのまま確認できる

といったあたりでしょうか。
特に、よく指摘される50~100年単位の長期でみた株式投資の他の投資に対する優位性は、成功したアメリカ市場に限られるのではないか?という疑問は常に持っていたので、大変参考になりました。
他には、ネットバブル時にAOLの株価が高すぎると指摘したシーゲル氏に送られた誹謗中傷のメールを紹介している箇所が面白かったです。どの国でも同じなのかと。

長期投資の基本に沿った本ですが、新しい視点も多く、素晴らしい本だと思います。有名な本なので、読んだ方も多いと思いますが、読んでいない方には是非おすすめしたいですね。







最終更新日  2006年08月05日 21時39分29秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年03月13日
カテゴリ:読書感想文


あまりスポーツの話ばかり書いていると見捨てられてしまいそうなので(笑)、久々に投資関連の本の紹介でもしてみたいと思います。



直伝藤巻流「私(わたし)の個人資産」運用法
直伝藤巻流「私の個人資産」運用法

著者の藤巻氏は東京市場では「伝説のトレーダー」と呼ばれる大変有名な方です。といいつつ私はよく知らなかったのですが、先日フィナンシャルジャパンのインタビュー記事を読んで興味を持ったので、著書を読んでみました。

本書はタイトルの通り藤巻氏が考える資産運用方法についての説明が中心になっています。といっても個別の株や不動産の選択方法ではなく、資産配分について述べるものです。

その主張の要旨を簡単にまとめると、「今後日本はインフレになる。だからデフレかつ低金利な今のうちに可能な限り固定金利で借金をして、株や不動産などの実物資産を購入すべきだ」というものです。

将来のインフレを予想する見解は珍しいものではありませんし、私自身も将来結構なインフレになる可能性は高いだろうと考えています。それ以外に政府の膨大な財政赤字を合法的に解決する手段は思い浮かびませんので。

この本のすごい所は「可能な限り借金すべき」という意見です。
これは心情的には難しいですが、理論的には完全に正しいと思います。インフレになればなるほど借入金は希薄化されるので、それを希薄化されにくい実物資産に変えておけば労せずして大儲けです(目には見えない儲けですが)。

問題は銀行は不動産を買うためにしかお金を貸してくれないということです。私は不動産投資の知識は皆無ですし、そもそもあまり不動産を保有したくありません。不動産は税制上不利ですし、将来的に地価はもっと下がると考えているからです。どこかに株式投資のための資金を30年間3%の固定金利で貸してくれる金融機関はありませんかね(笑)

少し話がズレましたが、本書は内容が充実している上に大変読みやすいので、お勧めです。



本日ブログのアクセス数が20万に到達しました。更新頻度の低さにもかかわらずたくさんの方にご訪問いただき、大変感謝しています。
自慢話のようで恐縮ですが、「アクセス数÷日記件数」で見るとこのブログはなかなか優良な部類に入るのではないでしょうか。今後この指標をAER(Acsess Entry Ratio)と命名して広めていきたいと思います。
冗談はさておき、今後も思ったことを気軽に書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。なお、下落・暴落の際には可能な限り張り切って更新したいと思います(笑)







最終更新日  2006年03月13日 23時23分26秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年01月29日
カテゴリ:読書感想文


最近、マイケル・ルイスの著書を続けて読んだので、紹介します。
ちなみにルイスはソロモンのセールスマンから作家に転向したという変わった経歴の持ち主です。



ライアーズ・ポーカー
ライアーズ・ポーカー  ウォール街は巨大な幼稚園

自らの体験を中心に、80年代のソロモン(およびウォール街)の実情について明かした本です。
当時のウォール街の最先端だった、モーゲージ債やジャンク・ボンドの誕生についても詳しく述べられています。
また、グットフレンド、メリウェザーなどの有名人に関するエピソードも豊富で、大変面白かったです。
なお、具体的に投資に役立つ本ではないです。ただ、投資に携わる以上、こういった歴史を知っておくことも重要だと思っています。



マネー・ボール
マネー・ボール
MLBのアスレチックスを少ない予算で屈指の強豪チームに育てたGMビリー・ビーンの物語です。
野球の話なのですが、やっていることは完全にバリュー投資です。
例えば選手選考に関し、打率・打点・足の速さなど誰もが重視する指標が実は重要ではなく、出塁率こそが地味だが最も重要なデータであるということをあらゆるデータ分析から発見し、他球団が見向きもしない選手を安く買い集めます。そして、結果が出て市場価値が上がると売却し、再度隠れた好選手を雇います(まさにバリュー投資!)。
他人の意見を意に介さず、自分の信念のままにチームを作っていく様は投資家のPF構築そのものです(感情のある人間を相手に機械的にそれをやってしまうところが怖いですが)。
野球に興味がない方でも全く問題なく読むことができるので、お勧めです。逆に野球が好きな人の方が選手を完全に駒として扱うやり方に違和感を感じるかもしれませんね。







