950767 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ネイティブスピーカーも知らない!英語のヒ・ミ・ツ

PR

X

Category

Comments

Leilasense@ Re:フランス語?(03/22) Anonymousさん 書き込みありがとうござい…

Calendar

Archives

Oct , 2021
Sep 21, 2007
XML
カテゴリ:英語の根本(L1)
入試や学校のテストの長文問題でときどき「文中の下線を引いたitが具体的に指しているものは何か」などという設問があったりする。だがこの設問は、設問自体間違っている。itは何も「指して」いない。今まで何度も書いてきたように、「指す」のは指示(代名・形容)詞this/thatの仕事である。
「え? でも itが具体的に何を表しているかってちゃんとあるでしょう?」
そうなのだが、「指して」はいないのだ。

正確には「受けて」いるのである。
なんだ、ささいな言葉遣いの違いでいちゃもんつけているのか…と思われそうだが、これはそれなりに本質的なことなのである。
thisやthatの役割である「指す」という行為は、今まで焦点が当たっていなかったものに、そこで新たに(または改めて)焦点を当てる(当て直す)ことだ。
それに対し、itが表現することができるのは、「すでに焦点が当たっている」ものなのである。だからそれは「指す」のではなく「受ける」というのが正しい
冒頭の設問は
「文中の下線を引いたitが具体的に受けているものは何か」
なら問題ない。

itは日本語に訳せないことがしばしばある、と学校の読解とか文法のオベンキョウでもよく言われる。たとえば形式主語のitとか、天候などを表すitとかについてそう言われる。
だが実は、itは「ほとんどの場合」日本語になじまない、と言う方がむしろ正しい。

"What's this?" "It's a pen."
これを「和訳」すると、
「これはなんですか?」「それは、ペンです」
とするだろう。

これは一見正しそうだが、実際の日本語の会話では、
「これはなんですか?」「ペンです」
のほうが自然だ。わざわざ「それは」なんて言うのは実際はそんなにないはずである。
「それは」と言うなら
「これはなんですか?」「え?どれ?それ? それはペンだよ」
というような文脈ではないか。
これを英語にすれば
"What's this?" "Which? Oh, that one? It's a pen."
つまり、あらためて「指し示しなおして」いるような印象だ。

これまでにも書いたが、日本の英語教育では(そう教科書に明記してあるかどうかはともかく、結果的に習った人に擦り込まれてしまうのは)
this=これ that=あれ it = それ
という図式ではないかと思うが、本当は
this =これ(自分のもとにあるものごとを「指す」)
that =あれ、または それ(自分のもとにはないものごとを「指す」。相手の近くにあるか遠くにあるかで日本語は変わるが)

そして

it =  ・・・・・ (その場で焦点の当たっているもの・こと・状況を「受ける」)

なのである。そもそも主語をほとんど使わない日本語においては、「その場で焦点の当たっているもの・こと・状況」をわざわざ言葉にすることは滅多にないと言っていい。

話は少しずれるが、最近若い人と話しているとしばしば
A「○○の件はどうなっているの?」
B「は~、ちゃんとうまく行っています」
などという受け答えをされることがある。Bの「は~」は、「Ha~」ではなく「Wa~」の発音。つまり
「(○○の件)は~、ちゃんとうまく行っています」
と言っているつもりなのだ。
もはや「それは」とも言わない。
だがひょっとすると、従来の会話では「は~」もなく、
A「○○の件はどうなっているの?」
B「はい、ちゃんとうまく行っています」
となるところかもしれない。「は~」によって、「その場で焦点の当たっているもの・こと・状況」をとりあえず「受け」ましたよ、と示しているのだ。itの気分が半分だけ顔を出していると言えなくもない。むしろ英語の発想に近づいている??

このカテゴリのマトメ読み






Last updated  Sep 21, 2007 12:51:22 PM
[英語の根本(L1)] カテゴリの最新記事


Free Space

英会話講師歴30年
英検1級
TOEIC 985点
通訳案内士資格
国連英検A級

30歳まで英語がしゃべれなかったのに、留学も海外在住経験もないまま今では不自由なくしゃべれて教えています。

Freepage List

英語学習のヒミツ


「リズム」が大事!


「キモチ」が大事!


モチベーションが大事


モチベーションを維持


大中小の目標設定


音読の効果は絶大


音読訓練とは


自分語り失礼


学習法のヒント


発音とリズムのヒミツ


英会話の土台は「音」!


日本式発音はNG


日本語にない音だらけ


母音は二の次


有声音と無声音


「th」の音


「R」と「L」の音


「t」「d」を制せよ!


V対B=F対P


sとshと早口言葉


音節と俳句の話


tr と dr


他の子音+r


子音+ L 


ストレスのお話


ストレスがリズムを生む


文のリズムが最重要


くっつく「子音+母音」


子音+子音


市販のお勧め教材


歌を歌おう


ケセラセラ


英語の根本的ヒミツ(レベル1)


単語レベルでは置き換えられない


文の型がものを言う英語


とにかく主語!


主語になれるトレーニング


「主語だけ英作文」のススメ


youとthey


thisとthatのヒミツ


This is a pen!


"it"のひみつ(1)


"it"のヒミツ(2)


itのひみつ(3)


"it"のヒミツ4


レベル5


接続詞と語順のヒミツ


自分の意見を言おう


許可を求める表現


助言の表現


付加疑問文


英語のYes と No


否定疑問文


感情を表す語


look,sound,seem等


不定詞の副詞用法


不定詞vs動名詞


不定詞:形容詞用法


if と when


手強い「冠詞」


原則で冠詞を捉える


冠詞~「例外」??


冠詞4 事物全般


冠詞5 無冠詞の表現


冠詞6 実例でみる


過去分詞と受動態


レベル4


複合形容詞は超便利


Large vs big


Can/Could/May


by/until , in/within


Have/Get/Take


現在完了(経験/完了)


動名詞と不定詞


レベル3


比較級の真実のスガタ


must vs have to


進行形で未来


場所を表す前置詞句


時間に関するon/in/at


will vs be going to


疑問詞と主語


加算・不可算名詞


do go make の世界


表現リスト集


天候・寒暖などに関する表現


状況を評価する表現



© Rakuten Group, Inc.