131314 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

書の道☆すくらんぶる

PR

Rakuten Profile


戸阿紀(とあき)さん

I Love猫& 書の道!

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
写真  エンタメ  ハンドメイド  インテリア    アニメ  猫好き 

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

残菊長寿@ Re:近況及びお知らせ。(03/28) 展示会のご案内ありがとう。実は、15日…
残菊長寿@ Re[2]:近況及びお知らせ。(03/28) yahooブログを書いております。 お暇がご…
残菊長寿@ Re[2]:近況及びお知らせ。(03/28) 私は東舞鶴に生まれ若いころまでいました…
残菊長寿@ こんにちは 戸阿紀(とあき)さん 舞鶴ご出身の方と…

Free Space

†-(・"・。)β。.:*・゚☆.。.:*・

☆戸阿紀にメッセージを送る☆

.。.:*・゚☆.。.:*・゚"£(。・"・)-†






Twitterボタン
Twitterブログパーツ





『 ~ 丁酉 ~』(2017・1)



しょのみち



このサイトはリンクフリーです。↑上のバナーはご自由にお持ち帰りください。(*^▽^*)



ブログを見てくださった感想やご意見などございましたら、
ブログのコメント欄およびこちらにメッセージをお願いします。
(中傷誹謗のコメント・メッセージを発見しました際はすぐに『削除』させてもらいます。)



B-photo-88-4.gifb_japan-s.gif


ブログおよび壁紙素材は↑上のサイト様↑からお借りしています。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ




おれすくばなー



サブブログ『OrangeSquare☆Times』のほうでも猫達のことなど「1日数回更新」しています。
こちらも見てくださると嬉しいです。(*^^*)
(上のバナーをクリックするとサブブログに飛びます。)



  • 8sZQs3nINXuoR0N1416693450_1416696005.jpg

出張型プチサロン・ここいろ工房 おれんじすくえあ(カートHP)です。
2017年06月21日
XML
テーマ:暮らしを楽しむ


* 第49 回舞鶴市展入選作品 『稚児の滝』 (2017.5)*


今月14日から19日まで赤れんがパークの赤レンガ倉庫各棟にて『第49回 舞鶴市展』がおこなわれました。

期間中はたくさんの方に作品を見てもらえたようです。

見に来てくださいました方、そして応援してくださいました方々に、
この場を借りしまして、御礼を申し上げます。m(_"_)m"


パタパタ†-(・"・。)β。.:*・゚☆.。.:*・


改めまして、こんにちは。

月曜日に更新しようとしていたのですが、
歯科治療でかなりしんどくなったため書き込み途中で力尽きてしまいました。
(;'∀')

今年も変に慌ただしい日々を過ごしております。
思うように作品制作が出来ない状況に加え、
先月から新たなパート先に行っているので更に慌ただしいです。
(平日の夕方のみ勤務。接客・閉店作業をしております)

今年の「舞鶴市展」の作品テーマは舞鶴市のとある風景

舞鶴の風景は平引揚桟橋をはじめ、
一昨年のいすずを書いています。

この二作品は母方の祖父母・母を偲ぶ作品になりましたが、
今回はどこの風景を描こうか迷いました。
古い資料を参考にして町並みを描こうか…とも考えましたし、
中舞鶴の市民グラウンドにあるSLや駅(昔の駅)を描こうかとも考えました。
(あのSLでよく遊んでいましたから・・・)

舞鶴市展は事前申し込み制
先に「テーマ」を決めておかなくてはいけません。
(いつも悩むんですよ…ほんまに。)

舞鶴の風景・・・
漁港や五老ヶ岳、共楽公園の桜、青葉山、田辺城跡…色々とあります。
私が知らない風景も中にはあります。
(舞鶴といえど範囲が広い)

色々と考えながら先月、舞鶴にある滝をいくつか巡ってきました。
(舞鶴にも滝があるというのを去年、初めて知りました。)

小規模な滝が多いですが、やはり滝はいいですね。
(o^―^o)

今回書いた「稚児の滝」は舞鶴市真倉にあります。
紫竹山(しちくざん)稚児ケ滝不動明王

滝や千世童子を見守るかのようにお不動さん達が祀られています。
怖めの顔のお不動さんも祀られていますが、
幼い顔のお不動さんは「千世童子」なのかな?と後から思いました。

小さい滝ではありましたが勢いがある水流でした。
見ていて涙が出そうになったほどです・・・。

ギリギリになってからいつものように下書きなしの一発書き。
二時間近くかけて書きました。
墨の濃淡で水の流れをできるだけ表現し、
岩についている苔や木々の緑だけは吉祥絵具で書きました。
(去年と同じ墨7割、顔彩3割ぐらいです。)

全部「色」にするのは面白くないのでわざとにそうしました。
舞鶴市展に出展されている人は大体「フルカラー」か「モノクロ」のどちらかなんですよ。
私みたく中途半端にされている方は正直、いないと思います。(笑)
今年の舞鶴市展は殆どの作品で色がついていました。
(モノクロ作品も数点ありましたよ)

今年・・・滝を書いていた方がいたんですよ。
舞鶴市の滝ですけど違う場所でした。
(;'∀')

「か、かぶった?」と思いましたが、大丈夫でした。
滝とはいえ、ちょっと違う感じでしたから。

舞鶴市展の作品を見ていた時に隣に出展されていた方に声をかけられました。
その方は今回初めて出展されたそうですが、すごく上手すぎる!
忠実にものを捉えてますし、私みたく大雑把ではないです。
(;'∀')

私の場合、かなり崩しすぎですけどね・・・。
忠実に描けないのでバランス感覚が問われてしまう。

ほかの作品を見ながら話をしていて、
その人からもいろんな刺激をいただきました。

私の作品がずっと入選してることが不思議なのですが、
多分・・・ほかの人にはない下手さが受けてるのか?とも思っています。
(;'∀')

水の流れを表現するのは本当に難しい。
水が流れているイメージをしながら実際に書いています。
(水しぶきもちょこちょこありますよ)

来年、舞鶴市展が50回目を迎えるようです。
私が生まれる前からされていたんだ・・・ということを改めて思いました。
昔と今では展示されていた作品の作風も全然違うんだろうな・・・。

来年はほんまにどうなるかわかりません。
応募しようかどうかも悩むかもしれません・・・。

これからも日々、精進したいと思います。


゜.+ε(・ω・`*)з゜+.゜ε(・ω・`*)з゜+.゜ε(・ω・`*)з゜+.゜

第49回 舞鶴市展(日本画・工芸、書部門)の様子

「下線付き文字部分をクリック」してもらうと「スライドショー」で画像が見ることができます。)

スマホで閲覧

゜.+ε(・ω・`*)з゜+.゜ε(・ω・`*)з゜+.゜ε(・ω・`*)з゜+.゜


*:・☆・:*。皆さんに「素適にHappy!」が訪れますように。*:・☆・:*


*:・★・:*★*:・★・:*★*:・★・:*


旧メインブログ『しょこらのオレンジすくえあ』内の☆しょこらの「書ぎゃらりー」☆では、「書道作品(課題もの・オリジナル作品)」を展示しておりますので、課題作品や過去の作品を見てみたい方は是非、見てやってください。m(_"_)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Last updated  2017年07月20日 09時04分25秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.