360961 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

浦島太郎のつれづれ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


レオポル

Calendar

Favorite Blog

重症度、AIで自動… New! elsa.さん

Birthday..(^o^)/♡ alisa.さん

パワハラ? すみれちゃん♪さん

お菓子の家とガラス… ガラスの靴105さん
mamaさんの、ひとり… 久君のmamaさん

Comments

alisa.@ Re:チックが酷いのに!(05/24) 正に音楽療法ですね。(~_~;) それも自分…
すみれちゃん♪@ Re:チックが酷いのに!(05/24) まだオープンしてないんですか? 緑が茂っ…
レオポル@ Re[5]:鬼のいぬ間に!(05/17) harmonica.さんへ、こんばんは。 そうなん…
harmonica.@ Re:鬼のいぬ間に!(05/17) 兄弟がいるとどうしてもどちらかに我慢さ…
elsa.@ Re:散り際や如何に!(04/09) 散り際はなんとなく切なくもなりますね。^…

Freepage List

Headline News

Apr 18, 2019
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
息子の尋常でない要領の悪さが一層目立って来ているところに娘のパニックも加わり、春めいてきた気候に反してこのところちょっと家の中が暗くなっています。
いつも明るさで家庭を維持してきた妻から元気がなくなってきているのです。

娘は拳でそこら中を叩くことで手が腫れ上がり昨日は妻が急遽皮膚科に駆け込みました。

妻の実家は、母が退院してきて少し賑やかになったのですが、動けなくなってきている父と二人きりにしておくこともできず、毎日、実家に顔を出しているのですが、三人それぞれに余裕がなくなっており皆でストレスを溜め合っているような状況です。

年を取ってくると皆子供に還りますね。自分も含めてですが。
ある年齢のところまでくると前頭葉の働きが一気に鈍ってくるようです。
そのことは自分自身の言動を振り返ってみると明確に実感できます。

そのような前頭葉の働きが明らかに鈍ってきている私と妻とで、というか私は会社に来ているので殆どは妻一人で、要領の悪さの塊のような息子とパニック状態の娘を看るわけですからこれはもう堪ったものではありません。

今日はまた、母の病院に付き添い、呼び出されるまでに2時間以上待たされ、その後は今度は自分自身の病院通いでまた待たされているとラインが届きました。
ちょうど私はボランティアでお手伝いしている団体のお嬢さんたちと昼食会を終えて懇談していたところでしたので、その旨妻を労いながら返事をすると「気楽でいいわね」と返事が来ました。

これだけの返事が返ってくるようなら大丈夫です。
私もこのライン1本でここ数日の心配が和らぎました。

帰社途中に兜町を通ると、入口のところの桜はまだ少し花が残っていました。
この高速の向こう側が、あの渋沢栄一が我が国に最初に設立した第一国立銀行(現在のみずほ銀行兜町支店)です。
さらに、左のビルの陰には渋沢が設立に関わった証券取引所もあります。







Last updated  Apr 18, 2019 04:45:21 PM
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.