最終更新日  2006年01月29日 13時00分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年01月06日
カテゴリ:読書感想文


今日は個人的にイチ押しの雑誌をご紹介します。ご存知の方も多いとは思いますが、例えばZAIなどと比較すると(内容は段違いなのにもかかわらず)知名度が非常に低いように思われますので。


「ファイナンシャルジャパン」購読期間1年
「ファイナンシャルジャパン」


木村剛氏が編集長をされており、表紙によると「1億円をめざすビジネスセレブのための金融経済誌」だそうです。非常に微妙なタイトルですが、内容は大変充実しており、硬軟問わず興味深いテーマが満載です。一例をあげると、ダメな投資本を名指しで紹介したりしています。

スタイルはひたすら本格派で、最近ありがちな株高に浮かれたイケイケの記事とは無縁です。しかも無意味な広告も少ないので(その分値段はやや高めですが)、私など1冊読み切るのに10時間近くかかってしまいます。
なぜか書店の店頭にはあまり置いておらず、ネットでの通販がメインなのが知名度が低い要因でしょうか。この売り方も何かのこだわりなのですかね?

現在の発行部数がどのくらいなのか知りませんが、私が年間定期購読している唯一の雑誌です。皆さん読まれているんですかね?この本が株だったら今のうちに仕込んでおきたいところなのですが(笑)







最終更新日  2006年01月06日 21時16分13秒
コメント(14) | コメントを書く
2005年12月11日
カテゴリ:読書感想文


前回に引き続き3冊ほどまとめて紹介します。



さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

ご存知大ベストセラーの本です。知人(投資はしていない)に薦められたので読んでみました。
タイトルは派手ですが、要は会計についての超入門書といった位置づけです。
興味深いテーマを用いる事で会計に馴染みのない人が拒否反応なく読めるよう工夫されており、その点上手いなと感じます。
しかし、約1時間で読了できてしまうので、お得感は低いです。
ベストセラーになるような本は簡単でなくてはいけないということなんでしょうが、日本人として複雑な気持ちです。



希望格差社会
希望格差社会  「負け組」の絶望感が日本を引き裂く

最近雑誌等でも頻繁に特集されている「下流社会」についての草分け的な一冊です。
大学での講義を元にした本らしく、ややアカデミックというか、堅い文章ですが、内容は非常に論理的で、現状分析には説得力もあると思います。
私は下流社会の問題は今後かなり深刻になっていくのではと考えていますが、社会構造の変化を元に戻せるはずもなく、解決は困難と言わざるをえないと思います。本書でも解決策については参考程度の記述が最後に少しある程度です。

実は投資の実力を身につけることが解決策になるかと思っています。
私自身投資を始めてからそれまでより将来に希望を持てるようになりましたし。
まあ、国民年金さえ払わない人達に真摯に投資の勉強をさせる事が非現実的と言われてしまえば返す言葉はないのですが。



カラ売りの美学
カラ売りの美学  堕ちる企業を見破るプロの投資術

最近、信用口座を開くことを検討しています。
といっても、信用買いをするつもりは全くなく、カラ売りを考えています。

中国株・FXをやっている理由にも通じるのですが、10年以上の単位で相場で勝ち抜いていこうと考えた場合、日本株の買いだけに専念するのでは難しいかもしれないと思うのです。
もちろん、よく知らないものに色々手を出すより、個別株の調査能力を上げる方がよいという考えもあります。
ただ、私は現在はもちろん将来においても自分の分析能力に絶対の自信を持つレベルまでには到達できないだろうと考えています。
とすれば一つの土俵に固執するのは得策ではなく、多少自分のレベルが落ちても明らかに有利と分かる土俵で勝負していく方が良いと思っています(例えば、2、3年前の日本株ならごくごく初歩のバリュー投資の知識でもまず間違いなく勝つことができたはずです)。

まあ、今の上昇相場でカラ売りは怖すぎですし、数年後に手持ちカードの1枚になればいいかというくらいで少しずつ取り組むつもりです。

全然本の感想から離れてしまいました。
本書は具体的なカラ売り事例の紹介が大半を占めています。
日米の制度や決算資料の違いのため、多少実感しにくい点もありますが、参考になる点は多いと思います。
特に大切だと感じたのは
・50%以上の値下がりが見込めない限りカラ売りはしない
・カラ売り3悪は「怠惰・高慢・売り急ぎ」
の2点です。

って、フレーズのみの抜き出しでは今ひとつ伝わらないですね。
興味のある方は読んでみてください。










最終更新日  2005年12月11日 22時32分58秒
コメント(7) | コメントを書く
2005年12月04日
カテゴリ:読書感想文


最近読んだ本の紹介をしていなかったので、久々にやってみます。

竹田和平の強運学
竹田和平の強運学

お馴染みの竹田和平さんに関する本です。
和平さんについては以前に日本一の大投資家が語る大貧民ゲームの勝ち抜け方という本を読んで半生記と投資理念については概ね理解していたのですが、図書館でたまたま見つけたので借りてみました。
しかし、予想通り特に得るものはなかったです。まあ1,2時間で気軽に読めるので、興味のある方は読んでみてもよいかもしれません。



