951171 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ネイティブスピーカーも知らない!英語のヒ・ミ・ツ

PR

X

Category

Comments

Leilasense@ Re:フランス語?(03/22) Anonymousさん 書き込みありがとうござい…

Calendar

Archives

Oct , 2021
Dec 10, 2007
XML
カテゴリ:英語の根本(L1)
10月始めに書いて以来、ぱったり更新が途絶えてしまい申し訳ない。
理由の一つは、10月から始まったNHKの「連続テレビ小説」(通称:朝ドラ)があまりに面白く、私のもうひとつのテーマともなっている「朝ドラ私評」に熱が入りすぎて余力がない、ということで(^^ゞ
あと、「it」についての考察でちょっと挫折し掛かっているというのもある。
つまり、「理屈はある程度説明できる、けれどそれを『実感』してもらうにはどうしたらいいのか」という点で。
私としては、英語を習い始めた中学生にも分かるようにしたいという野望があるのだが、これまでの説明の仕方ではたぶん中学生にはちんぷんかんぷんではないかと思う…。
* ****

やっぱり理屈を「体感」するには、「体験」するしかない。
典型的で単純な例文を、毎日口に出す、ということがとりあえずは、英語を実際にだれかとしゃべるような機会のあまりない日本人にとっての「体験的トレーニング」になる。
「天候・寒暖・明暗・時・状態・距離・その他事情のit」が、むしろitを体感的に捉えるには好都合かもしれない。

たとえば、朝起きたらすぐ、または外出したらすぐ、その日の天候などについてひとことコメントするのを習慣にするようにしたらどうだろう。
It’s cold [hot/cool/warm] today!
とか
It’s a beautiful day today!
とか
Oh, it’s raining today…
とか。
(こういう場面で言いそうな文例リストを作っておいたのでご参照ください)

少し慣れてきたら、種々の「状況」についてコメントするような文例を覚えて、それを使ってみる。
It’s tough. (tough=辛い/大変だ/困難だ/キツイ/キビシイ etc.)
It’s a pain. ( a pain =めんどうくさい、しんどい、やっかいだ)
It’s a waste of time [money/ energy] (~のムダ)

う。なんだかネガティブなことばかり…(普段の生活が思いやられる?)。
ちったあイイカンジのことも…。
It’s fun.(楽しい)
It’s rewarding.(やりがいがある)
(これも文例リストを作りました)

だが実は、上のような文例でも、現在実際にやっていることについて言う場合は
This is fun!
と言うほうがハマる。いまここでやっていること、自分がその渦中にいること、はthisで示すと生き生きした感じになる。
また、だれかが言ったことを指す場合は、前にも書いたようにthatで示す。

ではIt is ~はどのように使うか。
ここで、実は日本人が比較的得意な構文と言えるIt ~to~構文というのを思い出して欲しい。
つまり
It is fun to play soccer.
こういう構文では、itはto 以下を”指して”いて、仮の主語であり、本当の主語はto 以下だ、などと習ったはずである。
しかし実際は少し違う。Itは別に「仮」というのではなく立派な主語で、つまりは「状況の全体を受けている」ものである。そしてto以下が、その状況を具体的に説明してやるのだ。発想としては
It’s fun! …to play soccer.
「(状況は)楽しいなあ!(その状況とは)サッカーやるってことさ」
何度も言ってきたが、英語をしゃべる人間が発想するときにいちいち「後ろから訳す」的な発想をするわけがない。「翻訳」としてこなれた日本語にする必要がある場合を別として、英語を理解するときにはあくまで発語された順に理解していくべきなのである。

具体的な内容はto~(不定詞)だけではなく、動名詞で示してもOKである。ちなみに寅さんの映画「男はつらいよ」の英訳は「It’s tough being a man」となっていた。

状況の具体的内容が「言わずもがな」つまり説明しなくても明らかな場合なら、to~で説明する必要がなくなる。だから
It’s fun!
だけで成り立つのである。今まさにやっていることについてitを使うとやや客観的な感じになるが。一方、前述のように
This is fun!
はもっと直接的に
「これ、楽しい!」
と状況にハマっている感がでてくる。

ともあれ、こういうのは「使ってみること」に意義も効果もある。
だからこそ、「日々の生活でいかにもいいそうなこと」をいくつか、感情も込めて繰り返し口に出して練習して覚え(頭で暗記するのではなく、口と心に覚えさせる!)、そういう状況においてすかさず独り言ででも言ってみるということを心がけるといい。
単語を覚えるとか文型を覚えるとかが主眼ではなく、単語の「キモチ」(ここでは ” it ” のキモチ)を「体験」することが大事なのである。

このカテゴリのマトメ読み






Last updated  Dec 10, 2007 10:32:37 PM
[英語の根本(L1)] カテゴリの最新記事


Free Space

英会話講師歴30年
英検1級
TOEIC 985点
通訳案内士資格
国連英検A級

30歳まで英語がしゃべれなかったのに、留学も海外在住経験もないまま今では不自由なくしゃべれて教えています。

Freepage List

英語学習のヒミツ


「リズム」が大事!


「キモチ」が大事!


モチベーションが大事


モチベーションを維持


大中小の目標設定


音読の効果は絶大


音読訓練とは


自分語り失礼


学習法のヒント


発音とリズムのヒミツ


英会話の土台は「音」!


日本式発音はNG


日本語にない音だらけ


母音は二の次


有声音と無声音


「th」の音


「R」と「L」の音


「t」「d」を制せよ!


V対B=F対P


sとshと早口言葉


音節と俳句の話


tr と dr


他の子音+r


子音+ L 


ストレスのお話


ストレスがリズムを生む


文のリズムが最重要


くっつく「子音+母音」


子音+子音


市販のお勧め教材


歌を歌おう


ケセラセラ


英語の根本的ヒミツ(レベル1)


単語レベルでは置き換えられない


文の型がものを言う英語


とにかく主語!


主語になれるトレーニング


「主語だけ英作文」のススメ


youとthey


thisとthatのヒミツ


This is a pen!


"it"のひみつ(1)


"it"のヒミツ(2)


itのひみつ(3)


"it"のヒミツ4


レベル5


接続詞と語順のヒミツ


自分の意見を言おう


許可を求める表現


助言の表現


付加疑問文


英語のYes と No


否定疑問文


感情を表す語


look,sound,seem等


不定詞の副詞用法


不定詞vs動名詞


不定詞:形容詞用法


if と when


手強い「冠詞」


原則で冠詞を捉える


冠詞~「例外」??


冠詞4 事物全般


冠詞5 無冠詞の表現


冠詞6 実例でみる


過去分詞と受動態


レベル4


複合形容詞は超便利


Large vs big


Can/Could/May


by/until , in/within


Have/Get/Take


現在完了(経験/完了)


動名詞と不定詞


レベル3


比較級の真実のスガタ


must vs have to


進行形で未来


場所を表す前置詞句


時間に関するon/in/at


will vs be going to


疑問詞と主語


加算・不可算名詞


do go make の世界


表現リスト集


天候・寒暖などに関する表現


状況を評価する表現



© Rakuten Group, Inc.