1633158 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

天然石だいすき~

絵画

今現在 仕事場 件 応接間に飾ってる絵「リトグラフですが」は、自分の住んでる所から近い現在の一宮市「以前は尾西市・スギちゃんの出身地」出身の女性西洋画家「三岸節子画伯」のリトグラフです。

他にも直筆の小品の絵も持ってるのですが、今は これが気に入ってて飾ってます。
三岸らしい奔放なタッチや思い切りの良さが伝わる逸品だと自分は思ってるんですヨ(^o^)/
銘は「花」です。

自分の住んでるお隣が稲沢市なんですが、ここは西洋画の巨匠「荻須高徳画伯」の出身地でして市内中心部に美術館があります、ここの所はお邪魔してませんが、何度も訪れてますが、環境も最高で涼しいし また行きたい気分です(^v^)
涼しくなったら荻須のリトグラフに取替え、部屋の雰囲気を少し変えてみようかと考えてるんですヨ(^_-)v



三岸節子 リトグラフ





昨日 朝テレビにて岐阜県美術館で開催されてるクレパス画名作展「近代の巨匠から現代の作家まで」の紹介されてましたので、午後から行ってみることにしました。

岐阜県美術館は10年ぶり?ってくらいご無沙汰しておりました、駐車場無料ってのは いいですねぇ~~(^v^)

クレパス画「オイルパステル画」という事で、油絵みたいな重厚さはなく どちらかというとライトな感じで、油絵大好き人間の自分でしたが、十分見応えのある作品の数々で大変楽しめました。

自分的に引き込まれた作品が二点あり、一つは超有名な巨匠である岡本太郎画伯の「虫」と地元のスーパースターである三岸節子画伯の「花」です、ついつい 素晴しいと声を発してしまったほどです。

8月25日(日)まで開催されてますので、お近くの方は鑑賞されては如何でしょうか?(? ?)

帰りにミュージアムショップにてクロード・モネの睡蓮「すいれん」の絵柄が印刷されたトートバッグと可愛い猫ちゃんのブローチを購入しました。

勿論 撮影禁止なので、図録にて紹介したいと思います。


岐阜県美術館

クレパス画名作展

クレパス画名作展

クレパス画名作展

クレパス画名作展

クレパス画名作展

岡本太郎「虫」

三岸節子「花」

モネ「睡蓮」

猫のブローチ






本日は 急に思いつき 部屋の模様替え?をいたしました。

と言いましても、今まで飾ってた地元出身の有名西洋画家「三岸節子」画伯のリトグラフ「花」から同じく三岸節子画伯のオイルパステル「水彩画」の直筆 題名「鳥」と交換いたしました。

これまでの暑かった夏のイメージ赤い花から、落ちついた色合いの鳥に変わり、秋を感じさせてくれるのではないかと思ってます。


三岸節子 リトグラフ

三岸節子 鳥

三岸節子 鳥





部屋の模様替えといっても飾ってる絵を替えただけなんですが・・・

以前飾ってた絵は地元の有名洋画家「三岸節子」のオイルパステル画「鳥」でしたが、今現在 飾ってる絵は、これも地元の有名洋画家「荻須高徳」のリトグラフで画名は「ベニスの宮殿」でして最近手に入れたものです。

見ての通り大きいです、十帖の部屋なんですが、存在感ありありです、十五帖やそれ以上の部屋のほうがマッチする感じがするかもです。

三岸節子

荻須高徳





ちょっと思いつき、部屋の模様替えを考えたんですが、大きな模様替えは難しいので、飾ってる絵を交換すれば少しは変化があるのかなと思い替えてみました。

今まで飾ってあったのは、郷土出身の有名油絵画家「パリで活躍した荻須高徳画伯」のリトグラフ「ベニスの宮殿」で大きな作品ですが、リトグラフ(版画)なので、世界に ほんとんど同じものが175あるというもので、1976年製作なので、約40年前の作品です。「勿論 直筆のサインはしてありますが・・・」

今度 交換したのは、これまた郷土出身の有名油絵画家「三岸節子画伯」が約45年前に南仏のカーニュに住んで、製作活動していたときに描かれた題名「カーニュ風景」油絵です、小品ではありますが、世界で同じものはないのです、自分としては超お気に入りで大事にしてるコレクションの一つです(^o^)/


荻須高徳 リトグラフ


三岸節子 油絵 カーニュ風景


三岸節子 油絵 カーニュ風景



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.