これから5年・地価は半値になる
これから5年・地価は半値になる
よくありがちなタイトルですが、内容はしっかりしていると思いました。
対話形式でまとめられており、人口減や高層ビル、マンションの大量供給などで今後地価は下落していくというのが基本的な論旨です。
ある意味ごくごく当然の主張で、特に真新しい点はありませんが、私自身は基本的に同意見です(といっても不動産についてきちんと勉強したことはないので私の意見など何の参考にもなりませんが)。
そんなわけで話題の不動産流動化銘柄やデベロッパーなどは買う気になれません。おかげで儲け損ねましたが、問題はないです。仮に買っていても自分が確信できない銘柄はどうせ早売りしていたでしょうし。



倒壊 大震災で住宅ローンはどうなったか
倒壊 大震災で住宅ローンはどうなったか

阪神大震災で家が倒壊してしまったにもかかわらず、ローンだけが残ってしまった問題について具体的な事例をあげつつ分析しています。テーマとしては大変興味深いものです。
ただ、借金をしてモノを買うことの是非についての考察は一切なく(おそらく著者は投資についての知識はほとんどないものと思われます)、政府等の対応の不備ばかり述べているので、今ひとつ共感はできませんでした。また、著者自身の主張がなく、データを多くあげているため、結局何がいいたいのかよく分かりませんでした。
余談ですが、私は関東での大地震はそろそろ起こるのではないかと恐れています。江戸時代からの100年単位のスパンでみてもかなり危ないのではないかと。
最も恐れているのは株が大暴落することではなく、職場にいる時に地震が起こることです。私の職場は優に築30年以上経過している7階建てなので、ほぼ確実につぶれると思います。職場で潰されたらホント死んでも死にきれませんよ・・・かといってまさかそれを理由に転職するわけにもいきませんし・・・計算したところ、職場の建物内にいる時間は年間8760時間のうち20%以下なので、現状では当たらないように祈るのみです。



株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術
株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術
この本についてはリンク先の各所で紹介されているので私が付け足す事などないのですが、非常に良い本だと思いました。皆で褒め合いばかりしていても仕方ないので文句の一つでも書いてみようかと思ったのですが、良いものは良いので仕方ないですね(笑)
興味深かったのは角山さんの2000年末時点のPFの損益率ですね。ご自身でも書いておられますが、下落率の大きな銘柄が目立ちます。もちろん、投資手法が確立していなかった影響も大きいのでしょうが、相場自体が下落傾向であったことも同じくらい大きいのではないかと思います。
ここ数年の、特に最近の相場に慣れていると「株は上がるもの」と錯覚してしまう可能性が大きいです。私自身無意識的にそうなっているところは否定できません。そういう意味で、こうした資料は本当に貴重だと思います。日経平均の推移をみるよりずっと具体的にイメージできますので。









最終更新日  2005年12月04日 22時16分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年08月27日
カテゴリ:読書感想文


社長失格
社長失格  ぼくの会社がつぶれた理由

板倉雄一郎氏が自身の会社ハイパーネットの立ち上げから倒産までを綴った本です。株式投資と直接関係はないですが、非常に示唆に富んでおり、読み物としても大変面白かったです。

ハイパーネットは95年頃のベンチャーブームの象徴的存在として多額の資金を集め華やかに活動するものの、97年の銀行の貸し渋りを主要因として倒産に追い込まれてしまいます。銀行の変貌ぶりとその後の資金繰りの描写は非常にリアルに訴えかけてくるものがありました。

痛感するのはあるムーブメントの最中にある時に、それに流されない判断をする事の難しさです(銀行が一斉に無担保融資をし、後に一斉にそれを引き上げていく様は怖いです)。投資においても今のように相場が好調だと、この先株価は上がり続け、置いていかれてしまうのではないかと焦りますが、この焦りに惑わされず、一貫した判断ができなければいつか大きくやられてしまうのだろうと思います。

私のようなサラリーマン個人投資家では事業の凄さ、怖さを実感できる機会はほとんどないので、このような栄枯盛衰の物語は大変勉強になります。自分も株式市場の一参加者であることにもっと緊張感を持つ必要があると感じました。(ちなみに、この種の本としては天才たちの誤算 LTCM破綻も大変よい本ではないかと思います)。


この本を読んで板倉氏の企業価値評価セミナーに参加してみたくなりました。非常に値段が高いのが悩みどころですが・・・とりあえず、マッキンゼーの企業価値評価を読み終えてから考える事にします(難易度が高すぎて読了の見通しが立っておりませんが)。







最終更新日  2005年08月27日 17時42分24秒
コメント(4) | コメントを書く

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.