5194444 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

彷徨える旅人のFF日記

PR

X

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Comments

 0 @ New!
 summerglau1210@ Re[2]:「Audirvana 3.5 macOS」のダウンロード方法(06/30) Leppardさんへ ありがとうございます!
 Leppard@ Re:「Audirvana 3.5 macOS」のダウンロード方法(06/30) 注文No、メールアドレス、氏名を記入して…
 summerglau1210@ Re:「Audirvana 3.5 macOS」のダウンロード方法(06/30) 私も購入版を使っていたのですが、 パソコ…
 Leppard@ Re[1]:はじめての PCR 検査(01/23) 背番号のないエース0829さんへ 成人おめ…
2021/09/21
XML
カテゴリ:デジモノ
M1 Mac mini の内蔵スピーカーはビープ音レベルで、スピーカーなしのモニターなので

Creative Pebble V3

これに決めた理由は、下記の通りです。
・USB-C ケーブル1本で音声入力と電源確保が可能
・価格.comの売れ筋ランキング1位
・Amazon のユーザーレビューが高評価(サクラチェッカーのサクラ度は0%)
・約5,000円と安価

接続は至って簡単で、USB-C ケーブル(1.2m)を Mac mini に挿すだけです。

Pebble V3 のボリュームを回すと電源ONになります。
そして、Mac のサウンド設定で Pebble V3 を選択すると音が出ます。

再生中に Mac のデジタルボリュームを変更すると音がふらつくので、Pebble V3 のアナログボリュームで調整します。


Audirvana で DSD を再生すると 16/48kHz で出力されました。

エージング前は、中音がダメダメでボーカルの声がこもり、ガチャガチャした残念な音でした。
エージング後は、いくぶんかましになりました。


いかにもスピーカーが鳴ってる感がありますが、小さな筐体で頑張っているという印象です。

音量を上げると、Nest Audio の方が安定します。
しかし、Pebble V3 の方が聞きやすいという意外な結果でした。
また、Pebble V3 は、音ズレしないので動画用として十分です。
何年かぶりに PC スピーカーを導入しましたが、初心に戻って楽しめました。






Last updated  2021/09/21 09:11:05 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.